スポンサーサイト
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 * --:-- * comments(-)* trackbacks(-)
睡魔の秋>>>>読書の秋
2006.09.30 Sat
まほろ駅前多田便利軒 まほろ駅前多田便利軒
三浦 しをん (2006/03)
文藝春秋

この商品の詳細を見る


・「まほろ駅前多田便利軒」/三浦しをん

第135回・直木賞受賞作品。正式には直木三十五賞。三十五と書いてそのままさんじゅうごと読むんだそうな。ちなみに本名・植村宗一。

ドラマ”IWGP(池袋ウエストゲートパーク)”みたいな話だと思いました。多田を長瀬くん、行天を窪塚くんで5年後に映像化希望。

多田にチワワを譲ってもらった娼婦のルルとハイシー(風邪に効きそうなコンビだ)が、元の飼い主の小学生の女の子を一生懸命もてなそうとするくだりがちょっとよかった。大人な子供と子供な大人のクリスマスパーティー。ファンタジーだわあ。

ちなみに一番好きなキャラは多田便利軒のお得意さんのへんこ爺・岡です。トミー・リー・ジョーンズでぜひ。

・「バッテリー・5」/あさのあつこ

そもそもなぜ私はこの暑苦しい小説を読もうと思いついたんでしょうか(野球に1ミリの興味もないのに)。今回もまた中学生バッテリーがお互いに濃ゆいことを妄想しながら向かい合っておられましたよ。

私が彼らと同年代の頃に読んでいた雑誌の相談コーナーにはよく、「欲求不満でどうしようもないんですが、僕はおかしいんでしょうか。どうやったら解消できるのか教えて下さい」なんていう切実なる青少年の悩み事が載っていまして、それに対し、「スポーツで発散しなさい」と呑気に答えている大人に、「なんと無責任な!そんなことで解消できるくらいなら最初から相談なんかするか!適当に答えやがって!」と憤ったりしたもんですが、このバッテリーに関してはムラムラ解消に野球が大いに役立っていそうですね。女子の出る幕なし。

さておき、なんかだんだん小説そのものが「バッテリー」という作品の二次創作染みてきたような気がします。すごくうまくできてる同人誌を読んでるような感じ。
スポンサーサイト

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

* 21:11 * comments(0) * trackbacks(0)
寝ても醒めても試合
2006.09.26 Tue
リール戦予想先発メンバー

GK:ヂダ
DF:カフー、ネス太、カラーゼ、ヤンクロ
MF:ガッツ、ぴるろん、セードルフ、カカちん
FW:ピッポ、ジラ

(uefa.com参照)

マル様はお休みのようですね。このメンバーだとカピターノはもしかしてガッツ?

kaha


若頭のようなカハ。このひとはたまに画像探しの旅に出るととんでもない掘り出し物に出会えます。
↓のサイトも素晴しいの一言。

ttp://www.peretrutov.com/session.php?gallery:069

カハって男前だったのね・・・。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

蹴球 * 21:24 * comments(0) * trackbacks(0)
本屋に走れ!
2006.09.25 Mon
いよいよ明日発売です。

邪魅の雫 邪魅の雫
京極 夏彦 (2006/09/27)
講談社

この商品の詳細を見る


10月からはラジオドラマも始まりますよ~。

榎さんが佐々木蔵之介さんはまあいいとして、京極が高嶋政宏?木場修の間違いじゃないのか。

百器徒然袋 雨・風

テーマ:オススメ本!! - ジャンル:本・雑誌

* 19:55 * comments(0) * trackbacks(0)
バトン×バトン
2006.09.24 Sun
チチカカさんと波子さんから「指定型バトン」をいただきました。
設問の数が違うのですが、2本まとめていきます。

≪指定型バトンのルール≫
1.廻してくれた人から貰った「指定」を「」の中に入れて答える事。
2.また、廻す時、その人に指定する事。

私に与えられたお題は
■チチカカさんより→「本」
□波子さんより→「新選組!」

です。どちらも難しそうなれど、いざ!

まずは「本」の方から。

■最近思う「本」

ちょっとお題からは逸れますが、最近って本を買うのがすごく簡単になりましたねえ。私もしょっちゅうamazonを利用してるし、以前のように欲しい本を求めて何軒も本屋をはしごすることがなくなりました。特に普通の本屋さんで在庫切れの本や絶版本が欲しい時にこのネットの本屋さんてすごく便利。本好きにはいい時代だなあと思います。ただし送料の関係でつい買いすぎてしまい、積読が増える一方なのが悩ましいところ。おかげで子供の頃のように、気に入った本を何度も読み返すことがなくなってしまいました。これって幸せなのか不幸なのか。

■この「本」には感動…

感動した本はたくさんあるんですが、今パっと思い出せるのは宮部みゆきさんの短編集「我らが隣人の犯罪」に収録されている「サボテンの花」。小学校が舞台の可愛らしいお話です。これを読むと小学生時代の自分を思い出してどうにも切なくなります。あの頃は毎日が楽しくてしょうがなかったなあ。6年4組のみんなは元気にやってるでしょうか。

もうひとつ、パトリック・オブライアン先生のオーブリー&マチュリンシリーズ。この素晴しい小説に出会えたことに、きっかけとなった映画「マスター・アンド・コマンダー」に、そして映画を見る動機となったポール・ベタニーのファンであった自分に感動。

■直感的「本」

直感で本を選ぶことがあるか?と言われたらある!と答えます。要は表紙買いです。装丁のキレイな本、面白い本はとりあえず手に取るもんね。最近だと片桐はいりさんの「わたしのマトカ」の装丁がすごく好き。三谷さんの「ありふれた生活」シリーズもゆるさ加減が絶妙。

■この世に「本」がなかったら

最初からなかったのならともかく、今急に全ての本を焚書にする!とか言われたら困るなあ。とか言いながら闇で本を売買する秘密組織に接触する自分を想像してうっとりしてたりします(笑)。さておき、映画やフットボールと他に娯楽がいくらあっても本がなくなったら私の生活はとても味気のないものとなりそうです。おまけにバカに磨きがかかる。そんなのイヤだー。

お次は「新選組!」

□最近思う「新選組!」

やっぱりブームだったよなあと(笑)。私は大抵の場合ブームには後乗りで、自分が騒ぎ始めた頃には周りはすっかり沈静化されているという寂しいことになりがちだったんですが、「新選組!」祭りにはリアルタイムで参加できてホントにラッキーだったと思います。またなぜかミラン関係で知り合ったひとがやたらと祭りに参加してるのも面白くて。フットボールもひとつの群像劇みたいなもんですもんね。ツボは同じか。あと、慎吾が未だにポロリと組!の話をするのを聞くと、慎吾をムリクリにでも外に連れ出したヤマコーの無謀さ偉大さに改めて感服する次第であります。

□この「新選組!」には感動!

後半は毎週びーびー泣きながら観てたけど、感動したのはやはり斎藤の「新選組は終わらない」発言。感動よりもむしろ吃驚したってのが正味のとこですが、あのタイミングであのセリフはちょっとたまらないな。あと今考えるとそれなりに感動的だったのが捨助の後追い殉死。風車の意味は未だにわからんけど。

□直感的「新選組!」

慎吾は将来、鴨さんを演じることがあると思う。そして往年の組!ファンが佐藤鴨と比較したりして盛り上がれると楽しい。その際、新見の役はもちろん山本くんで(笑)。

□好きな「新選組!」

話で言うと「寺田屋大騒動」。よかれと思ってやったことが裏目裏目に出るコメディは昔から大好きです。「ある隊士の切腹」での、河合くんのために斎藤と永倉と原田の3人が賭博場に行って一儲けしようと企み、逆に身包みはがされるところも好き。どうして大事な時に限ってこのひとたちは冷静になれないのか。

□こんな「新選組!」はいやだ

・倒幕派である。
・羽織が水玉模様。
・局中法度を誰も覚えていない。
・局長をキャップと呼ぶ。
・血に弱い。

□この世に「新選組!」がなかったら?

別に困りはしません(笑)が、なかったらオジョーにハマることはなかったと思うし、慎吾も代表作がひとつ減ってたなと。ともあれ、最後の方は続きが観たくて一週間がえらく長く感じたドラマは久しぶりでした。何年かぶりに新選組関連の本も読めたし楽しかったなあ。

■□次に回す人、5人(『指定』付きで)

もうあなたしかいません。たぬきさん「SMAP」でどうぞよろしゅうに。>(胸キュンはもうちょっと待ってね。自分と余りに縁遠い単語に難儀しておるのだ・笑)。

チチカカさん、波子さん。どうもありがとうございました~。バトンもどんどん難しくなりますねえ。私はちゃんと受け取りきれてますでしょうか(どうも質問の意図から逸れているような不安が)。

テーマ:バトン - ジャンル:その他

バトン * 18:28 * comments(0) * trackbacks(0)
ようやく夏が終わりました。
2006.09.21 Thu
今年もまたスマコンに行ってきました。たぬきさん、毎年律儀に誘ってくれてありがとう。来年もよろしく>私信。

今年の席はアリーナのCブロックということで過去最高にステージに近かったのですが、惜しいかな角度がなかった(笑)。ワタクシとSMAPの間には何千何百という数(言いすぎ)のDFがひしめき、ことごとく視界をシャットアウトされるというまさにカテナチオ状態でしたが、年に一度のお楽しみにむざむざ沈黙していられるわけもなく、ピッポもかくやという抜群のポジショニングとシューマッハ並の動体視力でもってわずかなスペースをこじ開け、メンバーが歌い踊る様を盗み見ました。足が攣りました。

そんなわけでセンターステージ上のSMAPは正味マッチ棒くらの大きさでしたが、クレーンに乗りに来た時や後ろのステージまでの移動の台車(台車?)に乗るメンバーはバッチリ等身大で観ることができました!いやー慎吾カッコよかったなあ!!!もうサルのように手を振っちゃいましたね。そして我ながらどうかと思うくらい気持ちの悪い声で名前を連呼してしまった。仕事中に嫌いな取引先のオヤジと話す時より確実に5オクターブは高い声。会社のひとには聞かせらんねえ。

慎吾ひとりでもそうなのに、木村くんと慎吾がふたりして目の前に来た日にはもう嬉しすぎてどうなることかと思いました。遥か頭上にはクレーンに乗ったゴローちゃんもいたけど、正直観てるヒマなし(すまぬ)。ゴローちゃんと言えばソロも微妙だったなあ。ほんまに好きなんか<JAZZ。ま、ゴローちゃんだけじゃなく他のメンバーのソロももひとつなんですけどね。SMAPはやっぱり5人揃ってなんぼ。来年からソロいらないな(暴言)。

今回はメンバートークが1回しかなかったのも残念でした。最近の個人の仕事具合や、大阪のどこ行っただの何したのだの、そういうどうでもいい話が聞けるのはライブだけなのに。衣装も去年の方がよかった。←文句多いな。

とは言え、やはりSMAPは最高でございました。中居くんが負傷のせいか、はたまたコントタイムがなかったせいか例年より元気がなかったのが惜しまれますが、大阪ドーム(京セラドームか)満杯の客をあれほど熱狂させるパワーとオーラは流石。来年はまたリーダーのためにトークとコントの復活を熱望します。うちらの後ろの席のオバちゃんたち、ソロの唄なんかロクに聞いてなかったぞ。むしろコロッケを食ってたらしい。歌舞伎座か!

Pop Up!SMAP (初回限定盤) / SMAP

テーマ:SMAP - ジャンル:アイドル・芸能

舞台 * 22:43 * comments(0) * trackbacks(0)
意外な再会
2006.09.18 Mon
ようやく観ましたCL、対AEKアテネ戦(遅い)。相手チームにチリッロがいて吃驚!いつの間にギリシャに?しかもツルッパゲで一瞬、ラーションかと思ったよ。

そんなことより、ミラン快勝でしたねー。ピッポ先生ったら連続ゴール決めまくりで絶好調!俺のことを存分に誉めるがいい!とばかりに看板に飛び乗った瞬間転げ落ちるどんくさい男のどこにあんなセンスが?と驚くばかりですが、とにかく今シーズンのピッポは素晴しい。おかげでますます切ないのがジラです。胃痛でベンチとは・・・。嘘でも肉離れとかにしとけ。

新加入のヨアンくんもさすがにジダン二世と言われるだけあって華と勢いがありますね。しかもいきなりゴールまで決めてしまう運の強さまで!カカちんからの長ーいクロスをキレイに頭に当てて入った!と見るや、一直線にカカめがけて疾走するヨアンくんの可愛いこと(笑)!そして若者のあまりの勢いに、受け止めきれず思わずあとずさりしたカカちんに萌え(病)。

kaka

ミラニスタでよかったと腹の底から思える至福の一瞬。
やはりミランの選手たるもの美しくなければダメ。

これでますます中盤は充実してきたけど、やはり気になるのがFWですなあ。個人の実力とか実績に疑いの余地はありませんが、果たしてコンビとして誰と誰が合うのか。本来軸になるのはジラだと思うんだけどなあ・・・。

続いて行われたセリエA第二節。対パルマ戦は天才肌の暴れん坊・モルフェオの魅力が如何なく発揮された好ゲームでした。あのひと、ホントにさりげなく腕つかんだり足ひっかけたりするんだよね。ジラなんか後ろから思い切りはたかれたの全然気付いてないと思う。「俺は幻覚まで見るようになってしまったのか・・・」なんて思い詰めてたらどうしてくれんだ!

そのジラですが、この試合もいまひとつ調子が出ずヤキモキさせてくれた上、負傷退場。頭がぱっくり開いてるのを見た瞬間、思わず涙が。なんてついてないんだ。次にヒロミに解説が回ってくるまでにはゴールを決めといて、奴をギャフンと(死語)言わせてやりたかったのになあ!(何針か縫ったということは次はお休みですかね。なんせ頭だからあんまりムリせえとは言えない)。

ターンオーバー制ということで、ヤンクロやアンブロ、ボネーラがスタメン。ヤンクロはかなりよかったと思います。ビリーの負傷交代で久しぶりにカハが戻ってきたのも嬉しい。寝てたのを急に起されて出ろと言われたんか?ってくらい凄まじい頭でしたけども、カハとシミッチがセンターを無難にこなせるようなら、マル様も随分楽だもんね。

ピッポ先生と同じく好調なセードルフ。マル様がいない場合、ピッチ上で白菜が一番頼りにしてるのはこのひとなんでしょうか。カピターノ代行はアンブロなんですが(笑)。

試合の方はヒヤリとする場面が何度かありつつも結果は0-2の快勝。これで勝ち点マイナス2!泣ける!パルマの方はブダン(だっけ?)が、1プレー毎にモルフェオを振り返り、「今のでよかったっすか?」って顔するのが面白かった。ええわけないやろが!とあとでシバかれている方に100リラ。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

蹴球 * 20:31 * comments(0) * trackbacks(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。