スポンサーサイト
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 * --:-- * comments(-)* trackbacks(-)
仕事納め
2006.12.28 Thu
明日から1週間お正月休みです。取引先の中には怒涛の12連休!という会社もあって羨ましくてなりませんが、今12連休もしたらそのまま辞めてしまいかねないので1週間が妥当な気もします。

今日は朝からばたばたと仕事を片付け、午後は大掃除でした。今年は専務の厳命により、例年なら挨拶回りと称してとんずらする営業の男性社員が全員掃除に参加。エアコンから換気扇までピカピカに磨き上げられました。全部おのれらのタバコのヤニによる汚れなので当然といえば当然ですが。

不要になった伝票類も全て倉庫に収納。最近入ったばかりの男子ふたりが、思いのほか素直にせっせと動いてくれるので私は指示を出すだけで楽ちんでした。来年からはもうちょっと可愛がってやろうっと。

それにしても、うちの会社の男子ほど片付けられない人間もいないのではないかと。図面も見積書もその他のメモも、全部一緒くたに山積みにしてある中からどうやって必要な書類だけを探し当てているのか、まったくもって謎です。下手に片付けられると逆にわからなくなる!って言うんだけど、それってただの言い訳だよねえ。

最後に社長の挨拶があって、〆は恒例のお歳暮大抽選会。取引先から送られてきたお歳暮を全員で分けるんですが、これがなかなか楽しい。ほとんどがビールなんですが、中には石鹸とかもあって、それがまた飲む人に当たっちゃったりして毎年なにかしらドラマがあります(笑)。

ちなみに私はくじ引き前から欲しい欲しいとアピールしまくっておいた、京都の一保堂茶舗のお茶2缶セットをこっそり先にもらっちゃいました。それとインスタント・コーヒーの詰め合わせと、社長宅の畑で獲れたブロッコリー1個(笑)。嬉しい~♪
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

日記 * 20:44 * comments(0) * trackbacks(0)
やったらできるんやないか
2006.12.27 Wed
年内最後の試合はアウェイで0-3の完勝。思わずハリセンのようなつぶやきを漏らした次第です。それにしてもジラは難しいシュートほどよく決めますね。あれができるんならもっと簡単なのをたくさん決めろ!

milan09
久しぶりのミラン団子。

「カラーゼの代わりに最終ラインに入ったピルロんが蹴るゴールキック」という特典映像はそれなりに面白いものでしたが、やはりピルロんには攻撃の起点として活躍して欲しいですなあ。守備はもうプロに任せてさ。あでも、そのプロが今軒並み怪我で有給休暇中なんですよね・・・。

ミランが一番熱望していたとまで言われたこの冬休み、どういう補強をするのか全然わかりませんが、オッドのことはあきらめたい(知らなかったけど彼ってラツィオのカピターノなんですね)。ラツィオ側がオッドなんていらんというなら話は別だけど、よそのクラブのカピターノをつれてくるのはなんかあこぎな気がするんですよね。

だからといってゼビーナはいらんよ(ゼビーナって昔ローマにいた妙に腕の長いフランス人ですよね?)。あのひとそんないい選手かなあ(疑)。個人的にはリオを獲得してもらいたいっすね。ムリですけど(早い)。あとインテルさんが破竹の11連勝?あんだけ派手に補強しといて、負けてたら思いっきり笑ろたろ思てたんですが。残念だわ~。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

蹴球 * 20:45 * comments(0) * trackbacks(0)
イブですなあ。
2006.12.24 Sun
ピクサー展のあとは大阪に戻り、最近オープンしたばかりの書店”スタンダード・ブックストア”に行ってきました。1階は雑誌が多くてバックナンバーも豊富。B1階は旅やお酒といったテーマ別に本が分類されてて、オーナーさんのこだわりを感じました。特にNY関係は他の書店では見かけない本が多くて、旅行前にオープンしてくれてたらなあ!と悔しかったり。

まだまだ空いてる棚も多くて、ちょっと寂しい感じもあったけど、今後どれだけ充実してくるか楽しみでもあります。B1にはカフェもあるしまた行ってみよう。

晩御飯は韓国で人気の激辛鳥料理のお店”ぶるだっく”にて。

≪参考画像≫
tori

これ多分2人前ですね。色々試してみたい場合は1人前で充分かと。

新陳代謝がよすぎるのか、ひとり岩盤浴なみの汗をかきながら食べました(笑)。辛いけど美味しい!しかも安い!!辛いもの好きにオススメです。

で、イブの今夜は家で焼肉と今敢えてカキ。ちょっとだけ火を入れて、すだちで食べました。うまい!

テーマ:日記 - ジャンル:日記

日記 * 20:40 * comments(0) * trackbacks(0)
ノスタルジック・カンパニー
2006.12.23 Sat
神戸県立美術館で開催中のピクサー展に行ってきました。

最新作のカーズは残念ながら観られていないけど、それ以外の映画は全て大好き。ピクサー映画にハズレなし!が信条のピクサー信者なもので、同じく信者の友人と3人でウキウキと乗り込んできました。素晴らしかった!!!

まず当たり前ですが、みなさん絵が上手い。キャラクターを決める前のラフなスケッチ(落書きみたいのもあった)でさえもがすでにひとつの作品になってて、「これサリーちゃうん!かわいいー!」といちいちテンション上りまくりですよ。

そんでもって色彩感覚が豊か!どれだけ自由に描いていいよと言われても、私には思いもつかない色の組み合わせばかりだったなあ。こういの描けるひとってやっぱりすごく柔軟なんでしょうね。その点、私はダメだ。なんてつまらない人間なんだ・・・・と悲しくなること0.2秒ですよ。すぐ立ち直ってますよ。だって自分で描けなくても他の人がこれだけ楽しませてくれるんだもんねー。生きててよかった(おおげさ)。

ピクサー映画って内容は友情とか家族愛とか身近なものが多くて、子供にもわかりやすいストーリーになってるけど、ホントはすごく大人向けのような気がします。新旧のおもちゃの悲喜こもごもな心情なんて、リアルに子供の頃は思いもしないし、新しい物を買ってもらってそっちに夢中になるのは当たり前だし。

今も私の部屋にはエエ歳のおばはんの部屋とは思えないほど、たくさんのおもちゃが溢れかえっていますが、いまだに子供の頃に買ってもらったぬいぐるみは捨てられずに、納戸のダンボール箱に入れて置いてあります。あの中にいる子たちは、私にとってのウッディなんですよね。

トイ・ストーリーを観ながらなんだか無性に悲しくなるのは、我が家のウッディたちに対する罪悪感があるのかも知れません。暗いとこに放置しっぱなしでゴメン。正直、もう怖くて箱が開けられないけど、中で楽しく過ごしててもらいたいデス。

帰りにパンフを買いました。P16の落書きみたいなサリーとマイク、P17のじゅんさいみたいなバズの絵が特に好きです。

pixer

サリーは最初4本くらい足があったみたいですよ。あとメガネにネクタイのリーマンバージョンもありました(笑)。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

日記 * 20:42 * comments(0) * trackbacks(0)
カカちんジラカカちん
2006.12.22 Fri
試合開始直前のカピターノ・ガッツによる、「今日負ケタラ殺シマス」檄が効いたのか、ミランが久しぶりに3-0で完勝。ガッツの熱き魂が乗り移ったカカちんの怒涛のシュート攻めによる2得点と、ようやくエンジンのかかってきた(これ何度も言ってるな)ジラの1点。ホントはもうちょっと取れてもいい感じだったけど、あんまり欲かいてまた勝てなくなってもアレですか。

milan08

それにしても1点取ってからが長いな!間に2点くらい取られてもおかしくないような場面もあったりして、気が気じゃありませんでしたよ。カラッチがぽろりした瞬間が一番変な汗が出ましたけども、さっそく宮内さんにあーあ的なツッコミを入れられてましたけども(笑)、ヂダも昔はボロクソに言われてたことを考えれば、彼もまだまだ発展途上中なのだと、温かい目で見守るしかありません。いくつか知らんけど。

※↑な宮内さんもピルロんのことは、「やはり疲れが残ってるんでしょう!」と必死でかばうんですよね。どんだけ好きなんだピルロが。

最後にちょろっと出てきて無駄に暴れて黄紙をもらって帰ったヨアンくん。可愛い顔してキレやすいデスね・・・。身体がでかい分、悪目立ちしすぎ。「この場は俺に預けてくれ!」とばかりに出てきたセードルフになにやら諌められてましたけど、あれ絶対聞いてませんな(笑)。

ともかく勝ててよかった。年内あと1試合、なんとか勝って来年につなげたいもんです。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

蹴球 * 21:14 * comments(0) * trackbacks(0)
oasis、決死の救出劇!
2006.12.20 Wed
今オブマチュシリーズ読んでるもんで・・・。

ついに新しいCDコンポを買いました。最初思ってたSONYのが値段(2万ちょい)どおりの出来(要するにちゃちい)と低評価だったので、それより5千円くらい高くてそれなりにレビューもよかったケンウッドのなんとかシリーズ。

欲しかったゴールドが品切れだったので取り寄せに1週間かかりましたが、その間に壊れたコンポからoasisのCDをなんとかして取り出さなきゃならなかったので、それはそれで好都合。で、さっそくプラスとマイナスのドライバーを相棒に解体作業に取り組んでみたのですが、イラチ全開で細々したネジを外しまくったものの、どうあがいても肝心のCDの格納部分が開かず、やむなく弟に助っ人を依頼。

プリント基板がむき出しになった哀れな姿を一目見るなり、「CD買った方が早い」とすげなく言うのを拝み倒して開けてもらったんですが、最後は完全に力ずく(笑)。あわよくば元通りにしてMDだけでも聞けるからと誰かにあげようかと思ってたのが、物の見事にスクラップと化しました・・・。なんだかちょっと切なかったデスよ・・・・。5年以上の長きに渡って私の音楽生活を支えてくれてたのにー(合掌)。

結局3枚入るCDの一番上のお皿が奥で引っかかってたのが原因でイジェクトできなかったようなんですが、そのお皿の上にNYで買ったTarzanのサントラが乗っかっていたのにはびっくり。そうか、人質はoasisだけではなかったのか・・・・・・。

そういうわけで、コンポ自体は見るも無残な様子になりましたが、とりあえずCD2枚は無事に回収できたのでよかったです。これでようやくoasisのベストアルバムも聴けるし(笑)。あと、のだめとオブマチュシリーズのサントラも買いましたよ!今年の冬はクラシック三昧でござる。

Musical Evenings With The Captain Musical Evenings With The Captain
Dorothy Lawson、 他 ()
Ess.A.Y

この商品の詳細を見る

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

日記 * 21:13 * comments(0) * trackbacks(0)
お久しぶりです。
2006.12.18 Mon
ミランが勝ったらエントリしよう!と思ってたら随分な月日が流れてしまいました。最近試合の放送さえ覚束なく、ついにスカパにまで見放されたのかととことん情けない思いでおりましたが、単に放送権の問題のようですね。少しだけ安堵致しました。

で、ミランはといえばあいかわらずのご様子で。「ジラルディーノ、90分のゴールでミランを敗戦から救う」という心躍る見出しにいそいそとクリックしてみれば、なんのこっちゃないドローでしたか。確かに敗戦からは救われたが勝ったわけでもないのね。まあいいけど。この1点がもしかすると、ミランを降格の危機から救うことになるかも知れんもんねー。

とりあえずはジラのドッピエッタに、微かなあまりにも微かな(2回言う)希望を見出したことにしときます。

milan07

このカカちん、後姿がおばちゃんぽい・・・。
「いやー!ジラルディーノさん、久しぶりぃー!元気やったあ?」みたいな。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

蹴球 * 20:28 * comments(0) * trackbacks(0)
メモメモ
2006.12.11 Mon
チチカカさんのBlog(Anemone Diary)で紹介されていた、”FIGARO japon”の本の特集号を買いました。FIGAROなんて一生縁のない雑誌だと思っていたけど、案の定紹介されているどの本も読んだことがありませんでした(笑)。

国内外で活躍中の10人(映画監督とか俳優とかミュージシャン)が夢中で読んだ本を紹介するコーナーがあって、そこに載っているベン・ウィンショーというイギリス人の俳優(多分イギリス人だと思う)が、なかなか可愛くてよろしいです。彼がオススメしている「戦争と平和」とか「大いなる遺産」には全然興味ないけど、可愛い男の子がこうゆうごっつい本を読んでいる姿を観るのは大好き(マニア)。

【興味のある本だけメモ書き】

うめめ うめめ
梅 佳代 (2006/09/04)
リトルモア

この商品の詳細を見る

・「うめめ」/梅佳代
・「炎の人ゴッホ」/アーヴィング・ストーン

・・・・・2冊しかないがな(その前に積読をなんとかしろ!)

【その他のメモ】

・1月にミステリチャンネルでシャープの最新作の放送がある模様。忘れずに契約すること!
・ムービープラスの「メイキング・オブ・シザーハンズ」「ネバーランド」「オペラ座の怪人」を録画すること!

最近ホントに記憶力が低下していて、メモっといても忘れちゃうんですよね。土曜日も「ER」と「プリズン・ブレイク」を観ずに爆睡してしまいました。ロマノの最期だけは見届けたかったのになあ。アホやわし。

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

* 21:58 * comments(0) * trackbacks(0)
最近観た映画
2006.12.10 Sun
「麦の穂を揺らす風」

1920年のアイルランドが舞台。あのマチュリンやハーパーくんも熱望したアイルランド独立戦争を描いたお話で、結論から言うとめちゃくちゃ重い映画でした。ケン・ローチ監督のことだから1ヶ所くらい笑える場面があるかと思ったんですがまったくなかった。まいった。

※以下盛大にネタばれ注意!
[最近観た映画 ]の続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

映画 * 18:49 * comments(0) * trackbacks(0)
11月に読んだ本
2006.12.06 Wed
・「シュミじゃないんだ」/三浦しをん
・「not simple」/オノ・ナツメ
・「三千世界の鴉を殺し・12」/津守時生
・「ごくらくちんみ」/杉浦日向子
・「いさましいちびのトースター」/トーマス・M・ディッシュ
・「ドーナッツ!マイボーゾウにのる」/100%ORANGE

ドーナッツ!―マイボーゾウにのる ドーナッツ!―マイボーゾウにのる
100%ORANGE (2002/09)
PARCO出版

この商品の詳細を見る

最近ハマっている100%ORANGEさんの本。ボーリングのボールが主人公です。高原のアイスクリームネタが大好きです。

・「Henry in LONDON」

英国生まれの掃除機Henryくんの写真集です。何回眺めても飽きません。可愛い!ロンドン行きたい!!

・「天国はまだ遠く」/瀬尾まいこ

天国はまだ遠く 天国はまだ遠く
瀬尾 まいこ (2006/10)
新潮社

この商品の詳細を見る

学生時代は友人も多く、それなりに社交的だった主人公(20代前半・女性)が、いざ就職してみると仕事も人間関係も上手くいかず悩んだ挙句、死のう!と思ったものの死に切れず・・・て話です(身も蓋もないか)。

口では「すみませんホント。申し訳ございません。今後気をつけますう~」と言いながら、同時にメモに「おのれしつこいねん。あほか。ボケ!ハゲ!」なんて平気で書ける人間なので、仕事が上手くいかないくらいで死のうとする主人公に最初はまるで共感できなかったんですが、死に切れなかったと悟るや突然ケロリと元気を取り戻すこのお嬢さんの若さと現金さに感心致しました。自分で思ってるより余程図太いやんか。酒癖悪いし(笑)。

死に場所に選らんだハズの旅館の主人(30代。独身男)と奇妙な同居生活を続けながら、微妙に恋愛に発展しないところもよかったです。現実ってそんなもんよね、みたいな。

瀬尾さんの本を読むのはこれが初めてだったんですが、ところどころフっと笑ってしまう場面もあって、なかなか面白い作家さんだと思います(かなり好きかもよ)。他の本も読んでみたい。

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

* 20:49 * comments(0) * trackbacks(0)
録っててよかった。
2006.12.05 Tue
のだめが終わってスマスマが始まる、わずか10分足らずの間に眠り込んでしまい、気がついたら木村くんがのだめ(と中居くん)相手に下着トークをかましてました。「絶対(女性の)下着屋なんか入れねえ!」と赤面する中居くんに、「なんで?俺、全然平気」となぜか女性用の下着を当ててみるとまで言い放った木村くんがごっつ男前でした。

口いっぱいに頬張りながら虚空を見つめ、一言「うめえ!」と叫ぶ千秋先輩。変だけどカッコよかったデスね~。好みの男子ゲストが来るといつも異常に張り切る木村シェフですが、今回もテンションの上りようが凄まじくて大変オモロかったです(料理の説明がクドくなるのがポイント)。正直、海老ちゃんが来た時よりも楽しそうだった。木村くんって食いしん坊フェチか。

歌前のトークで「モーツァルトをやりたい!」と言っていた慎吾ちゃん。その髪型からして、どっちかつうとキミはベートーヴェンだ。モーツァルトは中居くんかな。小っちゃくてスバシコイ感じ。で、木村くんがブラームス、ゴローちゃんがショパン、つよぽんがマーラー(笑)。ちなみにワタクシ、クラシックのこと全然知りませんのであくまでイメージっすよ。

テーマ:のだめカンタービレ - ジャンル:テレビ・ラジオ

テレビ * 12:37 * comments(0) * trackbacks(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。