スポンサーサイト
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 * --:-- * comments(-)* trackbacks(-)
意地になります。
2007.02.28 Wed
Yahooに”Myムービー”というお役立ちデータベースがありまして、ログインするとこれまでに観た映画を1000本、お気に入りを100本(100人)登録できます。会社の休み時間にちまちまとやっているんですが、これがなかなか楽しくて気がついたら午後の仕事が始まっていた!なんてことも(わかっててやってるんですが)。

さすがに1000本登録するのは大変だけど(現在460本)、お気に入りの100本なんてあっという間ですな。私はすでに80作品を登録したんですが、これがいずれ劣らぬ名作揃い(自分でいう)。残り20もじきに埋まるだろうし、そうなると今後は入れ替え戦があるわけですね。上位20作品はもう不動かと思いますが、下位はまだまだどうなるかわかりません。これからも面白い作品をたくさん観てベスト100争奪戦を盛り上げたいものです。

こういう細かい(ある意味ヲタクな)作業は自分ひとりでやってても充分楽しめますが、各作品のファンリストから他のユーザーさんのデータをのぞき見れるのも面白い。不思議と好きな作品ってかぶるもので、「このひとと私、もしかしたら話が合うかも!」とひとり盛り上がったりして飽きさせませんヨ。ヒマな映画好きの方はぜひやってみて下さい。心のお友達が増えるかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

映画 * 23:38 * comments(0) * trackbacks(0)
アカデミー賞
2007.02.26 Mon
*作品賞:「ディパーテッド」
*監督賞:マーティン・スコセッシ

ここまでやるんなら主演男優賞はレオでええやんけ!(もしかしてニコが主演だと思われていたのか)。

「ディパーテッド」よりも「リトル・ミス・サンシャイン」の方がずっと好きだけど、レオがすごく喜んでいるのでもういいか。

movie1

おじいちゃんの受賞を喜ぶ孫。

movie2

毎年のことだけどアカデミー賞にノミネートされている作品って、日本でまだ公開されていないものが多いので当落の加減がよくわかりません。「バベル」で助演女優賞にノミネートされていた菊地凛子さんも、なにが素晴しいのかわからなくてもどかしい。CMでキムタク相手にコントを演じていたと聞いた時は、「あの間の悪い女優がオスカー候補?」とびっくらこいたくらいだもんなあ。早く観たいよバベル・・・・。

つうかガエルが観たいよバベル。

movie3

このふたり(ガエル&ディエゴ・ルナ)あいかわらずの2ショットですね。ガエルといえば、バベルよりも楽しみなのが「恋愛睡眠のすすめ」。

movie5

内容は知りませんが、監督が「エターナル・サンシャイン」のミシェル・ゴンドリーだし、この画像から推測するに不思議で可愛いお話ではないかと(少なくともホラーではないと思う)。GW公開予定。

先週の月イチゴローでのゴローちゃんと劇団ひとりのランキング&レビューの違いが面白かったです。”スクリーム”は怖いけど”叫”は「ふ~んって感じ」というひとりが外人みたいで(笑)。私は絶対”叫”の方が怖いと思うなあ(ゴローちゃん派)。”さくらん”の土屋アンナに「(中途半端な脱ぎっぷりが)潔くないよね」と言い切ったゴローちゃんがステキでしたー。←ビストロで嫌なことがあったの?

テーマ:第79回米アカデミー賞 - ジャンル:映画

映画 * 22:44 * comments(0) * trackbacks(0)
ピンク病
2007.02.23 Fri
「マリー・アントワネット」を観て以来、やけにピンクのものに心を奪われます。先日もUSJでピンク小物をごちゃごちゃと購入。

pink

左:ピンクカフェのスーベニア・カップ(激甘のホットチョコレートが¥550)。
右:ポーチの中身はハート型のクッキーでした。あんまり美味しくなかった。
真ん中:HRCのヴァレンタイン・ピン。これが一番高いのがなんだか解せません。

普段あんまりピンクって持たないので、たまに持つと気分が浮き立ちます(笑)。春だわ~♪

今回初めて”オズの魔法使い”をテーマにしたレストラン(マンチキン・キッチン)に入ったんですが、これがもう虚しくなるほどのマズさ!私が食べた「ブリキのきこりセット」のサーモンパイは生臭く、友人の「ライオンセット」の肉は変に脂ギトギト、もれなく付いてくるコーンスープはめちゃくちゃ水臭い。おまけにどれもこれもがぬるくて(これが一番許せん!)とても食えたもんじゃありませんでした。しかも1セット¥1500!!!高えよ!!

常々USJ内のレストランは高い(そしてマズい)と思ってましたが、ここは断トツ。他の追随を許しません。唯一許せるのはアイリッシュ・パブのフィネガンズ・バー&グリルくらいだけど、ここもハッピーアワーがなくなっちゃったしなあ・・・。そもそもUSJのレストランって冬場は休みの店が多すぎます。ピンクカフェもオープンは13時って遅すぎるだろうそれ!

USJの偉いさんはネズミーランドで「サービスとはなにか?」を基本から学び直してくるべきだと思いますね。年パスの引き換えに、「休日は混雑するのでできるだけ平日に来てください」と言うのなら、せめて受付だけでも20時まで開けとけ!17時で閉めるパークに一般的な会社員がどうやったら間に合うというんじゃー!!(もしや有給取って来いってことかしら・・・。←言いそうなだけに笑えん)。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

日記 * 21:07 * comments(0) * trackbacks(0)
横縞VS縦縞
2007.02.22 Thu
セルティック戦でマルさまがCL出場100回を達成。イタリアでは記念にCDが発売されたようですね。その名も”Sweet Hits”。嘘です(早い)。CDが出たのはホントだけど、こりゃマルさまのサイドビジネスですな。ベタな感じのグレイテスト・ヒッツ系のアルバムのようですが、ベタなラブソング好きなので聴いてみたい。日本でも売ってくれー。

さておき試合ですが、0-0のドローに終わりました。シエナ戦ショック(悪夢の3失点)の記憶が生々しいところへGKカラッチさん大抜擢!には胃がキュ!とする思いがいたしましたが、横縞クラブがいまひとつだったせいかこれといったピンチもなく。あいかわらずパスを繋がせたら世界一な縦縞もアウェイらしく、ジラの1トップであわよくばゴールを狙いましょうって感じでムリはせんですなあ。

そのジラも途中でオリベに交代。ゴール前の動きが本職ではないガッツの方が勝っていたくらいなので仕方がないとはいえ、下がるジラの顔色があまりに悪くて可哀想になってしまった。ガッツがなんか声を掛けてやってたみたいだけど、すでに心ここにあらずって感じだったし・・・。大丈夫かジラよ。

その点、オリベの方はあんまり気に病んでなさげというか(笑)。彼ももっと点を取ることを期待されているハズなんだけど(なんせ7番背負ってるわけですし!)いつ見ても飄々としてますね。同じラテン系なのにこのキャラの違いは面白い。

オリベとカカちんも同じ国のひととは思えないなあ。つうかカカちんがセレソンの中では異色なのか。F1でいうとカカはセナタイプ(信心深い真面目キャラ)で、カフーとかオリベとかロナウドはピケ派(人生エンジョイ型)。あくまでイメージですけども。

acmilan16

孤軍奮闘とまで言われた悲愴感漂うカカちんに比べ(他の選手も頑張ってたと思うがな)、元気一杯で闇雲にシュートを打つヨアンくんもオモロイっすね~。年はカカとそんなにかわらないと思うけど、なんともいえず小僧な感じが可愛い。かと思えば点が欲しくて殺気だっている敵のサポーターを前にロスタイムに悠々と水を飲む憎たらしさもあったりして(笑)。あの根拠のない大物感はなんなんだ。

人間観察ばっかりで試合の方にあんまり集中してなかったのがバレバレですが、俊輔のFKに全てを賭けるセルティックサポの熱き想いは確かに受け止めました。受け止めすぎて自分が蹴るわけでもないのに、緊張でちょっと吐きそうになった。ミラニスタだけど俊輔にもサポーターの期待に応えて欲しいと思うあたり、自分もやはり日本人なのよね。でもサンシーロでは遠慮してー。

テーマ:ACミラン - ジャンル:スポーツ

蹴球 * 22:47 * comments(0) * trackbacks(0)
なんだこの試合
2007.02.19 Mon
シエナ×ミランは3-4でミランが辛くも勝利。確かに私は点がばかすか入る派手な試合が好きですが、入っていいのはミランだけで相手クラブのことではなくってよ。

しかもこの試合、ミランが先制した直後に追いつかれ、またまた引き離したかと思えば更に早いスピードで追いつかれ、今度こそ決まり!と思った3点目もまたまたまた追いつかれ(この時点で耐え切れなくなったガリッパゲが中座。わかるよ、その気持ち・・・)、引き分けを覚悟したロスタイムの残り30秒切った頃に、シエナのOGにてなんとか勝利という、よく言えば劇的、ありていに言えば運だけやんけ!というお粗末さ。まあ勝ったからいいけどさ・・・。

内容は良くなかったとは言え、ロナウドが早くも2ゴールを決めたのは喜ばしいことですね~。1点目はガチャピンが10㎝といえども浮いたということに感動しましたよ!カカちんとオリベも最高に嬉しそうな笑顔だったし、やっぱりロナウド兄さん慕われてんのね。2点目はありゃカカちんが素晴らしかったのですが、あのパスをきっちり決めてくれるなら、この際ガチャピンでもムックでもなんでもいいわ~。ラララ~♪

milan15
自分の重量考えろ!

ロナウド効果でオリベも1点取ったし(オリベを見るたびに誰かに似てると思ってたけど、ようやくわかった。田中聖@KAT-TUNだ)、なんだかんだいって刺激にはなってるんすかね。コロコロ転がっては「脚がー!俺の脚がーー!!」といちいち熱演するのが鬱陶しいけど、これからも点取ってね。あ、ジラも。

テーマ:ACミラン - ジャンル:スポーツ

蹴球 * 22:44 * comments(0) * trackbacks(0)
最近読んだ本
2007.02.15 Thu
・「裏庭」/梨木香歩

ファンタジーかと思って気軽に読み始めたら、ずいぶん重い内容だったのでびっくり。こういうのを哲学的というんだろうか。バーンズ屋敷に少しでも関わりのあるひとは、大人も子供もみんな『裏庭』が≪あり≫だと信じているのがよかった。そんな場合じゃないのに好奇心を抑えきれず、あちこち寄り道しがちの照美と武士みたいなしゃべりのテナシが可愛い。

・「むかつく二人」/三谷幸喜・清水ミチコ

三谷さんと清水さんがパーソナリティをつとめるラジオ番組の単行本。おふたりの遠慮のない会話が気持ちいいです。自分が観てもいない「新選組!」の最終回を「あまりにも酷かったんじゃない?」と脚本家に面と向って言えるひとってそうはいない(笑)。あと椎名林檎さんはものすごくステキな人だと思った。

むかつく二人 むかつく二人
三谷 幸喜、清水 ミチコ 他 (2007/01)
幻冬舎

この商品の詳細を見る
・「ついてない日々の面白み」/よしもとばなな

ばななさんの書いたものを読むのは初めて。はつばなな。

エッセイの中に当然のように出てくるチビラって何?(息子さんでした)、ヒロチンコって誰?(旦那さんでした)と最初はいちいちぽかんとしてしまった。なんの説明もなく始まってるので、これ読む人はすぐにピンとくるんだろうかと思ったけど、よくよく見たらシリーズ9冊目でした・・・。ご自分のサイトでアップされている日記を文庫化してあるんですね。なーんだ。

息子さんのことについて書かれている部分は親バカ丸出しで、そんなん身内以外の誰がオモロイねん!と意地悪く読むつもりが、チビラくんの言動があまりに可愛いのでつい笑ってしまった。特にマヤマックスさんを”おぢちゃん”だと思っていたというのが最高!(笑)。チビラくんがこれ以上大きくならなければいいのに!(ひとの子をなんだと)。

ご自分の友人知人を「美しい!素晴しい!キレイ!」と絶賛し倒しているのも、ここまで徹底されるといっそ清々しい。面白かったので他のエッセイ(旅行記)も読んでみたいと思う。

ついてない日々の面白み―yoshimotobanana.com〈9〉 ついてない日々の面白み―yoshimotobanana.com〈9〉
よしもと ばなな (2006/12)
新潮社

この商品の詳細を見る
・「のだめカンタービレ#17」/二ノ宮知子

千秋先輩の寝相が素晴らしすぎる17巻。のだめちゃんステキだなあ!と再確認。そしてテオのように生きていきたい・・・と思った。アニメの方も先日初めて見たんですが、のだめの声がダメすぎましたよ・・・・・。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

* 20:52 * comments(2) * trackbacks(0)
ガチャピンデビュー!
2007.02.12 Mon
ロナウドのミランデビュー戦は2-1で辛くもミランが勝利を収めました。1点目のガッツのシュートも、ヤンクロの決勝弾も素晴らしかったけど、先制点のわずか2分後に同点ゴールを許したのはいただけない。なんであそこできっちり守りきれないかな!とぶるぶる震えてしまいましたよ。ストラーリにとってはあまり喜ばしい勝利ではなかったかもしれないね。でもキミが踏ん張ってくれたおかげで勝てたことはよーくわかってます。

milan14
この日なんとなくご機嫌が悪そうだったヤンクロ。シュートが決まってようやくこの笑顔。

ミランはこの試合、大胆にも2バックで挑みまして結果的にルカレッリが野放しに(半笑)。オッドはどこにーーー!と悲鳴を上げたことも一度ならずありましたが(しまいにはマル様までいなくなってた。なんでもありか)、あれで両サイドが羊のようにおとなしく守りに専念していれば、それはそれでイラっとくるんでしょうからファンとは欲張りなもんですな。ともあれ勝ててよかった。順位もじわじわと7位まで上がったことですし!

後半から出場のロナウド。サポーターから「待ってました!」とばかりに拍手が沸き起こったのはさすが大物の貫禄とでも申しましょうか。あっさりと失礼なスカパ実況の「客寄せパンダ」発言(この私でさえガチャピン止まりだ)を覆すべく、がっつり活躍していただきたいもんです。歓声がブーイングに変わらないうちに。←やはりいまいちテンションの上らない私。

オッドが来てくれて嬉しいのは確かなんですが、カフーおぢさんのファンでもあるので少々複雑でもあります。ゴール前でのカカちんやオリベとの絡みの美しさでは断然同郷のカフーおぢさんの方が上だけど、オッドの退廃的なお色気も捨てがたい(そこか)。嗚呼、悩ましきかな、右SB。

テーマ:ACミラン - ジャンル:スポーツ

蹴球 * 22:00 * comments(0) * trackbacks(0)
1月に読んだ本・2
2007.02.10 Sat
・「狐狸庵食道楽」/遠藤周作

食と酒をテーマにまとめられたエッセイ。表紙が秀逸です。

狐狸庵先生は昔の方がなんでも美味しかったとおっしゃるけど、ファースト・フード、インスタント食品世代の自分には昔より今の方がなにを食べても美味しいような気がする。これっていいことなのか?巻末の出展一覧を見てびっくり。ほとんどのエッセイを読んだことあるがな。遠藤周作にハマっていたのがもう10年以上も前のこととはいえ、あまりにも忘れすぎ!これもインスタント食品の弊害か。←一粒で二度美味しいと前向きに考えておこう。

イギリスだより イギリスだより
カレル・チャペック (2007/01)
筑摩書房

この商品の詳細を見る

・「イギリスだより」/カレル・チャペック

カレル・チャペックさんのイギリス旅行記。表紙がかわいかったので買ってみました。

仕事絡み(ペンクラブ大会参加と大英博覧会の取材)の旅行なんだけど普通に観光客してるチャペックさんがおかしくて、ところどころプ!と笑ってしまった。文体から70~80歳くらいのおじいさんになったチャペックさんが、のんびりとイギリスに行った時の思い出話なのかと思ってたら、チャペックさんて48歳で亡くなってるんですね。文体がしみじみしてるのは翻訳家の味か・・・。自筆のイラストも可愛い。

・「しをんのしおり」/三浦しをん

今回も弟さんとの会話が面白かった。うちにも弟がいるにはいるが生きている世界が全然違うからなあ。同じ親から生まれてきたとは思えないくらい違う・・・・と思ったけどよくよく考えたら、おかんと弟って思考回路が似てるかも(国粋主義だからなふたりとも)。

「キムタクって月代を剃って髷を結った鬘が似合わない」には激しく同意。武士の一分でもそこがとても残念だった。「次元五右衛門チェックシート」(次元が好きなひとと五右衛門が好きなひとでは、他の漫画や小説のキャラでも好きなタイプがすっぱりわかれる。ということから、好きなひとをめぐって友人と争ったりしないよう事前にチェックできる便利シート)はなかなか興味深い試みだと思う(あほか)。

ちなみに私は次元と五右衛門だったら僅差で次元。ハリポタならロン、指輪ならアラゴルン、ロック・ユー!ならチョーサー、X-MENではナイトクロウラー、プリズン・ブレイクならジョン、新選組!なら斎藤が好きなタイプですが、友人のみなさんはいかがですか?(ガンダムならスレッガー中尉ですでにかぶりすぎだという話も>ヲタ友)。

狐狸庵食道楽 狐狸庵食道楽
遠藤 周作 (2006/12/05)
河出書房新社

この商品の詳細を見る


・「あなたの町の生きてるか死んでるかわからない店探訪します」/菅野彰・立花実枝子

・「風が強く吹いている」/三浦しをん

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

* 20:47 * comments(4) * trackbacks(0)
ピンクのマリー・アントワネット
2007.02.08 Thu
「マリー・アントワネット」を観てきました。

キルステンちゃんが白くてピンクでふわふわで夢のように可愛かったです。何が素晴しいって肌が!お肌が!顔も首も胸も全部同じ白さですよー!納得の白さ!スキンケアちゃんとしないとなーと激しく思いました。
[ピンクのマリー・アントワネット]の続きを読む

テーマ:マリー・アントワネット - ジャンル:映画

映画 * 21:53 * comments(0) * trackbacks(0)
今季は終わりにするのかと思ってました。
2007.02.05 Mon
シチリアン・ダービーで起きた暴動のため、セリエは全試合停止状態。早ければ2週間後に再開されるそうですが、それも無観客試合の可能性あり?カルチョファンは地元の人間だけではないんだよー。日本からも試合を楽しみにイタリアへ行こうと思ってたひともいるだろうに。

安全が確立されるまでは試合どころじゃないというのはよくわかる。今後ただでさえ遠いピッチが更に柵の向こうーーーの方へ行ってしまうのかね。それじゃTVで観るのと変わらんな。発炎筒も全面的に持ち込み禁止になるのかなあ(今でも厳密には持ち込んではいけないはずだけど)。

発炎筒って普通に炊いてる限り、試合を演出するいいアイテムなんだけどな。特にデルビーでもくもくと赤い煙が立ち昇るのを観るのは、キタキタキター!って感じで気持ちが高揚して大好きだった(すでに過去形)。でもヂダも1回くらってるし、ありゃ選手の目から見れば凶器以外のなにものでもないのかも。

とにかく亡くなった警官は気の毒だし、カルチョを楽しみにしていたみんなも気の毒。カルチョを隠れ蓑にただ暴れたい奴は全員コロッセオに集合しろ。元々試合なんか観る気ないんでしょ。

milan13

そういやガチャピンが来ましたな(来た矢先にこれか)。

顔しか写ってないのにあからさまにデブってるのがわかるロナウド(2週間の間に絞っとけ!!)。隣のレオさまはホントにお変わりないですね~。この優しげなお顔で鬼のように値切り倒したりされるのかしらん。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

蹴球 * 22:00 * comments(2) * trackbacks(0)
1月に読んだ本
2007.02.03 Sat
封鎖艦、イオニア海へ〈上〉―英国海軍の雄ジャック・オーブリー 封鎖艦、イオニア海へ〈上〉―英国海軍の雄ジャック・オーブリー
パトリック オブライアン (2006/11)
早川書房

この商品の詳細を見る

・「封鎖艦、イオニア海へ」/パトリック・オブライアン

※ネタばれしてます。
[1月に読んだ本 ]の続きを読む

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌

* 20:06 * comments(0) * trackbacks(0)
ナイス橋本って。
2007.02.02 Fri
ルイ・コスタに似てる。

と思い、画像探しの旅に出て見つけた御本人のブログがあまりにフツーのことしか書いてないので驚いた。アーティストなんだからもうちょっとこう、書くことあるんじゃないか?

テーマ:どうでもいいって言えば良いんだけどね - ジャンル:その他

未分類 * 22:39 * comments(0) * trackbacks(0)
リメイクだと思って観てはなりません。
2007.02.02 Fri
「ディパーテッド」を観てきました。

案の定オリジナルの肝みたいなものは完全にスルーされていました。しかし主演のふたり、特にレオに罪はないと思います。むしろ最近のレオの中ではかなりよかった。ダメなのは監督とジャック・ニコルソン。つうかニコルソン。おのれ前に前に出すぎなんじゃ!
[リメイクだと思って観てはなりません。 ]の続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

映画 * 21:43 * comments(2) * trackbacks(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。