スポンサーサイト
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 * --:-- * comments(-)* trackbacks(-)
今年は香港!
2007.06.30 Sat
今日は土曜出勤でした。

平日でさえヒマな我社に土曜日出勤の意味なんかあるわけもなく。ひたすらネットで数独に挑戦したり、家では読まないパイソンズの分厚いインタビュー集を読んだりして時間を潰しました。

うちの社長、とにかく会社が開いてれば幸せなアホなので、従業員の貴重な時間を無駄に費やしていることにまるで気付いていないんですよねー。さっさと引退して我らに自由を与えてくれ。それが社長にできる唯一にして絶対の善行だ。

なにかとイラつく会社での日々ですが、来月に行く旅のことを考えてストレスを発散させています。今年の目的地は香港。ホントはユアラップへ行きたかったのだけど、ユーロが高くてとても手が出ず。

去年は同じ理由でNYに行きましたが今はドルも高いですからねえ。まだ香港ドルならなんとかなるかってことで、日本のこの蒸し暑さでさえ涼しく感じられそうな湿度1000%の国へ行くことになりました(微笑)。

今はヒマさえあれば(ってヒマばかりなんだけど)、ネットで香港について調べています。旅行って行く前のこの計画段階が一番楽しかったりしますよね~。すでに頭の中は香港グルメで溢れんばかり。今度こそ香港ヲタの牙城にも踏み込んできます!
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

未分類 * 20:09 * comments(5) * trackbacks(0)
映画は長いが感想は短い。
2007.06.28 Thu
・「ゾディアック」を観てきました。

上映時間2時間37分が3時間半くらいに感じました。長い長い。
[映画は長いが感想は短い。]の続きを読む

テーマ:★ゾディアック★ZODIAC★ - ジャンル:映画

映画 * 21:50 * comments(2) * trackbacks(0)
梅雨の晴れ間に。
2007.06.24 Sun
・「モーターサイクル旅行記」と「COMANDANTE」を観てきました。

checomandante.jpg

場所はシネ・ヌーヴォー。大阪・九条にあるミニシアターなんですが、劇団維新派が内装を手がけたそうで、映画館というよりは劇場っぽい雰囲気。「オペラ座の怪人」とかここで観たいなーって感じです。80人弱しか入らない小さな映画館だけどスクリーンの位置が高いので観やすい。足元がもうちょっと広げれば更にいいけど、しょうがないか。

ここに来るのは2回目なんですが、2階にもスクリーンがあるとは知らず。「モーターサイクル~」の方はどこでやるんかいな?ときょろきょろしていると隅の方に怪しげな階段があり、そこを上った先がシネ・ヌーヴォーXでございました。全部で20人入ればいいとこの超ミニミニシアター!つうかホームシアター!

椅子の高さによって前の席との段差をつけるという力技のため、私が座った席は床に足が届かず(笑)。しょうがないので靴を脱いで、誰も座っていない前の席に足を乗っけさせてもらいました。映画が50分しかないので助かったけどあれはちょっとキツイな。

さて肝心の映画の話。

※ネタばれ注意!
[梅雨の晴れ間に。]の続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

映画 * 20:00 * comments(2) * trackbacks(0)
トリック以前の問題。
2007.06.22 Fri
「プレステージ」を観てきました。

本編上映前にクリストファー・ノーラン監督直筆(?)による「この作品のオチは絶対誰にも言わないでね!」というメッセージが流れるんですが、そのわりにはたいしたオチでなく。なおかつネタ割れするのも早かったような気がする。

まあ絶対言ってくれるなってことなので私も言いませんけども、最後の最後にあっと驚くトリックを期待するのはちとムリかと。違う意味での驚きはあるんですけどねー。んなアホな!みたいな。

かと言って観て損した!というほどの駄作でもなく。「全てのシーンに張り巡らされた罠!」という宣伝文句も多少おおげさではあるけど嘘じゃないんですよね。「そういやあのメモ、どういうタイミングで渡したんだっけ?」とか観終わった後に細かいところをじっくり見直したくなる。そういうタイプの作品かと思います(できれば2度目は無料で観たい)。
[トリック以前の問題。]の続きを読む

テーマ:プレステージ - ジャンル:映画

映画 * 22:21 * comments(4) * trackbacks(0)
装丁大賞!
2007.06.18 Mon
夜は短し歩けよ乙女 夜は短し歩けよ乙女
森見 登美彦 (2006/11/29)
角川書店

この商品の詳細を見る

恋愛小説嫌いのワタシが一気に読了。オモチロカッタです。

現実と妄想がごちゃ混ぜになったような世界感+独特の文体ってことで、好き嫌い分れる作家さんだと思いますが私は好き。なんといってもキャラがいいのですよー。

以下、ネタばれ気味です。
[装丁大賞!]の続きを読む
* 23:12 * comments(2) * trackbacks(0)
三百!
2007.06.14 Thu
「300」を観てきました。

スパルタの300人の偉丈夫たちが敵のペルシア軍100万人をちぎっては投げちぎっては投げ!めちゃくちゃ男らしかったわ~(うっとり)。

以下、男らしくネタばれ全開です。
[三百!]の続きを読む

テーマ:300<スリーハンドレッド> - ジャンル:映画

映画 * 22:28 * comments(6) * trackbacks(0)
5月に読んだ本
2007.06.12 Tue
螺鈿迷宮 螺鈿迷宮
海堂 尊 (2006/11/30)
角川書店

この商品の詳細を見る

・「螺鈿迷宮」/海堂尊

ロジカル・モンスター白鳥の番外編。

老人介護センターとホスピスと寺院が一体化した複合型病院(桜宮病院)が舞台。他の病院に比べ死亡率が高いのは終末期医療がメインという病院の特色からして、ある程度仕方がないことだとは思うのだけど、せめて自分のタイミングで死にたいよなあと思った次第。

まだまだ生きていたいのにと切実に願うひともいれば、死ぬ順番じゃないのに死に急ぐ人間もいる。人生ってままならんもんですなあ・・・・。例えば、自殺願望アリアリのひとが、ある日急に「余命3ヶ月です」と言われたらどうなるんだろう。やったー!と思うんだろうか。それとも急に死にたくないと思うのか。意外と後者なのではと思うのだが。

最後はなんとなく京極の「絡新婦の理」を思い出しました。作中人物じゃないけど、白鳥にしてはツメが甘すぎ。

・「西の魔女が死んだ」/梨木香歩

P190を読んだ瞬間、この作品が支持される理由がなんだかわかる気がしました。
お婆ちゃんには敵わないなあ!ぐすん!未読の方は絶対にここ(P190)から読まないように(笑)。

・「バッテリーⅥ」/あさのあつこ

なんのかんの言いながらも完結巻まで読み切りました。6巻で終わってくれてよかった。

結局最後までこの物語にハマれなかったのは、このバッテリーが二人の世界だけで完結しちゃってるせいではないかと。タイトル的にはそれで間違いないんだけど、せっかく野球の話なんだから、もっとスポーツとしての野球の面白さ、凄さみたいのを感じる話が読みたかった。キャラ萌えはそのあとでいいのだ(新田東中学と横手ニ中の試合、読んでてちっともドキドキしませんやんか)。

リヴァイアサン リヴァイアサン
ポール オースター (2002/11)
新潮社

この商品の詳細を見る

・「リヴァイアサン」/ポール・オースター

≪道端で1人の男が爆死。死体はバラバラ。しかし私はその男が誰であるか気付いた。そして私はその男のことについて書くことにした。FBIが男の正体をつきとめる前に。≫

ちょっとしたミステリっぽい話ですが、なによりもわずか2ヶ月で、その男との出会いからなにから全部を書き起こした私の筆力に驚きました(完全に読み方間違えてます)。

・「スペース」/加納朋子

駒子シリーズ第三弾。

そんな偶然あるかよ!とつっこみつつも楽しく読了。最後にいろいろなピースがパチパチと嵌ってひとつの絵になる話は大好物です。読後感がとてもいい。

駒子=上野樹里ちゃん、瀬尾さん=玉木宏くんののだめコンビで映像化希望。

スペース スペース
加納 朋子 (2004/05/31)
東京創元社

この商品の詳細を見る

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

* 21:35 * comments(0) * trackbacks(0)
あのマッカは本物ですか。
2007.06.07 Thu
「GOAL!2」を観てきました。

前の席の男子ふたりが、レアルの選手が映るたびにいちいち興奮するのが鬱陶しかったです。彼ら、あとで真面目に戦術について語ってそうでイヤだ(笑)。

以下、ネタバレ三昧要注意!


[あのマッカは本物ですか。]の続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

映画 * 22:09 * comments(2) * trackbacks(0)
海賊になるか英国海軍に入るか。そこが問題。
2007.06.04 Mon
「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」を観てきました。

バルボッサがなぜ生き返っているのか、なんでジャックが砂漠にどし上げているブラック・パール号で1人芝居を楽しんでいるのか、そういうわりと大事目なことが完全に記憶のワールド・エンドだったせいで、ただでさえわかりにくい話がますますわからなくなってしまいました。正直これを書いている今も、バルボッサがいつの間に仲間に加わったのか、理由がまったくわかっておりません。

※そのわりにネタばれ全開ですのでご注意ください。
[海賊になるか英国海軍に入るか。そこが問題。]の続きを読む

テーマ:パイレーツ・オブ・カリビアン - ジャンル:映画

映画 * 22:25 * comments(2) * trackbacks(0)
並みいる積読本を押しのけて。
2007.06.01 Fri
灼熱の罠、紅海遥かなり 上 (1) 灼熱の罠、紅海遥かなり 上 (1)
パトリック・オブライアン (2007/05)
早川書房

この商品の詳細を見る


発売当日にわざわざ隣町まで買いに走ったオーブリー&マチュリンシリーズの最新刊。雨の中、電車に乗ってまで行ったかいがあったわー。今回も素晴らしく面白かった!

以下ネタバレ全開ですので、未読の方はご注意。
[並みいる積読本を押しのけて。]の続きを読む

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

* 21:18 * comments(0) * trackbacks(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。