スポンサーサイト
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 * --:-- * comments(-)* trackbacks(-)
6月に読んだ本・その2
2007.07.29 Sun
・「太陽の塔」/森見登美彦

モリミーのデビュー作。第十五回日本ファンタジーノベル大賞受賞作でもあります。

失恋男が元カノをストーカーするお話で(身も蓋もない)、妄想ははち切れんばかりですがドロドロしたところは微塵もなく、ひたすらに笑えます。面白かった。ゴキブリキューブは怖すぎ!

月と六ペンス (地球人ライブラリー) 月と六ペンス (地球人ライブラリー)
ウィリアム・サマセット モーム (1995/08)
小学館

この商品の詳細を見る

・「月と六ペンス」/サマセット・モーム

”コンフィダント・絆”つながりで読みました。ゴーギャンとシュフネッケルを描いたお話だそうですが、シュフネッケル=ストルーブなのかなあ。なんか芝居のイメージと違うのだけど。

翻訳ものはなかなか名前が覚えられないので、いつも適当にキャスティングして読みます。今回は僕=ジョン・キューザック、ストルーブ=フィリップ・シーモア・ホフマン、ストリックランド=アルフレッド・モリナに変換して読んでみたのですが、暑苦しいだけでなにひとつ萌どころのないキャスティングでございました。

ところでサマセット・モーム(名前がカッコイイ!)って諜報部員でもあったんですな。作者略歴を読んでなんだかマチュと似た匂いを感じました(さすがにマチュほど変人ではないと思いますが)。

・「極め道」/三浦しをん

そういや先日、NHKで若手女性直木賞作家3人が世界各地でトレッキングに挑戦して、その体験をエッセイに書くという番組をやっていたんですが、その中のひとりがしをんさんで、「極め道」みたいなテンション高めのエッセイを書く作家さんとはとても思えない、おとなしげな女性だったのでびっくりしました。

声も小さいし、現地(バリ島)の善人そうなガイドさんのあとをひたすら付いて行くだけで、いつ面白いことをやってくれるのかと期待しているうちに終わってしまった。それともNHKだから遠慮してただけで、頭の中ではやはり妙な妄想が炸裂してたんでしょうか。正味のところを聞いてみたいものです。

幸福な食卓 (講談社文庫 (せ13-1)) 幸福な食卓 (講談社文庫 (せ13-1))
瀬尾 まいこ (2007/06)
講談社

この商品の詳細を見る

・「幸福な食卓」/瀬尾まいこ

すごく好きですごく嫌いなお話(笑)。映画化された時にTVや映画館で予告編を観すぎたのがいけなかったな。先が読めてしまった。それがまた私の苦手なタイプのオチで。

「本当に本当に、もうどうしようもないのだろうか」という佐和子の言葉。私もたまにそう思うことがあります。夢で人を殺してしまった時なんか特に思う。取り返しのつかないことになってしまった時のあの絶望感。

夢なら覚めるからいいけど、実際にそんな苦しくて悲しくてやりきれない思いを、高校生という若さで体験してしまった佐和子が可哀そうでたまらなかった。いくら佐和子が子供の頃から波瀾万丈の人生を送ってきてるとはいえ、あれは悲しすぎるよねえ。

なんかすごく暗いお話のように書いてしまったけど、笑えるところもたくさんあって面白く読めました。ヨシコ最高!

村田エフェンディ滞土録 村田エフェンディ滞土録
梨木 香歩 (2007/05)
角川書店

この商品の詳細を見る

・「村田エフェンディ滞土録」/梨木香歩

この本はずっと手元に置いておきたい本です。そして好きすぎると逆に感想が言えないものですな(笑)。とりあえず鸚鵡好きならぜひ!

ちんぷんかん ちんぷんかん
畠中 恵 (2007/06)
新潮社

この商品の詳細を見る

・「ちんぷんかん」/畠中恵

しゃばけシリーズ最新刊。

だんだん兄やたちの過保護ぶりが鬱陶しくなってきました。妖である自分たちの寿命が果てしなく長いからそうなっちゃうんだろうけどねー。身体の弱い子供をいつかは置いていかなきゃならないかもしれないと考えたら、いくら病弱だからってそうそう甘いことばっかり言ってられないはずだし。

それにしても、いつになったらあの友人(栄吉)はまともな餡子を作れるようになるんでしょう。ようやく修行に出ることになったようだけど(気づくのが遅いよ)、あまり期待できないんじゃなかろうか。すっぱり諦めて違う道に進むのも人生だと思うがな。


スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

* 13:49 * comments(0) * trackbacks(0)
復活の日
2007.07.28 Sat
パソコン買い換えました。

約10年に亘るNECとの付き合いに別れを告げ、今回初めてFMVにしてみました。NECより¥5000安かったってのが最大の理由ですが、「富士通はセットアップが簡単なんですよ!」という店員さんの発言もそれなりの決め手となりました。

が!確かにセットアップは簡単なんですが、ひとつ手順をクリアする度に再起動せなならんのがめんどくさくてめんどくさくて。結局全部設定するのに2時間以上かかったような気がしますよ。あー疲れた。

それにしてもVista使いにくいわ(笑)。お気に入りがどこにあるんだかわからなくて探し回りましたがな。おまけに今まで使ってたプロバイダのセキュリティソフトは未対応だし!(無料だから文句は言えぬが)。

ともあれ無事にネット復帰できました。あとは細かい設定をちょこちょこいじるだけ(画面が眩しいて)。コメントへのお返事は明日させていただきますー。
未分類 * 23:25 * comments(3) * trackbacks(0)
匣が壊れた。
2007.07.24 Tue
金曜日、突然ネットができなくなった。

不可解なことにOutlookでメールの受信だけはできるのだ。
ということは普通にサーバーに繋がることは繋がっているのか。

よくわからない。そもそも私にわかることどなにひとつないのだ。

嫌な予感はあったのだ。

再三画面に現れる「◎◎が原因で××にエラーが生じました」という警告文。
はじめは無視していればなんとかなるだろうと思っていた。
しかしあまりに頻繁にその警告を見るにつけ、さしもの私もこれはなにか対処しなければならないと思い、その◎◎をアンインストールしたのだ。

あれからだ。ネットに繋がらなくなってしまったのは。

今から思えば他にやりようがあったのかもしれない。
少なくとも私が自発的になにかを行って上手くいった試しがないことなど、
嫌というほどわかっていたはずではないか。

なのに、

例によってなにも考えずに行動を起こした結果、私の匣は世界と繋がることを止めてしまった。

否、最初から私と世界は繋がってなどいなかったに違いない。繋がっていたとそう自分で思い込んでいただけなのだ。

「しょうもないこと考えてるヒマがあったら修理に出せ!もしくはジャパネットたかたで買え!」

最近、自分だけ光ファイバーに変えた弟が偉そうに私を罵倒する。

言われずとも、修理に出すことは考えたのだ。

しかし、

まるで計ったように保証期限が切れていた。

ならば、

買うしかないのか。

ないのだろうと思う。世界と繋がっていたいのなら、私は買うしかないのだ。

奇怪なものがみっしりみしみしつまったあの匣を(できればNECの)。


すんません!限界!!

パソコンが壊れてただでさえ憂鬱なのに、関口口調で書けなんて、あんた鬼だよ!<たぬきさん。
や、木村くん口調でバトンタッチしたお前こそ鬼だと言われたら、返す言葉がありませんが。

そういうわけで、パソコンが壊れて家でネットができません。仕事中にこそこそと覗くくらいならできるけど、やっぱり家で色々調べものができないと不便だわー。

今週末にはなんとか新しいのを買うつもりなんですが、うちの会社ホントにボーナス出るんでしょうか(知りません)。出ても子供の小遣い程度の気もするしなあ・・・・。あーあ。どっかにパソコン落ちてないかなあ!!

さておき、このバトンもここで終わりにさせてくだされ。ルール違反だけど、そこはそれで。
日記 * 09:02 * comments(5) * trackbacks(0)
バチがあたりました。
2007.07.23 Mon
実はフィギュアスケートのファンです。特に最近はスイスのランビエール選手を応援してるんだけど、CLを戦っている間は願掛けのためにフィギュアからは距離を置いていたんだ。見事に優勝を果たした今から考えると僕のランビ断ちにどれほどの意味があったのかは自分でもわからないけど、それだけ必死だったってことだね。

とにかく決勝では僕も責務を果たせたし、晴れてフィギュア復帰しようとした矢先!日本で開催されたドリーム・オン・アイスのTV放送を見逃すとは僕としたことがなんたる不覚!!

そもそもTOKIOでは7/17に放送があったらしいんだけど、こちらではその時なにやってたと思う?

阪神×巨人戦だよ!これがミラノ・ダービーだってんなら話はわかる。でも阪神×巨人戦なんて年間何試合あると思ってるんだよ!!

それでも日曜日まで待てば観られるかと思って楽しみにしていたのに、なんと土曜日の昼間に放送があったというじゃないか。そりゃ勝手に日曜日だと思い込んでいたボクも悪いよ。でも放送時間終了とほぼ同時にその事実を知ったボクの失意ときたら!一瞬フラっとしたよマジで。なぜ今日やってるんだ?と新聞に問い質したりもしたね。意味ないけど。

だけどそんなボクを慰めるべく、youtubeにその時の映像を上げてくれたひとがいたんだ。おかげで遅ればせながら観ることができた。どこの誰か知らないけどホントにありがとう。

久しぶりに観たランビエールはあいかわらずステキだった。今回の彼のプログラムは「ロミオとジュリエット」。こういうルックスがものを言うような演技は、やはりランビのような選手がやってこそなんぼだね。ロマンチックなプログラムに対し、衣装がシンプルな黒のシャツとパンツだけというのがまたいい。

世間的には評価が分かれるようだけど、シマウマ柄の衣装もボクは好きだな。なんというか壮大なファンタジーを感じるよ。同じファンタジスタとして、彼の表現力をボクも見習わなければならないと思っている。来シーズンはぜひ、そういうところも注目して観て欲しいね(ユニだけはみんなと同じ物を着るつもりだけど・笑)。

ところで、どうもうちのカピターノがフィギュアファンらしいんだよね。先日香港から帰ってくるなり、機内上映で「Blades Of Glory」を見損ねた!と大騒ぎでさ。フィギュアファンがチームにいるなんて(ましてやそれがパオロだなんて!)想像もしてなかったから驚いたよ。

リーノなんか「フィギュアスケートなんざ女のやるスポーツだ!」なんて偏見もいいとこだけど、白薔薇を胸に氷上で反り返るなんて、正気そこいらの男にはできない芸当だよ。フィギュアはスポーツでありアートなんだ。その点、パオロと語り合えたらいいな。まあパオロはそこまで深く考えてないとは思うけどさ。

そういやパオロに「お前体重何キロ?」と聞かれたのはどういう意味だろう?来シーズンのフォーメーションに関係あるとは思えないし。時々理解不能になるからなあ、うちのカピターノ。選手としては尊敬してるけど、たまに人としてどうかと思うよ実際。


神様に嫌がらせで贈ったお中元が返ってきました・・・・。

今回の口調バトンは「ピルロ」です。例によって拡大解釈バージョンなんですけどねー。つうかなんですかこりゃ。ピルロが「~してなんぼ」とか言うわけがない!あほか!

というわけで、これでよろしいデスか(笑)<神様。

アンカーを突っ走ることは禁じられているバトンですが、さすがにこれ以上のなすりつけ合いは私の良心が許しません(正直ネタぎれなのよ)。これにて御免。

テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

テレビ * 14:08 * comments(4) * trackbacks(1)
トニーさん来日記念!
2007.07.19 Thu
「傷だらけの男たち」を観てきました。

”インファナル・アフェア”と同じチームの新作。前回ひたすら割に合わない目に合い続けたトニさんが今度もまた。男たちを傷つけてるのは監督じゃないかって話。

※以下ネタバレ警報!


[トニーさん来日記念!]の続きを読む

テーマ:★傷だらけの男たち★傷城/CONFESSION OF PAIN★ - ジャンル:映画

映画 * 22:33 * comments(4) * trackbacks(0)
帰ってきました。
2007.07.17 Tue
ボンジョルノ!香港より無事帰還しました。

それにしてもアジアは暑いね。2002年のW杯で日本と韓国に行った時もたいがい暑いと思ったけど、香港の蒸し暑さに比べると屁みたいなもんでした。なんせ最低気温が28度だからね。

他人からネチこいと評されるほど昔のことを忘れない執念深い記憶力のいい僕が、前日にどこへ行ったかまるで思い出せなかったくらいだったといえば、香港の暴力的なまでの暑さがなんとなく想像してもらえると思う。とにかく暑かった!!!

さっきから暑いとしか言ってないようだけど、もちろん食事もショッピングも楽しんだよ。ミラノに住んでると普通のブランド商品を買おうとは思わないけど、香港には実によくできたコピー商品があるというので、そういう店が軒を連ねている女人街というところにも行って来た。

いや実際よくできてたなあ!思わずチームメイトに土産に買って帰ろうかと思ったけど、空港で捕まるとみっともないので止めた。

ただボクのブランド、”SWEET YEARS”のコピーがひとつもなかったのにはがっかりだ。まだまだアジアでは知名度が低いらしいな。すぐにボボとアジアでのマーケティング戦略について相談しなければ。

だいたい香港の街中にLiverpoolのポスターが氾濫しているのが気に食わない。あいつら今年の夏は香港ツアーをやるようだけど、あの蒸し暑さを計算に入れてるのか?俺なら日本に行くね絶対。あ、そういや行くんだった。欧州チャンピオンとして。

ひとつ残念だったのが帰りの機内上映で以前から楽しみにしていた、「Blades Of Glory」がトラブルのせいで半分ほど観たところで映らなくなってしまったこと。

フィギュアスケート界から永久追放されてしまったふたりの選手が(ウィル・フェレル、ジョン・ヘダー)史上初の男子ペアとして銀盤にカムバックするという、聞いてるだけでアホらしい映画ではあるが、なかなか面白くて何度か声を出して笑ってしまった。なのに、さあこれから!ってところでブラックアウトとは。まったくエコノミーなんかで行くんじゃなかったな。

bladesofglory.jpg

TVが映らなくてヒマなのでつい、「もし俺がペアを組むとしたら?」なんてことを妄想してしまった。186cm・85kgの俺をリフトするのは至難の技だろう。そうすると俺が持ち上げる方か?だったらできるだけ軽量級の選手がいいな。

ということはピッポなんかどうだ?というか、ピッポなんかどうだ?と想像している時点ですでにどうかしている。やはり香港の暑さが身に堪えているのか。なんといっても俺ももう39歳だし・・・。

そんなわけで夏休みも終了。あとは来月末のセリエA開幕に向けて練習あるのみ。来シーズンが最後になるかもしれないし(毎年言ってるような気もするが)、今度こそスクデットを奪還しなければ!



・・・・すみませんでした!

実は波子提督から「口調バトン」を「パオロ・マルディーニ」というお題でいただいたのでした。パオロの口調がまるでわからず(笑)、なんだかとんでもないことになってしまい申し訳ありません!サー!鞭打ち100回の刑を甘んじて受けるであります!(同時にすべてのマルマニアにお詫びを!)

【口調バトン】
・絶対掟は守る事
・回された人は回してくれたキャラ口調で日記を書くこと
・日記の内容は普段書くものと同じで構わない
・回されたら何度でもやる
・アンカーを突っ走る事は禁止されている
・口調が分からなくてもイメージ。一人称もそのキャラのものにする事
・これ以外のバトンを貰ったら、その回してくれた人の名前もキャラなりの呼び方にする
・最後に回す人を絶対4人指定すること

というわけで、

チチカカさんに「中居くん」で。←こういうの得意だと思います(笑)!
たぬきさんに「木村くん」で。←自由に羽ばたいて!
天照神様に「ジョージ・クルーニー」で。←嫌がらせです(笑)。
まゆきさんに「モモタロス」で。←えへへ(笑)。

よければ受け取ってくださいませー。お願いします。
日記 * 23:10 * comments(11) * trackbacks(0)
しばらく留守にします。
2007.07.10 Tue
明日から6日間ほど香港に行ってきます。

今、会社の雰囲気が過去最高に不穏なのですが(笑)、女性陣がみな「楽しんできいや~♪」と快く送り出してくれたので、お言葉に甘えて遊んできたいと思います。

荷造りも済んで、後は明日の朝、空港に着くまで雨が降らないことを祈るのみ。ではでは行ってきます。

帰ってきたらボーナスが振り込まれていますように!(切実)。←出るのかホントに!




未分類 * 20:56 * comments(0) * trackbacks(0)
W・Yonda?狙い!
2007.07.07 Sat
今年の新潮文庫・夏の100冊の内、どれでも2冊買って応募すればYondaくんのブックカバーが貰えます。アロハ柄でめっさかわゆし!

さっそく「ぐるりのこと」(梨木香歩)と「卵の緒」(瀬尾まいこ)、「重力ピエロ」(伊坂幸太郎)の3冊を購入。あと1冊がなかなか決まらないので自分にピッタリの1冊を紹介してくれるという、100冊チャートをやってみたところ、≪すぐれた美的センスを持ち、頭の回転も早く、どんな人にも優しいアナタ(私だ)には本書がピッタリ。≫と「博士の愛した数式」(小川洋子)をオススメされました。

これって映画にもなった作品ですよね。あらすじだけ読むとなかなか面白そうな匂いがするんですが、どうも寺尾聡の顔がちらついて(笑)!芥川とか太宰、坂口安吾、またはカフカ、ドストエフスキーといった、これまでまったく読んだことのなかった文豪の作品にチャレンジするのもいいかと思うけど、暑い時にむずかしい話を読めるほどの集中力もないんですよねー。なやむー。

ちなみに100冊の内、わずか9冊が既読本でした。モリミーの「太陽の塔」なんか先月読んだばっかり。こんなキャンペーンやるのわかってたら温存してたのに!

Yonda?CLUBの方も目標の時計(応募マーク50枚)に向かって、着々と歩を進めております。あと20冊くらい読めばいけるんじゃないかな。とりあえず梨木さんと伊坂さんでかなりの数は稼げるはず。宮部さんの新刊も新潮文庫で出ますように。
* 15:52 * comments(3) * trackbacks(0)
6月に読んだ本・その1
2007.07.02 Mon
フランス日記―日々ごはん特別編 フランス日記―日々ごはん特別編
高山 なおみ (2006/06)
アノニマスタジオ

この商品の詳細を見る

・「フランス日記」/高山なおみ

日々ごはんの特別編。

著者がじゃがいも料理本のため、取材に訪れたフランスでの日々を綴った日記です。

女友達のことを「まったくステキなんだからもう!」と連発するこの文章、最近どっかで読んだことあるなーと思ったら、よしもとばななさんでした。正直、同性の友人のことをステキだなんだと誉めまくるのって嘘臭いと思う(笑)。や、高山さんは本気でみどりちゃん(誰?)のことを「ステキ!大好き!」と思ってらっさるんだろうけど、それを文章にしちゃうと途端に嘘っぽくなるなあと。

ところでこのスイセイさんというのはどなたですか?旦那さん?なんかイチイチ腹立つんですけど!(笑)。フランスだろうがどこだろうが普段と同じ服・同じバッグで過ごし、通じようが通じまいがおかまいなしにフランス語(または英語)で話しかけ、ご飯を食べる流儀も俺流!俺がルール!なこの男。

確かに、どこへ行ってもいつもと変わらない自分でいられるってカッコイイかもしれない。私もそういうのに憧れるところはある。でも逆から見たら、それってただ空気を読めてないだけとちがうんかい。

私は口は悪いが根が小心者なので、他人の目が気になったり、食事のマナーをちゃんと守らなきゃ!と必死になってしまう高山さんの気持ちがよくわかる。心の中ではそんな自分をつまらないと思っても、ついついマニュアルどおりに振舞ってしまうことって誰にでもあるんじゃないかなあ。それが端で見ていてあまりに窮屈そうなら、やんわり助言してやればいいではないか。

なのにスイセイ氏は必要以上に怒るのである。それもご飯食べてる最中に!!なんでふたりこっきりしかいない食事の場でキレたりするのかな(いい年して)。ただでさえ不味そうなのに(やたらハズレの多い店に入ってしまってるのが笑える)、相手が黙りこくって食べてたら余計に味がわからんよ。俺ルールで生きる男はもっとおおらかでなくてはいかんと思うのだが。

ま、私がどう憤ったところで翌日高山さんの方から謝っちゃってるわけで(笑)。私も犬も食わない夫婦喧嘩に首つっこんでる場合じゃない。そして感想でもなんでもないですなこりゃ。

さておき、私が一番初めに行ったユアラップがフランスでした。今からもう10年前(!)。到着早々ホテルで居眠りこいてたら、突然ものスゴイ爆音がしたのを今でもくっきり覚えています。後で聞いた話によると、フランスという国は持ち主不明の荷物は問答無用で爆破するのだとか。

あとヴェルサイユ宮殿の庭がすごく公衆トイレ臭くて参りました。マリー・アントワネットの時代から連綿と受け継がれてきた歴史ある匂いなのかも知れないけど、あれは臭かったなー。未だにトイレがないのかと思った。

フランス人たちと夜毎タクシーの争奪戦を繰り広げたのもいい思い出です。勝利のこつは自分が止めたタクシーの運転手から絶対視線を外さないこと。でないと横からどこぞのおっさんが、「メルシー!」なんぞとほざきながら乗ってっちゃいますからね!お前のために止めたんじゃないぞ!

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

* 22:21 * comments(4) * trackbacks(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。