FC2ブログ
リンク追加
2007.10.07 Sun
基本無断リンクです。すみません。

※問題があれば連絡ください。すぐ解除します!
スポンサーサイト



未分類 * 16:35 * comments(0) * trackbacks(0)
モレスキンとトップランナー
2007.10.07 Sun
INVITATION AU VOYAGE エキシビションが関西でも開催されていると聞き(これまたazuさんとこで情報入手)、さっそく梅田のブックファーストまで行ってきました。

場所は3階のエスカレーター上がったすぐそこ!だったんですが、誰も見ていなかったので(薄手のビニール手袋を装着する際、ひとりERごっこするのも忘れずに)じっくりと拝見。いやみなさん、ホントに凝ってらっしゃる!

全部で20作品くらいあったのだけど、どれもこれもが力作揃いで見ててホントに楽しかったし、私は絵はまったく描けないけど、写真や切り抜きを貼ったりするくらいならできるかも!とすごく参考になりました。それにしてもみなさん写真を撮るのがお上手で。アートではなくても味のある写真っていいなあ。私も写真を撮るのは好きなんだけど、いまいちつまらないんですよね~。とほほ。

で、振り返るとそこにはモレスキン棚が(笑)。来年のスケジュール帳を買うのに赤か黒か、はたまた大か小かで悩んでいたんですが、実際に手にとってみて赤の大(Largeと言え!)にほぼ決定。でも買うのは密林で(だって安いのですもの)。懐具合では黒になるかもなー。ていうか、なぜ赤はあんなに高いのであるか。

夜は「TR」でモリミー鑑賞。ちょっと大丈夫か!ってくらい痩せてらっしゃるのね(笑)。

「”黒髪の乙女”には自分の可愛いもの好きなとことか、純粋にひとを信じてしまうようなところが反映されている」とおっさってるのを聞き、やっぱり!と思った。ぷにぷにしているくまのぬいぐるみ@四畳半神話体系に「もちぐま」と名付けるそのセンスに、「このひと絶対可愛いものが好きに違いない!」と睨んでいたところだったので(笑)。

そのもちぐま(らしきくま)がプロフィール画像になっている登美彦氏のBlog。9・29のエントリに有栖川有栖の「双頭の悪魔」が出てきてびっくり!ふだんミステリは苦手とおっさる登美彦氏がふいに読みたくなって取り出したのがこの本なのは、やっぱり京都が舞台の学生のお話だからでしょうか。ちなみに登美彦氏は京都大学、有栖川氏は同志社大学が舞台ですよね(決めつけるけど)。

そういや昔、エガミニストの友人と3人で同志社大学のオープンキャンパスに忍び込み、善良な学生さんからお茶をもらったりしました。こっちは生協で買い物しながら「江神さんもここで買い物するのかも!」とはあはあしてるだけのキモイ3人なのに、真剣に大学の案内書をくれたあの時のお嬢さん。冷やかし以下のオタクに親切にしていただきありがとうございました。できるものなら通ってみたかったデス。

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ

テレビ * 16:12 * comments(5) * trackbacks(0)