スポンサーサイト
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 * --:-- * comments(-)* trackbacks(-)
最近観た映画
2008.04.27 Sun
「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」
「スルース」

※盛大にネタばれしております。
[最近観た映画]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

映画 * 20:28 * comments(0) * trackbacks(0)
スマステ!!
2008.04.27 Sun
傷だらけの天使 DVD-BOX I傷だらけの天使 DVD-BOX I
(2001/07/04)
萩原健一、水谷豊 他

商品詳細を見る

この頃の水谷豊さんの顔、めっちゃ好き。

DVD欲しい!!!




テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

テレビ * 00:07 * comments(0) * trackbacks(0)
ドラマ三昧の日々。
2008.04.26 Sat
我ながらどうかと思うくらい、毎日のようにドラマを観ています。

月:木村くんのドラマを観る予定
火:「絶対彼氏」「おせん」
水:「ホカベン」「バトルスター・ギャラクティカ」
木:*
金:「パズル」「Around40」「キミ犯人じゃないよね?」
土:「ROOKIES」
日:*

観すぎ。

しかも怖ろしいことに、今のところ捨てドラマが1本もない。

おまけに今日は再放送の「野ブタ。をプロデュース」まで観てしまいました。タイトルから勝手にコメディだと思い込んでいたのが意外とヘヴィな内容みたいで、ちょっとどうかなーという気がしないでもないんですが(他人の悪意がどうのとか、やたら修二が煽るしさー)、修二と彰と野ブタの行末が気になるので最後まで観てみようかと(岡田くんのヘタレ教師ぶりには正直がっかりだけどな)。

「おせん」は蒼井優ちゃんが可愛い~♪内くん、ウザー(ごめん)。「ROOKIES」は毎週、号泣です(笑)。佐藤くんのキャラはありえないし、生徒は年食いすぎだけど(高岡と桐谷は何ダブなんだ)、あの昭和のTHE・青春なノリがたまりません。

「ごくせん」は今回イケメン生徒はいないのね・・・・(故に1話でリタイア)。「パズル」は3バカが愛嬌があってよろしい。

テーマ:テレビドラマ 2008年春(4月~6月) - ジャンル:テレビ・ラジオ

テレビ * 23:26 * comments(0) * trackbacks(0)
怖いもの知らずの18歳。
2008.04.21 Mon
最近、ミランよりもフィオの勝敗が気になってしょうがない他力本願ミハニスタです、今晩和。

昨夜はカカちんのトリプレッタ&ピッポ先生&パトのゴールで5-1の大勝!だがフィオも1-0でしぶとく勝ってやがりました。チッ!

80787035.jpg

ヨアンくんのステキなクロスに、ピッポ先生の前に飛び出しどんぴしゃで合わせたパト。

肝 が 冷 え ま し た。

ただでさえトリプレッタを決めたカカちんを祝福する目が刺すように鋭かったピッポ先生。この時も目が全然笑ってなかったデス・・・。おとなげないよなあ、ピッポ(笑)。だがそこがいい。

CL圏内に滑り込むことすらいっぱいいっぱいなわりに、移籍関係のネタだけが華やかなミランですが、ロナウジーニョはともかく(どっちゃでもいいんだ、私は)ガッツがどっか行ってしまうのは嫌!さっそくガリッパゲが否定してくれたらしいのであんまり心配はしてないけど、数々の前例がありますさかいねえ。

80786993.jpg

ミランのエンブレムをぐっと握り、「俺様ここにあり!!」と吠えるカカちん。容赦のないPKといい(笑)、なんと頼もしいことか。できるだけ長くミランにいてくだされー。

80631546.jpg

「お久しぶりです」のデミ。中国で営業中?ちょっと太った?いや貫禄が出てきたと言っておく。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

蹴球 * 19:35 * comments(3) * trackbacks(0)
奈良ひとり旅。
2008.04.20 Sun
奈良県立美術館で開催中の「ミネアポリス美術館秘蔵 浮世絵展」へ行ってきました。

浮世絵と言えば、≪歌麿、写楽、北斎、広重≫の4人が全部描いてんでしょ?くらいの知識(しかも完全に間違ってる)と興味しかないのに、なんでわざわざ奈良まで行ったのか自分でもよくわかりませんが、なかなか楽しかったです。お客さんも少なくてじっくり観られたし。

人物画は正直、「全部同じ絵師が同じひとを描いたように見える」という、ファンが聞いたらシバかれそうな感想しかないのですが(五代市川団十郎だけは違いがわかる。鼻に特徴あり)、女性の着物の柄がめっちゃ可愛くてぽぉーとなりました。普通の洋服だと、「そんな柄の上にあんな柄合わせたら目がチカチカするやろ!」といったコーディネイトでも着物だと全然おかしくない。昔のひとの色彩感覚って抜群だったんだな。

たくさんある浮世絵の中で、「どれか一枚だけあげる」と言われたらどれを貰うか?というありえない妄想の中から私が目を点けたのが、葛飾北斎の「富獄三十六景 甲州 三島越」。

katusika.jpg
北斎ブルーがすんばらしいのであります。

もう1枚気に入ったのが同じく北斎の「百物語・さらやしき」。

奈良 006
「化けて出るのもこれはこれでしんどいねん」

ポストカードがあったので買いました。幽霊なのにため息吐いてるように見えるのが面白い。

奈良に来たついでにお花見でも!と思ったんですが、すでにほとんど散ってました。これは美術館横に咲いてた桜。

奈良 013

平日だったので鹿もヒマそう。

奈良 017

中には勝手に鹿せんべいを食おうとする不届きな鹿もいまして、売り子のおばちゃんとにらみ合っておりました。「何回ゆうてもこの子はもう!!」と怒られてたところをみると、奴は常習犯なのではあるまいか。

お昼を食べようと、なら町をウロウロしてる時に見つけた鹿グッズ。

奈良 011
鹿T。

奈良 016
鹿ストラップ。

商店街ではいまだに「鹿男あおによし」のポスターをたくさんみかけました。奈良が舞台のドラマってあんまりないもんね。奈良の誇りなんだな、きっと。せんとくんも大事にしてあげて欲しい。

テーマ:京都・奈良 - ジャンル:旅行

旅行 * 17:46 * comments(2) * trackbacks(0)
春ドラ2008
2008.04.17 Thu
今期は特に観たいドラマがないなあと思ってたんですが、蔵さんが出てるからという理由だけで「絶対彼氏」を観ました。したらこれが面白かった!ストーリーはだいたい想像つく感じなんですが(どうせ最後は水嶋ヒロとくっつくんでしょ)、≪完璧なイケメン恋人型ロボット≫役のもこみちが優しくて働き者でめっちゃいじらしいのでありますよー。中居くんに、「スタイルよすぎて逆にバランス悪い」と言われた10頭身体型もロボットと言われたら確かにそうかも!って感じでぴったりだし。ああ、発注してえ!

その、もこロボのメンテナンス担当が蔵さんなわけですが。もこロボに対する愛情は人一倍。年中無休24時間体制で修理に飛んできそうですよ。しかもトラブル発生後2分以内に(笑)。もこロボと一緒に事故ったら間違いなく生身のこっちが後回しにされんだろうな。

↑からの流れで「無理な恋愛」も観ました。平均年齢が高いだけにコメディでも落ち着いてますな。夏川結衣さんが好きなので時間があれば続けて観るつもり。マチャアキの主題歌も好き。

上戸彩ちゃんファンの友人一押しの「ホカベン」もとりあえず初回は観たんですが、想像してたより重かった!夫のDV&娘への性的虐待に耐えきれなくなった主婦(富田靖子。ハマリすぎてる)の離婚訴訟を受け持つことになった新米弁護士の堂本(上戸)が、初めての弁護に張り切って正義感を振り回してる間に娘を取られちゃって、追い詰められた主婦が旦那を刺してしまうんですよ。こりゃ新人にはキツイわ。

しかも先輩弁護士・杉崎(北村一樹)に「依頼人が欲しいのは同情じゃなくて、裁判の勝利だ!(ウロ)」なんて怒られちゃうしさー。弁護士先生なんて呼ばれてもまだ素人同然なんだよ。手伝ってやれよ杉崎・・・・。

というか、司法試験合格した人間でさえこのていたらくなのに、裁判員制度なんか始まった日には一体どうなるんだか。私が裁判員だったら間違いなく懲役200年ですよ。もちろん夫の方が。刺された上に一生ムショ暮らし。だってあいつ酷い奴なんやもん!って感情のみの発言。こんなひと(私だ)に裁かせていいのかー日本!

そういや夜中に目が覚めて「週刊真木よう子/おんな任侠筋子肌」も観たのでした。これって毎回違うストーリー、監督、出演者によるオムニバスドラマになってるんですな。昨日は阿部サダヲさんがダーツを武器にした殺し屋の役でゲスト出演でした。偶然観た回が阿部さんとはついてるな!でもストーリーはなんだか荒唐無稽。つうか、このノリなんか怪奇大家族に似てるなーと思ったら、やはり監督が山口雄大氏でありました。真木よう子を筋子の化け物にしちゃうんだもんなー。勇気あるわ。

真木よう子といえばSPのSPは詐欺でありました。全編これ総集編ってどういうこと?続きが知りたけりゃ映画館へどうぞってことなら最初からそう言え!

07年秋ドラの中で一番ハマってた「医龍2」のDVDBOXが届きました♪

DSCF2141.jpg
おまけで付いてたクマちゃんキーホルダーとパスケース。

要らんにも程がある・・・・。

同じ使い道ないんなら、サージカルルーペが欲しかったよ。色は選べなくても文句は言わん。家で医龍ごっこしたかっただけなのだ。

特典映像も公式サイトで観られるやつばっかりでありました。もっとメイキング的なものが観たかったなあ!「オペ室に入ると可愛くなっちゃってスミマセン」な鬼頭先生が可愛かった。朝田大先生は本編よりよっぽど喋ってました。あと外山はもっと声を張るように(笑)<クランクアップ。

テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

テレビ * 20:43 * comments(2) * trackbacks(0)
~世界の車窓から・ローマ~
2008.04.14 Mon
「明日へのチケット」

ローマへと向かう特急列車を舞台にした、3人の監督(エルマンノ・オルミ、アッバス・キアロスタミ、ケン・ローチ)による共同長編。3人とも世界的な名匠だそうですが、私が過去に作品を観たことがあるのはケン・ローチだけでした。

※以下ネタばれ全速力です。


[~世界の車窓から・ローマ~]の続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

映画 * 23:00 * comments(2) * trackbacks(0)
6位?
2008.04.10 Thu
もう1試合も負けられない!と言ったしりから負けるミラン。
先日のカリアリ戦こそ3-1で勝ちましたが、順位は6位に後退なのね・・・。

80536020.jpg

復帰カカちんのいかにもらしいゴールもよかったけど、ピッポの粘り勝ち執念ゴールには小躍りしてしまった♪ピッポ先生はもうスゴイというより面白いよね。存在そのものが。

この試合、カラチのミスを実況の男が執拗にツッコミまくるのがウザくてイライラしどおしでした。確かに私も思いましたよ、カラチ、それはない!それはあかん!って。でも、あんまりしつこく、なんならあのミスに乗じて逆転すりゃいいのにくらいの勢いで言われるとムカっとくる。カリアリなんかスクデットもCLも関係なけりゃ、降格の危機でもないんだから、あえて勝つ必要もないんですよ!ぷんすこ!

でそのCLですが。ミラン敗退と同時に一気にやる気も失せたので観てません。噂によると、マンU、リバプー、飴、バルサが勝ち残ったらしいですな。正直どこが大耳でもいいけど、大阪でトヨタカップ(新名称がなんとしても覚えられん)をやってくれるんならシェヴァの飴かリオのマンU希望。つうかシェヴァは来季どこへ?<ミランに帰ってこいって。嫁はロンドンに置いてさ。結果さえ出せばみんな過去は水に流すはずだ。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

蹴球 * 21:41 * comments(2) * trackbacks(0)
最近観た映画
2008.04.09 Wed
・「魔法にかけられて」
・「ダージリン急行」
・「マイ・ブルーベリー・ナイツ」

※以下、ネタばれはしてないつもりですが念のため。


[最近観た映画]の続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

映画 * 22:46 * comments(5) * trackbacks(0)
3月に読んだ本・その1
2008.04.08 Tue
雲なす証言 (創元推理文庫)雲なす証言 (創元推理文庫)
(1994/04)
ドロシー・L. セイヤーズ

商品詳細を見る

・「雲なす証言」/ドロシー・L.セイヤーズ

ウィムジイ卿の兄であるデンヴァー公爵が殺人容疑で逮捕され、しかも被害者は妹メアリの婚約者。さっそく兄の無実を証明するため捜査に乗り出すピーターですが、肝心の兄は証言を拒否。そのうえメアリまでもが明らかに怪しげな証言を並べ始め・・・と、ピーター卿が身内に足を引っ張られながらも賢き従僕バンターと共に事件の真相を解き明かす冒険ミステリー。

事件に夢中になるあまり、たまに周りが見えなくなるピーター卿をいつも冷静にサポートするバンター。この二人の関係ってバーティーとジーヴスに似てるなあと思ってたんですが、やはりウッドハウス氏の主従コンビがモデルになっているらしいです。後者の方は主に執事がホームズ役ですが、主人が従僕に頭が上がらないのは両者とも同じ(笑)。むしろ主人の頭を抑えられるくらい力のある従僕こそが貴重であり、尊敬されるようです(よう知らんけど)。

バーティー&ジーヴスの方は事件といっても、友人のしょうもない恋愛のもつれ話にバーティーが勝手に巻き込まれているだけですが、ピーター卿はことが殺人絡みなので危うく死にかけたりもします。今回も2回死にかけます。大ピンチです。しかしそこをまさに命がけで助けてくれるのがバンターなのですねー。うっかりしてる上に妙にあきらめのいいピーター卿を、必死に励ますバンターが大変に萌えです。必読。

不自然な死 (創元推理文庫)不自然な死 (創元推理文庫)
(1994/11)
ドロシー・L. セイヤーズ

商品詳細を見る

・「不自然な死」/ドロシー・L.セイヤーズ

ピーター卿が友人のパーカー警部と食事中にふと小耳に挟んだ医者の話が思わぬ展開を見せ・・・という話。内容は面白いんだけど、バンターがあまり出てこなくて残念。初登場のピーター卿の聞き込み代理人・クリンプスン嬢。なかなかに優秀な女性ですが、どうしても市原悦子@家政婦でイメージしてしまう。エマ・トンプソンでもいいかな。

コフィン・ダンサー〈上〉 (文春文庫)コフィン・ダンサー〈上〉 (文春文庫)
(2004/10)
ジェフリー ディーヴァー

商品詳細を見る

・「コフィン・ダンサー」/ジェフリー・ディーヴァー

リンカーン・ライム&アメリア・サックス@ボーン・コレクターのシリーズ第二弾。正体のわからない殺し屋”コフィン・ダンサー”との精神的な攻防にハラハラしたり、パーシーの自己中ぶりにキィーっとなったりなにかと忙しい。が、意外とツメが甘いというか、ちょっとそれムリがないか?という疑問から、なんとなくオチがわかってしまうのが惜しいんですよねー。と偉そうに言いつつ、久しぶりに徹夜して読んでしまったわけですが。キャラの中ではローランド・ベルが好き。映画化するならケヴィン・スペイシーでお願いしたい。

富士日記〈上〉 (中公文庫)富士日記〈上〉 (中公文庫)
(1997/04)
武田 百合子

商品詳細を見る

・「富士日記(上)」/武田百合子

この日は何を食べたとか何を買ったとか何をしたとか、ホントに普通の日記なんだけど、これが面白い。自衛隊のトラックの傍若無人さに腹を立て、「何やってんだい、バカヤロ」と怒鳴りつけたのを、「男に向かってバカとはなんだ」と逆に旦那さんに叱られ、頭にきた武田さんが怒りにまかせて横に旦那さんを乗せたままめちゃくちゃな運転をするくだりは最高にスカっとする。どんだけ柄の悪い口をきいても百合子さんの場合は愛嬌があって可愛いんだもんなー。ズルイよなー。

ヨーロッパを旅してしまった猫のはなし 20000GTヨーロッパを旅してしまった猫のはなし 20000GT
(2007/07/06)
平松謙三

商品詳細を見る

・「ヨーロッパを旅してしまった猫のはなし 20000GT」/平松謙三

猫好き&旅好きならそれなりに楽しめるかと。正直、ノロはもう家でのんびりしていたいと思うがな。

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

* 13:43 * comments(2) * trackbacks(0)
クドカンは天才なのである。
2008.04.07 Mon
「吾輩は主婦である」を4日間で完走した。実に面白かった。

最後は四方丸く収まり大ハッピーエンドであったが、いくら矢名家が常識外れに暢気な家族だったとはいえ、母親が突然夏目漱石になってしまうという異常事態を乗り切れたのは、ひとえに祖母ちよこの功績が大きかったと言える。ちよこのあのよく言えば何事にも動じない大物感、正直に言えば何も考えてないでしょねえ!的なお気楽ぶりが矢名家に明るさと救いをもたらしたのだ。

ちよこは何かと言うとみどりのことを「よくできた嫁」と褒め称えるが、ちよここそが「よくできた姑」である。矢名家はもっとちよこに感謝すべきだ。特にたかしはちよこに少し冷たすぎやしないか。あんなにいい母親はなかなかいないぞ。

いかん、300分もぶっ続けで観たせいか吾輩口調が抜けん。というか、癖になるなこれは。

後半は≪吾輩のお悩み相談≫みたいな話も多くて、私も仕事のこととか色々思うところがありました。うちの近所にも吾輩がいたらなあ!いろいろ話聞いてもらいたいっすよ。て、そんな悩んでないけど。えへ。

吾輩を出し抜いて文芸誌に移ることになった担当編集者の小松(岡田義徳)と、吾輩の書生で人気作家の朝野匠(高橋一生。クドカンにそっくり!)が、うしろめたい思いでイジイジしながらそのことを打ち明け、当の吾輩にあっさり「しっかりな!」と励まされて逆に落ち込むのが可愛いかった。ふたり揃って「もっと先生に叱って欲しいのに!」と泥酔するまで飲んでんの(笑)。娘のBFもなにかといえば吾輩を頼ってくるし、このドラマの男どもは吾輩以外頼りなさすぎ。今後大丈夫なのか男子たち。

やすこは最後までツボセリフ全開(引いてるよ!レザボア引いてるよ!)で大好きでした。あと、さーせーん@中島と吾輩の絡みも毎回オモロかった。ももえもゆきおも飯堀もオモロかった。みんなオモロかった。DVD返したくない。

吾輩は主婦であるDVD-BOX 下巻「たかし」吾輩は主婦であるDVD-BOX 下巻「たかし」
(2006/11/22)
斉藤由貴、及川光博 他

商品詳細を見る

主題歌も覚えました。

家庭内デート(DVD付)家庭内デート(DVD付)
(2006/06/07)
やな家

商品詳細を見る

「ねえ聞いて。お母さんね。好きな人がいるの~♪」

今度カラオケで唄ってみたい。

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

テレビ * 21:41 * comments(0) * trackbacks(0)
吾輩は無職である。
2008.04.05 Sat
先月またまた会社を辞めたのである。理由はたくさんある。ありすぎて書ききれないほどであるが、要するに会社が嫌いだったのである。ちなみに仕事はそれなりに楽しかった。同僚や取引先ともそこそこ上手くやっていた。が、いかんせん経営陣がバカすぎた。というか、経営者があれほどころころ変わる会社を吾輩は他に知らない。

いきなりヒマになった吾輩は近所に新しくオープンしたTSUTAYAへ行った。オープン記念キャンペーンとやらで入会金無料+旧作DVDのレンタルが¥105であった。嬉しくなった吾輩は欲張って「吾輩は主婦である・全8巻」と「明日へのチケット」をレンタルしてきた。毎日「吾輩は~」を2巻ずつ観ている。

というわけで、2日間で20話まで観ました<吾輩(どんだけ私がヒマかよくわかるエピソード)。でもこれ1回観だすと止まらないんですよ面白くて。正直、最初の10話は出演者紹介的な話が多くていまいちスピード感がないんですが、それ以降は毎回楽しい。細かいセリフがいちいちツボ。特に吾輩の向かいに住んでるヤンキー主婦・やすこが最高!いつの時代なんだってな衣装&セリフ(ウォーリー探す前に女房探せよ!)に下ネタ炸裂のウザイ女なんだけどいないと寂しい。でもあんまりいるとやっぱり鬱陶しい。複雑。

矢名家のふたりの子供も可愛くていい子。お母さん(みどり)の身体に漱石が入り込んじゃって、最初こそ戸惑うんだけどすぐに順応。母親を「吾輩」とかって呼んじゃいながらも、たまに吾輩がみどりに戻ったらそれはもう嬉しそうで。じゅんはまだ9歳なのになんとも健気で、コメディなのにたまに本気で泣けるであります。

それにしても斉藤由貴って芸達者ですな!平凡な主婦のみどりとみどりの身体に乗り移ってしまった漱石を見事に演じきってる。家族のみんなはホントは元のお母さんに戻って欲しいんだけど、本人だけが≪身体はみどり、心は漱石≫でもいいんじゃないかと思い始めてて、それってもの凄く自分勝手だし、実際自己中丸出しなんだけど、漱石は漱石なりに努力もしてるし家族への愛もあるような気がする。そこがどうにも憎めなくて、漱石がいつかいなくなるのかなあと思うと少々切ないのです。

でもこのままだと流石にたかし(ミッチー)が気の毒か(笑)。ミッチーは最高ですよ。常にミッチー。時々ミュージカルスター。まれにいい夫。

吾輩は主婦であるDVD-BOX 上巻「みどり」吾輩は主婦であるDVD-BOX 上巻「みどり」
(2006/10/25)
斉藤由貴、及川光博 他

商品詳細を見る

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

テレビ * 20:56 * comments(0) * trackbacks(0)
3月に観た映画
2008.04.02 Wed
・「Sweet Rain 死神の精度」

・「ジャンパー」

狩る者と狩られる者。どちらにもまったく感情移入できず。というかデビがアホすぎて話にならん!

※以下、盛大にネタバレしてます。

[3月に観た映画]の続きを読む

テーマ:ジャンパー - ジャンル:映画

映画 * 14:43 * comments(1) * trackbacks(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。