スポンサーサイト
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 * --:-- * comments(-)* trackbacks(-)
The Night Race
2008.09.29 Mon
久しぶりにF1GPを観ました。史上初のナイト・レースinシンガポール。

83039512.jpg

ライトアップされた建物が幻想的でビューチフル♪
F1マシンが駆け抜ける上を高速道路のトラックが通過したりと、なかなか面白い映像でした。

レースもマッサがまさかのアクシデントで後退したり、ラスト9周でセイフティカーが入るような事故があったりと最後まで目が離せない展開でしたな。お客さんも最後はスタンディングで観戦する盛り上がりっぷり。楽しそうで羨ましい!優勝がアロンソだったのもよかった。

ピットクルーもみんなイイ顔してる!

83039683.jpg

勝利を確信したクルーがピットから飛び出してくるのを見ると、いつもグっときます。

イタリアGPだったかなあ。TV点けたらベルガーがインタ受けててテンション上がりました。

berger01.jpg

現役時代と比べるとめっちゃ太ったなあ。昔はF1パイロットにはあるまじきデカさ(180㎝強)のわりに細くて、トランペットの中で着替えられるとか言われてたのに(笑)。ちなみにハゲちらかしてるのは若い頃から。驚異的な粘りを見せて踏みとどまってます。
スポンサーサイト

テーマ:F1グランプリ - ジャンル:スポーツ

テレビ * 21:28 * comments(0) * trackbacks(0)
デルビー勝ちました!
2008.09.29 Mon
首位のインテル相手に1-0で勝利!

若干、私の期待していたフォーメーションではなかったけれど、ミランのホームゲームだし、勝てて嬉しいであります。

1947130851.jpg

カカちんから愛情たっぷりのクロスを受けて、意外にも頭で押し込んだジーニョ。喜びのあまり手足がばらんばらんに動いてるのがおかしかった(笑)。みんながせっせとジーニョを祝福している間、さりげなくカカちんの労をねぎらうセーさまを私は見逃しませんでした。というか、これセーさまかジーニョのどちらかがシェヴァだったらなあ!なんて。

なんせ相手はモウリーニョだしさー。シェヴァの餅は天井知らずだったんじゃないのーとか、うにうに考えてたら、ガッツがアンチェに噛みついたので驚きました。一瞬、私の魂が海を越えてガッツに乗り移ったのかと(あほか!←シェヴァへの愛がブラインドネスなのです。すみません)。最後の10分間だけだったけど、出場の機会があってよかった。シュートも1本打てたし、次のデルビーまでにはスタメン定着できるように頑張れ!

あいかわらず守備はアレでしたが、今回はアッビがよく頑張ったんじゃないでしょうか。カハは体調不良なんじゃないかと心配。試合前の整列の時、やたら姿勢が悪いのが気になりました。表情も冴えんかったね。髪型も変だった。ってそれはいつものことか。

それにしてもインテルのFWってデカイっすね。マル様やカハもたいがい大きいハズだけど、ヅラタンとアドちゃんに比べたらえらく華奢に見えた。そこへさらにスタンコビッチまで投入された日にはどうなることかと思いましたよ。よくぞ最後まで失点しなかったもんです(もしかして無失点って今季初?)。

どうでもいいけど、ヅラタンって今読んでるサトケンの「カエサルを撃て」のヴェルチンゲトリクスのイメージ。ヴェルチンが鬼畜すぎてヅラタンファンには反感買いそうだけど、一応いい方のイメージってことで(笑)。

主審が黄紙を連発しすぎで、せっかくのデルビーが雰囲気悪くなったのは残念だけど、ミラン的には大変良い試合でした。次のデルビーも勝って欲しい!(気が早い)。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

蹴球 * 13:35 * comments(4) * trackbacks(0)
お目が高い!
2008.09.25 Thu
スピルバーグ監督から、サイモンとニックに出演オファーが?

01chywc4.jpgdupondt.jpg

実現したらすごくうれしいけど、この映画の製作自体が問題山積のようですね・・・。
ほどほどに期待しておきたいと思います。

ひとつ前のエントリで書いたどこ探してもみつからない本。
昨日、ミナミで5軒の本屋、1軒のブックオフを巡るも見つからず、ほとんど諦めかけていたところ、最後にダメ元で入ったなんばパークスのヴィレッジヴァンガードでついに発見!

我ながらこの執念を他に有効活用できんもんかと。

ちなみに、そこまでして読みたかったのはこの本。

荒野へ (集英社文庫 ク 15-1)荒野へ (集英社文庫 ク 15-1)
(2007/03)
ジョン・クラカワー

商品詳細を見る


手に入れると満足して、結局読まなかったりするのよね(笑)。

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

映画 * 20:37 * comments(0) * trackbacks(0)
一耳ぼれ 
2008.09.23 Tue
最近よくお邪魔するBlogでオススメされていたスヴェング(Sväng)という、フィンランドのハーモニカバンド。

1135234556836.jpg
カワイイ♪

私の大好きなオノナツメさんも彼らのファンだということで、さっそく試聴してみたんですが、これがかなり好きな感じ♪



クアクアコメキキ?

今ちょうど来日中なんだけど、一番近い兵庫でのライブはもう終わっちゃってました。あーあ。とりあえずCDで我慢しよう。

と こ ろ で 。

先日、某映画の原作本を買おうと密林で検索してみたところ在庫なしとのこと。しょうがないので他のサイトもあたってみたんですが、なんと軒並みSOLDOUT。や、私もこれが10年も前の本ならあきらめもつくけど、文庫版が出版されたのってたかだか1年半前なんですよ!なのにどこ探してもないってどういうこと?しかもその映画が公開されたのって今月なんですけど!!出版社にとってこれって重版かけるチャンスじゃないの??今売らないでいつ売るんだ!!<集☆社。←もしかしてリアル本屋では平積みされてるんでしょうか。
音楽 * 20:50 * comments(4) * trackbacks(0)
3度目の正直
2008.09.22 Mon
ミラン、ようやく勝ちました~♪ラチオ相手に4-1!!

82935310.jpg

得点者はセーさま、ザンブー、パト、カカちん。
先週の試合では「カカちん、まだ本調子じゃないよね・・・」なんつってたのがウソみたいに元気いっぱい。やっぱり若いだけあって回復も早いのね~。ヤンクロも調子よくて大変嬉しいであります。

後半に入ってジーニョも機嫌よく参加。

82934727.jpg
次は俺のターン!

セレソンって体育会系なのかな。カカちんがジーニョに気を遣いすぎるあまり、ボリエロになかなかチャンスが巡ってこなくなってしまったのが残念でした。攻守にあんなに頑張ってたのにー!

久々の登場となったガッツも、目に見えるもの全てに噛みつく勢いを取り戻していてひと安心。あとはディフェンスさえしっかりしてくれれば!この試合もヒヤヒヤする場面が多々ありましたよ・・・。特にカハは足より先に手が出るいつもの悪い癖を連発でどうなることかと思いました。なんだかんだ言いつつ、アンチェは間違いなくカハを買ってると思うので、次こそキリキリ頑張ってくれえ。

これでシェヴァがゴールを決めていたら、まさに、Perfect Sunday!(Mondayか)だったんだけど、とりあえず勝ったので文句は言いますまい。 シェヴァはデルビー男だから、きっとアンチェもその辺の空気を読んで温存したのよね。うむ。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

蹴球 * 20:29 * comments(0) * trackbacks(0)
甘さは控え目になっております。
2008.09.20 Sat
「Layer Cake/レイヤーケーキ」という映画を観ました。

レイヤー・ケーキ コレクターズ・エディションレイヤー・ケーキ コレクターズ・エディション
(2007/05/30)
ダニエル・クレイグコルム・ミーニィ

商品詳細を見る


不動産賃貸業という表の顔を持ちながら、裏では麻薬のディーラーで稼いでいるXXXX(ダニエル・クレイグ)。商売の秘訣は決して目立たないこと!をモットーに地味に確実に儲けてきた彼は、仕事が好調なうちに引退することを決意。ところが、「そう簡単に引退なんかさせないぜ!」とボスのジミーが2つの仕事を押しつけてきやがります。

ひとつは裏社会の大物・エディの麻薬中毒の娘を探しだすこと。もうひとつはアホのデュークがセルビア・マフィアから強奪してきた100万錠(多すぎるやろ)ものエクスタシーを売りさばくこと。

XXXXにとってこれらの仕事はさして難しいことではなく、さっさと片付けて引退するハズが、麻薬中毒娘はなかなか見つけられず(しかも話が進むにつれどうでもよくなっていく)、エクスタシーの元の持ち主のセルビア・マフィアには殺し屋を仕掛けられ、デュークにはバカみたいな値段を吹っかけられたうえ勝手に死なれてしまい、そんなこと俺の知ったことか!なボスからはさっさと取引をまとめろ!とプレッシャーをかけられ、次第に追い詰められていきます。果たしてXXXXは二転三転する状況を切り抜け、無事に引退できるのでしょうか・・・。

ってことで、さすがにオチは伏せますが、けっこう面白かったです。登場人物が多すぎて、「ポールが殺られた!」とか言われても、肝心のポールが誰なのか全然思い出せなかったりしたけど。ちなみにエンディングは2バージョンあって(特典映像に収録)、本編の方がわかりやすくて面白い。ヒントは(ネタバレ注意!)→「振り返れば奴がいる」です。

この作品、監督がガイ・リッチーの「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」や「スナッチ」のプロデューサーを務めたマシュー・ヴォーンだけあって、それっぽい雰囲気がムンムン。ただ全盛期のリッチー(上記作品2本。短いな!)に比べると音楽とかセリフの面白さでは、まだまだな感じがする。自称あくまでビジネスマンのXXXXが、「俺は銃なんか撃ちたくない!」と駄々をこねつつ、仲間のジーンが大量に隠し持っている銃コレクションを見て、「あでもこれカッコイイ♪」とうっかり口走るシーンはたまらないかわゆさ。必見。

そんな(どんな)我らがリッチーが今度”シャーロック・ホームズ”の映画を撮ることになったそうです。キャスティングはシャーロック・ホームズにロバート・ダウニー・Jr、相棒のワトソンにはなんとジュード・ロウ!以前ワトソン役にラッセル・クロウの名前が挙がった時もたいがいだと思いましたが、今回も何がどうなってジュードの名前が出てきたのかまったくもって謎。

だってさーシャーロック・ホームズとワトソンと言えばまず頭に浮かぶのはこの2人ではない?

jeremy-with-edward-hardwicke.jpg

さらに言わせてもらうと私の脳内妄想ではこれだ。

sherlock.jpg

それ人間じゃないし!というツッコミも甘んじて受けよう。
だって私、このアニメが好きで原作全巻読破した人間なんだもん。

ま、↑はさておき、ダウニーちゃんとジュードかあ。無駄に耽美な映画になったりはしない?という危惧は無用です。なんせ監督がリッチーだから。同じトンデモ映画なら美形俳優が出てくるに越したことはないな。くらいの心構えで十分かと。モリアーティ教授がジェイソン・フレミングだとちょっと嬉しい。

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

映画 * 14:48 * comments(2) * trackbacks(0)
芸術の秋デス。
2008.09.18 Thu
彩の国シェイクスピア・シリーズ から騒ぎ」の大阪公演のチケットが手に入りました。嬉すぃ♪

今回初めてe+の先行オーダーを利用したんですが、チケット確保のお知らせから、代金の払込期限がわずか3日間という忙しなさに仰天しました。もうちょっとで無効になるところだった・・・。しかも席番号は入金の段階では教えてくれないのですね(ぴあでさえすぐに教えてくれるというのに)。席が気に入らないから無断キャンセルしちゃえ!という事態を防ぎたいというのは理解できるけど、チケ代が高いだけにちょっぴり複雑な気分。なんだかんだで¥12000くらいするんだよー。しょぼい席だったらどうしよう・・・。

これまで舞台と言えば、三谷さんか友人の劇団かジャニーズしか観たことなかったので、初ニナガワはとても楽しみであります。なんせ世界のニナガワですからね!(笑)。シェイクスピアって全然興味なかったけど(どうもケネス・ブラナーのしたり顔が浮かんで敬遠してしまう)、とりあえず当日までに「から騒ぎ」読んどくかな。

あと来月は待望のスマコンが!まだ友人からチケット確保の吉報は届いてないけど、これまで1度も外れたことないし今回もきっと取れているハズ!信じてる!信じさせてー。

それにしてもこの秋はなにかと入用になってきました。11月には「イースタン・プロミス」のDVDも出ちゃいますよ。欲しいよ。特典映像が観たいよ。で、12月にはサイモン&ニック&エドガーの「SPACED」のDVDも出るし、「Hot Fuzz」も出るとか出ないとか。大変なことになってきた!

SPACED-DVDのアメリカ販売促進ツアー中のサイモンとエドガー監督。

2777034221_13e24ab413_o.jpg
居眠りするサイモンの後ろでおちゃらけてるエドガー(34歳)。小学生みたい。

SPACEDってこんな感じのシットコムです。



ティム(サイモン)は漫画家志望のSTARWARSオタク(サイモンは実際にSTARWARSヲタだそうです)。マイク(ニック)はティムの親友で軍オタクのニート。そんでもってティムのアパートに居候してますって、それまんま「ショーン・オブ・ザ・デッド」やん(笑)。

ティムをかばってマイクが敵の銃弾に倒れるペイントボールネタもめっちゃオモロイですよ~♪全身ペイントボールのペンキでベタベタになってるマイクが、息も絶え絶えに「Goodbye、friend・・・」とか言ってんの。いやそれペンキだから!2人とも雰囲気出し過ぎ(笑)!

SPACED ~俺たちルームシェアリング~ DVD-BOXSPACED ~俺たちルームシェアリング~ DVD-BOX
(2008/12/04)
ニック・フロストマーク・ヒープ

商品詳細を見る

未分類 * 18:25 * comments(3) * trackbacks(0)
2008・夏ドラ終了
2008.09.16 Tue
「33分探偵」が期待していたほどには面白くなくて残念なこの夏、全話完走したのは「ゴンゾウ」と「コード・ブルー」だけでした。

・「ゴンゾウ~伝説の刑事」

一見地味な刑事ドラマに見せかけつつ、実は「この世界は愛で溢れている」をテーマにしたスケールのデカイ作品。主人公の黒木刑事はビルから飛び降りても、首を撃たれて噴水のように血しぶきを吹きあげても死なない不死身の男。もしや和製ハンコックではあるまいか。そのうち月まで飛んで行くんじゃないかな。日比野は色々と空回りなところがウザいながらも可愛かったけど、鶴は最初から最後まで好きになれませんでした。学生気分が抜けきらないにもほどがあるよ、あのお嬢さん。ルミ子は好きー。

・「コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」

まさかギバちゃんに泣かされる日が来ようとは!別れた嫁との間にできた息子のオペ中に色々と話しかけなきゃいけなくて、でも息子は自分のこと知らないし何話せばいいかわかんない。それにしてもなんていい子なんだ我が息子は。え?アメリカ行くの?つうか、「大丈夫なのかお前たち二人だけで!」←ギバちゃん急にそんなこと言っても息子戸惑うだけだから!むしろ、あんたこそ一人で大丈夫なのかよ!とTVにツっコみつつ、無性に泣けた。意外といい人だったな、黒田先生。

このドラマ、フライトドクター候補生役の4人が若すぎてとても医者に見えないのが変だった。4人とも20歳そこそこなんですよね。まだ学生じゃないか。もうちょっと役に合った役者を使えばいいのに。

あと「魔王」も観てました。これまた全然弁護士に見えない大野くんと、刑事に見えない生田くんでしたが、なかなか面白かった。ただ最終回はさすがに死に過ぎなんじゃないかと(6人くらい死んでましたな)。ネタバレ→「最後は2人で寄り添って死んでましたってのもなんだかなあ」。あれはやっぱり刑事が弁護士をきちんと逮捕してやらないと!「僕が死ねば許してもらえるんですか」とかビスビス泣いてる場合か!とばっちり食ったひとりが可哀想すぎるやろー。

最後にしおりちゃんが観た映像が気になって公式に飛んだら、そこには堂々とDVDの宣伝が。「特典映像で明らかになります」って、うわーこういうやり方大嫌い!こういうことやるからには、TVではとても放送できないような衝撃の映像でないとオチがつかんよ。

秋ドラはなんか面白そうなのあるんでしょうか。「OLにっぽん」と「ギラギラ」と「チーム・バチスタの栄光」はとりあえず初回を観ようかどうか。

確実に観るのは明日から始まる「BATTLESTAR GALACTICA season2」。

bstar_gal_s2.jpg

久しぶりにジェイミー・アポロに会える!楽しみ~♪

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

テレビ * 21:19 * comments(0) * trackbacks(0)
カカちん復活!
2008.09.15 Mon
82810259.jpg

そしてさっそく黄紙頂戴。
わざと転んだわけじゃないと思うぜー。病み上がりなんだぜー。

久しぶりのカカシェヴァに狂喜乱舞してたもんで、試合の内容はよく覚えていません。
ウソ。ハッキリ覚えてる。
なんつうか、

と て も 勝 て そ う に な か っ た な 。

後半シェヴァとジーニョに換えて、ボリちゃんとセーさんを投入した直後は、ちょっと勢いあったかなーと思うんだけど、その後がどうにも尻すぼみ。考えあぐねている間にPK取られてそのまま終了。ホント、アンチェじゃなくても、ハッピーになる要素がひとつもないな!

あえて良かった点を挙げれば、先制点を取られてすぐのフラミニのミドルシュート。取られたらすぐに取り返すべし!ですね。わかります。ジーニョの無駄に華麗な守備もよかった(笑)。

20080915-00000433-reu-spo-view-000.jpg
凹むアンブロにうっかり萌えた。

ま、カカちんも戻ってきたことだし、そうそう悲観的になることもあるまいて!次こそ必ず勝つ!ハズ!

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

蹴球 * 19:43 * comments(2) * trackbacks(0)
映画三昧の夏でした。
2008.09.14 Sun
今年の夏は観たい映画が立て続けに公開されたおかげで、ほとんど毎週のように映画館に通ってました。数えてみたら7月頭~先週までで15本も観てました(ついでに★も付けてみた)。

★:1点
☆:0.5点
5点満点デス。

・「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」★★★☆
・「JUNO」★★★
・「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」★★★★★
・「リボルバー」★★
・「崖の上のポニョ」★★★
・「イースタン・プロミス」★★★★
・「チェブラーシカ デジタルリマスター版」★★★
・「ハプニング」★★
・「テネイシャスD 運命のピックをさがせ!」★★
・「インクレディブル・ハルク」★★★★
・「カンフーパンダ」★★★☆
・「ダークナイト」★★★★★
・「デトロイト・メタル・シティ」★★★
・「Sex and the City」★★★★
・「ハンコック」★★☆

”リボルバー”が”ハプニング”、”テネイシャスD”と同じ★★なのが、勇ファンとして非常に残念であります。”カンフーパンダ”は最初と最後のアニメが秀逸。タイ・ランの扱いがかなりアレな気がするけど、カッコよくて面白くて大好き。DVD欲しい。

以下、「Sex and the City」と「ハンコック」のネタばれ感想です。
[映画三昧の夏でした。]の続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

映画 * 14:12 * comments(2) * trackbacks(0)
8月に読んだ本
2008.09.13 Sat
・「ナイン・テイラーズ」/ドロシー・L.セイヤーズ
・「絵のない絵本」/アンデルセン
・「スタンド・バイ・ミー 東京ワゴン」/小路幸也
・「グラスホッパー」/伊坂幸太郎
・「プチ・ニコラ2」/ルネ・ゴシニ、ジャン=ジャック・サンペ
・「猫語の教科書」/ポール・ギャリコ
・「ロング・ウェイ・ラウンド」/ユアン・マクレガー、チャーリー・ブアマン
・「かもめ食堂」/群ようこ
・「美女と竹林」/森見登美彦
・「のだめカンタービレ21」/二ノ宮知子

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

* 21:06 * comments(2) * trackbacks(0)
Hahahahahahahahahaha!!
2008.09.12 Fri
The Dark Knight (kids version)



ちょっとぽっちゃり目のジョーカーが可愛い♪しかも演技派。

こういう子供たちが将来ステキなヲタ映画を作ってくれるに違いない。

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

映画 * 21:37 * comments(0) * trackbacks(0)
F☆ckとBeckhamは世界共通語
2008.09.09 Tue
タイトルはユアンが旅のアドバイザーに言われた言葉です。
「F☆ckとBeckhamは世界のどこでも通じる英語」(笑)。

ロング ウェイ ラウンド Long Way Round Chasing Shadows Across The World ―ユアン・マクレガー大陸横断バイクの旅 108日間、32000キロの冒険ドキュメンタリー 完全オリジナル版ロング ウェイ ラウンド Long Way Round Chasing Shadows Across The World ―ユアン・マクレガー大陸横断バイクの旅 108日間、32000キロの冒険ドキュメンタリー 完全オリジナル版
(2008/06/28)
ユアン・マクレガー Ewan McGregorチャーリー・ブアマン Charley Boorman

商品詳細を見る


「悪魔のくちづけ」で共演して以来、大の親友同士だという2人(チャーリーはユアンの娘クララの名付け親でもある)が、大好きなバイクでロンドン~NYまでを走破する冒険ドキュメンタリー。ユアンとチャーリーの持ち込み企画でTV放送もされてたみたいですな。観たかったわー。

610x.jpg

32000キロもの距離を大量の荷物とともに走ろうってんだから、当然バイク選びも慎重になるんですが、オーストラリア製のKTMを猛烈プッシュするチャーリーと、BMWの方がいいんじゃないかなあと考えるユアンが対立。言い出したらきかないタイプのチャーリーに押し切られ、一時はKTMに決まりそうになるんだけど、彼らの冒険に不安を覚えたKTMが土壇場でスポンサーを降りてしまい、逆に「挑戦にこそ意義があり、そういう挑戦のためにバイクを作ってきた」と太っ腹なところをみせたBMWに決定。

結局彼らの旅は無事に成功し、BMWも最後まで酷使に耐え、いかにもドイツ!的な実用性を証明できて宣伝効果もバッチリ。最初こそ「KTMがいいようー」とぐずっていたチャーリーも満足してたし、なにより「ユアンは最初からBMWがいいって言ってたのに、あいつは俺のためにKTMを選んでくれた。ユアンのそういうとこ大好き!(知らんがな)」と感激してたのでまあ良かったのではないかと。

バイクの件以外の問題もなんとかクリアし、ようやく出発!という朝に見せるユアンとチャーリーの愁嘆場がこれまたすごい。家で嫁と娘に別れを告げてきたユアンはともかく、スタート地点で家族と別れることになったチャーリーは悲しさのあまり身体に力が入らず、走り出す前からバイクを倒し、ようやく走り出したと思ったら角を曲がったところで給油に立ち寄ったガソリンスタンドで再び転倒(早くも方向指示機が破損)・・・。

もう行くなと言いたい。

この後も2人は疲れがピークだったり、上手くいかないことがある度に、「家族に会いたい」「妻を抱きしめたい」とメソメソシクシク、ドヘタレっぷりを遺憾なく発揮。かと思えば、「これぞ俺たちが思い描いていた旅!夢!!最高!!!」と大はしゃぎしたり。まったく単純で可愛くてよろしいのであります(笑)。

できるだけ自分たちだけで旅をし、訪れる国で地元のひとたちと自然に交流ができればいいなあと願う2人と、TV的な見せ場を作りたがるプロモーターとの間で、最初は色々と意見の食い違いも出てくるんだけど、旅を続けるうちにだんだん仲間意識が芽生えてくるのもよかった。なんといってもウクライナではマフィアの家で眠れぬ一夜を共に過ごした仲ですからね(笑)。

このウクライナン・マフィアの話がまさに≪今となっては笑える話≫で、たまたまウクライナで知り合った警官のウラジミールに家に泊まるように誘われ、「サポートチームも加えるとけっこうな人数になるので」と固辞するも押し切られ、仕方なく付いて行った先がイゴールという男の家。しかもウラジミールとイゴールは特に親しいわけでもないらしく、どうなってんだ?と聞いたところ「この辺でデカイ家といえばマフィアの家ね」とニッコリ。あからさまにビビる2人に「冗談だよ」と応えるイゴールの家の中は銃だらけ。続々と集まってくるガラの悪そうな男はみな懐に銃を忍ばせている様子・・・。

しまいには酔っ払ってご機嫌さんなイゴールがカラシニコフを乱射する有様で(もちろん空砲だけど)、銃規制の厳しいイギリスからの客人は震えあがり、一刻も早く夜が明けることを祈るのみ。結局何事もなく出発でき、つうかイゴールは彼なりに丁重にもてなしてくれてただけなんだけど、それにしてもシャレがキツすぎるぜ・・・。(ちなみに私の脳内ではイゴール=ヴァンサン・カッセル@イースタン・プロミスに変換されています)。

かと思えばモンゴルでは打って変って温かく素朴な優しさに触れたり。中でも山の頂上での遊牧民の男性との出会いは映画のワンシーンのように美しい。(ユアンは2006年にモンゴルから養子をもらいうけているようですが、この旅がそのきっかけになったのでしょうか。ユニセフの活動にも積極的に参加したいとも言ってるし、ユアンもチャーリーも子供を持つ親として感じるところがたくさんあったんだなと思う)

ユアンの仕事の都合でなんとしても3か月の期間内に旅を終えねばならず、そのせいでイライラしたり、些細なことでケンカしたりしながらも、無事に目的を達成できたのはユアンとチャーリーが正反対の気質で、お互い自分にない部分をフォローし合えたからだと思います。もしくはユアンの忍耐力の賜物かと(笑)。

気が短くすぐに他人の意見に口をはさみ怒鳴りつけちゃったりする反面、そういう自分をすぐさま反省し(そして瞬く間に忘れる)感激屋で「本物の男」に憧れるタイプのチャーリーを、穏やかに諭しサポートメンバーとの間を取り持つユアン。逆にトラブルが起きた時には持前の強引さを発揮してバリバリと問題解決に当たり、気分のアップダウンが激しいユアンを(この人は意外と繊細なんだなと思った)そっと見守るチャーリー。親友と言うより仲のいい兄弟のようです。キャンプが大好きなユアンに対し、なにかにつけワイルドなチャーリーが「虫嫌い。キャンプ嫌。ホテルに泊まりたい」と意外にチキンなところもいい(笑)。

ユアンとチャーリーの個性がよくわかる訳は上手いと思うのですが、いかんせん誤字脱字が多すぎ。¥1,800もするんだからもっとちゃんと作れ!<世界文化社。

ユアンと言えば、「I Love You Phillip Morris」という映画でゲイの役をやるらしいですね。「テキサス生まれの囚人が刑務所で同室になった男性と恋に落ち、一緒に脱走する」という実話に基づいたラブ・ストーリーだそうで、ユアンの場合またかって感じなんですが(笑)、なんと相手役がジム・キャリー。

ウソやろ!と思ってちょっと探してみたらこんな画像が。

jimewan.jpg

これだけ観るとマジっぽいけどたぶんコメディであると思われます(脱獄は必ず13日の金曜日を狙ってたとか?)。ロドリゴ・サントロも出ます。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

* 18:12 * comments(0) * trackbacks(0)
キューバに行きたい。
2008.09.05 Fri
ここしばらく、ブログを書く間、裏でずっとこのサイトを流しています。<セカキチ・ファンクラブ

キューバとイタリアの音楽を聴いてると、すごく旅に出たくなる。でも行けないので、せめて水出しミント ジュレップソーダをラムで割ってモヒート飲みたい。モヒート大好き!なのにどこにも売ってないでありますよ!

ところで最近、母親がCDラジカセ(死語ですか)を買いまして。嬉しいてしゃあないらしく、しょっちゅうTSUTAYAに走らされます。先日は小田和正と安全地帯を借りてきてと言われ、J-POPの棚を端から端まで探しまくるも見つけられず、「いまどきの若い子はこんなん聞かんよなあ」とあきらめかけた矢先に、”フォーク”と書かれた棚で発見しました・・・。

私は音楽に疎いのでようわからんのですが、小田和正はともかく安全地帯はフォークなんでしょうか。同じ棚に沢田研二とピンクレディーもあったんだけど、彼らもフォーク?歌謡曲じゃないの?つうか、J-POPって何?

ためしに「カ行」をのぞいてみたところ、KinKi Kids、CRAZY KEN BAND、グループ魂、CHEMISTRYなどなどがありまして、私に言わせるとこの中でJ-POPはCHEMISTRYだけ。KinKi Kidsは”アイドル”、CKBは”歌謡曲”、グループ魂は”コミックバンド”です。なんでもかんでもJ-POPでくくられると探しにくくてしょうがない!

唐突にキレてみた。

探しにくいといえばDVDのジャンル分けも微妙なんすよね。先日もベン・スティラーとオーウェン・ウィルソンの「スタスキー&ハッチ」がなぜか海外ドラマのコーナーに置かれていました(どうりでいくら探しても見つからんハズだ!)。それも「GSG-9」の隣に。確かに大きく分けたら両方「ポリス・アクション」なのかも知れんが、方向性はまったく違う。いくら犯人検挙に逸っても、ゲープやデミアが可愛いポニーちゃんを誤って撃ち殺したり、証言欲しさにフランクやコニーが変態プレイを披露したりはせんだろう(言いきれない)。

なーんて文句ばっかり垂れたけど、しょっちゅう旧作半額レンタルをやってくれるので、なかなかありがたい店でもあります。こないだは「CSI:NY」のシーズン1を大人借りして一気に観ました。いやもう毎回毎回、そんな調べなあかんもんか?つうくらい、ありとあらゆるものを調べ倒していて面白い!あまりに熱心に観ているうちに、なんか私も鑑識の仕事ができるんじゃないかって気がしてきました(勘違い)。とりあえずなんか付着物を綿棒でこそぎ取って、それになんかの薬品をしゅっしゅっとして、それがピンク色になったら血痕ってことでしょ。覚えたよ!任せろ!

この人たち全員ラボに住んでんじゃないの?ってくらい働きづめの出演者の中、私のお気に入りはダニーとホークス先生。

Danny.jpg

ダニーってよくわからない人です(ルックスもすごくカッコよく見えたりそうでもなかったりと微妙)。だがそこがいい。滅多に銃撃戦のないドラマなのに、同じNYPDの刑事を射殺しちゃったんじゃないか?って疑惑を掛けられちゃう不運さもさることながら、動揺の余り「誰も僕を信じてない!必要としてない!」と大騒ぎする情緒不安定ぶりが不憫で泣けた。ウソでもいいから「俺は信じてる」くらい言ってやればいいのに!<ドンちゃん。(マックの言ってた「実はキミをCSIに入れることを反対している人間もいた」って、あれステラのことじゃないのか)。

Hawkes.jpg

ホークス先生めっさ男前!!有能で優しくて穏やかで、ちょっとあなた独身デスか?シーズン2で小さい女の子から借りた証拠物件のクマちゃんを、捜査終了後ちゃんと修繕して返してあげるのがすごくよかった。

超優秀なホークス先生でさえ、「ずっと後ろから見られているような気がする・・・」というくらい、凄まじいマックのプレッシャー(笑)。みんなよくハゲたり胃に穴が開いたりしないもんですな。あのマックと互角にやりあうステラってどんだけ漢前なのかと。

あとたまーに出てくるバイトの大学生みたいなチャドも好きデス!マックにビビる風もなく、飄々と仕事をこなしてるのが面白かったんだけど、シーズン1で終了なのね。つまらん。

CSI:NY コンプリートDVD BOX-1CSI:NY コンプリートDVD BOX-1
(2006/12/01)
ゲイリー・シニーズメリーナ・カナカレデス

商品詳細を見る

テーマ:海外ドラマ(欧米) - ジャンル:テレビ・ラジオ

テレビ * 21:10 * comments(4) * trackbacks(0)
アダム・サンドラーは入ってないのね。
2008.09.04 Thu
「ハリー・ポッターと謎のプリンス」の公開が延期になってがっくりきてたんですが、代わりに「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」が早々と観られることになったので嬉しいであります。

アメリカでは現在、あの「ダークナイト」を抜いて3週(4週?)連続首位をキープ。ベン・スティラーとジャック・ブラックに加え、「アイアンマン」で何度目かの復活を遂げたロバート・ダウニー・Jrが、整形して黒人になってしまうという極端なメソッド俳優としてご出演。ここんとこ、「グッドナイト&グッドラック」とか「ゾディアック」みたいな地味な映画でしか観てなかったので、久しぶりにキテるな。と思いました。さすがカメレオン俳優、役は選びませんよ!



JBとダウニーちゃんはさすがに歌が上手いだけあってダンスも上手。ベンだけがロボットみたいだ。

最近、Frat Packと呼ばれているひとたち(ベン・スティラー、ジャック・ブラック、ウィル・フェレル、オーウェン・ウィルソン、ルーク・ウィルソン、スティーブ・カレル、ヴィンス・ヴォーン)の映画がよくきますね。トロピック~以外にも、

・「イントゥ・ザ・ワイルド」(9/6公開):ヴィンス・ヴォーン←ショーン・ペン監督作。映像がキレイなんですよねー。すごく観たい!
・「僕らのミライへ逆回転」(10/11公開):JB
・「ゲット・スマート」(10/11公開):スティーブ・カレル

など、この秋だけでも3本。日本公開はどうかわからないけど、ウィル・フェレルとジョン・C・ライリーが、≪親同士の再婚で兄弟になってしまった大きな子供≫を演じる「Step Brothers」も面白そうです。

step.jpg
エエおっさんが強引に二段ベッドを作り、「これで部屋が広くなったね!」と喜ぶの図。
この後どうなるかは想像どおりデス。


「ナイト・ミュージアム」と「スクール・オブ・ロック」の続編もあるみたいだし、楽しみは尽きない感じ。いっそ全員出演でオーシャンズのパロディとかやってくれないかな。

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

映画 * 18:11 * comments(0) * trackbacks(0)
セリエA開幕!
2008.09.01 Mon
シェヴァ復帰で久々にテンション高く迎えた開幕戦でしたが・・・。

82612558.jpg
やっぱここがいいんだろ、な!

セリエBから這い上がってきたボローニャに鮮やかなカウンターを2度も食らい、まさかの黒星発進!

こ れ ぞ ミ ラ ン !!!


・・・・・・・・・・・・・ごめん。ホント浮かれ過ぎてました自分。

シェヴァの復帰後初ゴールでミラン逆転勝ち!!

なんて、そ ん な う ま い こ と い く わ け な い の に な !

でも一瞬マジで夢見ちゃった。そんくらい楽しかったの、後半の立ち上がりが。もう、シェヴァがミランのユニ着てピッチに立ってるだけで感無量。開幕戦で早々と起用してくれたアンチェに感謝デスよ!期待に応えられなかったのは残念だけど、まだチームに合流したばっかりだし、カカちんが戻ってきさえすれば!!

というか、久々にカハからのパスを受けてゴールするシェヴァというのも観てみたかったけど、カハはとてもそれどころじゃないって感じでしたな(笑)。しかもたまにひとりぽっちになってた・・・・。マル様の「ホームでの開幕戦を落とすわけにはいかん!」という心意気は買うけど、頼むから早く戻ってあげてください。

新加入組ではザンブーとフラミニがガツガツアピールしてたのが大変好ましかったです。ロナウジーニョは解説のヒロミがあまりに失礼なのでしまいに可哀想になりましたが、本人はいたって能天気というか楽しそうでよかったんじゃないですか。ようやくノってきた!って頃にバテてきてそのまま終了ー!って感じだったけど。

82612253.jpg
2シーズン続けて開幕ゴールは俺のもの!

船頭多くしてなんとやらにならないか?という不安の中、さすがにアンブロ、自分の仕事がわかってらっしゃる!!大好きだ!

それにしても、ミランのことをくさすのに「高齢化」以外のネタはないんですか?もう聞き飽きましたよ!「ジジイばっかだからこの暑さに耐えられないんじゃないのー?」とか、それホントのことだから!自分ですら、ミランのためにもっと真剣に地球温暖化問題について考えねばならんと思ったくらいだからな!

シェヴァの復帰に「若手の出番が減る!」と苦言を呈したビリーへの、「自分だって相当長くやってたじゃん」というツッコミは面白かったよ<ヒロミ。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

蹴球 * 11:33 * comments(3) * trackbacks(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。