スポンサーサイト
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 * --:-- * comments(-)* trackbacks(-)
5月に読んだ本
2009.06.29 Mon
・「旅ボン 北海道編」/ボンボヤージュ
・「ピーター卿の事件簿Ⅱ 顔のない男」/ドロシー・L・セイヤーズ
・「強運の持ち主」/瀬尾まいこ

・「始末屋ジャック 神と悪魔の遺産 」/F・P・ウィルスン

神と悪魔の遺産〈上〉―始末屋ジャック (扶桑社ミステリー)神と悪魔の遺産〈上〉―始末屋ジャック (扶桑社ミステリー)
(2001/01)
F.ポール ウィルスン

商品詳細を見る


想像してたよりずっとジャックが可愛かったー♪
それにしても、もうちょっとどうにかならんかこの表紙。扶桑社センスないよなあ。

・「納棺夫日記」/青木新門

「おくりびと」の元になった本。
後半の宗教絡みの話より、前半の作者の納棺夫時代の体験談の方をもっと読みたかった。映画(未見)のもっくんの美しい所作だけを観ると、納棺=日本独自の様式美みたいなものを感じるけど、実際は大変なお仕事ですなこりゃ。こういう仕事にプロがいてくれるというだけで少し安心する。

・「フライ,ダディ,フライ」/金城一紀

フライ,ダディ,フライ (角川文庫)フライ,ダディ,フライ (角川文庫)
(2009/04/25)
金城 一紀

商品詳細を見る


ケンカがバカみたいに強くて読書家の朴舜臣がかっこよくてたまらん!ザ・ゾンビーズの他メンもみんな可愛らしくて大変よろしい。ということで、映画のDVDを観ます!(ちなみに私の脳内妄想キャスティングでは、朴が岡田くん(V6)なので、いきおい、南方=桜井くん、板良敷=大野くん、萱野=ニノ、山下=相葉ちゃん、石原=赤西くんとジャニ色強めとなっております。結構いいと思うんだけどな)。

・「ニッポン硬貨の謎 エラリー・クイーン最後の事件」/北村薫

ニッポン硬貨の謎 エラリー・クイーン最後の事件 (創元推理文庫 (Mき3-6))ニッポン硬貨の謎 エラリー・クイーン最後の事件 (創元推理文庫 (Mき3-6))
(2009/04/20)
北村 薫

商品詳細を見る


ミステリ作家にして名探偵のエラリー・クイーンが来日した折、偶然関わることになった幼児連続殺害事件の全容を書き残した原稿が見つかり、それを大のエラリー・マニアである作者が翻訳しましたという体で書かれたパスティーシュ。クイーンの小説は「ローマ帽子の謎」しか読んだことのない自分にも(そして内容は芝野さん並に忘却の彼方ですが)なかなか面白かったデス。エラリー・クイーンの熱烈なファンならもっと楽しめんでしょうね、たぶん。

・「ちいさなちいさな王様」/アクセル・ハッケ作、ミヒャエル・ゾーヴァ絵
・「クマの名前は日曜日」/アクセル・ハッケ作、ミヒャエル・ゾーヴァ絵

クマの名前は日曜日クマの名前は日曜日
(2002/06)
アクセル ハッケ

商品詳細を見る


どちらも本当に可愛らしい本デス。グミベアー!
今週末、京都までミヒャエル・ゾーヴァ展を観に行く予定です。楽しみ~。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

* 21:28 * comments(2) * trackbacks(0)
「計算か?天然か?」芝野最強伝説、再び。
2009.06.19 Fri
「ハゲタカ」を観ました。

photo_l_041.jpg

4人で観てきたんですが、結局誰一人として「鷲津は儲かったのか。それとも大損こいたのか」まったく理解していませんでした。あきれるほどの経済音痴!でも映画は楽しかったデス。あと今回、敬語萌えという新しいジャンルに目覚めました(笑)。ビジネスマンばっかり出てくるから当然と言えばそうなんだけど、自分の職場がなあなあだからかな。すごく新鮮だった。

以下、ネタばれ要注意。
[「計算か?天然か?」芝野最強伝説、再び。]の続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

映画 * 20:55 * comments(0) * trackbacks(0)
パオロがミランを買えばいいのに(無茶ブリ)。
2009.06.13 Sat
明日「ハゲタカ」の映画を観に行くので、復習のために観そびれていた#1~2を観ました。三葉銀行を辞めて、5年ぶりに日本に帰ってきた鷲津のことを、元上司である芝野さんが、きれいさっぱり忘れていたのにはひっくり返っちゃったな。「あなたが僕を変えたんです!」って言われてもポカーン(笑)。お葬式で焼香の灰を投げつけられ、土下座して謝る鷲津の一番近くにいたのはあなたですよ。

帰国早々、三葉銀行の抱える不良債権をただ同然で買い叩く鷲津ですが、評価額が¥1てのは極端だとしても、企業努力の見られない会社に厳しい査定が出るのは当然だと思う。その点、カカちんに93億だか95億だかの金を積んだレアル(ペレス会長)は彼を不当な安値で買い叩いたわけではないんだよね。

なのにどうしても札びらでほっぺたを張られたように思ってしまうのは、これはもう自分の気持ちの問題。要するに八つ当たりなのかなという気がしてきました(笑)。プライスレスだとうかつにも信じ込んでいたものが、そうではなかったと思い知らされて心底がっくりきちゃったのを、カカちんは借金の形に売り飛ばされちゃったのだ・・・とミランとレアルの両方を呪うことで(怖いよ!)乗り越えようとしたつうかね。カカちんだけがいつまでもミランのアンタッチャブルであり続ける方がムリなのに。なんかさ、そういう夢をみさせてくれる男だったよね、カカちんて。

そんなにカカ、カカ言うならいっそレアルを応援すれば?と思われるかも知れないけど、そう簡単に割り切れないのがまた難儀なところで(笑)。シェヴァが去った時もチェルシーサポに鞍替えする気はまったくなかったなあ。かと言ってこういう時だからこそ、ミランを応援するぜ!ミラニスタだもん!とも言えない。だって私ミハニスタだしー。拠りどころであるミーハー魂を満足させるネタをミランが提供せんかぎり、スカパーは解約したまんまだ。

それにしてもカカとクリロナって共存できるのでしょうか。片や「結婚するまで清い身体でいた男」で、もう一人は「世界一セレブでビッチなオネーチャンに乗っかられてるのをパパラッチされる男」ですよ(関係ない)。そもそも、彼らはペレス会長が両方獲る気でいるのを知らされていたんだろうか。今頃カカが「なんで俺の方が安いわけ?」と会長に詰め寄っていればいいと思います(笑)。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

蹴球 * 19:43 * comments(3) * trackbacks(0)
世界を買い叩く!
2009.06.11 Thu
≪クリスティアーノ・ロナウド、レアルへ史上最高額で移籍≫

100年に1度の世界的大不況だったのはいつの話?というか、これはネタですか?

こうなりゃレアルはメッシもヅラタンも、みんなまとめて買えばいいよ!(にっこり)。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

蹴球 * 21:42 * comments(6) * trackbacks(0)
心が折れました。
2009.06.09 Tue
まさかマルさまのラストゲームが、そのままカカの最後の試合になるなんて。

私はボバンが好きでミランの試合を観るようになって、ボバンが移籍→引退した後はシェヴァが心の支えで、そのシェヴァが移籍しくさった時はさすがにミランともお別れか・・・と、どんよりしていたのを救ってくれたのがカカでした。

もちろん他の選手も、ミランの選手だというだけで愛しいことに変わりはないけど、カカ抜きのミランなんて今の私にはまったく想像できません。というか、想像できるのか?ミランのフロントは。

今日は昼からずっとため息つきっぱなしで、会社の同僚にも「帰ってええよ」と心配されるほどで、なにをどう考えても腹が立ったり不安だったりするのだけど、ただ一言。カカには心から感謝してる。ありがとう。オブリガード、カカ(思い切ってポルトガル語で)と言いたいです。レアルでもきっとたくさん活躍することだろうね。

そしてカカへの感謝の気持ちの100万倍強い意気込みで、ベルルスコーニは呪われるがいいと思っています。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

蹴球 * 21:12 * comments(5) * trackbacks(0)
最近観た映画
2009.06.06 Sat
・「天使と悪魔」
・「路上のソリスト」
・「スタートレック」

以下、ネタバレ満載です。


[最近観た映画]の続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

映画 * 21:00 * comments(4) * trackbacks(0)
grazie Paolo
2009.06.01 Mon
2945713796.jpg

来シーズン、この3番の背中を観ることがないなんて、なんだか不思議な気がします。
長い間、本当におつかれさまでした。あんがとね。

いつか、息子の試合を観にサンシーロにやって来るパオロに会えるのかなあ。
どうかその時までカッコよくいてください。ハゲたりデブったりしたら許さんよ(笑)!
(その前にとりあえずズボと遊んでやってー。あの人たぶんヒマだから)。

去る人がいれば戻ってくる人もいるわけで。

88082665.jpg

ガッツ&ネスタ、お帰りなさい!!!嬉しいよーー!!

それから。

アンチェロ監督もおつかれさまでした。
いろいろ文句も言ったけど、大耳獲って日本にミランを連れてきてくれたことは感謝してる。
プレミアでのご活躍をお祈りします。

ただ、ピルロとセーさまは置いていくように。
そしてシェヴァのことはもう忘れるように、エゲレスのみなさまによろしくお伝えください。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

蹴球 * 22:55 * comments(2) * trackbacks(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。