スポンサーサイト
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 * --:-- * comments(-)* trackbacks(-)
役者と原作者に罪はない。
2009.11.26 Thu
「笑う警官」を観てきました。

公開前、監督のハルキが「150万人動員できなかったら引退する」と吹いてましたが、公開後では遅い。なぜこの映画を撮る前に引退してくれなかったのか。雑誌で「”LAコンフィデンシャル”みたいな映画が撮りたかったんだよねー♪」とほざいてるのを読んだ時点で、ものすごい嫌な予感がしたんだけど、まさかここまで勘違いが激しいとは思いもよりませんでした。

そもそも”LA~”と”笑う~”では原作のテイストからして違うわけですよ。それをムリに”LA~”っぽくしようとしたもんだから、原作にはいないわけのわからん悪役は出てくるわ、無駄にジャズは流れまくるわ、話をややこしくするだけの陰謀は飛び出すわでもうなにがなんだか。下手に原作既読な分、「あれ?こんな展開だっけ?つうか、お前誰?」とストーリーが把握できなくて大混乱ですよ。唯一、「佐伯(大森南朋)と津久井(宮迫博之)はガチなんだな」ということは理解できましたけども。しかもハルキがオシャレだと信じて疑わない演出のいちいちが古い!昭和!!

こんなに原作者と出演者が気の毒な映画もそうそうないと思われます。ハルキは今すぐダドリー・スミスに撃たれてこい!

※以下ネタばれしてます。
[役者と原作者に罪はない。]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

映画 * 21:14 * comments(2) * trackbacks(0)
積読の秋
2009.11.22 Sun
2009_1122hon0060.jpg
積読本のてっぺんにいるのは、今年の夏の「新潮文庫の100冊」の全プレ商品デス。可愛いけど、どうしたらいいのこれ。

昨日、古本屋にて「GIANT KILLING」がズラリと入荷されているのに遭遇。さっそく大人買いを!と意気込んだものの、手持ちが¥2000しかありませんでした・・・。てことで、やむなく2冊だけお買い上げ。次に行くまで誰にも買い占められませんように!他にもなんかないかなーと店内を彷徨ちゅう、つい最近、上下巻を別々の古本屋にて購入。合わせて¥850ほどだった「石の猿」が、上下巻セットで¥700で売られているのを発見しました。無性に負けた気がした・・・。

今読んでいるのは下から3冊目の「小太郎の左腕」(タイトル写ってないですね)。面白いけど、もうちょっと読み応えが欲しい。そういや「のぼうの城」の映画化は話が進んでるんでしょうか。監督は犬童一心監督と樋口真嗣監督に決まったそうだけど、肝心のキャストの情報が全然聞こえてきません。主人公ののぼう様が独特な風貌だから難航してるのかなあ。なんせ「表情に乏しい背の高い大男で、のそのそと歩く姿から、「でくのぼう」を略してのぼう様と呼ばれている」(Wikiより)ような男ですからね。一瞬、蛭子能収さんが頭をよぎりましたが、それでは流石に客も呼べないでしょうから、ここはひとつ大森南朋さんか渡部篤郎さんで。二人とも大男とは言えないまでも、背もそこそこ高いし、ぼーっとしてるし(言い過ぎ)悪くないんじゃないのー。

テーマ:この本買いました - ジャンル:本・雑誌

* 19:23 * comments(2) * trackbacks(0)
「好きな男」≠「イイ男」
2009.11.20 Fri
CREA (クレア) 2009年 12月号 [雑誌]CREA (クレア) 2009年 12月号 [雑誌]
(2009/11/07)
不明

商品詳細を見る


特集が「いい男大図鑑」と聞き辛抱たまらず、昼休みに本屋に走ったミーハーです。表紙の玉木くん、お美しいわ~♪ちょっと痩せすぎなのが気になるけど。あと意外と若いんですな(29歳)。岡田くんと同い年で、Kinkiより年下なのか。というか、Jが全体的に子供っぽいのだな。そういや昔、Jrの子たちは大きくならないように、箱に入って寝かされてるとかって友達から聞いて爆笑したことがあります。さすがにそれなはいやろ(笑)。

「2009いい男Best1」は福山雅治さん。「好きないい男」「結婚したい男」「抱かれたい男」「いい男アーティスト篇」の4部門で1位を獲得!というまさにパーフェクトないい男と記事では絶賛されておりまして、確かに福山雅治を嫌いだという女性は少ないだろうとは思います。だって嫌う理由が特にないもの。だからこの結果は当然っちゃ当然すぎて面白くないんですよねー。ananの人気投票とどう違うのかわからんし。ここは逆に「大嫌いだけどいい男」とか、そういうアンケートを取ってみてはくれんだろうか。ちなみに私がこのお題で真っ先に頭に浮かんだのが織田裕二。いい役者だとは思うんだけどねー。中身はそうとうウザそう(笑)。

って書いてて思い出したんですが、以前ご飯を食べに行ったお店に、映画のキャンペーンで来阪中の織田さんが来たことがあるらしく、「どんなひとだった?やっぱり態度でかいの?」と勇んで聞いたところまったくそうではなく、すごく丁寧で感じのいいひとだったとのこと。僕、大ファンになっちゃいましたよー!とまで。逆にすんごい横柄だったのが佐藤○市(笑)。あのひとの場合、横柄というよりそういうキャラなんだろうとは思いますけどね。しかし人間、聞いてみんとわからんもんですな。

2位以下で私が好きなのは7位の松山ケンイチくん(理由:面白いから)、8位の瑛太(瞬発力あるのにおとなしそうな風情がよい)、10位の大森南朋さん(年の割に青くさい声が好き)、15位オダギリジョー(なんか好き)。あとランクには入ってないけど阿部サダヲも好きなんですよね。周りからはキモイと言われるんだけど。

好きな男の名前はずらずら出てくるけど、≪いい男≫になると難しい。どうしても映画とか小説の中のキャラになってしまう。今パっと思いついたのは「グッドナイト&グッドラック」のエド・マローと、

323374_01_01_02.jpg
渋いーー!!カッコいいーー!!

「アイアンマン」のトニー・スターク社長。

ironman.jpg

なんつうか、真 逆 だ な (節操なし)。

「チーム男子映画」の特集もありまして、「風が強く吹いている」、「クローズZERO」、「ROOKIES」と色々紹介されてましたが、やはりなんといっても最高なのは「木更津キャッツアイ」ですよ!IWGPといいチーム男子物を書かせたらクドカンの右に出るものなし。「風が強く~」もクドカンに脚本書いて欲しかったなあ・・・。

テーマ:雑誌 - ジャンル:本・雑誌

* 20:55 * comments(2) * trackbacks(0)
改めて欧州予選の厳しさを知る。
2009.11.19 Thu
93197616.jpg

朝のニュースでウクライナの予選敗退を知りました。

前回のW杯でのウクライナの躍進ぶりが楽しくて、彼らにもう一度会いたい。夢よもう一度!と願っていたのに本当に残念です。シェヴァはボロボロに泣いてたみたいですね。悔しいだろうなあ・・・。あと一歩だったのにー。なんでギリシャやねん!(応援しているひとには申し訳ない)。

93200986.jpg

アイルランドも負けちゃった・・・。観たかったなあ、アイルランドも・・・。

両国の敗退により、来年の本大会への情熱が一気に薄れてきてしまいましたが、始まったら始まったでまた新たなるスター選手が現れ、負けてなお心に残る試合を見せる国もあるんでしょうな。今はそれだけが楽しみデス・・・。シェヴァ、お疲れさまでした。

93189485.jpg
このひとたち、負けてたらどうするつもりだったのか。

フランスはもう数々の栄光を手にしてるんだから、今回くらいは遠慮して欲しかったぜ。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

蹴球 * 21:09 * comments(0) * trackbacks(0)
最近観た映画
2009.11.13 Fri
・「BALLAD 名もなき恋のうた」
・「私の中のあなた」
・「あなたは私の婿になる」

※以下、ネタばれ感想です。
[最近観た映画]の続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

映画 * 19:35 * comments(2) * trackbacks(0)
生誕百年
2009.11.09 Mon
私はかなりイイ年なのですが、この年になるまで一冊も太宰治の本を読んだことがありません。もっと言うと森鴎外も夏目漱石も川端康成も芥川龍之介も、教科書に載っていた小説以外読んだことがないのです。読まない理由は特にないんですが、強いて言えば「辛気臭い」(読んだことないくせに!)でしょうか。

そんな文豪読まず嫌いの私ですが、FRaU9月号に載っていた生田斗真主演「人間失格」に、≪中原中也役で出演している森田剛くんがカッコよかった≫という大変にミーハーな理由一点のみで、生まれて初めて太宰の小説を読んでみようと思い立ちました。ちなみについ最近まで中原中也と中原昌也がごっちゃになっていたことも白状しておきます。

が!最初から「人間失格」はハードルが高そうなので、最初はモリミープレゼンツのこちらにしようかと。

奇想と微笑―太宰治傑作選 (光文社文庫 も 18-1)奇想と微笑―太宰治傑作選 (光文社文庫 も 18-1)
(2009/11/10)
太宰 治

商品詳細を見る


面白いかな。

テーマ:読書 - ジャンル:本・雑誌

* 21:19 * comments(3) * trackbacks(0)
DJ in my life♪
2009.11.03 Tue
映画の日に「パイレーツ・ロック」と「風が強く吹いている」をはしごしてきました。日曜日だったせいもあり、両方とも満員御礼。チケット発券するのに行列ができてて仰天!ただでさえ時間がないところへ、ちょうど「沈まぬ太陽」が終ったばかりで、我先にとトイレに直行するお客さんの列に行く手を阻まれ(途中で10分の休憩があるとはいえ、3時間22分は長すぎるよね!気持ちはわかるがどいてくれー)、泣きそうになりながら席にすべりこみました。<パイレーツ・ロック。間に合ってよかった~。

以下、素晴らしくネタばれしていますので未見の方は要注意デス!しかも長いよ!
[DJ in my life♪]の続きを読む

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

映画 * 13:07 * comments(3) * trackbacks(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。