スポンサーサイト
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 * --:-- * comments(-)* trackbacks(-)
いろいろ雑記
2010.01.25 Mon
最近、めっきり物欲がなくなってきました。正確に言うと、お金がないので自然と買い物も慎重になるというか。「これホントに今いる?」なんて自問しているうちに、なんか欲しくなくなってきちゃうんですな。日本経済を活性化するためにも、たまには衝動買いでパーっと散財せねばならんと思ってはいるんですが。いかんせん、今月の給料がびっくりするくらい少なかったんですよねー。日給の派遣社員にとって、お正月休みとGWはありがた迷惑。休みが少なきゃ少ないでまた文句言うんだけどね!

そんなわけで、先日もファイナル・バーゲンでなんかいいものないかなーといそいそ出かけて、結局買ったのはこれだけ。

DSCF3059.jpg
「かいじゅうたちのいるところ」のキューブリック。

一発でこの子(キャロルというらしい。こんな顔してなんて愛らしい名前!)が出てきて嬉しい~♪

嬉しいといえば、ベタニ主演の映画「Legion」が全米で初登場2位の快挙!

tumblr_krnj61ZBBL1qzgz6lo1_400.jpg
このポスターのベタニ、ごっつかっこいいデスね!

のっけからビビらせたいのか笑わせたいのか、判断に苦しむ強烈な婆さんが出てくる予告。



見るからにB級映画だけど、雨に打たれるベタニの色っぺーこと!
声がまたあいかわらずエロくて困りますな!ベタニと勇はエロ声の双璧だと思います!!
(日本公開が未定っぽいのが気がかりですが、絶対やってくれるよね・・・)。

そういや、デルビー・・・・。残念な結果だったようですね。まあいいや。また来シーズン、頑張ってくれー。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

未分類 * 22:38 * comments(2) * trackbacks(0)
来月は寝不足になりそうです。
2010.01.24 Sun
もうすぐ冬のオリンピックが始まりますね。日本人選手でメダルが期待されるのは真央ちゃんとミキティ、高橋くんのフィギュア勢だと思うんですが、高橋くんはロシアのおかっぱが復帰してきたので厳しい戦いになりそうですな。もちろん一番勝って欲しいのはランビエールですよ~♪正直、金メダルは難しそうだけど(なんせあのおかっぱが・・・)表彰台にはぜひとも上がって欲しい。真央ちゃんは家族ぐるみで応援してます!金メダル獲れたらいいのに!!

その他の競技で一番楽しみにしているのが、スノーボードクロス。前回のトリノ五輪から正式採用になったまだ新しい競技ですが、ジャンプひとつで大きく順位が変わったり、最後の最後まで誰が勝つか予想がつかなくて面白い。



闇雲に突っ走ってるようで、ちゃんとライン取りとか考えながら滑ってるんでしょうな。前の選手を追い抜くには、もうそのラインを無視して飛ぶしかない!みたいな命がけなところも大変楽しいデス。

ただひとつ残念なのは、いまひとつ男前の選手が見当たらないところなんですよね。必死になって画像漁りしてみたものの、これは!という物件には当たらず。

94919015.jpg
黄色のシャツの選手(フランス人だと思われる)が結構男前かなーと思うのですがいかがか。

実際競技が始まってみれば、顔とかそういうのは二の次になってしまうんだけど、やはりイケメンがいるといないとでは観戦する方の気構えも違うというもの。TV局はサッカーのW杯時くらい力を入れて、各競技のイケメン特集を組むべきだと思います。

テーマ:バンクーバー冬季オリンピック - ジャンル:スポーツ

日記 * 14:38 * comments(2) * trackbacks(0)
11月に読んだ本
2010.01.22 Fri
2009年11月の読書メモをいまさらな感じで。

・「GIANT KILLING 4、5」/ツジトモ・網本将也

・「小太郎の左腕」/和田竜

小太郎の左腕小太郎の左腕
(2009/10/28)
和田 竜

商品詳細を見る


戦国エンタテインメント小説らしく、するすると読めて面白い。最後の風車は反則。登場人物の中では敵方の花房喜兵衛が断トツでカッコいいです。映像化するならエンケンさんがいいなー(おっさん過ぎますか)。小太郎とヴァシリ@スターリングラード、ハグマン@ChosenMenでは誰の射撃の腕が一番なのかを無駄に考えてみました。小太郎は540メートル離れた小山の上から敵将を百発百中で仕留められるけど、ハグマンも相当離れた距離から撃てたはず。でもやっぱり一番はヴァシリかな~。照準を合わせる際の冷たいブルーの瞳がなんとも美しいのだ。あの瞳に狙われるなら誰も文句は言わんでしょう。

・「どうして僕はこんなところに」/ブルース・チャトウィン

どうして僕はこんなところにどうして僕はこんなところに
(1999/09)
ブルース チャトウィン

商品詳細を見る


48歳の若さで夭折した紀行作家、ブルース・チャトウィンの自選短編集。表紙の写真も男前なら書く文章も賢そうな匂いがぷんぷんで少々難しかったであります。チャトウィンと言えばモレスキンの愛用者としても有名だそうですが、彼が愛したモレスキンと現在発売されているものとは別物で、オリジナルが消える前、チャトウィンは「本物のモレスキンはもう存在しない」と言葉を残したそうです。いちいちカッコよろしいな(ちなみにモレスキンの名付け親でもあるらしい)。

そういや彼の友人のレドモンド・オハンロンの著書、「コンゴ・ジャーニー」に出てきた、チャトウィンとの想い出の中の一節の、「ブルースは濃い海老茶色の小さなショルダーバッグを肩にかけた。中身はモンブランの万年筆、黒いオイルクロスで覆った本物のモグラ革のノートブック」って、あれモレスキンのことか!持ち物にもこだわりを持ち、結構なオシャレさんだったチャトウィンと、そういうことにまったく興味のなさげなオハンロンが友人だというのも面白い。チャトウィンがオハンロンにかけた最後の言葉が「レダーズ、なんて柔らかな手なんだ。ほんとに探検家か?おまえ、ベッドの上に寝転んででっち上げてるんじゃなかろうな」だったらしいのですが、そんなことないよー!オハンロンは本物の探検家デスよ!チャトウィンに「コンゴ・ジャーニー」を読んで欲しかったなあ。

・「小日向文世 アメリカへ行く。『サイドウェイズ』撮影日記」/小日向文世

小日向文世 アメリカへ行く。 『サイドウェイズ』撮影日記小日向文世 アメリカへ行く。 『サイドウェイズ』撮影日記
(2009/10/10)
小日向文世

商品詳細を見る


映画自体はいまひとつだったけど、コヒさんがアメリカでの撮影を楽しんでたみたいなのでよかった。巻末に載っていたコヒさんの若かりし頃の写真が一瞬、タニショーに見えた。可愛かったんだな。今も違う意味で可愛いけど。

・「のだめカンタービレ23」/二ノ宮知子

のだめカンタービレ #23 (講談社コミックスキス)のだめカンタービレ #23 (講談社コミックスキス)
(2009/11/27)
二ノ宮 知子

商品詳細を見る


ついに最終回!原作もドラマも本当に大好きで、終わってしまうのは残念だけど、最終回まで充分楽しめました。最後はちょっと駆け足気味だったけどいいよいいよ。このあっさり加減ものだめっぽくて。千秋先輩とのだめちゃんはこれで一生安泰なので(もう他のひとじゃ物足りない身体になっているのですね。先輩が)、今後はターニャと黒木くんのカップルに注目したいデス。この二人もすごく運命的じゃない!(おおげさ)。

・「BILLY BAT2」/浦沢直樹

BILLY BAT 2 (モーニングKC)BILLY BAT 2 (モーニングKC)
(2009/11/20)
浦沢 直樹長崎 尚志

商品詳細を見る


2巻目にして早くも物語についていけてません。この風呂敷はうまく畳み切れるんですか・・・。

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

* 22:29 * comments(0) * trackbacks(0)
正月明けてもTV三昧
2010.01.17 Sun
「龍馬伝」と嵐のSPドラマ「最後の約束」を観ました。

・「龍馬伝」

今回さすがに弥太郎が可哀想すぎて泣けました。「親父!あの金、博打に使っちゃったのかよ!」(土佐弁がわかりません)に、かぶせる勢いで「すまん!」と土下座する親父には笑っちゃったけど、せっかくお母さんがへそくりしといてくれた大事なお金を全部使い切ることないだろー。ホントにどうしようもないおっさんだな。素直に切腹させときゃいいんですよ。

龍馬は今週も可愛くてよかったデス。年とってからの子供は可愛い♪を地で行く龍馬パパ。いい歳した息子の仕事場をこっそり覗きに行くんじゃない(笑)!武市先生は今回出番が少なくて残念でありました。今週はついに龍馬が江戸へ旅立つのですね。弥太郎も一緒に?しかも偽の通行手形で??オモロいにもほどがあるな。無茶苦茶だけど前向きでいいと思います。その点、行きたいけど行きませんよ俺は、な武市先生の胸の奥にひっそりしまわれている情念が怖ろしい。道場のメンバーも「江戸行きは武市先生こそがふさわしいぜよ!」なんて盛り上がるヒマがあるんなら、バイトして旅費くらい稼いでこい!ばあちゃんの介護も俺に任せてください!くらい、以蔵が言うべき。

「最後の約束」はネタばれしてるので伏せます。
[正月明けてもTV三昧]の続きを読む

テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

テレビ * 15:23 * comments(0) * trackbacks(0)
香港旅雑記
2010.01.14 Thu
長くなったので分けます。

【観光】

今回は2泊だけだったので、観光らしい観光はできず・・・。スタバと香港ブランドのGODがコラボした、茶餐廳風スタバ「星巴克冰室」に行ったくらいデス。

2010_0112香港0007

中環駅から10分ほど、Duddell Streetという坂道の途中にあります。ガイドブックに載っていなかったので、詳しい場所はホテルのコンシェルジュさんに教えてもらいました。

2010_0112香港0020

坂の突き当たりにある、香港で一番古いガス灯。
映画「金枝玉葉」の冒頭に出てきた場所と言った方が香港ファンには判りやすいか。

店内はこんな感じで、どう見てもスタバって感じではないですな。

2010_0112香港0012

2010_0112香港0011

2010_0112香港0015

【買い物】

せっかくバーゲンシーズンに行ったにもかかわらず、あんまり欲しい物がなかったので買い物は残念な結果に。

DSCF3055.jpg

わざわざ香港で買わんでも!みたいな。
映画、超楽しみデス♪

DSCF3053.jpg

ダブルハピネスなお茶碗。GODでHKD45でした。

DSCF3051.jpg
お菓子。
Pop-Panは薄くてパリパリしたクラッカーの上にネギとゴマがパラリ。すんごいハマる味!もっと買えばよかったー!

2010_0112香港0082

アニエス・ベーのチョコレートは最初、会社へのお土産にするつもりが急に惜しくなり(笑)、家でひとりこっそり、一日二つずつ味わって食べてます。だって一粒¥200くらいするんですぜー。

【おまけ】

三谷幸喜さん脚本の「笑の大学」。香港版の看板を発見!

2010_0112香港0051

外国で上演されるのはこれで6ヶ国目?三谷作品の中でも最高傑作だと思います。香港のひとたちの感想を聞きたい。

香港だけは世界不況の影響をまったく受けていないのか、あいかわらず日曜日の人の多さが異常で安心しました(笑)。そうは見えないだけで香港も不景気なのかもしれないけど、とりあえず活気があるというか、ひとが元気。日本も負けてる場合じゃないなと思いましたデス。私も仕事、頑張ろう~♪ニセモノドケイ!

テーマ:香港 - ジャンル:旅行

旅行 * 21:32 * comments(1) * trackbacks(0)
帰ってきました~。
2010.01.13 Wed
11日(月)に無事、香港から帰ってまいりました。現地の出発時間が30分ほど遅れたというのに、関空に着いたのは予定より30分早かったという不思議。遅刻したら罰金とか払わないかんのですかね?それで飛ばしに飛ばしたとか。そのせいかどうかわかりませんが、寒いから毛布をもらおうと3回、客室乗務員様を呼び出したところ、3回ともキレイに無視されました。さすがだわー、キャセイ・パシフィック!

帰ってきてから気づいたんですが、「コードブルー」の初回を録画していくのを忘れてました・・・。スマのチャレンジ企画番組も・・・。会社の同僚が「ゴローちゃんが死ぬほど面白かった!」と絶賛していたというのに残念であります。「龍馬伝」と嵐のSPドラマはちゃんと留守録しといたのになー。

今回は2泊3日と駆け足だったので、あんまりうろちょろできなかったんですが、あの有名な香港のおたくビル”信和中心”に行けたのが嬉しかった(笑)。想像以上にごちゃごちゃしてて、わずか3フロアを見て回るだけで1時間半も費やしてしまいましたよ!ほとんど日本の製品ばっかりだったけど、おもちゃ&ガラクタ好きにはたまらん面白さでした。次回はもっとゆっくり回って掘り出し物を探したいと思います!

以下、ざっくりとした旅メモ。

【飛行機】:キャセイ・パシフィック航空の早割。燃料代込で¥45,000くらい。
【宿泊】:JWマリオット香港。ホテルのオンライン予約で2泊でHKD4,400。日本円で¥52,000くらいですかね。旅行会社のサイト等で予約するより、ホテルのオンライン予約を利用した方が最も安くなるそうです。詳しくはHPで。

2010_0112香港0052

ツインのお部屋。けっこう広いです。バスルームも広くて使いやすかった。

2010_0112香港0053

あと¥5000プラスしたらハーバービューの部屋にアップグレードできます!と言われたけど、そこをあえてマウンテンビューで。ほとんど部屋になんかいないからこれで充分なのだ。

ここのホテル、地下鉄の金鐘駅から徒歩3分ほどで、パシフィック・プレイスの中に入口があるので夜も安心、サービスもよく快適~♪だったんですが、なぜかTV(液晶のデカイやつ)のリモコンだけが言うことを聞かず。やっとの思いで点いたと思ったら、今度はどうやっても消せないという・・・。2日目の夜から急に素直に動き出したんですが、あれはいったいなんだったのか。

【ごはん】

1日目の夜はハーバー・シティ内にある潮州料理の店、「尚膳潮州小房」にて。

DSCF2966.jpg

ここの名物料理はガラスケース内にぶら下がっているカニや鳥(アヒル?)なんですが、今回は2人だったので、そんなに食べられないってことで(量的にも金銭的にも)普通に一品料理を食べました。どれも美味しかったけど、やっぱりせっかくなら名物料理を食べたかったわ。

2010_0112香港0001
小さいお茶碗に入っているお茶を飲んでいいのかどうなのか。しばし挙動不審者と化しました。
結果→食前茶だったようです(笑)。


2010_0112香港0030

2日目の昼は「大會堂美心皇宮」にてワゴン式の飲茶。天井のシャンデリアが妙な高級感を醸し出していますが、実は大箱の庶民的なお店。すんごい広いんだけど、朝10時半くらいに入ってギリギリ並ばずに済むかな?くらいの混雑ぶりでした。

2010_0112香港0025
ふかひれ入り餃子スープ。

2010_0112香港0027
なんかわからん鶏肉とソーセージ入りご飯。
ああ香港だなあって味で美味しいんだけど、鳥の小骨が容赦なく突き刺さるので探り探り食べなならん。

2日目の夜は友人親子と合流し、ホリディ・イン・ゴールデン・マイルホテル内にある「龍苑」で広東料理を食べました。あっさりした味付けで「美味しいねー」とガツガツ食べてたら、すっかり写真を撮るのを忘れてました・・・。

3日目は雨の中、傘を差して上環にある「羅富記粥面専家」までお粥を食べに行きました。ミシュランにも取り上げられたことがあるってんで、ミーハーらしく張り切って行ってきたんですが、すぐ近くにも同じ名前の店があるんですよね。どっちが本物だ?というか、どちらも経営者は同じなのかしら。

2010_0112香港0066

わりとしっかり味がついていた肉団子入りのお粥。これで漬物があれば完璧!

お昼はIFCモール内にある「正斗麺粥専家」。ちょうどお昼時だったのですごい混雑!相席は当たり前だけど、少々狭いデス。

2010_0112香港0070
エビのプリプリワンタン入り。
これでHKD32。麺は極細であっさり味。点心とかも美味しそうだったけど、人が多すぎて間違えたのか、あるいはわざと多めにサービス料を取っているのか、料金が高めだったのが不審。32×2=90ってどういう計算なんじゃ!

【おやつ】

2010_0112香港0006

燕の巣入りマンゴー・ジュースと豆乳。地下鉄駅構内でも売ってて以前から気になっていたんですが、今回初チャレンジ!燕の巣自体に味があるわけじゃないと思うんだけど、なんとなく美味しかったです。マンゴーの方は味が薄いので、豆乳の方が美味しいかも。寝る前に飲むとちょっとお腹が張ります。

2日目のおやつは銅鑼灣にある猫カフェ「阿貓地攤」にて。

2010_0112香港0050

ちょっと観光客を寄せ付けないようなビルの3Fに入ってますが、中は女子好みの可愛らしいお店です。

2010_0112香港0035
扇風機とシャンデリア、ミラーボールが混在する不思議な天井。

店内は所狭しと物が置かれ、その狭い隙間を猫が自在に動き回り、猫好きにはたまらんでしょうが猫アレルギーなら発狂ものというカオスな空間でした。店員さんも客層も若い!わざわざこんなところまで日本人が来るんだねえって感じがなきにしもあらずでしたが、同じ猫好きってことでみなさんフレンドリーでした。写真撮ってくれたりした。

2010_0112香港0040
ブリュレというよりはちょい固めのプリン。もちろんネコのイラスト付き。
この微妙なヘタうま感が可愛らしい。高校の文化祭の模擬店みたいだ。

2010_0112香港0042
一瞬、白玉入りか?と驚いたライチソーダ。

2010_0112香港0038
手前のミケはゲーム機に興味津津で超ガン見。
みんなキレイに手入れされていてお肌ツヤツヤの美猫揃いでした。確か全部で7匹くらいいたはず。どいつもこいつも愛想がないのがまたよろしい。

3日目のおやつはIFCモール内にある「滿記甜品」で。

2010_0112香港0078
小洒落ております!

2010_0112香港0073

何を食べてもいちいち美味しい。黄色いプラスチックの食器も可愛いデス。

テーマ:香港 - ジャンル:旅行

旅行 * 20:53 * comments(1) * trackbacks(0)
明日から。
2010.01.08 Fri
2泊3日で香港に行ってきます。
朝早いので寝坊しないように、今から風呂入って寝ます。

ではでは~。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

未分類 * 20:40 * comments(0) * trackbacks(0)
あけましておめでとうございます。
2010.01.04 Mon
なんつって、とっくに明けきってますな。私は今年に入ってからまだ一度も家から一歩も出ていないという、正真正銘のぐうたらぶりです。これで明日から仕事だなんて!朝起きれるのか~。

あいもかわらずのぼんくらでございますが、今年はなにか資格のひとつも取るために勉強せねばと思ってます。去年は京都検定の3級に合格したけど、正直、就職に有利なわけではないのでね。なにかこうつぶしの効くやつを。この資格持ってればおばはんでも就職に活かせるよ!てな情報があればぜひご教示いただきたいであります。

さておき、年末年始はもっぱらTV三昧でした。大晦日は例年通り、紅白→ジャニーズ・カウントダウン→オール吉本の流れ。カウントダウンを観るたびに、タッキーはどこ目指してるのかなあって気になります。なんか大衆演劇の匂いがするんだよね、タッキーって。

元旦はひたすらジグソーパズルに取り組み、2日は嵐出演のネプリーグ。「更級日記」がまったく読めないメンバーにも驚いたんですが、その中でさすがは翔くん、あっさりと正解。が!やっぱり違うね~!と感心したのもつかの間、「田沼意次」でまさかの不正解。

ちょっとどうなってんのー、それはさあ、「たぬまいおつぐ」でしょ!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
TVの前で大声で指摘した自分こそが間違えていたという、ね(初笑い)。

あとはリーダーが想像以上に残念な子(芸術家だからね彼は!)だったのと、まつじゅんが意外と賢かったのが印象的。今度、J事務所のかしこ選抜で、翔くん、岡田くん@V6、まつじゅんで出て欲しいデス。岡田くんは読書家だから漢字関係は強いと思うのだ。残りの2人がどうしても思いつかないんだけど、生田くんとか頭よさそうなイメージ。5番は大野くんでいいか。面白いから。

3日は「龍馬伝」を録画しといて、イッテQ→救命病棟24時SP。イッテQは文句なく面白かったけど、24時がなー。ほとんど再放送やんか!新たに撮った部分も「振り奴」と「医龍2」で観たことある停電ネタだったし・・・。まあ耳鼻科と眼科が救命医として少し成長してたのが救いだったかな。つうか、ここの救命ってどう考えても医者より看護師の方がスキル高そうなんだけど。

で、今朝方、録画しといた「龍馬伝」を観ました。龍馬の子役がたまらない可愛らしさ!こども店長の達者さに比べたら学芸会もいいとこだったけど、可愛いからいいのだ。しかも福山くんと似てるー。福山龍馬も可愛いぜよ。それに輪をかけて半平太が可愛い(もう可愛い可愛い言い過ぎ)。おちょこ一杯の酒で泥酔して龍馬に負ぶわれ、そのまま田んぼに転がり落ち、翌日には切腹騒ぎってなんという波乱の人生(笑)!あれ龍馬が止めに入ってなかったらホントに腹を切る気でいたんでしょうか(あほなのか)。あの可愛い龍馬や半平太が今後どういう風に変化していくのか。特に半平太は黒くなるらしいので、そこらへんが非常に楽しみデス。

そうそう、箱根駅伝も観ました。実況が何度も「風が強く吹いている!」と叫ぶのには笑っちゃったけど、ダニエルの11人抜きには今年も興奮。柏原くんもスゴイっすねー。なんつっても山の神ですよ。駅伝だからいいものの、怖いよ、あの子があんな山ん中、後ろから走ってきたら(笑)。東洋大学は監督がすごく若いんですね。選手の中に混じると誰が監督かわからんかった。あとあの20分ルールには泣けたわー。もうあと1分あれば!って感じでしたよね。襷を繋ぐために必死こいて走ってんだから、ケチくさいこと言わないで待ったれよ。

で、今はスマスマSP観てます。スマとカツンってもしかして一回りくらい違う?年は若いのにすでに精神的に疲れきっている様子のカツンが面白くてたまりません。慎吾はまたインフルなんですね。毎年慎吾だけがインフルに罹ってる気がするなあ。なんかピッポみたい。

テーマ:テレビなんでも - ジャンル:テレビ・ラジオ

テレビ * 21:33 * comments(5) * trackbacks(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。