スポンサーサイト
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 * --:-- * comments(-)* trackbacks(-)
ジャケ買い。
2010.09.29 Wed
「情熱大陸 ブックデザイナー 名久井直子」を観ました。

ブックデザイナーというのは、本の表紙から帯、本文のフォント、行数まで全部決めなきゃならないらしいんですが、何百種類もある紙やらフォントやらを組み合わせて1冊の本を仕上げる作業はとても面白そうでした。ま、絶望的にセンスのないワタクシにはとても無理な話だけど!

名久井さんは年間100冊近くを手掛ける超売れっ子だけあって、確かにどの本の装丁も可愛かったりオシャレだったり、シンプルだけど印象的だったり。ちょっと手に取ってみたくなるようなのが多かったです。実際に読んだことのあるのはたぶん「にょっ記」だけかな。

にょっ記 (文春文庫)にょっ記 (文春文庫)
(2009/03/10)
穂村 弘

商品詳細を見る


名久井さんのデザインではないけど、装丁が気にいってジャケ買いしたのが、モリミーの「夜は短し歩けよ乙女」と、

夜は短し歩けよ乙女夜は短し歩けよ乙女
(2006/11/29)
森見 登美彦

商品詳細を見る


和田竜さんの「のぼうの城」。

のぼうの城のぼうの城
(2007/11/28)
和田 竜

商品詳細を見る


どちらも先に書評を読んで気にはなっていた本だけど、購入への背中を押したのは表紙のデザインの力によるところが大きいと思われます。こういうジャケ買いの楽しみは紙の本ならではですな。もう本気で部屋に本の置き場所がなくて困ってるんだけど、電子書籍に切り替えることは当分ないだろうなあ。でも本ってどんどん増える一方なんですよねー。部屋の床やテーブルの上にジェンガ並のあやういバランスで積まれている本を横目で見ては、「こいつらを全部収納できるでかい本棚が欲しいぜ!」と妄想しています。そもそも本棚を買っても置き場所がないんだけどさー。あーあ。ゲゲゲの家みたいに好きなように増築しまくれればー。

本棚といえばピースの又吉さんの文豪アパートの部屋が渋かったデスね!今まで相方にしか興味なかったけど、あのステキ部屋を観て急に又吉さんのファンになりましたよ(笑)。なんかちょっとモリミーにも似てる。いや似てないか。どっちや。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:本・雑誌

* 21:02 * comments(2) * trackbacks(0)
ドラマ・アカデミーふうに。
2010.09.20 Mon
本日で「ハンチョウ~」も最終回だったので、この夏のドラマのベスト3と各賞を発表します。独断です。趣味に走ってます。

1位:「うぬぼれ刑事」

やっぱりクドカン+長瀬は鉄板!最高に面白かったであります!うぬぼれ氏!!なにが好きってうぬぼれがちゃんと仕事のできる刑事だったところがよかった。きっちり犯人逮捕までこぎつけた上での「結婚するの刑に処す」のバカバカしさが最高。毎回こっぴどく振られるうぬぼれは可哀想だったけど、うぬぼれ父の「うぬぼれは罪を許し犯人を本気で愛す。だから犯罪者は悪い気はしない。人生捨てたもんじゃないと思う。お前に捕まる犯人は幸せだ」にじーんときた。泣いた。そうなんだよねー。みんなうぬぼれに救われたよね、きっと。

泣いたと言えば冴木さん!「一番キレイな私を抱いた~のは~♪」をバックに、泣きながら風船を膨らませる冴木さんにはもらい泣きせずにはいられませんでしたとも。里恵が神だと判った時の、冴木さんとうぬぼれの公園でのひと暴れ→「裏取りましょう(冴木)」「かしこまり!(うぬぼれ)」の一連の流れも面白すぎた。クドカン天才だなあ。最後にうぬぼれが出した結論も大変カッコよかったであります。小暮己!

2位:「GM~踊れドクター~」

林さんお得意の医療チームものだけに外れがなかった。総診廃止の噂を聞き、「それがなんだ!院内感染の原因を突き止めるのが俺たちの最後の仕事だ!」と部下を激励したつもりが、メンバーはとっくに診断に入っていたという残念な展開のリーダー・ポニーがすばらしく可愛かったであります。心カテが成功してファイヤーに誉められ両手でガッツポーズしたりとか、正直、あんな医者にだけは当りたくないわ(笑)。最後のコンサートもあれはあれでよかったと思います。というか、ファイヤー結局アイドルとして再デビューの夢をあきらめきれてないのね。←売れるわけがない。

3位:「MM9」(これはまだ終わってないですな)

毎週録画して観ています。ジャンルとしては特撮?になるのかな。たまに怪獣が出たり出なかったりで、そのゆるーい感じが面白い。今この時期にクリスマスネタというのもいいです。チ★コもげろ。

以上すべてTBS。しかも軒並み低視聴率。でもいいよ、ホントにどれも面白かったから。「うぬぼれ」と「GM」のDVD欲しい~♪ちなみに次点は「ジョーカー 許されざる捜査官」デス。明日のSP楽しみ。

優秀主演男優賞:長瀬智也(うぬぼれ刑事)
優秀助演男優賞:西田敏行(うぬぼれ刑事)
優秀主演女優賞:綾瀬はるか(ホタルノヒカリ)
優秀助演女優賞:多部未華子(GM~踊れドクター~)

優秀チーム賞:名峰病院総合診療科(GM~踊れドクター~)
優秀主題歌賞:「LIFE~目の前の向こうへ~」関ジャニ∞(GM~踊れドクター~)

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

テレビ * 22:03 * comments(3) * trackbacks(0)
ビアン・シュール(もちろん)←覚えた。
2010.09.18 Sat
・「ブレイズメス1990」/海堂尊

ブレイズメス1990ブレイズメス1990
(2010/07/16)
海堂 尊

商品詳細を見る


先日TVでも放映していた実在の外科医・須磨久善医師をモデルにした天才外科医・天城雪彦が登場。海堂さんの小説には速水、渡海と俺さまキャラの医者がいろいろ出てくるけど、天城は過去最高。勤務先のモンテカルロ・ハートセンターには、余所で匙を投げられた重度の心臓病患者が最後の希望を繋いで駆け付け、天城のオペを受けるために全財産の半分をカジノでの一発勝負に賭ける。多い時には億単位の治療費を平然と受け取る天才外科医を東城医大に招聘するため、モナコに派遣された世良にそんな天城のやり方は受け入れられず猛烈に反発するが、同時に天城の天才的な手技と危ない魅力に抗しきれず・・・というお話(たぶん間違ってない)。

以下、ややネタばれしてます。
[ビアン・シュール(もちろん)←覚えた。]の続きを読む

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

* 22:24 * comments(2) * trackbacks(0)
2010・7月に読んだ本
2010.09.11 Sat
・「アルプスと猫 いしいしんじのごはん日記③」/いしいしんじ

信州の松本、三崎、東京、大阪をぐるぐる廻りながら仕事をこなし、ごはんを食べるいしいさんてたいがい元気。今は京都在住?羨ましい!

・「サクリファイス」/近藤史恵

サクリファイス (新潮文庫)サクリファイス (新潮文庫)
(2010/01/28)
近藤 史恵

商品詳細を見る


自転車競技にはまったく疎い私でもロードレースがチーム競技で、チームはエースを勝たせるために走るのだというのはなんとなく知っていて、それってエース以外の選手は楽しいのかなあなんて思ってたんですが、チームがエースために走るのと同様にエースはチームのために走っているわけで。その責任は重いわけで。その重さに耐え続けられるひとがエースなわけで。が、しかし、それにしても石尾さん!というわけで面白かったデス。ちなみに石尾さんは堺雅人氏で妄想しつつ読みました。白石は小出恵介くんとかどうでしょう。

・「ロンドンの超能力男」/ダニエル・スタンシャワー

シャーロック・ホームズのパスティーシュ物には歴史上の有名人を登場させるのがお約束なのか、今回は”脱出王”ハリー・フーディーニがイギリス政府公邸の金庫室から極秘文書を盗んだ事件の容疑者として登場。フーディーニの妻からの依頼で事件解決に乗り出したホームズとワトソンが調査中、意外な人物が死体となって現れ・・・というお話でトリック自体は単純だけど真犯人は意外っちゃ意外。フーディーニとワトソンくんの間に芽生えた信頼関係というか親密さにちょっと戸惑ってしまうホームズが可愛いデス。

・「さもあらばあれ」/大森南朋

大森南朋 さもあらばあれ大森南朋 さもあらばあれ
(2010/07/09)
大森 南朋

商品詳細を見る


「大森南朋へ102の質問」での「俳優としてのタブーは?」の質問に、「監督がいるのに、俳優がほかの俳優を演出するのはよくない。と思う」との答え。え、それって織★裕二(笑)?大森一家対談は面白いですよ~。この父にして、この息子たちありって感じで。お兄さんとお父さんからよってたかって、「子供の頃は頭が悪かった」と暴露されてたのは少なからずショックでした(笑)。「この映画がすごい」に連載中のコラムを読んでてもなんとなくそんな予感はしたけど(それなりに面白いんだけど文体が。とてもアラフォー男の書く文章とは思えない)、やっぱりほら鷲津さんだから。人並みに賢くはあって欲しいわーみたいな。

・「四畳半神話大系公式読本」

四畳半神話大系公式読本四畳半神話大系公式読本
(2010/06/23)
森見登美彦と四畳半神話研究会

商品詳細を見る


アニメは観てなくてもモリミーファンなら必読。ところでモリミー、いつ東京へ越してっちゃったの?

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

* 21:12 * comments(0) * trackbacks(0)
2010・1~6月に読んだ本
2010.09.09 Thu
・「前巷説百物語」/京極夏彦
・「目白雑録」/金井美恵子
・「黒十字サナトリウム」/中里友香
・「チャンネルはそのまま・2」/佐々木倫子
・「石の猿」/ジェフリー・ディーヴァー
・「博士の本棚」/小川洋子
・「エロイカより愛をこめて・36」/青池保子
・「化かされた狐亭の憂鬱」/マーサ・グライムズ
・「乱鴉の島」有栖川有栖
・「桃色トワイライト」/三浦しをん
・「日日雑記」/武田百合子
・「ワタシは最高にツイている」/小林聡美
・「孤宿の人」/宮部みゆき
・「イノセント・ゲリラの祝祭」/海堂尊
・「鎮痛磁気ネックレス亭の明察」/マーサ・グライムズ
・「シャーロック・ホームズ 最後の解決」/マイケル・シェイボン
・「ダブル・ジョーカー」/柳広司
・「のだめカンタービレ・24」/二ノ宮知子
・「テルマエ・ロマエⅠ」/ヤマザキマリ
・「BILLY BAT・3」浦沢直樹
・「西原理恵子の人生画力対決」/西原理恵子
・「シャッター・アイランド」/デニス・ルヘイン
・「シャーロック・ホームズ氏の素敵な冒険」/ニコラス・メイヤー
・「ウエスト・エンドの恐怖」/ニコラス・メイヤー
・「犬の足あと 猫のひげ」/武田花
・「鹿男あおによし」/万城目学
・「ジェネラル・ルージュの伝説」/海堂尊

読 ん だ そ ば か ら 忘 れ て る !

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

* 21:04 * comments(0) * trackbacks(0)
よく働くなあ、慎吾@スマステ生放送中
2010.09.04 Sat
私なんか昨日、ただ客席で観てただけなのに、帰ったらくたくたで爆睡してたってのに・・。

というわけで、久しぶりにSMAPのコンサートに行ってきました!新しく開通した近鉄-阪神線のおかげで乗り継ぎなしで京セラドームまで行けるようになったのは嬉しいんですが、待ち合わせ場所の指定が「ドーム前の階段を上がったところ!」という大雑把さ。案の定、アホほどいる人・人・人!の波の中に友人の姿なんざ見つけられるはずもなく、「今どこ?」とメールしたところ、「左側の階段を上がった奥の方」との返信が・・・。だ か ら も っ と 詳 し く 目 印 を 教 え ろ !!

これがいい歳した大人の会話なのかと呆れつつも、なんとか無事にチケットを取ってくれた友人姉妹と京都から参戦の友人と合流。大阪初日にも参戦した姉妹によると、前日はアリーナ席で過去最高によく見えたらしく、ゴローちゃんファンの友人の息子もいたくご機嫌だったそうで(ホントは2日とも行きたかったらしい・笑。ゴメンねー)、「今日は俺の代わりにこれを!」とゴローちゃんのうちわを託されまして、京都の友人が「魂、あずかりましたー!」とことあるごとにゴローちゃんにアピール。小学生の熱き想い、ゴローちゃんに届きましたでしょうか。

以下、長いので折りたたみます。
[よく働くなあ、慎吾@スマステ生放送中]の続きを読む

テーマ:SMAP - ジャンル:アイドル・芸能

舞台 * 23:10 * comments(1) * trackbacks(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。