スポンサーサイト
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 * --:-- * comments(-)* trackbacks(-)
ミス・マープルとハンサム(元)刑事
2013.01.13 Sun
ベネさんが出てるというので、BSでやってた「ミス・マープル 殺人は容易だ」を観ました。

ミス・マープルといえば、アガサ・クリスティの生んだ有名なおばあちゃん探偵ですが、原作も読んだことがないし、ドラマも初めて。だから最初、列車の中で二人の老婦人が出てきた時はどっちがマープルなのかわからなくて混乱しました。しかも二人は別に友人というわけでもなくて、たまたまコンパートメントで乗り合わせた際に短い会話を交わしただけ。なのに、その彼女(ラヴィニア)が途中下車した直後に事故死したのはなんか怪しい!と誰も頼みもしないのに、ラヴィニアの住んでいた村に出かけて行き、ぐいぐい村人のプライベートな部分に食い込んで行くマープルさん!誰が怪しいってあんたが一番怪しいよ!

f8b084200ff03478162cc283892f6f99.jpg

マープルがラヴィニアの死に不審なものを感じたのにはちゃんと理由があって、彼女が自分の村で立て続けに人が死んだのは連続殺人ではないかと疑い、ロンドン警察に相談に行こうとしていたことや、次の犠牲者は自分ではないかと不安がっていたことを知っていたからなんですが、それにしたって元気だなあ。見た感じ80歳越えてる感じなんだけど。まあそんな高齢で上品そうなマープルだから、村人も特に疑うことなく色々内緒の話も教えてくれるんでしょうが。おまけにマープルさんときたら、ちゃっかり偶然知り合ったルーク(ベネディクト・カンバーバッチ)の家に泊めてもらったりしてるし!私もイギリスの美しい田舎でベネさんみたいに親切な青年紳士に優しくされたいよ!アフタヌーンティーしたい!

肝心の殺人事件の方は、なんともやりきれない結末で。最初の殺人については犯人に同情すべき点もあるけど、それを隠蔽するために5人も殺しちゃったのはやりすぎだったなあ。イギリスの田舎町で起きた連続殺人といえばどうしてもホット・ファズを思い出してしまうのだけど、あれは犯人がアレだったのでニコラス頑張って〜ときゃあきゃあしながら観られたけど、今回は最後に犯人が村人に救いの手を求めたのに対し誰もが目を逸らすのがね・・・。後味の悪い事件でした。

2009年の制作なのでベネさんは今よりも若くて可愛らしい感じ。元刑事ということで、事件の解決にもっと絡んでくるのかと思いきやそうでもなく(笑)。むしろ最後は地元の警官(少佐と呼ばれていた気がするんだけどな。初登場のシーンでは図書館で働いてるようだったし。あのひとホントは何やってるひと?ちなみに中の人はバスカヴィルの犬@sherlockにヘンリー役で出てたひとですね)の方がマープルの作戦に乗っかって上手くやった感じ。そもそもこの話は元々マープルシリーズではなくて、原作だと列車でラヴィニアと出会い、身分を偽って捜査を始めるのはルークなんだそうですね。どうせならそれをそのままドラマ化して欲しかった。
スポンサーサイト

テーマ:海外ドラマ(欧米) - ジャンル:テレビ・ラジオ

テレビ * 20:00 * comments(0) * trackbacks(0)
明日から仕事かあ。
2013.01.06 Sun
9連休という無駄に長い正月休みの間、特に観たいTV番組もなく、ひたすらゴロゴロしていたら、最終日になってまさかの番組だだ被り。「八重の桜」と「ATARU」、「宇宙人ポール」が微妙にズレながら被りつつあるというこの事態をどう対処すべきか。悩んだ挙句、ATARUを生で観てあとは録画することにしました。というわけで今急いでHDDを空けるべく、八重の桜関連の番組をダビングしています。ところでうちはTOSHIBAのBRなんだけど、いくら取説を読んでも高速ダビングの方法がわかりませんよ。うちらみたいなビデオ世代用に標準か3倍かニ択しかないBRがあればいいのに!

さておき、八重の桜ツアーに出てた西島さんがものすごく変な人だったんですが、なんなんですかあの覚馬たんてのは!自分で描いた似顔絵に覚馬たんて、一体誰の入知恵かな。もしやはるかちゃん?「あんつぁま、ここはひとつ覚馬たんで!」とか?あるわけない。苦手なことは(絵を描く)楽しくなーいと文句タラタラ、逆に弓道とか得意そうなものには、「これ楽しいっすねー!」と急にヤル気満々だったり、3人の中で一番年長にもかかわらず超マイペースな西島秀俊。黙ってるとホントにカッコいいんだけどな。それにしてもあの兄妹かわいいですよねー。久しぶりに日曜日が待ち遠しくなる大河ドラマになりそうな予感。

カッコいい西島といえば、「ダブルフェイス 偽装警察編」やってましたね。WOWOWでも観たけどまた観てしまった。インファナル・アフェア好きのお友達とも話してたんですが、潜入捜査編はオリジナルに忠実を目指しすぎてもはやリメイクというよりトレースしちゃった感がありましたが、偽装警察編は少し変えてきてましたね。ラストシーンの無間地獄ぶりはオリジナルと比べても遜色ないというか、どっちも耐えられんけどいっそ狂ってしまった方が楽かなあと思ったり。キャスティング的には西島さんはピッタリだったけど、香川さんがちょっと…。上手いんだけど、元がアンディ・ラウなもんだからどうしてもイケメンを期待してしまうというか。やはり伊勢谷くんとかの方が良かったのでは?

あと、例のエレベーターのシーン!なんであんな肝心な場面でCM入れた!あそこは一息に見せることに意味があると思うんですよ。森屋の希望が無情にも一瞬にして絶たれるそのあっけなさに、観てる方は愕然とするし、森屋の人生ってなんやったん?と彼の生きてきた世界に思いを馳せたりするんじゃないのかなあ。それをなぜわざわざCM挟んで2回に分けたのか。もったいぶったのか。あほか。それと流石に最後は西島・香川によるデュエットってわけにはいきませんでしたね。オリジナルのあれは確かにそれまでの全てがチャラになりかねない破壊力がありますけども、でもちょっと聴いてみたかった。

どうでもいいことですが、高山(香川照之)が机の下でNo-Lookでブラベリを操作するのが神がかってました(笑)。見ながら両手で打ってもあんなに早く正確に打てないよ。

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

テレビ * 15:43 * comments(2) * trackbacks(0)
あけましておめでとうございます。
2013.01.06 Sun
今年もよろしくお願いします。

昨年はiPadという魔法の板を手に入れてしまい、暇さえあればタンブラに流れてくる、美しいもの、可愛いもの、萌えなもの、おもろいものを眺めては一人でニヤニヤしたり、ムリクリ友人に見せたりしていました。最近はやはりホビット関連の画像が多くて、自分もせっせとフィーリとキーリのイケメン兄弟を集めているんですが、たまにやたら男前なひとが流れてきて「誰これ?」と思ったらトーリン王の中のひとでした。髪とヒゲがスッキリしすぎててわからんかったよ(笑)!それにしてもキーリことエイダン・ターナーの笑顔は素晴らしいですね。あれはひとを幸せにする笑顔。ファスベンダーの豪快な笑顔と並びスマイル界の2TOPであります。

私がフォローしている中でリアルに存じているのは一人だけで、他はどこの国の人かも、性別もよくわかってなかったりするんですが、Aさんからリブログした面白画像をBさんがまた私からリブログされているのを見ると何とも言えず嬉しい。それがなんの説明もない一枚の画像であればあるほど楽しいです。あ、このひともこういうの好きなんだなー、笑いのツボが同じだ!みたいな。

が、あまりにタンブラに夢中になりすぎて、なかなか本を読めなかったのは反省すべきだと思い、今年は積ん読を少しでも減らすべく、元旦から読書に励んでいます。本年度一冊目に読んだのは、津村記久子さんのエッセイ「やりたいことは二度寝だけ」。このひとの小説はまだ読んだことがないんですが、エッセイはすごく面白かった。特にミーハーサッカーファンとして、(W杯やEUROが開催される度に女性誌や軽めのサッカーサイトで必ず特集される)《イケメン図鑑》がいかに間違いであるかのくだりにはおおいに共感。ならば自分たちで作ろうではないか!と、昔のカンビアッソを一人目に挙げて諸行無常に襲われてるのがまたわかるーというか(笑)。まあ彼は今でもイケメンではありますが。

あとドラクエの話も面白かった。私は一度もやったことがないので、なんかすごい世界があの小さい画面の中に広がってんだなーと感心するばかりですが、ハマってたひとにはきっとたまらん内容だと思う。根気がないからこの手のゲームは絶対無理だけど、一緒にじゅもんの話ができないのは悔しい。

やりたいことは二度寝だけやりたいことは二度寝だけ
(2012/06/19)
津村 記久子

商品詳細を見る

テーマ:読書感想 - ジャンル:小説・文学

* 13:00 * comments(0) * trackbacks(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。