スポンサーサイト
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 * --:-- * comments(-)* trackbacks(-)
My Name is Nobody
2014.01.30 Thu
「ゲノムハザード ある天才科学者の5日間」を観ました。

title.jpg

先にこの映画を観た友人から「とにかくつっこみどころ満載であります!」と聞いていたので、どんなことになってるんだか楽しみ半分不安半分での鑑賞となったのですが、思いの外楽しめました(笑)。確かにストーリーは思いっきり雑だし、主人公がいくら記憶を失っているからって、あまりにも落ち着きがなさすぎ。「お前が無駄に動き回るから余計に事態がややこしくなってんじゃないの?」としか思えない。とりあえずそのお花が可愛らしい女性用のバッグを斜め掛けにして、ボロボロのスーツで街を走り回るのを止めろ!靴を履け!なにもかもが悪目立ちしてるねん!!!

※映画上映前に舞台挨拶がありまして、運よくチケットが当たったのでありますが、生西島はまあ当然ながらTVで観たまんまのひとでした。インタにはハキハキ答えるけど、時々適当に話合わせてないか?と思ったりも(笑)。

以下、ネタばれ注意!
[My Name is Nobody]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

映画 * 18:52 * comments(0) * trackbacks(0)
2月がとても忙しいことに気づく・・・。
2014.01.29 Wed
2月公開の映画。

1/31:「アメリカン・ハッスル
1/31:「ウルフ・オブ・ウォールストリート
2/1:「マイティ・ソー ダーク・ワールド
2/7:「ラッシュ/プライドと友情
2/14:「エヴァの告白
2/15:「エージェント:ライアン
2/22:「キック・アス ジャスティス・フォーエバー
2/22:「ダラス バイヤーズクラブ
2/28:「ホビット 竜に奪われた王国

オリンピックもあるのにこんなに集中するなんて!

「ラッシュ~」なんて吹替があるせいで、平日に字幕版を観ようと思ったら終わるなり、終電目指してダッシュするしかない・・・。いや、Kinkiは好きなんですよ。好きだけどあまりにもキャストとイメージが違いすぎて、というか芸達者の二人だからそれなりに上手に演じるとは思うんですが、どうしても先にKinkiの顔が浮かんでしまうー!

いっそ全編関西弁でやってくれたら逆に観たい!と思えるんだけどなあ。



「こうなったんは俺のせいや」
「せやな。せやけど、じぶんの勝利が俺をここへ戻したんや」

みたいな。

テーマ:映画 - ジャンル:映画

映画 * 20:46 * comments(0) * trackbacks(0)
迷い多き旅・3日目
2014.01.23 Thu
朝、カーテンを開けた途端目の前に広がる雪景色!

P1191002.jpg

伊右衛門サロンの庭もこの通り。

P1191006.jpg

冬の京都には何回か来たことあるけど雪は初めて。
ちょっと嬉しい♪

朝食の後、雪がちらちらする中歩いてル・プチメック2号店へ。

ここのパンは何を食べてもホントに美味しい~んだけど、今回初めて食べたラムレーズン入りミルクフランスもうんまい。近所に欲しい店№1である。

ホテルをチェックアウトしたあと、寺町通りの一保堂→錦市場で買い物。

DSCF4085.jpg
期間限定の大福茶。玄米茶とかほうじ茶とか香ばしいお茶が好きである。

最後はイノダコーヒーでランチ。

P1191010.jpg
開業当時の姿を再現したメモリアルルーム(完全禁煙)。

隣の席のおじいさんたちが病気の話をやたら楽しそうに話してて、ああこのひとたちまだまだ長生きするんだろうなと。

P1191008.jpg
ナポリタンではなくイタリアン。銀のお皿が喫茶店!て感じ。

DSCF4084.jpg
今回の自分へのお土産。

和柄のブックカバーとたいやき柄のがま口。伊右衛門サロンのタンブラー。
ほぼ衝動買い(笑)ですが、全部気に入ってさっそく使ってます。
ブックカバーはけっこうゆったり目なので、京極堂シリーズの文庫本でもいけそう。

テーマ:京都旅行 - ジャンル:旅行

旅行 * 21:44 * comments(0) * trackbacks(0)
迷い多き旅・2日目
2014.01.22 Wed
2日目の朝は宿泊プランの特典のクーポンを使って、伊右衛門サロンにて朝食。

P1191005.jpg

釜で炊いたご飯はさすがに美味しかったけど、魚が少し冷めてたのが残念でした。
前に来た時は小さいココット鍋に入っててもっと熱々で美味しかったんだけどなあ。

この日は今まで一度も行ったことのない六波羅蜜寺に行こうと、iPad片手に出発。
超方向音痴の自分にとって、iPadのMAPは非常に力強い味方であるのですが、たまに「ほんまにこんな細い道通るのん?」と不安になるようなナビをされることもあるし、なにより自分の方向感覚と距離感にまったく信頼がおけないので途中で何度も立ち止まって目的地を確認するもんだから、ホテルから歩いて30分ほどの距離を1.5倍くらいかけてようやく到着。

六波羅蜜寺と言えば有名なのが重要文化財の「空也上人立像」。「南無阿弥陀仏」を唱えてたら口から六体の阿弥陀さんが出てきちゃったというすごいお人なんですが、足が折れそうなくらい細くてなんか少し切ない気持ちに。思わず100円置いてきました。「これでなんか買って食べてください!」と言いたくなるくらい細いんだよー。

お土産にてぬぐいと茄子の形をしたお守りを買いました。

t02200165_0800060012366547528.jpg
茄子と物事を”成す”をかけてあるらしい。中に七福神が入ってます

o0639024710740655129.jpg
てぬぐいは2種類ありました。お守りもてぬぐいも¥500だったと思う。

近くにある六道珍皇寺にもお参りに行きました。

P1180996.jpg
境内には誰もいません。

閻魔大王や小野篁の像も格子戸に開けられている小窓から覗き見るだけ。
そんなに広くない境内ですが、ひとりでうろうろしているとだんだん怖くなってまいりました。
が、とりあえずなんか面白いお守りとかないんかなーと本堂らしきところを覗いてみると、なぜかモリミーの「有頂天家族」の文庫本が置いてあるのを発見。

そういやこの小説に出てくる次男の矢二郎がカエルの姿で引きこもっている井戸ってここだった!

いきなりテンションが上がってその井戸(小野篁が地獄と行き来したと言われているあの井戸です)を探したんですが、井戸のある庭には入れずこちらも小窓からのぞき見るだけ・・・。でもあらかじめ予約をすると本堂に入れるようなので、また今度リベンジしたいと思います。井戸も見せてもらえるかな。

母親に買ってこいと命令された黒七味を買いに、祇園の原了郭へ。このお店の黒七味は薫りがよくて大好き。
買い物した帰りに近くにオープンしたカフェRyokakuでお昼ごはん。

P1180997.jpg
ふわふわ玉子のカレーに九条ねぎをトッピング。辛いカレーにほんのり甘い九条ねぎ。旨い!

ホテルに戻る途中、NYの高級チョコレート専門店MarieBelle(マリベル)に寄り道。
とにかく大人気でいつ行っても混雑してるとは聞いていたんですが、聞きしに勝る賑わいで落ち着いて商品を見ることもできず早々に退散しました。今度は朝早くに行って朝食を食べてみたい。エッグ・ベネディクトが美味しそうでした。

お腹は全然空いてなかったのに、栖園の前を通ったら「冬の琥珀流しはじめました」と書かれていたので思わず入ってしまった。冬の間(1月から3月)は冷たい琥珀流しはお休みだったはずだけど、今年から始められたのかな?

P1181001.jpg
こがしカラメルのゼリーがほろ苦くて美味しい!
実は寒天苦手なんだけどこれは別!冷たくてちゅるちゅるでいくらでも食べられるー。


一度ホテルに戻り休憩した後、地下鉄で今出川まで行ってそこから徒歩で町屋古本はんのきへ。
私にしては珍しくあまり迷わずに着けたのはよかったけど、ホントに古い町屋なので引き戸をがたがたやりすぎてあやうく壊すところでした・・・。

店内は広すぎず狭すぎずで本棚も整理されていて見やすい。商品の状態もいいし欲しい本がたくさんあって迷うー。

P1211011.jpg
なぜ私は旅先で重いハードカバーの本を4冊(+文庫1冊)も買っているのか。
おかげで帰りがしんどかったー。いまだに肩が痛いよ。


歩き疲れなのか、ホテルに戻ると腰がめちゃくちゃ痛い!
しばらくTVを観ながらゴロゴロしてたらいつの間にか寝ちゃってました。
起きたら腰の痛みも楽になってたので、ホテルの近くの居酒屋んまいでひとり酒。
焼き鳥とか串ものはいまひとつだったけど、他の料理はどれも安くて美味しいし、スタッフの接客もキビキビしていてよかったです。満席なのも納得。

テーマ:京都旅行 - ジャンル:旅行

旅行 * 19:22 * comments(0) * trackbacks(0)
迷い多き旅・1日目
2014.01.21 Tue
先日、京都へ一人旅してきました。
諸事情あって急遽一人旅になってしまったんですが、1日目はお友達にお付き合いいただくことができてよかったです。

お昼過ぎに待ち合わせてすぐに祇園のおうどん屋さん、常盤へ。

P1170984.jpg

九条ネギと揚げ玉の入ったハイカラうどん。
めっちゃ柔らかくてお出汁が効いてて美味しい~♪
2杯くらいなら軽く食べられます。

P1170988.jpg

おうどんで温まったあと、バスに揺られて上賀茂神社へ向かいました。
同じ京都でも祇園から少し北上しただけでめっちゃ寒い!
ひーひー言いながら到着。

P1170985.jpg
超でっかい矢がぶっ刺さっててびっくり!

P1170987.jpg
宝船?

上賀茂神社では来年の式年遷宮に備え屋根を葺き替え中だそうで、特別参拝に参加すると修復中の権殿の屋根が見られるという特典つき。足場が組んであってそこから見ることができるんですが、薄い桧皮を何十枚と重ねていく過程とかもういかにも匠の技!って感じで面白い~。本殿前に祀られている金色のお獅子さんと銀色の狛犬さんもカッコいいのだ。神主さん(?)に丁寧に説明をしてもらえる上、お祓いまでやってもらえてこれで¥500ってかなりお得ではと思いました。

DSCF4080-crop.jpg
おみくじは「吉」でした。
失せ物は物の間にあるそうです(笑)。

晩ご飯は四条木屋町の「kiln(キルン)」。

P1170991.jpg

店内は広くて中央の大きなテーブルにはお茶の炉が切ってあります。

P1170992.jpg

お代わり自由のパン(おいしくて2回お代わりしました 笑)。ヒヨコ豆のムースとバターもおいしい。
正直、ワインとこのパンだけでもいけるかも。あとチーズの盛り合わせがあればもう幸せ。

P1170993.jpg
前菜その1。その2は写真撮り忘れたけど牡蠣のアヒージョでした。

この日のおすすめメニュー。中身なんだっけな・・・。

P1170994.jpg
メイン

スパイスの薫りと河内鴨のフライドダック。
味はすごく好みだったんですが、いかんせん食べづらい。
両手で持ってかぶりついてやりましたよ。歯が丈夫でよかった。

P1170995.jpg
〆メ

パスタ マルタリアーティ 背子蟹 トマトクリームソース
マルタリアーティってなんやねん?と思ってたら平べったいパスタでした。
パルマ地方のパスタらしい。ソースが濃厚。

これだけ食べてシャンパン1杯、ワインをデキャンタで頼んで最後にコーヒーまで飲んでひとり¥7500くらい。
アルコール類がもう少し安ければ文句ないんだけど(笑)、店内は静かで落ち着けるしいいお店でした。

河原町の駅で友達とお別れし、ひとりでプラプラ歩いて烏丸御池の方にあるホテル(モントレ京都)まで帰ったんですが、途中で細い路地に分け入ってみたりぐるぐる歩き回ってる内に迷子に・・・。自分では烏丸通を目指して歩いているつもりが、なぜか河原町通を御池通に向かって歩いていたみたい(笑)。

なんとかホテルにたどり着き風呂に浸かりながら、「なぜ高校生の頃から何度も京都に遊びに来ているのに、私は道に迷ってしまうのか?それも観光客にも親切設計の碁盤の目の京都で?」と真剣に考えてみたんですが、おそらく私は地図上東側に位置する八坂神社を北の方角にあるものと思い込んでいるのでは?という結論に至りました。理由は簡単。四条通のどんつきに八坂神社があるからで、そこが私にとっての京都の北の果て。The World's End。

理由がわかって一安心。

テーマ:京都 - ジャンル:旅行

旅行 * 21:15 * comments(0) * trackbacks(0)
猫とツイード
2014.01.20 Mon
今月のネイル。

DSCF4075_2014012022222720b.jpg


テーマ:日記 - ジャンル:日記

日記 * 22:18 * comments(0) * trackbacks(0)
ミラン10番の先輩から一言
2014.01.14 Tue
”ボバン氏評価も「本田はベンチの選手に」”

からの

”本田、相手には危険。いいデビュー”

ドヤ顔で批評してんのが目に浮かぶようですな(笑)。

「ミランで10番を背負う者としてー」とか、本田さんにアドバイス的なものくださるのかしら。
話す機会があったとしても、めっちゃ上から言うんだろうなと想像するだけでニヤニヤします。

tumblr_merqz3vKZP1r9wpsgo1_500.jpg

Tumblrで見つけたボバン。
いつの画像かわからんけど、若ぶってて可愛い。
髪もこのくらい長い方がいいわあ。

同じくTumblrからの拾い物。



これコンテと言い合いになってんですかね(笑)。
つうか、内容よりコンテの髪が気になって・・・。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

蹴球 * 20:23 * comments(0) * trackbacks(0)
来月の楽しみ
2014.01.09 Thu
忘れないように書いておく。

”カンバーバッチ&ジョニー・リー・ミラーW主演舞台「フランケンシュタイン」、日本の映画館で上映決定!”

ベネさんとジョニリミ、どちらがフランケンを演じてる方が面白いのかな。
Tumblrで見たベネさんのフランケンは相当パンチ効いてたからなあー。
顔芸が見事すぎる。

page_20140109192258d1e.jpg

決め手はズバリこの場面だと思うのであります。
迷う。

テーマ:映画情報 - ジャンル:映画

映画 * 19:28 * comments(0) * trackbacks(0)
2013年に観た映画
2014.01.05 Sun
去年はキリよく50本でした。けっこう観たなあ。

・「テッド」★★★★★
・「ストロベリーナイト」★★★
・「レッド・ライト」★★★☆
騙されまい!と必死になって観てたんですが、オチで茫然としました。あ、そっち!みたいな。
爬虫類顔で宇宙人ぽいキリアン(平熱で30度あるかないかのイメージ)と俗物感満載のデニーロ先生との対決が面白い。
・「世界にひとつのプレイブック」★★★★
・「ムーンライズ・キングダム」★★★☆
映像がすごく好き。ノートン先生の短パンも可愛くていい。
・「アルゴ」★★★★
脱出劇として最高の出来。シュレッダーで極細に裁断された6人の大使館員の写真が、イランの子供たちの手で徐々に復元されていく場面なんざ膝が震えたわ。子供のくせになんて集中力&根気なんだ!
・「ジャンゴ  繋がれざる者」★★★☆
タラ監督のミューズの座をすっかりクリストフ・ヴァルツに奪われてしまい、ティムファンとしてはなんとも悔しい。ムキー!それにしてもこの映画のヴァルツさんはよかったなあ!正直、最後の最後まで疑ってたんですけどね。ホントはジャンゴのこと騙してるんだろうと。申し訳なかった。
・「メモリーズ・コーナー」★★
オドレ・フーシェ監督の初監督作品。なんかいろいろ表現したいことがあるんだろうなとは思うんですが、それがまとまりきれてない感じ。「亀裂に亡くなった人の想いがいっぱいにると、大地が揺れて地震が起きる」というのもよく理解できないし、阿部ちゃんが演じた被災者にも共感できませんでした。フランス語を話す西島さんが観られただけでよしとする。
・「オズ はじまりの戦い」★★★
・「クラウドアトラス」★★
・「ジャックと天空の巨人」★★★☆
「ジャックと豆の木」をブライアン・シンガーが監督すると大人も楽しめる怖くて気持ち悪い娯楽作品になります。子供が観たら本気でびびってお漏らししちゃうかもしんない。ユアン・マクレガーがめっちゃカッコよい。
・「シュガー・ラッシュ」★★★☆
お菓子をふんだんに使った世界が楽しい。観てるだけで虫歯になりそう。ドーナツとエクレアの警官コンビ(ウィンチェル&ダンカン)が大好き!
・「天使の分け前」★★★★
・「偽りなき者」★★★☆
映画だから「子供のいうことを全部鵜呑みにするなんてどうかしてる!」と、あらぬ疑いをかけれらた主人公に同情し、町の住人に対し憤りもしたけど、これと同じ事件がもし近所で起きたら果たして冷静な判断ができるだろうか?といろいろ考えさせられた作品。ひたすらに信じてくれる息子の存在があったからルーカス(マッツ・ミケルセン)も頑張れたけど、あれ普通だったらとっくに心折れてるよね。重い内容だけど観てよかった。
・「パラノーマン ブライス・ホローの謎」★★★★
面白くて切ない。主人公ノーマンの友達のおデブのニールが可愛かったー♪音楽も好き。
・「アイアンマン3」★★★★☆
・「相棒 X-DAY」★★★
なんかつい最近、TVでやってましたな(なんぼなんでも早すぎるやろ)。ドラマシリーズをほとんど観たことないんですが、伊丹刑事(いたみんと呼ばれてるんですね)の熱血ぶりがだんだん愛しく見えてくるという不思議。
・「舟を編む」★★★☆
松田龍平っていつからこんなに可愛くなってしまったのでしょうか。映画もよかった。辞書て気が遠くなるような過程を経て完成するもんなんですねー。でもあの面倒くさい作業、ものすごく自分に向いてると思う。ちまちましたことやるの大好き。バイトでいいから雇って欲しい。
・「モネ・ゲーム」★★★
・「ビトレイヤー」★★★★
・「アンチヴァイラル」★★☆
・「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命」★★★☆
しばらく経つともう一度見直したくなる作品。あいかわらずレイ・リオッタのクソ野郎ぶりが最高です。デイン・デハーンくんは当時すでに24、5歳だと思うんですが、とてもそうは見えない繊細さでなんかもうたまらん。
・「聖☆おにいさん」★★
ほぼ漫画をそのまま動画にした感じ。せっかく映画にしたんだからまったくの新作にして欲しかった。声もイメージと違ったなあ。
・「ハングオーバー3」★★★★
・「コン・ティキ」★★★☆
・「ローンレンジャー」★★
・「風立ちぬ」★★★★
・「モンスターズ・ユニバーシティ」★★★★
・「パシフィック・リム」★★★★★
・「マジック・マイク」★★★
・「スタートレック イントゥ・ザ・ダークネス」★★★☆
・「大英雄」★★★☆
・「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」★★★★
このシリーズの大泉洋はカッコよく見える(笑)。そしてやたら北菓楼のおかきが食べたくなるんですよねー。美味しいよね、北菓楼のおかき。秋鮭味が好き。
・「ウォーム・ボディーズ」★★★★
ウォーキング・デッド版ロミジュリ。ロマンティック要素ありつつ、ゾンビ映画らしくちゃんとグロいのもよかった。ラストもいいわー。Rが古いレコードとか細々したものを集めてるのがちょっとWALL-Eを思い出させる。ニコラス・ホルトくんの出る映画にハズレなし!
・「エリジウム」★★★
フリオ(ディエゴ・ルナ)萌えー!の一言に尽きる。シャルト・コプリーは出る作品によって印象が全然違いますね。「第9地区」の続編も楽しみ。
・「サイド・エフェクト」★★★
後半、ジュードの倍返し!が痛快でした。ゼタ姐さんもあいかわらずお美しくてエロくてなにより。
・「トランス」★★★☆
どんな映画だったかよく思い出せない・・・。もっぺん観ないと!
・「クロニクル」★★★★
思いがけず超能力を得てしまった若者3人の、嬉しい!楽しい!からの悲劇。あんなにいい友達ができたのになんでー(涙)!デハーンくんは線が細くて虐げられる役がホントにハマりますね。あれでもう27歳だなんて!
・「劇場版ATARU THE FIRST LOVE & THE LAST KILL」★★★★
ドラマも面白かったけど映画もよかった。ATARUとマドカちゃん、2人にしか見えない世界で繋がっている強さと心細さ。ATARUを守るためマドカちゃんを捨てたラリーの過ちと後悔。正直、ちょっと泣けたわ。ラリーがATARU好きすぎてちょっとキモかったけど。
・「SPEC 結 漸ノ篇」★★☆
爻ノ篇と合わせて↓で。
・「恋するリベラーチェ」★★★☆
・「グランド・イリュージョン」★★★☆
・「僕が星になるまえに」★★★
・「フィルス」★★★★☆
今年観たマカヴォイの映画の中で一番好き。クズヴォイよかったなー。早く原作本も読まないと!
・「清須会議」★★★☆
歴史が好きな人にもそうでない人にも楽しめるような作品になってると思いました。大泉洋も佐藤浩市も役所広司も小日向さんもみんなよかったけど、今一番鮮明に思い出すのは中谷美紀のキレのあるダンス。あんなに踊れるとは思わなんだ。
・「モンティパイソン ある嘘つきの物語~グレアム・チャップマン自伝~」★★★★
タイトル通り、どこまで本当の話なのかわからないけど、グレアムファン、パイソンズファンなら観て損はなしかと。子供の頃、毎年のように訪れる旅行先がいつも雨だったり、旅先でもずっと本を読んでいるグレアム少年の愛読書が「古代ギリシアの同性愛」に関する本だったり、いちいちニヤリとしてしまう。グレアムの葬儀でのジョンの弔辞もよかったなー。私も葬儀で笑いの取れる人間になりたいものです。
・「SPEC 結 爻ノ篇」★★☆
私がこのドラマで一番好きだった、「SPECホルダーというわけのわからない存在に対し、あくまで警察官として対峙する未詳を中心とした警視庁の刑事たち」というのが、話を無駄にスケールアップしたせいで置いてけぼりになったのがなにより残念。最後の最後、瀬文だけが当麻の存在を感じてたのが救いでした。
・「鑑定士と顔のない依頼人」★★★
途中までは面白いんだけど・・・。なんせ後味が悪かった。映像はものすごく好みデス!
・「プレーンズ」★★★
ずばりカーズの飛行機版です(笑)。思いの外、瑛太の吹替えが下手だったのが衝撃でした。声は合ってると思うんだけど、あのアメリカンなノリ、どう考えても瑛太にはない要素だもんなあ。
・「ゼロ・グラビティ」★★★★★
宇宙空間において最大の命綱って通信手段だと思うんですが、それがすべて失われた中でのジョージ・クルーニーの頼もしさハンパない。これから先なにがあっても、この映画のジョジクルの言葉と笑顔を思い出せば生きていけそうな気すらする。あんなイイ男を捨てて弁護士と逃げた女房ってホンマに見る目なさすぎやで!

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

映画 * 19:05 * comments(0) * trackbacks(0)
あけましておめでとうございます。
2014.01.01 Wed
newbeer_card02.jpg

今年もよろしくお願いします。

毎年、大晦日は紅白とその他の番組をザッピングしてるんですが、昨夜はいつあまちゃんが出るかわからん!ということで、完全にNHK固定。天野アキとしてギリギリ、ステージに立てている能年ちゃんと噛みまくりの綾瀬はるか(着物、可愛かったー!)には相当ハラハラしたけど、その分力の抜けた嵐が上手い具合にフォローしてあげててすごく楽しい紅白でした。

なにより、ユイちゃんがやっと東京に!!!(しかも紅白の舞台!)おら、ぐっときちゃったよ!!
春子さんもようやく表舞台に立つことができたし、なんかもうすごいな。

最初は、紅白いくらなんでもあまちゃんに頼りすぎじゃね?と思ってたけど、アキ&ユイ→春子さん→鈴鹿さんの潮騒のメモリーメドレーを聞いてたら、もう自然に笑っちゃったわ。嬉しすぎて。「3代前からマーメイド」からの夏ばっぱのアップとか、あまちゃん観てない人からしたらなんのこっちゃわからんにも程があるけど、ファンにはもうたまらんですな。あー、やっぱりあまちゃんいいな。いいドラマだった。

今年の大河ドラマの主役、岡田くんに翔くんが「ぶっさん」て呼んじゃったのに、照れながら「バーンビ」と返すという、木更津ファンにはたまらん瞬間もあって、もういっそ長瀬も乱入して「タイガータイガーじれっタイガー」までやってくれてたら(欲張りすぎ)!

紅白後は例年通り、ジャニーズと共にカウントダウン→吉本の番組→寝オチという、あいかわらずの1日でした。たぶん、今年の年末も同じスケジュールで進行するんだろうなあ。

テーマ:ご挨拶 - ジャンル:日記

日記 * 16:27 * comments(0) * trackbacks(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。