スポンサーサイト
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 * --:-- * comments(-)* trackbacks(-)
将軍、北で敗北す・・・。
2014.03.23 Sun
第四弾:「極北ラプソディ」/海堂尊

極北ラプソディ (朝日文庫)極北ラプソディ (朝日文庫)
(2013/10/08)
海堂 尊

商品詳細を見る


極北クレイマーの続編。前作の最後に地域医療の再生請負人として華々しく登場した世良が主人公。「スリジエセンター1991」を読んでないので、なんであの世良先生が再生請負人なんかをやってんだか全然わからないんですが、過去にもいくつか問題のある病院を再生させているようです。ただし、そのやり方は非情ともいえるもので、新しく着任した極北市(財政破綻している)の市民病院では職員を大幅にリストラ。その結果、残ったのは副院長の今中(外科医)と看護士が2人だけ。当然人手不足というわけで救急救命センターは廃止。急患はすべて隣の雪見市にある救命センターに委託というか丸投げ。ひとり残った今中医師も世良のやり方に反感を覚えつつも、現状を変える手立ては何一つ思いつかない・・・という状態。

最初は世良のことを救世主のように崇め、歓迎していた極北市民もいざ世良が病院改革に乗り出すと大慌て。まさか救命を閉鎖したり入院患者は受け付けない!なんて言われると思ってなかったんでしょうが、市が財政破綻すれば、そこが運営している市民病院も無事でいられるわけがないってことがわからなかったのかな。わかんなかったんでしょうね。私も病院だけは地域に必要不可欠なものだから、なんらかの延命処置がとられるもんだと勝手に思い込んでましたよ。

※以下ネタばれ注意。
[将軍、北で敗北す・・・。]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

* 21:29 * comments(0) * trackbacks(0)
文武両道ジャニーズ
2014.03.22 Sat
第三弾:「オカダのはなし」/岡田准一

オカダのはなしオカダのはなし
(2014/01/15)
岡田 准一

商品詳細を見る

岡田くんがananに連載していた9年分(23歳~32歳まで)のエッセイをまとめた本。
(いい加減、ジャニも画像解禁しろ!)

本を読むのが大好きだというだけあって、難しい言葉もよく知ってるし文章も読みやすくて上手いんだけど(大昔、リーダーといのっちと3人でやってた舞台を観に行ったことがあるんですが、岡田くんから「ホテルのルームサービスに”だいかいろうフライ”っていう聞いたことのないメニューがあったから頼んでみた」と言われたいのっちがメニューを見ると、そこには”大海老フライ”と書いてあって、「岡田、それ大エビや!」と爆笑されたという暴露話からは隔世の感があります)正直面白い文を書く人ではないと思います。堅いんすよ、話が(笑)。特に20代のエッセイなんか力が入りすぎというかクソ真面目というか。ジャニーズのアイドルやりながらこんな辛気臭いこと考えてたのか。面倒くさい男だな。

今回1冊の本にまとめるにあたり、若かりし頃の岡田くんに今の岡田くんからツッコミが入ってるんですが、それがまた妙な大人目線で(笑)。「いやいや自分まだそんないうほど年とちゃうやろ!」と思ったんだけど、岡田くんて今年でもう34歳なんですな。いつの間にそんな歳とった?せいぜい31、2歳だと思ってたよ。

僕が芝居を続けたいと本気で思ったのは「木更津キャッツアイ」という作品に出合ってからだ


ここ読んでニヤニヤしちまいました。岡田くんにとって木更津はライフスタイルまで変わってしまうくらい、ターニングポイントになった作品だそうだけど、長瀬との共演作”D×D”で初めて彼の芝居を観て以来、「ド下手くそだけどなんか気になるわー」と思い続けてきた自分にとっても木更津は特別な作品。「こういうのが観たかった!」と思ったもんなあ。木更津は作品自体が傑作だけど、主演のぶっさんを演じた岡田くんのハマリっぷりも見事だった。というか、ぶっさんが良すぎて正直あれを超える作品(役)にはまだ出合ってないような(正直)。

岡田くんて私の中の面白い俳優枠には入ってないんでありますが、ハマった時の威力はスゴイなあと思う(木更津とかSPとか。あれ2個しか思いつかん)。あと彼の指がすごい好きなんですよねー。木更津で仲間と一緒に小柄な身体でテンションMAXの芝居をしてる時もいいんだけど、小日向さん演じる父親との2人きりのシーンで、あの濃くてキレイな顔(目)より、繊細な指先の方がぶっさんの内心の心細さをよく表していたような気がして(単に指フェチの妄想ともいえる)。

V6についての話ではオーディションの際、審査員だった森田くんと三宅くんからだいぶ後になって「岡田を選んだよ」と言われたって話が地味にじんと来ました。V6ってジャニの他のグループと違ってメンバー揃っての番組もないし、そもそもあんまりTVに出てないので近況とかよく知らないんですが(長野くんだけは毎週「魔法のレストラン」で観てる)普通に仲はいいみたいですね(実はV6って名曲が多いグループなのでどんどん歌番組に出て欲しいのだけど)。「メンバーには幸せになって欲しい」ってのは名言すぎる。あと長野くんが若干、寺門化しつつあるのが気がかりデス。

堅くて真面目な考え方をする人だけど、偏ってはいないところはいいなと思いました。ちゃんとした文章の中に時々可愛らしいオチが混ざるところも(意識して書いてるわけじゃないでしょうけど)。常に目標があって(最終的に高田純次みたくなりたいらしい)、そのためにやれることはきちんとやる。責任感も意思も強い。でもそんな自分を「真面目か!」と茶化したり客観視できたりもする。なんやこの男前。腹立つわー。ひらパー兄さんのくせに。また写真がどれもこれも完璧なんですよねー。特にP135の横顔なんかどこのヨーロッパのモデルなんかと。そら「お前ほんまに日本人なんか?」言われますわ。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

* 20:17 * comments(0) * trackbacks(0)
カキにあたってもまだ食べる。
2014.03.18 Tue
第二弾:「カキフライが無いなら来なかった」/せきしろ×又吉直樹

カキフライが無いなら来なかった (幻冬舎文庫)カキフライが無いなら来なかった (幻冬舎文庫)
(2013/10/10)
せきしろ、又吉 直樹 他

商品詳細を見る

一番好きな俳句は、せきしろさんの

「ほうとうの底からカボチャが張り切って出てくる」

ほうとうってたぶん食べたことないけど、なんか絵が浮かんでくる。
張り切って出てくるカボチャ。ゴロゴロ出てくるのかな。かわいい。

自由律俳句って簡単そうに思うけど、いざ作ってみようとするとこれがなかなか難しい。
あるあるじゃダメなんすよね…。

「室外機の音、うるさいなと思ったら耳鳴り」

・・・・・ただの自律神経失調症である。

「スマスマのふなっしーに声出して笑う」

昨夜のビストロ、ふなっしーに興味深々の木村くんが可愛かった。笑。
最初はふなっしーのキレのありすぎる動きが怖くて苦手だったけど、慣れると面白いことに気づく。

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

* 20:45 * comments(0) * trackbacks(0)
今年の目標:「積読を減らす」
2014.03.16 Sun
第一弾として、梨木香歩の「渡りの足跡」を読了。

渡りの足跡 (新潮文庫)渡りの足跡 (新潮文庫)
(2013/02/28)
梨木 香歩

商品詳細を見る


渡り鳥の足跡を訪ねて、知床、諏訪湖、カムチャッカを旅する作者の、動物や植物に関する知識の豊富さに驚かされる。小説を書く合間に勉強したのかなあ。それともずっと昔から興味があったのか。

うちにも毎年、メジロが遊びに来る。母親はメジロのためにせっせと庭の木に半分に切ったみかんをぶっさしては、「今日も遊びに来た。かいらしなあ」と喜んでいるが、そのみかんを狙ってヒヨドリもやってくるんである。大きくて図々しい奴らが来ると、メジロは怖がってすぐに逃げてしまう。だから母親はヒヨドリが来ると窓を開けて「くおらぁーー!!」と叫び撃退する。そしていかにヒヨドリが悪い奴なのかを力説する(せっかく咲いた木蓮の花をあっという間に食べ散らかすのも母の逆鱗に触れる一因)。

毎年同じ話を聞かされているうち、私もヒヨドリの姿をみるとまた来やがったか!と思うようになりました。が、この本を読んで、あいつらも命がけの渡りの末、うちに来てんだなあと少しヒヨドリに同情的に。今年は黙って見過ごしてやろうと思います。

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

* 22:00 * comments(0) * trackbacks(0)
ミハエルも早く戻っておいで
2014.03.15 Sat
大掃除の際、本棚の奥から発掘したベルガーの自伝を読み返しています。

ゲルハルト・ベルガー自伝―極限に挑むゲルハルト・ベルガー自伝―極限に挑む
(1991/06)
ゲルハルト ベルガー

商品詳細を見る


序文を寄せているのが、ニキ・ラウダなのに今さら気づいたのですが、ラウダ氏とベルガーが初めて会ったのは1984年のオーストリアGP。ベルガーにとってはルーキーイヤーで、ラウダ氏は3度目(!)のワールドチャンピオンを目指して闘っていた年だそうです。

序文でラウダ氏は「かなり年が離れているので(10歳違い)、わたしが彼を子分とみなしても差し支えないよね!」と、可愛らしいことを書かれていますが、小僧のベルガーはその年の最終戦。ポルトガルGPの予選前にわざわざニキが彼を脇に連れだし、

あのな、このレースは最終戦だ。みんなの記憶に残る。これまでお前はいい印象を残してきた。だからバカなまねはよせよ。むしろ1秒ゆっくり走るんだ。それ以外のことはやっても無駄だ。どんなことがあっても決してマシンを壊すなよ。


とアドバイスしてくれたのを無視し、雨の中、スリックタイヤを履いて速いラップを出そうとして失敗。マシンを壊した上に全身あざだらけという、不肖の弟子っぷり。せっかくニキが彼の来季のシートを心配して助言してくれたのに!

0037723.jpg

その時のことについて

なぜ若手連中が、なんでも経験者よりよく知っていると思い込んでしまうのか。これについて誰か博士論文を書くべきじゃないか。


と自分のバカさ加減に腹が立ったというベルガーだけど、後ろ盾のないルーキーがシートを得るためには勝負に出るしかない時もあるんでしょうな。ベルガーの場合、まあまあのベテランになってからも「そのコーナーで勝負賭けるか?」みたいな無茶な走りをみせることがありましたが。というか、端から見たらそれはない!という場面でも、本人からしたらドアが開いてるように見えるんでしょうね。

cats.jpg
若い頃は2人ともなかなかのイケメンであります。

ニキ・ラウダがリンクで事故を起こしてから13年後、ベルガーもイモラで大クラッシュを起こします。時速280キロでコンクリート壁に激突。マシンは炎上するもののジョン・バーナードが設計したモノコックと迅速な救助のおかげで奇跡的に生還(事故直後はベルガーが助かる見込みはないと思われていたようです)。数箇所の骨折と火傷で済んだのだけど、さすがにショックが大きく、駆けつけた父親に「こんな忌々しいクルマになんか二度と乗らない!」と言ったそうですが、それから間もなくやはりレースを続けよう。こんな事故はやめる理由にならない。さもなければ最初からやらないことだ。と決心。のちに父親から「そういうと思ってたよ」と言われたらしい。笑。

数週間休んだ後、復帰を果たすものの事故の後遺症は想像していた以上に大きくて、どうしても限界まで攻めることができなかったり、体力の低下が激しくて完走できなかったり。そんな萎えそうになる自分を奮い立たせてくれるのはやはりライバルの存在なんですね。映画でもニキがハントや他のドライバーが活躍する様子を横目で睨みながら懸命に治療を受けるシーンがありましたが、ベルガーも復帰後、ライバル(とも認めていないようなドライバー)に右から左から追い抜かれたことを思い出すと負けん気が出てきてトレーニングにも力が入ったのだとか。映画では復帰を果たしたラウダとハントがグリッド上で無言で頷き合うという、萌えるしかない場面があったけど、ベルガーにはそういう思い出はないんかな。なさそうだな。笑。

翌年、ベルガーはマクラーレンへ移籍。それまで在籍していたプロストから同僚のセナについて、

ここ数ヶ月はアイルトンは不思議なくらい親切だろう。だが、キミのことを知り尽くした途端に無視し、キミの弱点をひとつ残らず利用して、キミをメチャクチャにするぞ。


と忠告を受けたそうですが、ベルガーから見たセナは皆が言うほど気難しくなく、フェアだが意思強固。ベルガーをうまくコントロールしようとはするだろうけどそれはお互い様だし、何よりF1の世界で成功するために1000パーセントをかけている努力家として、見習うべきところがあると認めている。

逆にセナの方でも常にオープンで明るく呑気そうに見えて、ここ一発の速さに定評があり、彼が所属するチームにとって記憶に残る優勝をしてみせる(ベネトンの初優勝もベルガーだし、低迷していたフェラーリをモンツァで優勝させたのもベルガー)ベルガーのことを尊敬し羨ましく思う部分もあったと思う。そうじゃないと、あれだけ派手なイタズラをされて(セナのパスポートの写真を女性の裸の写真と替えてみたり、アタッシェケースをヘリの窓から放り投げてみたりとやりたい放題。イタズラの域はとっくに超えてる)、あのセナが許すわけない。笑。

キャプチャ
真剣に話を聞いているように見えるが、頭の中は次のいたずらの件でいっぱいなんだろ。

映画のハントとラウダはサーキット以外でも舌戦を繰り広げてたりしたけど、実際はセナとベルガーのようにアホなこともいっぱいやらかしてたんでしょうね~。

映画といえば、若かりし頃のポストレスウェイトやモンテゼモーロが観られたのも嬉しかったであります。

rush09.jpg
ルカさま、今も昔も端正でいらっしゃる。

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

* 14:29 * comments(2) * trackbacks(0)
寝起きの悪い兄貴も好き
2014.03.13 Thu
くずはモールに新しくオープンしたTOHOシネマズくずはモールで”パシフィック・リム”の3D字幕版を観てきました。わざわざ片道1時間かけて樟葉まで遠征したのは、この新しい映画館に導入されたDOLBY-ATMOSという装置が気になったからなんですが、最初の方こそいちいち「スゴイ!マジで海に飲み込まれそう!」と興奮しながら観てたけど、映画に夢中になるにつれあんまりそのDOLBY-ATMOSとやらのよさが伝わってこず・・・。あれは耳が慣れちゃったせいなのかなあ。それとも映画自体がDOLBY-ATMOS仕様ではなかったのか。ただスクリーンがばかでかかったので映像の迫力は素晴らしかったです。

そして何度観てもペントコスト司令官のカッコよさが尋常でない。なんつっても声がいいんですよね。突然キレてでかい声で吠えられても、あの声ならむしろうっとりしてしまう。部下には厳しい司令官が娘のように大事に育ててきたマコには甘すぎるほどに甘いのがまたステキなのです。

パシフィック・リム ブルーレイ&DVDセット (3枚組)(初回限定生産) [Blu-ray]パシフィック・リム ブルーレイ&DVDセット (3枚組)(初回限定生産) [Blu-ray]
(2013/12/11)
チャーリー・ハナム、イドリス・エルバ 他

商品詳細を見る

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

映画 * 14:25 * comments(0) * trackbacks(0)
ハント、ジェームス ハント。
2014.03.12 Wed
元F1スキーの自分ですが、さすがにニキ・ラウダ、ジェームス・ハント時代は知りませんで、ラウダ氏のことは、たまにフェラーリのピットに遊びに来る(実際は遊びに来てたんじゃなくて、フェラーリのアドバイザーをやられてたそうですね)気難しそうなおっちゃんくらいに思っていました。元ワールドチャンピオンだというのは知ってたけど、映画を観るまではどちらかというと同郷の後輩、ベルガータイプのドライバーなのかなあと。要するに速いけどムラがあるタイプ。笑。

それが意外にもプロストタイプの(プロストの方がニキから学んだわけですが)、頭脳派開発系だと知ってびっくり。え?そっち!みたいな。初めてのF1でチームに乗り込むなりメカニックに徹夜で自分の考えた通りに車を仕上げさせ、そのマシンでファーストドライバーのレガッツォーニがいきなり1秒近く(以上?)タイムを縮めてみせるくだりが地味にカッコよかったな。

ハントの方はそれこそ全然知らなかったのだけど、彼が亡くなった当時の記事が雑誌に載っていて、それを読む限り、まさに映画でクリヘムが演じたまんまの方だったような気がします。長身でハンサム。女性が大好き。パーティー大好き。人生楽しまないと損!といったご陽気な性格の半面、レース前には必ず嘔吐してしまうような繊細な部分も併せ持つ男。マクラーレンが発表した彼の死を悼むメッセージによると、ハントは

“紳士であり、愛すべき変人、そして偉大なチャンピオンであった”

そうですが、正直、紳士でありの部分は映画では伝わりにくかったかと思います。笑。

愛すべき変人と言われる所以は、ハントの独特なファッションセンスに一因があるのかも。フランス自動車クラブによる世界選手権の表彰パーティー(男性はブラックタイ、女性はイブニングドレス着用の本格的なパーティー)に、「蝶ネクタイにポケットが半分破れたベルベットのジャケット、Tシャツにジーンズ、スニーカー」といった格好で現れ出席者の度肝を抜いたり、モナコGPの船上パーティーでは女性ゲストがハントの服装を見てボーイと勘違いし、飲み物を注文したりするハプニングもあったそうですが(これはベルガーがハントの思い出としてコラムに書いた話。もちろんハントは怒らずにちゃんとその女性に飲み物を運んだそうです。笑)、もうこれって自分がイケメンだとわかってるからやってるとしか。

年齢を重ねるうちに、パーティーにはちゃんとした正装で現れるようになったそうですが、それはそれでめちゃくちゃカッコよかったでしょうね。見たかった!

テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

映画 * 14:24 * comments(0) * trackbacks(0)
ご無沙汰してました。
2014.03.11 Tue
ここ一ヶ月、部屋の大掃除に明け暮れておりました。
とにかく「いらないものは全部捨てよう!」と、まずはもう着ない(着れない)服をどんどん袋詰め。その袋を横から母親がどんどん開けては「これは私が着る!これも!それからこれも!これでもう一生、服買わんでええわ~♪」とご満悦。同じく使うことのないカバンをどんどん捨てる。横から母親が(以下同文)。

次に本の整理。これが一番時間がかかった!なんせ量が多い上に、ついつい読んでしまうのである。漫画を。そんなことやってる場合じゃないのに。「もうこれは処分してもいいか」と仕分けしておいた漫画を「最後にもう1回だけ中身を確認」と称して読み返した挙句、「やっぱりいるかも?」と思い直しては本棚に並べ、「いやこんなことではあかん!捨てると決めたからには捨てるのだ!」と再び袋詰めしてみたりと一向に終わりが見えない。大昔のコバルト文庫なんか、この先絶対に読み返すことなんかないのがのがわかっていても、結局捨てきれなかったし…。それでも本や漫画はまだいい。処分しようと思っていた分は従兄弟が全部引き取ってくれたので捨てずに済んだから。

問題は押入れから発掘された大量のF1関係の雑誌とサッカー雑誌。サッカー雑誌の方は吟味して買ってるので数も少ないし、置いておくのにどってことないんだけど、F1関係の雑誌はハマってた頃は各GP毎に数誌買ってたもんだから、結構な量なんであります。またつい最近「RUSH/プライドと友情」という映画を観たおかげで懐かしさで胸が一杯になってしまい、どうにも捨てるのに忍びなく…。

結局、新たに収納ケースを買ってそこにしまいこんでしまいました。笑。
やっぱりF1って雑誌を眺めてるだけでも華やかでいいんですよ。いかにも金持ちのスポーツって感じで。世界で20数台しかないシートを世界中の優秀なドライバーが狙って競い合い、その中でも優勝できそうなチームときたら正味3チームくらいじゃないんすかね(私がよく観ていた頃はマクラーレン、ウイリアムズの2強時代。たまにフェラーリやベネトンが割って入るって感じだった)。その選ばれし者感がこれまたロマンがあるというか。

で、その選ばれし精鋭たちが意地の張り合いで熱くなりすぎた結果(または単純にドライブミスで)、大金をぶっこんで開発したマシンをぶつけて壊し、ポイントも稼げずプライドもずたずたのままとぼとぼとピットに戻ると、そこには鬼の形相の(あるいは無表情の)監督が無言で待ち受けている・・・といった残念な場面までがTVに映し出されてたりして(笑)、特にベルガーやマンセルといった「いや絶対それマシンのせいじゃないから!」といった理由でリタイアすることの多かったドライバーのファンだった私は、苦虫をかみつぶしたような表情でモニターをにらむ監督の姿を見るにつけ、「このひと来季シートあるかなあ・・・」と心配になったものでした。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

日記 * 14:18 * comments(0) * trackbacks(0)
戻りました。笑
2014.03.10 Mon
やっぱりはてなは使いにくかった・・・。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

日記 * 21:21 * comments(0) * trackbacks(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。