スポンサーサイト
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 * --:-- * comments(-)* trackbacks(-)
W杯前のお楽しみ。
2014.04.30 Wed
今年もユニセフ主催のチャリティ・ゲーム”Soccer Aid 2014”が6月8日、Old Traffordにて開催されます!



2012年に引き続きマカヴォイも出場予定。あとジェレミー・レナーの名前も!
ジェレミーって確かアメフトの大ファンだったような気がするんだけど、フットボールとかできるんでしょうか(笑)。

そしてゆうてる間にW杯も始まるわけで。

d_201404302102145e4.jpg

ドイツ代表のオフィシャル・スーツのかっちょいいこと。
もう優勝はドイツでいいような気がしてきた。
スポンサーサイト

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ

蹴球 * 21:06 * comments(0) * trackbacks(0)
SEKAI NO OWARI?
2014.04.14 Mon
昨日、「The World's End ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」を観てきました!

P4141019.jpg
劇場で販売されてた作品中に出てくるビール。パイントグラス買って飲みたい。

事前の情報として知っていたのは、ペグちゃんやニックがとにかく飲んで飲んで飲みまくる!くらいのもので、それにしてはtumblrに流れてくる画像は不思議だなあ。なんで目が光ってるひとがいるのかなあ?と思ってたんですが、観て納得。ああ、そういう話なのねと(笑)。途中から「あれ?どこに向かうのこの話??」というこの感じ。「フロム・ダスク・ティル・ドーン」を観た時に似てる。

ともあれ、ニッペグは本作でも安定のいちゃいちゃぶりでしたー(笑)。ペグちゃんのためになら、重い身体に鞭打ち激走するニックのかっちょいいことといったら!ペグちゃんの涙も例によって反則。

この映画、細かい小ネタが満載らしいので週末にもう一度観に行くつもり。ホントは映画を観た後、パブクローリングできればいいんだけど、さすがにひとりで12軒はしごは厳しいであります(笑)。

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

映画 * 22:04 * comments(0) * trackbacks(0)
「リーノが愛される理由」/アンドレア・ピルロ
2014.04.06 Sun
ピルロと言えばあの顔と雰囲気から、”寡黙な職人肌”、みたいなイメージがあったんですが、この本を読んでそれはあくまで彼の一面でしかないことを知りました。というか、こんな面白い人だったとは!読んでる間、何度も笑ったし、どんどんピルロが好きになりましたよ。

我思う、ゆえに我蹴る。アンドレア・ピルロ自伝我思う、ゆえに我蹴る。アンドレア・ピルロ自伝
(2014/02/20)
アンドレア・ピルロ、アレッサンドロ・アルチャート 他

商品詳細を見る


子供の頃からずば抜けて上手かったせいで、チームメイトやその親からも妬まれ、試合中にボールを回してもらえず号泣したこともあったけど、そこで諦めずに自らボールを奪いに行き、味方でさえドリブルで抜き去ってゴールを決めていたという少年時代を振り返りながら、そうやって挫けず戦い続けたから今の自分があるんだよね、とええ話で終わらせず、「あの頃同じ夢を見ていたのに、嫉妬に狂って心を閉ざしていた奴らは砂地獄に落ちて行ったけどね。レアルやバルサでプレーしたいと叫びながら死に絶えていったよ」とあえての一言を付け加えるところが大好きだピルロ(笑)!

※以下、まっさらの状態で読みたい方はスルーしてください。
[「リーノが愛される理由」/アンドレア・ピルロ]の続きを読む

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

* 21:13 * comments(0) * trackbacks(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。