スポンサーサイト
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 * --:-- * comments(-)* trackbacks(-)
アンデルソンて!
2007.04.23 Mon
「草剛と香取慎吾のデンマーク紀行!!笑いと絆の旅路 」を観ました。

ふたりが日本語吹替えを担当したデンマーク映画「ストリングス」のタイアップ番組で、4つのキーワード(①イマジネーション②ファンタジー&アドベンチャー③クラフトマンシップ④ロハス)をテーマにデンマーク中を旅し、それぞれの絆について考えてみよう!とかそういう企画だったかと思いますが要するに観光旅行でした。

デンマークといえば私も3年前に旅行したことがあって、その時に訪れたレゴランドやチボリ公園、ロイヤルコペンハーゲンが出てきたのは嬉しかったな。チボリ公園で食事することになったふたりに現地のお姉さんが、「とても美味しいレストランがあるのでご案内します」と言った時は「まさかあのイタリアンでは!」と震え上がりましたが、案内されたのはヴァイキング料理のお店。

この店のメニューがド迫力で次々と運び込まれてきた料理の総重量がなんと10kg!これを昔のヴァイキングはふたりで完食したってんだから驚きです。いくら慎吾が大食いでもこら無理だろう!しかし、お腹が減っていたらしい慎吾はヴァイキングのヘルメット(ビッケ!)をかぶってひたすら肉をガツガツ(笑)。横で早くも戦意喪失の剛がもそもそと生のピーマンを齧るのとは好対照で、まるで肉食動物VS草食動物!つうかガブとメイだ!(違う!)。

ロイヤルコペンハーゲンの工房でのふたりの絵付け対決がまたおかしくて、普段から絵を描くのが好きな慎吾はやる気満々。最初はプロの職人さんが描いた下絵をなぞるだけだったのが、それぞれ好きな絵を描き足してもいいと言われ更にテンション上がりまくりの慎吾に対し、「アドリブとか苦手なんだよな~。決められたことをキチンとやるのが好きなのに・・・」と泣きそうな剛が良すぎました(笑)。

完全に絵の世界に没頭している慎吾の姿が印象的だったのか、隣のブースの職人さんが「絵を描く慎吾の横顔」をスケッチしてくれていて、それを見た慎吾大喜び!「ここで働くには何年くらい勉強すればいいですか?」と質問してたけどあれかなり本気だと思います。

慎吾が描き加えたのは富士山の絵で、それを見た職人さんが「私はつい先日、日本に行って本物の富士山を見たばかりなのよ!」なんて言うもんだから、「俺とロイヤルコペンハーゲンは繋がってる~♪」とますます浮かれまくりの慎吾(かわいい)。逆にどんどんテンションが下がる一方の剛が描いたのが葉っぱの先っちょにぶら下がるてんとう虫。

ところが、その絵を一目見たショップのお姉さんが、「あなたはロイヤルコペンハーゲンの歴史をとてもよく勉強しているわね!」と絶賛しだしたからびっくりです。なんと、ロイヤルコペンハーゲンでは昔、小さな傷(染みだっけか)を隠すために、小さな虫を描いていたんですね。しかもその中にはてんとう虫も!

これには慎吾はもちろん、当の剛がびっくり!しかも単なる偶然を「お勉強してきた」と激しく勘違いしたお姉さんの一存で絵付け対決の勝者は剛に決まり、思わず皿を持ったまま崩れ落ちる慎吾(爆笑)。まさに天然が天才を凌駕した一瞬でございました。確かに剛の絵は素朴で元々の絵と調和がとれてたけどさー。焼き上がった後のことを考えて、ちゃんと色の濃淡をつけていた慎吾はやはりたいしたもんだと思うのよ。

最後はロハスってことで、森の中で病気で死んでしまった木を作品として生き返らせている、芸術家のなんとかさん家で自然の恵みを満喫したふたり。お互いに今回の旅を振り返って「デンマークがこんなにいいとは思わなかった。ホントにまた来たいと思うし、つよぽんとの二人旅も思ってたより楽しかったので(笑)、またやりたい。いっそ企画しない?」と語る慎吾はあれマジです絶対。

(完全にSMAPという枠を離れて)、ふたりだけで旅ができたのが楽しかった!ってあんな風に慎吾ちゃんが率直に言うのも珍しいように思います。これもデンマーク・マジックか。剛くん相手に終始リラックスムードで、イジり倒しながらも実は頼ってるみたいな(兄貴とかゆってるし)大きな弟ぶりが可愛かったなー。

最後に剛くんの絆(赤い糸)が繋がっていたのは・・・・やっぱり慎吾でした!なんてベタ落ちも可愛いから許す!言ってるそばからハラリと糸がほどけて「ちゃんと繋いどいてよー」と狼狽する剛くんもまたカワユスでした(笑)。←ふたりとも30歳越えてるけどな。
スポンサーサイト

テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

テレビ * 21:52 * comments(3) * trackbacks(0)
COMENNTS
コンニチハ!私も見ましたよ、これ!暇な日曜午後のオトモに。
このふたりはここ10年くらいずっと変わってないような気がしますね~。ふたりともそれぞれ個人は、そしてスマップは何かと変わっているのに、ふたりそろったときのゆるーい関係は変わらない、みたいな。
それにしても微笑ましく楽しい番組でしたな!バイキングの兜が大好きな私はうらやましくてたまらんかったです。10キロの食事(しかもほとんど肉と生野菜!)は勘弁、ですが(あのレストランはちあきさんはいらっしゃらなかったですか?)。
ロイヤルコペンハーゲンの絵付けバトル、良かったですね。慎吾のノリノリの真剣さはもとより、ツヨポンの「決められたことをするほうが好きなんだよな」には、あまりの彼らしさ&それを隠そうとしないむしろ男前具合に感動すら覚えました。
ロハスロハス言いながら斧を投げて遊んでいるワイルドさにちょっと笑いつつ、あれやってみたいな!と真剣に思った私にもロハスが必要かもしれません(笑)。

話は変わりますが、今晩はもうオールド・トラフォードですな。スカパーの放映予定リストもついに2試合だけに。ああ、もう緊張で喉がからからになってきました。
波子 * URL * 2007.04.24 Tue * [ 編集]
私も偶然観ましたよー。同居人がうひゃうひゃ笑ってたのでそのままついでに。丁度バツゲームからでしたけど。
ロイヤルコペンハーゲンの工房、うらやましかったですー。

それにしても2人とも30超えなんですか? はやー
なんか今まで全然感じてなかったのに同世代感がじわじわ来ました。(ってぜんぜん後輩だけど!) 

azu * URL * 2007.04.24 Tue * [ 編集]
>波子さん

コンバンハ~。

このふたりのゆるさ、たまらないですね(笑)。他のどの組み合わせにもない呑気さがステキすぎました。考えたらSMAPって人生の半分以上一緒にいるんですよね。当たり前のように思ってたけど、それってスゴイことですな。

バイキングのお店!実は全然知りませんでした。あんなのがあるんだったら不味いイタリアンなんか行かなかったのに。バイキングの兜(ヘルメットと書きながらなんかおかしいと思ってました・笑)は実際かぶりながら食事するんでしょうかね。ビッケ大好きだったので、私もかぶりたいです。

バイキングのお店には行きませんでしたが、慎吾がつよぽんを道連れに乗ったくるくる回るアトラクションには乗りましたよ、友人が(笑)。←三半規管が弱いので私は見てるだけでした。あれ、かなりキツイらしいです。つよぽんがよだれこいちゃうのもムリないかと。

>ツヨポンの「決められたことをするほうが好きなんだよな」には、あまりの彼らしさ&それを隠そうとしないむしろ男前具合に感動すら覚えました。

ああいうことをサラっと言えるつよぽんっていいですよね~。下手に負けん気出さないのもひとつの男らしさだなあと。しかも天然勝ちとはあらゆる意味で最強ですな。

ところで今朝の試合。惜 し か っ た で す 。カカが同点に追いつかれたあと、自分で奪ってそのままゴール前まで持ち込もうとしたときは泣きそうになりましたよー!なんとかしてカカにタイトルをあげたいものですな!

>azuさん

コンバンハ~♪

ロイヤルコペンハーゲンの絵付け対決。あれ多分、普通の観光客でもちょこっとぐらいなら描かせてもらえると思うんですよ(職人さん次第かも)。私は絵心ナッシングなので見せてもらうだけでしたが、azuさんなら描けるのでは(料理上手なひとは絵も上手だと思います)。

私も手先が器用でアート魂があれば、ああいう仕事やってみたかったです。エルメスの革職人とか、スイスで時計作ったりとか、イタリアでヴァイオリン作ったりとか(笑)。すごく憧れます~♪

スマは最年少の慎吾でさえ30歳という、オールオーバー30の日本代表アイドルなんですよ(笑)。みんな若く見えますけど、実はもうええ歳のおっさんですわ。
ちあき * URL * 2007.04.25 Wed * [ 編集]
SEND COMENNTS

TRACKBACKS
この記事のトラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。