スポンサーサイト
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 * --:-- * comments(-)* trackbacks(-)
ジャニーズ落語部門、真打ち登場。
2007.05.31 Thu
・「しゃべれども しゃべれども」を観ました。

原作ファンなので公開2日目に張り切って行ってきましたー。東京の下町が舞台のおっとりのんびり、ちょっぴりホロリとするなかなかいい作品でした。寄席というところへ行ってみたくなりましたよ。

映画の後は恒例の飲み会。久しぶりに会った友人もいたりで、まあしゃべることしゃべること。4時間の長きに渡ってしゃべり倒しました。女が3人集まればたちまち”かしまし娘”の誕生ですが、それにさらにひとり加わるんだからしゃべって当然よね。しゃべれどもしゃべれども、話のネタは尽きないのでした。

映画の「しゃべれどもしゃべれども」は↑のような意味ではなく、しゃべれどもしゃべれども相手に思いが届かない。そんな悩みを抱えた4人のお話です。

※以下盛大なネタばれ注意!
syaberedomo1.jpg

今昔亭三つ葉(国分太一)は古典を愛する落語家。師匠(伊東四郎)の落語が大好きでこの世界に入ったものの一向に腕が上らず、やっとの思いで二つ目に上ったような男。そんな三つ葉の元へ「落語を教わりたい」とやってきたのが、「何を言えばいいのかわからない」美人だけど無愛想な十河五月(香里奈)、関西弁をバカにされいじめられる大阪からの転校生・村林優(森永悠希)、「言いたいことは山ほどあるが放送禁止なので言えない」毒舌強面の元プロ野球選手(現解説者)・湯河原太一(松重豊)。

正直申し上げて、この3人が抱える問題は落語を覚えたからといってどうなるものではないんですな。そもそも村林は関西弁に愛と誇りがあるので関東の落語なんざハナから興味がないし、湯河原はまったく覚える気がない(なにしに来てんだ)。やる気と記憶力だけは充分な十河にしたところで、問題は極端なツンデレ体質にこそあるわけで、睨みつけるようなまなざしで立て板に水の如く「まんじゅうこわい」を披露されたところでなあ(笑)。

おまけに彼らの師匠である三つ葉にしてからがすでに半人前。他人に落語を教えてる場合ではないんでありますよ。じゃあいったいなんなんだこの集まりは!って感じですが不思議とみんな辞めようとしないのは、なんだかんだ言いながら居心地がいいからではないのかと(あれだけ言いたい放題言い合えればもう落語なんて・・・)。

そんなわけで、一向に落語が上達しているようには見えない不肖の弟子どもではありましたが、最年少の村林がクラスのリーダー宮田と野球対決をすることになったあたりから、少しずつみんなが変わっていきます。小学生にきっかけ与えられる大人ってのもアレですが、なんといっても村林は男前だからな!「お前いじめられてるんだって?」と問う三つ葉に「あれはいじめやない。ケンカや!」と応じる村林に惚れない女はいるまい。

結果的に野球で惨敗を喫した村林が、枝雀版「まんじゅうこわい」で宮田にリベンジを果たす場面がまたいいんですよー(出囃子が六甲おろしだったような気が)。小学生が落語なんて、そっちの方がイジメのねたにされるんじゃないかという私のしょうもない心配は、堂々と高座に上がる村林の姿の前に杞憂に終わりました。どこまで男前やねんな。また宮田の方もたいしたもんだと思うのですよ。野次ったり冷やかしたりせずに黙って観てるんだもんね。さすがに勉強もスポーツもできる実力派のいじめっこは一味違う。

それに比べて湯河原は・・・・。キンキラキンの衣装を着せられぷるぷる震えるばかりとはなんと情けない!(案の定なにひとつネタを覚えていないと思われ)。まあでも彼は彼なりにいいところもあるからなあ。口は悪いけど他人のことはよく見てるし。新しい仕事がうまくいくといい。

友人曰く、ツンデレ通り越してツンツンな十河の「私が一番好きな落語をやります!」発言は相当覚悟のいった告白だと思うのですが、同じくツンデレな三つ葉がそこんとこ理解しているのかひじょうに心配(笑)。でも三つ葉も落語ではなかなか客に伝わる話ができなかったくせに、「ほおずき買ってやるよ」とか「あんたと浅草歩けて嬉しかった」とか、そういうことはしゃらーっと言うからなあ!あれで意外とたらしかも知れん。

国分くんの「火炎太鼓」、撮影では全部やったみたいですね。映画ではところどころ端折られてて残念。私は落語に疎いので彼が上手いのかどうなのかはわからないけど、「自分の落語を話せるようになった」という一皮向けた感じはなんだかわかる気がしました。落語家としての普段の生活ぶりもサマになってたし、原作ファンとしてもとても楽しめる作品でした。
スポンサーサイト

テーマ:しゃべれども しゃべれども - ジャンル:映画

映画 * 21:25 * comments(0) * trackbacks(0)
COMENNTS
SEND COMENNTS

TRACKBACKS
この記事のトラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。