スポンサーサイト
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 * --:-- * comments(-)* trackbacks(-)
三百!
2007.06.14 Thu
「300」を観てきました。

スパルタの300人の偉丈夫たちが敵のペルシア軍100万人をちぎっては投げちぎっては投げ!めちゃくちゃ男らしかったわ~(うっとり)。

以下、男らしくネタばれ全開です。
30001.jpg

300人もいれば中にはひとりくらい、「100万人が相手ではさすがにムリ!」とか言い出す奴がいるんじゃないかと思った私がバカでした。決して引かず最後まで戦い抜き、戦場で死ぬことこそが最高の名誉であるスパルタの戦士にそんなまとも甘っちょろい奴はいないのであります。むしろみんな愛するスパルタとレオニダス王のために進んで死にたいくらいなのでありました。

スパルタは民主主義の国なので、たとえ王様といえど勝手に挙兵するわけにはいかず、この300人はあくまで王の近衛兵なんですね。だから戦争しに行ってきますとは一言も言わない。ちょっとそこまでぶらっと行って来ますわ~くらいのノリなんだけど、ペルシアの使者を問答無用で奈落の底に叩き落した時点で宣戦布告してるようなもんですな。

で、300人が王を先頭にイキイキと楽しげに戦いまくっている間、他のスパルタ人たちは何をしてるかっつうとこれが意外と普通の生活。さすがに王妃だけは「スパルタの自由のために追加で兵を送らねば!」と焦ってるんだけど、どうも周りと温度差があるんだなあ。あいつらホントにあの過酷な虎の穴を生き抜いてきた同じスパルタ人なんだろうか。

王妃がもたついている間にもペルシア軍は次々と新手の部隊を投入。しかしこれがことごとく跳ね返されて、しまいにはサイやゾウまでが出陣。が、これがまたなんの役にも立たず、ゾウなんかなんにもしない内に勝手に血溜りで足を滑らせ、海に向ってまっさかさま!(ゾウさんかわいそう!)

逆にノリノリのスパルタ軍のカッコイイこと!さすがはレオニダス王が誇る精鋭部隊だけあって、もう笑っちゃうくらい強い。この映画、なんといっても戦闘シーンが素晴しいです。特に隊長の息子とそのお友達が背中を預けあって前後左右の敵を次々とぶった斬っていく場面は最高!美しい男が二人、鍛え抜かれた身体を存分に駆使し鮮やかに戦う姿を観られただけで¥1000の価値は充分にあったわ!

さすがに100万もの大軍を相手に勝てるとは思ってなかったけど、最後はやっぱり残念。ペルシア王もむざむざ300人ものイケメン軍団を殺すのは忍びなかったと見え、ラストチャンスを与えてくれたんですけどね~。つうかペルシア王は絶対、スパルタで男ハーレムを作りたかったんだと思う。

いちいち階段つきの玉座に乗って現れるペルシア王もたいがい面白キャラでしたな。なかなかの男前だったけど、どこかオネエっぽいのが気になりました(笑)。おまけになんかデカイし。レオニダス王もたいがいデカイはずなのに軽く1.5倍くらいありましたよ!最近友人から聞いた「実はケンシロウ小指サイズ説」を唐突に思い出しておかしくてたまらんかった。

それにしても眼福でございました。ひとりふたりでもオイシイところを美丈夫が300人大集合ですからね。ただ名前が全然覚えられんかった・・・。王と隊長と隊長の息子とその友達とファラミアと(違)・・・みたいな。正直、兜かぶってると全員同じに見えるのよ。でも一番好きなのは↓このひと。

30002.jpg

多分、ステリオス。最後もカッコイイのだ。

ジェラルド・バトラーは役作りのため、今話題のブート・キャンプに参加して身体を作ったそうですが、他の役者さんもそうなのかな。特典映像でその辺を詳しくレポしてくれたらDVDを買ってもよい。
スポンサーサイト

テーマ:300<スリーハンドレッド> - ジャンル:映画

映画 * 22:28 * comments(6) * trackbacks(0)
COMENNTS
そうか! ペルシャ王は男ハーレムを作りたかったのかー…!!
なんか、激しく納得。(笑)

私のお気に入りは、サイを倒す人。(だったか、メッセンジャーの腕を切り落とす人←見分けがついていない)
あの若手2人が、まるでLOTRのエルフとドワーフのようで、萌えました。(笑)
天照大神 * URL * 2007.06.17 Sun * [ 編集]
神様、コンバンハ~♪

サイを倒すのはたしか隊長の息子。
メッセンジャーの腕を切り落とす人は・・・。
覚えてないや。それにしてもあの穴、深すぎ。

若手ふたり、カッコよかったですな!
ペルシア王ならずとも、チャンスあげたくなるわ~(笑)。
ちあき * URL * 2007.06.20 Wed * [ 編集]
ほんっと~にご無沙汰しておりますが、いつもこっそり楽しませて頂いております。かっぱでございます。覚えて頂いているかどうか。。。
ちあきさんの感想はツボが同じで本当に参考になるのです~♪ なので、「パイレーツ~」も激しく同意しながら拝見しておりました。見に行こうか迷った作品はこちらでチェックしてから観に行ったりして(笑)
私も若者二人にファラミアにむふふとなってました。闘う男は美しい。。 ペルシア王がロドリゴ・サントロだと分かった時には・・・・衝撃でした。 あんたも普通にしてれば300の方に入ってても良いくらいなのに。。。 
私は本日「舞妓haaan」を見て抱腹絶倒して参りました。みんなキャラ濃すぎで疲れるとこもございましたが。。
これからも色んなお話を楽しみにしております。最近、新しい本を読んでないので、こちらも参考にさせていただきたいのですが、なかなか。凄い読書量ですよね~素晴らしい!
かっぱ * URL * 2007.06.21 Thu * [ 編集]
かっぱさん、今晩和!お久しぶりです。

「300」。王と王妃のウフフなシーンも、実の無い会議のシーンも、エロいお姉ちゃんがくるくる回るシーンも全部カットして、延々と戦闘シーンだけを観続けていたいと切実に思いました。冷静に考えたらなんで全員ほぼ裸なのか謎ですが(笑)、思わず見せびらかしたくなる気持ちもわかります。あれだけ美しければ!

>ペルシア王

最初はロドリゴさんも1/300でオファーがあったそうですが、本人がペルシア王の方が面白そう!ってんであっちになったとどこかで読みました。見事な変身ぶりで全然わからんかったですけどね(いいんだかなんなんだか)。

「舞妓haaan!」ご覧になったんですね。いいなあ!私は来月の映画の日にでも観に行ったろかと思ってるんですが、かなり面白そうですよね。楽しみにしときます。

基本的にヒマなので本はよく読むんですよ(笑)。最近のオススメはモリミーなんですが、いかんせんクセのある作家さんなので・・・。図書館にでもあればぜひ!(もしくは立ち読みででも)。

あ、今頃なんですがミランよかったですね(笑)!
ちあき * URL * 2007.06.22 Fri * [ 編集]
え!本当に1/300の話があったんですか@ロドリゴ
ん~でも、あの中に埋まっちゃうよりはインパクトではペルシア王で正解?誰か分からないけど・・・(笑)
実はショーンたん好きなので、シャープのお話の時はドキドキ拝見してましたです。結局まだ未見なんですよね。。 最初、300の中のファラミアって分からなくて、「う~ん、なんかショーンたんちっくな人だなぁ」なんて思ってたら、弟だったか~♪なんて、ちょっと嬉しかったです。
お勧めの本、探してみます。宮本輝が好きなので、新たに開拓せずに何度も繰り返し読み返してるので、他の本が更に読めなくなり、、、慣れた文体以外だとみょ~に違和感感じたりして。
ミラン、やりましたね~♪晴れてミッション優勝企画なんていかがですか~!?!? 
かっぱ * URL * 2007.06.23 Sat * [ 編集]
>1/300

どこで読んだのか思い出しました。確か弐ちゃんだったかと(笑)。あそこのスレでスゴイ人気なんですよー<300。なかなかオモロイのでたまに読むんですが、「身体を鍛えたくなった!」とか書いてあって非常に微笑ましいです(笑)。

>シャープ!

これは絶賛オススメですよ!めちゃくちゃ面白いです。ショーンたんは毎回激しく負傷しては無駄に脱いでいます。あと女にたぶらかされてばかり・・・。シャープの部下のチョーズンメンも個性的でオモロイ奴ばかりなので、ぜひぜひご覧になって下さいね。

>何度も繰り返して読む

そこまで惚れられた作家さんは幸せですね。私はミーハーらしく次々と新規開拓しておりますが、おかげで積読がたまりすぎで我ながらアホかと。モリミーはホントに独特なので立ち読みで感触つかんで下さいね(笑)。
ちあき * URL * 2007.06.24 Sun * [ 編集]
SEND COMENNTS

TRACKBACKS
この記事のトラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。