スポンサーサイト
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 * --:-- * comments(-)* trackbacks(-)
たまに行くならこんな店
2007.08.02 Thu
・「レミーのおいしいレストラン」を観ました。
remmy.jpg

「トイ・ストーリー」や「モンスターズ・インク」に比べるとやや物足りなさはありますが、やはりピクサーは大きく外しませんな。ネズミが有名フレンチ・レストランのシェフになる!という衛生的に考えて絶対にありえない話なのに、最後はもうそれもアリだと思った。

だいたいどんなに美味しいレストランでも、厨房を覗いてしまうと食べられたもんじゃないと言うではないですか(言いませんか)。ならば人間が作ったマズイ料理をお金を出して食べるよりも、ネズミだけどちゃんと手洗い励行のレミーが作る最高に美味しい料理を私は食べたい!!

などとうっかり思ってしまうほど、レミーの作る料理は美味しそうでした。なによりレミーの「シェフになりたい。美味しいものを作りたい」と願うその心根が愛しいのですよ。だってネズミなのに手を汚さないようにと二本足で立って歩くように心がけているんですよ!(泣ける)!やはり何事につけ一流を目指すひと(ネズミ)は志の高さが違います。偉いぞ、レミー。

ネズミのレミーが普段から心の師であるグストーの料理番組を見たり、レシピ本を読んだりして日々研鑚を積み勉強しているというのに、人間のシェフ見習のリングイニがどうしようもなくヘタレ。不器用なのはしょうがないとしてキミにはそもそもやる気が感じられない。なのにこういう奴に限って運だけは強いんですよねー。オーナーシェフ?お前が?厚かましいにもほどがあるだろ。

その点、料理評論家のイーゴは憎たらしいけどフランス料理界最高の権威と言われるだけのことはあって潔かったな。なにより彼こそが本物の美食家ですよ(いろんな意味で)。

レミーが流れ着いたパリで最初に目にする街の景色がとてもとても素晴らしいです。必見。
スポンサーサイト

テーマ:レミーのおいしいレストラン - ジャンル:映画

映画 * 12:37 * comments(0) * trackbacks(0)
COMENNTS
SEND COMENNTS

TRACKBACKS
この記事のトラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。