スポンサーサイト
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 * --:-- * comments(-)* trackbacks(-)
11>>13>>>>>12
2007.08.17 Fri
「オーシャンズ13」を観ました。

あくどいことで有名なカジノ経営者、ウィリー・バンク(アル・パチーノ)に手酷く裏切られたルーベン(エリオット・グールド)の仇を討つため、オーシャンズが再々集結。最新のセキュリティで守られた難攻不落のバンクのカジノホテルを、いかにしてオーシャンは攻め落とすのか?

※以下ネタばれ含みます。
Oceans13.jpg


って話なんですが、なんのこっちゃないウィリーの日頃の行いがあまりにも悪かったせいで、周りの人間が軒並み彼を裏切り、大層なセキュリティもなんの意味もなさないまま、内からあっさり崩されてしまいました・・・。平気で他人を裏切る人間はまた、平気で他人に裏切られるという、非常に教訓めいた作品ですね。悪いことはできないなあ!

そういうわけでオーシャンズたちにはこれといったピンチもなく、さくさくと話は進み作戦はすんなり成功。コンゲームの面白さはほとんどないのですが、いけすかない経営者の下で日々ストレスを溜めつつ働いている身にはなかなか痛快な展開でございました。従業員を大事にしない経営者はみなバンクと同じ末路を辿ればいいのだ(私怨)!

ストーリーはゆるゆるだけど小ネタにはぷ!と笑ってしまった。特にマロイ兄弟はいいです。

ダイスに細工をするためメキシコにある製造工場に潜入したバージル(ケイシー・アフレック)は、工場の労働条件の劣悪さに憤りストライキを決行。なかなか戻ってこないバージルの様子を見に向かったターク(スコット・カーン)までが一緒になってストに参加し、オーシャン(ジョージ・クルーニー)からの電話に「それどころじゃない!」と火炎瓶投げて暴れまくり。完全に自分たちの仕事をはき違えてるけど、キミたちの行動は称賛に値するよ(笑)。

オーシャンとラスティ(ブラッド・ピット)が、ルーベンとの思い出を語り合うシーンも好き。まだオーシャンたちが若かった頃、カジノでの賭け方を教えてくれたのはルーベンで、彼らにとっては父親みたいなものなんですね。

そのルーベンが自業自得とはいえ酷い目にあったと聞いたら、そらいい歳した息子たちは黙っているわけにはいかんのですよ。やるしかないわけですよ。たとえベネディクト(アンディ・ガルシア)を巻き込んででも(ああ鬱陶しい!)。

そのベネディクトさんが最後にまたちょっと笑かしてくれまして。空港のTVをじっと見つめるオーシャン、ラスティ、ライナス(マット・デイモン)の半笑い最高デス。

これでシリーズはとりあえず終了だそうですが、終わるとなるとなんか惜しい。だってカッコイイんだもーん、オーシャンが!今回あんまり派手に活躍してないけど、タキシード着て不敵に笑ってるだけで充分!色男(死語)はそこにいてくれるだけでいいのよねー。逆にラスティは地球の引力に従い過ぎではないかと・・・。

ほぼどうでもいい役でジュリアン・サンズが出てます。キツネさんも。
スポンサーサイト

テーマ:オーシャンズ13 - ジャンル:映画

映画 * 12:26 * comments(2) * trackbacks(0)
COMENNTS
いや~!! 
ジュリアン・サンズが出てきたときは興奮しました。(笑)
最近観ないと思ったら、こんなメジャーな作品に出て…。(ある意味、うれし涙)
痩せててよかった。最後に観たときはブヨブヨだったので、
うっかり「もう私には愛せない」と思ってしまいました。とほほ…
そのまま体型を維持してくれ~。
(だって、見るからに太りやすそう…)

面白かったですね、オーシャンズ。(←遅い)
天照大神 * URL * 2007.08.18 Sat * [ 編集]
ジュリアン・サンズ、出てるの知らなかったからびっくりしました。しかもこれだけ?みたいな(微笑)。

幸いなことにブヨブヨのジュリアンは観たことないわー。若干額がアレなだけであいかわらずお美しいと思ったですよ。神様のために私も体型維持を祈願します。世界の英国俳優スキーのためにも。

面白かったデスね、オーシャンズ(どうでもいいところが)。
ちあき * URL * 2007.08.18 Sat * [ 編集]
SEND COMENNTS

TRACKBACKS
この記事のトラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。