スポンサーサイト
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 * --:-- * comments(-)* trackbacks(-)
憧れの双子の先輩♪
2007.08.30 Thu
「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」を観ました。

シリーズを通して観ていない人にはまったく意味不明の作品でしょうが、さすがに5作目ともなると、これまでのあらすじを説明してるだけで2時間は軽くかかっちゃいますもんねー。ついて来れる奴だけ観に来てくれ!ってな作りになってるのはもうしょうがないかと。

※以下ネタばれ含みます。
前回ついに(鼻以外が)復活を果たしたヴォルデモート卿(レイフ・ファインズ)は、さっそく手下を使い夏休み中のハリー(ダニエル・ラドクリフ)に嫌がらせを仕掛けてきます。正直、ダドリーがどうなろうが知ったこっちゃないハリーですが、目の前でディメンターに襲われている従兄弟を放っておけず魔法で撃退。ところがマグルの世界で魔法を使ったことが魔法省にバレたハリーは即時退学を命じられます。

これを阻止するのはもちろんダンブルドア校長。「ヴォルデモートが復活したんだからしょうがないじゃん」と言うダンブルドアに魔法大臣の座を奪われるのではと妄想気味のファッジは断固としてその説を認めようとしませんが、尋問会のメンバーはハリーを無罪放免。

しかし無事学校に戻れたハリーにダンブルドアはよそよそしく、おまけにヴォルデモート復活を信じようとしない生徒も大勢いてハリーはまたも逆ギレ。嘘つき呼ばわりされて悔しいのはわかるが、ウィーズリー一家やハーマイオニーは完全に味方だし、なんといっても不死鳥の騎士団がいるじゃないの。いちいち落ち込むなよめんどくせえ!

まともな大人(ひとりを除く)ばかりで構成された騎士団は、危険な戦いに子供たちを巻き込むわけにはいかないと秘密裏に行動を起こすのですが、これまでさんざん巻き込まれてきた子供チームはいまさら納得いかず。「だったら自分たちの身は自分たちで守るしかないわ!」と奮起したハーマイオニーの鶴の一声で集まった有志によるメンバーでダンブルドア軍団を結成。

hp03.jpg

講師にはもちろんハリーを迎え、闇の魔術に対する防衛術を猛特訓。魔法省から肝入りで送り込まれたアンブリッジ(イメルダ・スタウントン)の目をかいくぐり、次々と技を習得していくメンバーですが、ついにその存在がアンブリッジにバレてしまい、ダンブルドアがすべての責任を取り校長職を退任。あろうことかアンブリッジがその後任になり、ますます学校生活が厄介なものに。

内にはアンブリッジ外にはヴォルデモートと、もはや周り中敵だらけ!の様相を呈してきたハリーとその仲間たちをあざ笑うように、ついに本気を出してきたヴォルデモート(タイミング的に非常におとなげない)。いち早く危険を察したダンブルドア軍団は急遽、魔法省に駆けつけるがそこには・・・!

と、ここまでが大変な勢いで進んでいくのでひとつひとつのエピソードがめっちゃ中途半端。よくできたダイジェスト版を観ているようで、原作の物語としての面白さはほとんど描けていませんでしたが、私はウィズリー一家とハーマイオニーちゃんが健在ならそれで満足ですから(笑)。

これまで必ず一度はケンカしていたロン(ルパート・グリント)とハーマイオニー(エマ・ワトソン)が今回はずっとラブラブ。チョウとの初キスを報告するハリーを見る目がふたりとも余裕でねえ(笑)。いつの間にかハリーだけおいてけぼりか。

ハグリッドが連れてきた巨人(弟らしい)に摘まみあげられたハーマイオニーを必死で助けようとするのもロン。思いっきり腰が引けてるのがロンらしいっちゃらしいのですが、これまでもずっとハーマイオニーを助けてようとしてきたのも実はロンなんですよねー!萌え!

ロンの双子のお兄ちゃんズもますますカッコよくて、下手したらヴォルデモートよりタチの悪いアンブリッジばばあに愛想を尽かし、もはやこれ以上学校で学ぶものはないと自主退学を決めるのですが、その辞め方までがカッコイイ!学校の先輩にあんな男の子がいたら絶対好きになってるな(笑)。

hp01.jpg
ウィーズリー兄弟そろい踏み!

今回もまたまたハリーには辛い別れがありまして、まったくどこまで気の毒なんだって話ですが、いい加減ハリーにもハッピーになって欲しいものですな。そこで注目なのがルーナ(イヴァナ・リンチ)ですよ!

hp02.jpg
原作のイメージ通りの不思議ちゃん。おまけにめっちゃ可愛い♪

チョウ(ケイティ・ルング)の扱いがあんまりだったので、はたしてハリーは男としてどうなの?という若干の不安はありますけども、ハリーとルーナってお似合いだと思います(意外とネビルとくっつきそうだけど)。

尺の都合でないがしろにされた感のあるドラコも気になりますなあ。最終話に向けてかなりのキーパーソンになりそうな気がするだけにあの扱いでいいのかと。

物語の面白さは原作で補完して、映画では映像だけを楽しむくらいの気持ちでいるとよろしいんじゃないでしょうか。騎士団(タイトルのわりに影が薄いにもほどがありました)とハリーが箒でロンドンの街を疾走する場面がすごく好きー。ロンドン行きたい!
スポンサーサイト

テーマ:ハリーポッターと不死鳥の騎士団 - ジャンル:映画

映画 * 21:37 * comments(2) * trackbacks(0)
COMENNTS
先週、やっと見てきました。
私は、原作を読んでないのです。
で、今まではそれでも充分楽しかったです。
今回は「噂とおり」に
原作を読んでない人間は、見ても意味なかったんじゃないの???ってのが感想でした。
私にとっては、この作品を飛ばして
次回作見ても同じなんじゃないか???
って気がしました。
楽しくなかったし。

でも私も双子ちゃん大好きなんです!
ほんとカッコよかった~っていうか
みんなとにかく体が大きくなってますよね。
ネビルも成長してるし。
ああやって見ると、ハリーの伸びが少ないと思った。

不思議ちゃん可愛い♪吹替えで見たんですけど
吹替えの声まで可愛かった。

のりむぅ * URL * 2007.09.02 Sun * [ 編集]
のりむぅさん、コンバンハ!

今回のハリポタは原作読んでない人には不親切な作りになってましたね。でもだからこそ原作を読んでいただきたいです。正直1巻2巻は訳も下手だしノレないのですが、3巻から俄然面白くなりますので!ゼヒゼヒ!

双子ちゃん、カッコイイですよね~。ウィーズリー一家は大好きです。原作では長男も次男も騎士団のメンバーなんですが、残念ながら映画には出てきませんでしたね。特に次男は美形設定なので観たかった(笑)!

ネビルの成長ぶりは尋常じゃなかったですな。子供が二人いてもおかしくない。不思議ちゃんとハリーの今後も楽しみデス。
ちあき * URL * 2007.09.03 Mon * [ 編集]
SEND COMENNTS

TRACKBACKS
この記事のトラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。