スポンサーサイト
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 * --:-- * comments(-)* trackbacks(-)
レシピ+レシピ
2007.10.18 Thu
「幸せのレシピ」を観ました。

マンハッタンの高級レストランをひとりで仕切る料理長のケイト(キャサリン・ゼタ・ジョーンズ)。完璧主義で己に厳しく客には更に厳しいケイトですが、腕は確かなのでお店は連日超満員。しかし、いつものように忙しい日々を送るケイトの元へある日訃報が届きます。娘のゾーイ(アビゲイル・ブレスリン)を連れて遊びに来る途中だった姉が交通事故死。

※以下中途半端なネタばれ含みます。

no-reservations.jpg

ひとり残されたゾーイを引き取り一緒に暮らし始めたものの、事故のショックのせいか、ケイトの作る家庭料理があまりにゴージャスで子供には荷が重いのか(お弁当に鴨はキツイだろ)、一切受け付けようとしないゾーイを持て余すケイト。おまけに少し休んでいる間に、新しく雇われた陽気なイタリアかぶれの副料理長ニック(アーロン・エッカート)が、スタッフと仲良く盛り上がってるってんだからたまりません。

「あんなどこの馬の骨ともわからん奴をなぜ雇う!!」とブチ切れるケイトに、「キミと働いてみたかったんだ」と可愛いことを言うニック。そんな甘い言葉にあっさり納得するようなケイトではないけれど、スタッフのひとりが臨月のため猫の手も借りたい忙しさなのは本当なので、渋々ニックを受け入れます。

とりあえず一緒に働くことになったふたりですが、ケイトの方は頑なにニックを無視。ニックの作る賄い料理も断固拒否です(笑)。しかしニックもしつこい。負けじとムリクリにでも食べさせようとします。そんなふたりに周りはひやひやするやらオモロイやら。

笑いごとじゃないのがゾーイの拒食問題で、家にひとりで置いておくこともできず、職場に連れて来てしまった姪っこを前に、どうやったら食べてもらえるのかしら・・・と珍しく途方に暮れるケイト。普段超強気のケイトが思わず漏らした弱音を聞きつけたニックは、ゾーイの前でわざと大盛りのパスタをもりもりと食らいます。これがめちゃくちゃ美味しそうなんだ!

そしてついに、ニックの食べさしのパスタに手を出すゾーイ。しまいにはお皿いっぱいのパスタを大食い選手権並に完食!見事!つうか、やっぱりお腹空いてたんだな(笑)。洗面器一杯分はありましたよね、あのパスタ・・・・。

この一件でようやく蟠りも消え、ゾーイも交え3人で仲良くやっていけるかに見えた矢先、またまた一悶着あって・・・・。結局のとこハッピーエンドです。それもベタベタで甘甘の大ハッピーエンド。正直なんのひねりもないけどまあいいか。3人がとても可愛いから。というか、ニックがとてもとても可愛いのだ(笑)。

料理が上手くて(プロなんだから当たり前だけど)子供に優しくて、ケンカをした後でもピンチとあればすぐに駆け付けてきてくれて、そしてほんのちょっぴりへたれで。女子(私)の理想がぎゅっとつまったような男だったわ~(ツキイチゴローあたりで「あんな男いません」とあっさり斬られそうだけど)。

なによりあの笑顔がいいですよ。あれで超絶美形だったらそれこそ夢物語だけど、ほどよくリアリティを感じさせる程度には個性的で(笑)。いつかゾーイとケイトの間でニック争奪戦が行われるんじゃないかと、ラストシーンのトライアングルに余計な深読みをしてみたり。

ゼタ姐さんもめっちゃ可愛いかったっす。あんまり料理が上手そうには見えなかったけどー。しかしあの性格は雇われシェフだからやっていけるわけで、オーナーシェフには向かないのではと(あのレストランの女性オーナー、すごくいい雇い人だったと思うのだ。だから最後はちょっと気の毒だったな)。

もう1本、レシピつながり(?)で「リトル・レッド~レシピ泥棒は誰だ!?」も観ました。

童話の赤ずきんちゃんのパロディ・ミステリ作品。

レッド(赤ずきんちゃん)の住む森で次々と盗まれるお菓子のレシピ。大事なレシピを盗まれた店が軒並み廃業に追い込まれる中、森一番のお菓子作りの名人であるパケットおばさんの家で、孫娘のレッドがおばあさんに化けたオオカミに襲われるという事件が発生。

ただちに駆け付けたカエル探偵ニッキーは現場に居合わせた、レッド、パケットおばさん、オオカミ、斧を持った男を次々と尋問するが、果たして今回の事件とレシピ泥棒に関連性はあるのか?

327644view001.jpg

容疑者4人の証言はどれも微妙に食い違うのだけど、実は見え方が違うだけで全部同じ話なんですな。ある容疑者の話ではあれ?と思ったことも、違う容疑者の話でああそういうことか!と納得。なかなかよくできたミステリになっていて面白かった。

でもこれって小さな子供向けじゃないですよね。だったら字幕で観たかったなー!ってのが正直な話。上野樹里(レッド)もケンコバ(ニッキー)も加藤浩次(オオカミ)も上手かったけど、やはり洋画は字幕で観たいのだ。吹替はDVDに入れといてくれ。
スポンサーサイト

テーマ:幸せのレシピ - ジャンル:映画

映画 * 22:00 * comments(0) * trackbacks(0)
COMENNTS
SEND COMENNTS

TRACKBACKS
この記事のトラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。