FC2ブログ
スポンサーサイト
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 * --:-- * comments(-)* trackbacks(-)
落武者をエントラッセンから守りたい。
2007.12.15 Sat
「医龍2/KARTE10」

横浜遠征に出かけていたため録画鑑賞。金曜日の朝っぱらから送りつけられてきた友人からのメールが、「☆年生きてきて初めて坂口カッコイイと思ったよ!」と興奮醒めやらぬ口調だったので(笑)、どんな展開になってるんだとドキドキしながら観ました。や、予想を遥かに上回る出来栄えでした。いろんな意味で。

またまた長くなったので隠します。
まず先週の続きの朝田VS鬼頭のガチ対決。オペ看のミキが鬼頭先生にお暇を告げてチーム朝田へ移籍。代わりに伊集院がチーム鬼頭にレンタル移籍。伊集院に関してはあらかじめ協定ができてたようだけど、そういうことを一切説明しない両チームのキャプテンが男前すぎて惚れました。鬼頭先生のあの貫禄。エリート外人集団引き連れて病院内を練り歩いても全然違和感ないのが素晴らしい。カッコイイ!

チーム・Dの方はあいかわらず傭兵部隊っぽい寄せ集め感満載で、おまけにカンファレンスルームがどう見積もっても倉庫(笑)。しかもホワイトボードに書かれている字が尋常じゃないほど下手。あれだけ汚い字を堂々と書くということはあれやっぱり朝田の字か(藤吉先生だったらショックです・・・)。

さっそく雄太くんのオペの練習に入るチーム・Dの、荒瀬と小高先生がくるくる回りながらポジションチェンジするのと、藤吉先生がトレー持ってやけにゆっくり動く場面は悪いけど笑った。このけれん味たっぷりなとこが医龍の面白さなんだけど、その動きホントに必要なのー。

ところで今回ちょっと驚くほど外山のキャラが変わってたように思うんですが。チーム鬼頭にレンタルされた伊集院をからかい、「ガツンと言ってやれガツンと!」(お前が言え)とへらへらし、「で、どこ行くの?」と天然ぶりを発揮し、雄太のとこだと言われて「俺帰る!ガキ苦手だし」と及び腰になり、朝田のひと睨みでしょうがなく付き合ったものの、朝田の背中に隠れてりゃなんとかなるかと思ってたら、お母さんと話し込んじゃってるので、伊集院と一緒になんとか会話の糸口を見つけなければと焦り、たまたま目に入ったサッカーボールとマフラー(だっけ?)に活路を見出し、意外にもサカヲタぶりを披露しつつ「ぼうず、お前サッカー好きなのかー」(名前覚えてないんじゃないか疑惑)と話し掛け、「次のW杯はメッシの大会になるかもなー」なんぞと明るく話題提供したつもりが、突然黙り込んだぼうずに怯えキョドりまくるのは外山らしいっちゃらしい(所詮私の外山感なんざこんなものです)。←ちなみに私はこの妙な沈黙を「メッシはアルゼンチンだよ。知ったかしてんじゃねえよ。おっさん」という雄太くんの無言のツッコミなのかと要らぬ心配をしてました。

が、ここから後が外山らしくないんだよなー。「だから俺はイヤだって言ったんだ!」とキレて帰るくらいで丁度いいのに、朝田と伊集院に真剣に心情を吐露してどうする!つうか、覚醒後の外山人気が予想外に大きくなってしまったため、脚本家の筆が滑ったとしか思えないっすよ。サービスのつもりか知らんが外山にはあくまでツンデレでいて欲しかった。

むしろタイムリーに裏でやってるCWCをネタに、「ぼうず、お前浦和レッズが好きなのか!」「うん。今日の試合、勝つかな・・・・・」「いやそれはムリだ。なんてったって相手はミランだからな。バロンドールのカカを中心とした攻撃陣を浦和が止めるのは難しいよ。おまけにピルロのFKもあるしなー。ま、いいとこ1-3くらいでミランが勝つな」と持ち前のKY力をフルに発揮し雄太くんをドン引きさせ、伊集院の通報により駆けつけた藤吉先生に

「お前は黙ってろ!!!!!」と大喝されて欲しかったデス(あほか)。

そんな外山先生ですが、朝田の医師免懸けた決意に真っ先に頷いた場面は泣けた。「やろう」ってたった一言だけど、朝田が一瞬驚いた顔して(藤吉より先にお前が言うか?みたいな反応だったら笑う)その後みんなが「よし!」って感じになるところがたまらなく好きです。ベタだけど私が医龍に求めてるのってこのチーム力なんだと改めて思う。「アルマゲドン」とか「Rock You!」のあのノリ。そういやこの2作にも主役を軸にしたカッコイイ行進シーンがありましたな(笑)。

そして先週の野口先生のオペの時とあからさまに対応が違うチームD。小高先生、野口はもっと容赦なく落としてましたよね・・・・。オペ前に優しい励ましの言葉も一切なく、逆に片岡ちゃんに契約の話でプレッシャーかけられまくってた野口先生が今更のように可哀想になってきた。
スポンサーサイト

テーマ:医龍&医龍2 - ジャンル:テレビ・ラジオ

テレビ * 15:54 * comments(0) * trackbacks(0)
COMENNTS
SEND COMENNTS

TRACKBACKS
この記事のトラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。