スポンサーサイト
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 * --:-- * comments(-)* trackbacks(-)
野口>>>>>>ガリレオの最終回@神コント
2007.12.21 Fri
「医龍2/KARTE11」

とうとう終わっちゃいましたー。いやもうなんつうかすごく寂しい。こんなに切ないのは「組!」以来だわ・・・。

以下、感想も最終回SP。無駄に長い。やけに長い。それでもよければ、

レッツ・パーティ~♪
それにしても、どこからツっこんでいいのかわからないくらい、伏線回収しまくりの盛りだくさんな最終回でしたな(笑)。伊集院が救急車捨てて、ドナーの心臓抱えて森ん中に踏み込んだ日にはどれだけ気を揉んだことか。おとなしく迂回路を行け、伊集院!そんなとこで遭難したらシャレにならんよ!!

で、案の定、坂を転げ落ち足首を捻る伊集院・・・・(あの時は完全にドナーの心臓がパアになったと思った)。伊集院絶対絶命!そこへ唐突に現れるヘリ(片岡ちゃんGJ!)!安もんくさい外人パイロット!!なんだこの無駄な時間の掛け方(笑)!!

片やオペ室も上を下へのてんてこまい。つうか、このチームっていつも開胸してからなにかしらヤバ気なもの発見しますよね。今回も「予想以上に癒着してるっっ!!」と騒いでるのはチームDだけで、視聴者はとっくにお見通しだ。でもこの超展開あってこその医龍なのよね~♪

いくら朝田でもこりゃムリだ的空気の中、「これができるのは俺とおまえだけだ!」と言われて超嬉しそうな外山先生の可愛いこと(誉められて伸びるタイプだったんだなお前)。天才外科医コンビによる夢のコラボ+鳴り響く神BGM+絶妙なる藤吉&片岡ちゃんの解説で嫌でも盛り上がるオペシーンはもうホントにカッコよかったー!最近ちょっとオペシーンが端折られ気味で物足りない思いしてたけど、最後は決めてくれましたな!(朝田と松平先生みたいなデカイ男がふたり並んでる絵の圧迫感も凄かった・・・)。

あの大騒ぎはなんだったんだろうって感じで、わりと普通にドナー心臓到着。突然剥離作業終了を宣言する朝田に「なんでだよ、どうしてだよ、まだ終わってねえよ」とやいやいやいやいうるせー外山。この期に及んで朝田が目開けたまま寝てるわけないだろうが!今ものすごいことを考えてらっしゃるんだからちょっと黙れ!と全員が固唾をのんで見守る中ひとり、「俺は最後までやる!」と熱血全開外山(もういっそ愛しいよそのKY加減)。

そこへ一言。

「やめとけ、61キロ」(秒殺。二度目の秒殺!)

荒瀬カッコイイーーー!!!にゃんこ先生大好きデス!!!!

とりあえず名前あるんだけどな<61キロ(笑)。そこをあえて無視。朝田の考えてること俺ちゃんとわかってるしーみたいな優越感。すべてがカッコイイよ荒瀬。ああもっと観たかった。

ここで足を引き引き駆け付けた伊集院に第一助手の座を譲る外山。術式が変更になったってのもあるけど元々第一助手は伊集院だったんですよね。別に外山のままでもええやん!という意見もあるようだけど(正直私もそう思った)、伊集院が急な予定変更にも対応できる子であること(伊達に修羅場くぐってないっす)と、ふたりのサポートに徹することができる外山(ひととして成長しました)を見せるのにとても有効だったと思いました。なんつってもふたりとも朝田チルドレンだからさー。

で、なんだかんだあって(最後はもう破れかぶれに見えましたヨ・・・)無事にオペ終了ー!一気に手の平を返す明真のスタッフ(お前ら仕事しろ!)。お約束のV字行進(笑うとこ!)!得意の絶頂、野口!!

グッバイ、野口!!!


・・・・・エントラッセンどこの騒ぎじゃなかった。罪のないアロワナまでいなくなってた・・・・。

どんだけ執念深いんだ、善田院長。全部計画通りだったのか、片岡ちゃん。顔が怖い、鬼頭先生。

この3人こわーーー!!!明真には魔物が棲んでる!!北洋組、早く逃げて・・・・・。

そういう理由で松平、外山、小高、野村が北洋に戻ると言ったわけじゃないでしょうが(笑)、彼らが北洋魂を忘れていなかったことがすごく嬉しかった。「いつでも助っ人に来てやる」みたいな上から目線がこれまた(以下略)。

ほとんどの伏線(明真潰します宣言、神の領域、片岡ちゃんの過去)が回収された中、朝田先生の医師免許剥奪問題はあれなかったことに?それとも最後また海外へ飛んだのは高飛びってこと?(まさか)。なんにせよキレイにまとめたなーと感心しました(霧島先生もお疲れ!)。

ホントに面白かったなあ、医龍。たくさんの燃えと萌えと笑いをありがとう。もう観られないなんてイヤです。どうか盆と暮れにSPで帰ってきてください。スピンオフでもいいデス。
スポンサーサイト

テーマ:医龍&医龍2 - ジャンル:テレビ・ラジオ

テレビ * 22:55 * comments(4) * trackbacks(0)
COMENNTS
前もってお知らせしてくれたお陰で、お昼の「医龍・まとめ」を見る事が出来て予習もバッチリ!万全の体制で臨んだ最終回でございました!(何故か家族4人でガン見)お知らせ感謝デス。

途中、息子が「え?何?どういう意味?」と画面に問う度にバッチリのタイミングで図解V付きで説明してくれた藤吉先生ありがとう!なのに、このバカ息子ったら事もあろうにV字行進in大階段のシーン(勿論笑う所デス)で「この白い服の人、何もしてないのに何で一緒に、しかも一番エラそうに歩いてんの?」ったぁ、どういう意味だぁぁああああ~~!(# ゚Д゚)ゴルァ!!

ホント、何も分かってないバカ息子ですみません。あの絶妙なタイミングで説明に入るのは抜群に難しいんだぞ!

事故現場で約15分間何もせずにボケ~ッと突っ立ってた上に、お約束通り枝に引っかかれ、斜面を転がり、ご丁寧に捻挫までする伊集院にイライラさせられましたが、鬼頭先生の漢前っぷりに免じて許してあげます(意味不明)。しかし、もの凄い目ヂカラでしたな!惚れました。

野口先生の最期も圧巻!最初から最後までやらかしてくれましたな。何か憎めない人でした。惜しい人を…(つД`)いや、きっとどこかのERで救命されてるよね!命根性汚そうだからさ!でも、片岡ちゃんもアロワナ位飼ってあげればいいのにさ。

…あぁ、いかん!人んちのブログの、しかもコメントだと言うのにまるで自分ちの記事みたいに書いてたわ(´∀`;) でも、ちあきちゃんが言う通り突っ込み所あり過ぎて困る(笑) 途中参加でしたが、今期一番ハマったドラマでございました♪今度無印を借りて見てみます。2がこんなに面白かったのに、ファンの方が揃って無印が(・∀・)イイ!!って言ってるんで楽しみです(´∀`*)年明けたら「ER VI」と平行して見るわ!

今度会った時の挨拶は「ウィン ウィン v(・∀・)v」ですね(笑)
狸山 * URL * 2007.12.22 Sat * [ 編集]
最近のドラマって親切だよね~。<最終回直前これまでのお話ダイジェスト放送。今回はオペ室から人が溢れんばかりだったので役名と役割がわからんと大変だったと思うよ(笑)。

>「この白い服の人、何もしてないのに何で一緒に、しかも一番エラそうに歩いてんの?」

ふふ。子供のくせに一番触れられたくないところをツっこんできやがりましたね。将来、伊集院みたいになるかも(無印参照)。藤吉先生はね、術後の管理が大変なんデスよ!なんせ心臓ふたつですから!心電図の波形を読み取るのが抜群に難しいんですから!!

やでも藤吉先生なくして医龍はありえないよね。朝田の術式を変更するスピードについて行ける解説要員は藤吉先生以外いないもん。しかも瞬時にオペの難易度まで計算できるんだよー。「天才解説医・藤吉」でスピンオフができても全然おかしくない。それくらい重要な役割であると御子息にお伝えください。

そもそも伊集院がドナーの心臓受取りに行ってるのが謎だけどね(笑)。←あれ普通は移植コーディネーターの仕事じゃなかったっけ?脚本家が伊集院に見せ場を作ってやろうとして逆に失敗した感があって気の毒だよ・・・。

鬼頭先生はカッコイイ!の一言ですな!!!移植をあきらめた時の決断の速さといい、「私に不可能はない!」の目力といい、あの朝田をボクちゃん扱いといい、まさに漢の中の漢!!

>野口先生の最期も圧巻!

最期って・・・(笑)。「野口先生を励ます会」(だっけ?)のパンフレットをアロワナに見せてあげている野口の嬉しそうな笑顔が忘れられない。野口にとって唯一心許せるのがアロワナだったんだろうね。きっとドナー心臓の入ってたケースにアロワナ詰めて渡米したんだよ。泣けるよ(笑)。最後にチラリと映った白衣の裾。あれ絶対、加藤ちゃんだー!って盛り上がってるようだけど私は野口だと信じたい。「久しぶりだね、朝田ちゃん」(ウィンウィン)。

>無印と2

私はどっちも同じくらい好きだよ。無印の大人っぽい雰囲気(荒瀬以外は癖があっても最初からまともな医者だった)と2の敗者復活戦(無印からの続投メンバー以外は給料泥棒)、どちらも違う個性があって面白かった。スピンオフで執刀医:鬼頭、第一助手:加藤、麻酔医:小高、オペ看:ミキの女子チームばっかりてのも面白そう(女子とは名ばかりの男子だけど)。

執刀医:霧島、第一助手:外山、麻酔医:荒瀬のオペも俺が俺がムード満載で楽しそうだわ(笑)。←うっかり第2助手に入った伊集院はオペ中に胃潰瘍で吐血。緊急オペだ朝田を呼べ!!

そうそう言い忘れてたけど、無印の第一話はふたりの天才棒読み師、朝田VS加藤ちゃんの対決が凄まじいので心して観るように。そこさえ乗り切れば8話の荒瀬覚醒の回で鳥肌間違いなし。
ちあき * URL * 2007.12.24 Mon * [ 編集]
ちあきさんこんばんは。狸山さんのコメントも楽しすぎます。

詰め込み過ぎ、やりすぎ感が癖になる医龍2もとうとうラストで寂しいです。
実はラストは野口のアメリカ行きのインパクトが強すぎて細かいことはやっと思い出してきました(笑)
片岡ちゃん、幼い頃のトラウマなんてどこへやら、野口もびっくりのヒールぶりでした。北洋の院長も、よりによってパーティー中に悪行の数々を披露しなくても…。
そういうことをやって笑って見ていられるのは榎木津だけだ!と、見ているこちらまで何がなんだかってくらいの超展開にびっくりです。
鬼頭先生は超然と漢前でカッコよかったです!

肝心のオペシーンもラストに相応しいてんこ盛りでワクワクしました。
霧島ちゃんが説明してくれてましたが、ドナー心が弱っている原因は時間じゃなくて伊集院が落としたからじゃないのか、と誰もがツッコミたくなるであろう前半の展開。てか心臓ってあんなにに転がしても大丈夫なんでしょうか?(笑)

それよりもここは俺が入らないと!と実は朝田を助ける気満々でニヤリと手術室に入ってよ、霧島ちゃん!と野口口調になってヤキモチしてました。

初回といいラストといい「お前のことは全てわかってる」的な目配せシーンで全てを済ませ、口数が少なすぎて周囲(特に伊集院)の胃を痛くさせそうな朝田と霧島も素敵でした。

だから、朝田のあの沈黙は外山にとってはかなりきついはず。
「もういい!俺一人でもやる!」には私もじーんと来ました。
いえ、結果的には無理に決まってるんですけど(笑)
荒瀬がサポートしてくれてよかったー♪

>執刀医:霧島、第一助手:外山、麻酔医:荒瀬

強烈に観たいです!
このメンバーだと伊集院をサポートしてる場合じゃなさそうですから、藤吉先生に術後の(精神的も含めて)ケアもしっかりしてもらわないと!
「天才解説医・藤吉」もぜひ。解説の他に普段の診療、術前術後のケアも全部やってるのに、一見地味な仕事ばかりな彼にぜひ見せ場を。

ラストの白衣が野口説は面白すぎます。
絶対野口は復活するであろうと私も信じてます。
朝田のことだから、きっと何事もなかったような顔してオペを始めちゃうんでしょうけど。そういえば彼の「時間がない」発言はなんだったんでしょう。うやむやになってる可能性大ですが、なんでもいいのでぜひぜひ続編を。

ちあきさんのバチスタの栄光キャスティング、酒井役が特に絶妙です。
日米ふたりともやる気満々でなんとなく暑苦しそうなとことかぴったりです(失礼すぎ)
麻酔医の堺さんは目からウロコでした。
最初に読んだ時から彼はどうもイメージわかなかったので。
医龍で何かを触発されて再読している最中でした(笑)

長い駄文私こそ失礼いたしました。
宵桜 * URL * 2007.12.25 Tue * [ 編集]
宵桜さん、今晩和!
医龍が終わっちゃって木曜日がヒマでしゃあないですなあ・・・。

>実はラストは野口のアメリカ行きのインパクトが強すぎて細かいことはやっと思い出してきました(笑)

心肝同時移植成功→和やか極まりないクリスマス・パーティー→すべてをチャラにして余りあるズタボロ野口。素晴らしい3段落ちでした。さすが医龍、感動だけではすまされないなにかがありますね。つうか、みなさん野口好きすぎ(笑)。

片岡ちゃん、あんまり評判よくなかったみたいなんですが、随所で非常に有能でしたよね。最後も鮮やかに逆転劇を決めてくれて気持ちよかったデス。院長はもう(笑)!最後、「グッバイ、野口」の台詞と同時に爆弾のスイッチを押したんだとばかり思ってました(ロケット花火のように打ち上げられる野口を想像して震えました・・・)。

>霧島ちゃんが説明してくれてましたが、ドナー心が弱っている原因は時間じゃなくて伊集院が落としたからじゃないのか、と誰もがツッコミたくなるであろう前半の展開。

まさに!明らかに5~6回転してましたよね。伊集院が身体を張って守りました的な映像の前に!(ここ重要)。私はてっきり責任を感じた伊集院が、おのれの心臓を代わりに差し出すのだとばかり(ありえない)。あれ脳みそだと確実にパアになってるところでしょうが、心臓って意外と頑丈らしいっすね。

>それよりもここは俺が入らないと!と実は朝田を助ける気満々でニヤリと手術室に入ってよ、霧島ちゃん!と野口口調になってヤキモチしてました。

朝田のためならアメリカからでもパシリとして馳せ参じる霧島ちゃんにたいへん萌えました。あんなピンストライプのスーツ着た医者いないよ!と心の中でツッコみつつ、せめてコーヒーくらい奢ってやって朝田ー!(笑)。朝田にとって一番信頼できる医者が霧島、加藤ちゃんなんだろうなと思います(鬼頭先生は別格)。まだまだ先は長いなあ<外山、伊集院。

>「もういい!俺一人でもやる!」には私もじーんと来ました。

外山役の高橋くんのキャラ造りの才能はすでに神の領域ですな。ちょっと泣きそうになってましたよね、あの時。あと、朝田が触診だけでなんかを見つけた時(適当ですみません)の、「天才、天才を知る」みたいな表情とか。個人的には伊集院が立ち往生している最中も、黙々と手を動かしてたところが偉かったと思います(笑)。外山、よく頑張りました!

>執刀医:霧島、第一助手:外山、麻酔医:荒瀬
>このメンバーだと伊集院をサポートしてる場合じゃなさそうですから、藤吉先生に術後の(精神的も含めて)ケアもしっかりしてもらわないと!

技術は凄いこの3人ですが、実はメンタル面では

伊集院>>>>>>>>>>荒瀬>>>>>外山>>>霧島

の予感がしてきました(「このチームを実質仕切っているのは伊集院だ」by藤吉)。術式をめぐって揉める3人を「いい加減にしてください!」と一喝して黙らせる伊集院に違和感ゼロ。やはり朝田がいないとダメですなこりゃ。

>「天才解説医・藤吉」もぜひ。解説の他に普段の診療、術前術後のケアも全部やってるのに、一見地味な仕事ばかりな彼にぜひ見せ場を。

内科医のくせに外科の医局に入り浸りすぎなのは、あの解説癖が内科でウザがられているからでしょうか。そういや藤吉先生自身の心臓はどうなんでしょうね。バリバリにお元気そうですけど。主治医は朝田でしたっけ?なら安心か。

>そういえば彼の「時間がない」発言はなんだったんでしょう。うやむやになってる可能性大ですが、なんでもいいのでぜひぜひ続編を。

「俺には時間がない」=「ゆうたに時間がない」だと思われます。バチスタでダメだったからもはや移植しかないみたいな。それにしても医療費の請求が怖ろしいですな。「心臓2個分いただきます」とか言われちゃうんでしょうか。そもそも保険でカバーできる範囲なんですかね。心配の種は尽きません。

続編というかSPでもいいので絶対観たいです!!最終回ノォォオオオ!!!野口リターンズ、イエス!!!

バチスタ妄想キャスティングにまでコメントいただけて恐縮です。酒井、ウザイですよね(笑)。原作を大幅に改編(改悪?)とまで言われてるようですが、とりあえず公開されたら観に行かねば!と思ってます。その前に「魍魎の匣」も観なくてはー!
ちあき * URL * 2007.12.27 Thu * [ 編集]
SEND COMENNTS

TRACKBACKS
この記事のトラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。