スポンサーサイト
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 * --:-- * comments(-)* trackbacks(-)
1月に読んだ本・その2
2008.03.04 Tue
シネコン111―吉野朔実のシネマガイドシネコン111―吉野朔実のシネマガイド
(2008/01)
吉野 朔実

商品詳細を見る

・「シネコン111」/吉野朔実

漫画家・吉野朔実さんのイラストエッセイ。
たまにあっさりネタばれしてたりするので未見の作品のレビューは要注意。

111本中、鑑賞済みなのは28本でした。その中でワタクシのオススメ作品は、

・「アダプテーション」
・「パリ・ルーブル美術館の秘密」
・「グッバイ、レーニン!」
・「カンフーハッスル」
・「シービスケット」
・「麦の穂をゆらす風」
・「善き人のためのソナタ」

以上7本。いずれ劣らぬ名作です。番外で「神に選ばれし無敵の男」もオススメしたいところですが、ティム・ロスファン以外には、ここぞというオススメポイントが見つからないのもまた確かだったり。

※未見の中で観たいなーと思った作品メモ。

「PTU」、「モンドヴィーノ」、「グッドナイト&グッドラック」、「明日へのチケット」、「オフサイド・ガールズ」、「パンズ・ラビリンス」。

「オフサイド・ガールズ」はイランの映画。イランの女性は宗教上の理由や文化の問題があって、スタジアムでフットボールの試合が観られないらしいです。そこで彼女たちは男装してスタジアムに潜り込もうとする(笑)というお話。観たい試合が自由に観られるのって(チケットさえ手に入れば)、幸せなことなんだな。

有頂天家族有頂天家族
(2007/09/25)
森見 登美彦

商品詳細を見る

・「有頂天家族」/森見登美彦

京都は下鴨神社の糺の森で暮らす狸の家族が主人公のファンタジー。もうこの狸たちがめちゃくちゃ可愛いのでありますよー。映画”ベイブ”を観た後、「今後二度と豚は食べないわ!」と熱く誓ったしりからかつ丼を食べてしまった私ですが懲りずに宣誓。「一生、狸鍋は食べません」。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

* 20:36 * comments(2) * trackbacks(0)
COMENNTS
コンバンハ!
「明日へのチケット」、絶対オススメです!!
というか、ちあきさんには100%気に入っていただけるかと思います。
オムニバス形式なんですが、第3話めのケン・ローチ監督の話だけでも映画1本分の価値があります♪ぜひ!
波子 * URL * 2008.03.05 Wed * [ 編集]
今晩和~♪

「明日へのチケット」、観たい観たいと思っているうちに終わってしまって非常に残念だったんですが、波子さんから100%のお墨付きをいただき、ますます観たくなりました(笑)。もうすぐヒマになるので張り切ってレンタルしてきます!
ちあき * URL * 2008.03.07 Fri * [ 編集]
SEND COMENNTS

TRACKBACKS
この記事のトラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。