スポンサーサイト
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 * --:-- * comments(-)* trackbacks(-)
3月に読んだ本・その1
2008.04.08 Tue
雲なす証言 (創元推理文庫)雲なす証言 (創元推理文庫)
(1994/04)
ドロシー・L. セイヤーズ

商品詳細を見る

・「雲なす証言」/ドロシー・L.セイヤーズ

ウィムジイ卿の兄であるデンヴァー公爵が殺人容疑で逮捕され、しかも被害者は妹メアリの婚約者。さっそく兄の無実を証明するため捜査に乗り出すピーターですが、肝心の兄は証言を拒否。そのうえメアリまでもが明らかに怪しげな証言を並べ始め・・・と、ピーター卿が身内に足を引っ張られながらも賢き従僕バンターと共に事件の真相を解き明かす冒険ミステリー。

事件に夢中になるあまり、たまに周りが見えなくなるピーター卿をいつも冷静にサポートするバンター。この二人の関係ってバーティーとジーヴスに似てるなあと思ってたんですが、やはりウッドハウス氏の主従コンビがモデルになっているらしいです。後者の方は主に執事がホームズ役ですが、主人が従僕に頭が上がらないのは両者とも同じ(笑)。むしろ主人の頭を抑えられるくらい力のある従僕こそが貴重であり、尊敬されるようです(よう知らんけど)。

バーティー&ジーヴスの方は事件といっても、友人のしょうもない恋愛のもつれ話にバーティーが勝手に巻き込まれているだけですが、ピーター卿はことが殺人絡みなので危うく死にかけたりもします。今回も2回死にかけます。大ピンチです。しかしそこをまさに命がけで助けてくれるのがバンターなのですねー。うっかりしてる上に妙にあきらめのいいピーター卿を、必死に励ますバンターが大変に萌えです。必読。

不自然な死 (創元推理文庫)不自然な死 (創元推理文庫)
(1994/11)
ドロシー・L. セイヤーズ

商品詳細を見る

・「不自然な死」/ドロシー・L.セイヤーズ

ピーター卿が友人のパーカー警部と食事中にふと小耳に挟んだ医者の話が思わぬ展開を見せ・・・という話。内容は面白いんだけど、バンターがあまり出てこなくて残念。初登場のピーター卿の聞き込み代理人・クリンプスン嬢。なかなかに優秀な女性ですが、どうしても市原悦子@家政婦でイメージしてしまう。エマ・トンプソンでもいいかな。

コフィン・ダンサー〈上〉 (文春文庫)コフィン・ダンサー〈上〉 (文春文庫)
(2004/10)
ジェフリー ディーヴァー

商品詳細を見る

・「コフィン・ダンサー」/ジェフリー・ディーヴァー

リンカーン・ライム&アメリア・サックス@ボーン・コレクターのシリーズ第二弾。正体のわからない殺し屋”コフィン・ダンサー”との精神的な攻防にハラハラしたり、パーシーの自己中ぶりにキィーっとなったりなにかと忙しい。が、意外とツメが甘いというか、ちょっとそれムリがないか?という疑問から、なんとなくオチがわかってしまうのが惜しいんですよねー。と偉そうに言いつつ、久しぶりに徹夜して読んでしまったわけですが。キャラの中ではローランド・ベルが好き。映画化するならケヴィン・スペイシーでお願いしたい。

富士日記〈上〉 (中公文庫)富士日記〈上〉 (中公文庫)
(1997/04)
武田 百合子

商品詳細を見る

・「富士日記(上)」/武田百合子

この日は何を食べたとか何を買ったとか何をしたとか、ホントに普通の日記なんだけど、これが面白い。自衛隊のトラックの傍若無人さに腹を立て、「何やってんだい、バカヤロ」と怒鳴りつけたのを、「男に向かってバカとはなんだ」と逆に旦那さんに叱られ、頭にきた武田さんが怒りにまかせて横に旦那さんを乗せたままめちゃくちゃな運転をするくだりは最高にスカっとする。どんだけ柄の悪い口をきいても百合子さんの場合は愛嬌があって可愛いんだもんなー。ズルイよなー。

ヨーロッパを旅してしまった猫のはなし 20000GTヨーロッパを旅してしまった猫のはなし 20000GT
(2007/07/06)
平松謙三

商品詳細を見る

・「ヨーロッパを旅してしまった猫のはなし 20000GT」/平松謙三

猫好き&旅好きならそれなりに楽しめるかと。正直、ノロはもう家でのんびりしていたいと思うがな。
スポンサーサイト

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

* 13:43 * comments(2) * trackbacks(0)
COMENNTS
まずはお久しぶりです~
あと会社、ご苦労様でした。しばし骨休みですね。

ノロ、これ前の本と違いますよね? うーん最初の本は 凄!かわいい! と愛らしく読んでたけど この新しい本の存在を今知ってやっぱり私も「もういいだろ?」って思ったり。
うちも猫いるので旅行できる猫っていいなーって思いましたけど 人間と同じで年齢行けば疲れるでしょうしね。。

別エントリーに対してのコメントですけどクドカンの、借りなきゃ! 以前放送開始のすごい前から張り切ってチェックしてたのにお昼なので案の定録画できず見逃してました。
azu * URL * 2008.04.08 Tue * [ 編集]
azuさん、今晩和~♪お久しぶりです。
仕事はGW明けからまた必死こいて探します。それまではダラダラします(笑)。

ノロ、前の本の続きだと思います。だから新しい情報は特になかったですね。ただ、ノロもでかくなったので抱いて歩くのがキツくなったとか。人間としては一緒に連れていければ安心だけど、猫は家でぐたーっとしてる方が気楽でしょうな。

「吾輩は主婦である」、めっちゃ面白いのでゼヒ!できたら全巻借りて一気に観てください(笑)。吾輩、自己中だけどええことおっしゃります。
ちあき * URL * 2008.04.10 Thu * [ 編集]
SEND COMENNTS

TRACKBACKS
この記事のトラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。