スポンサーサイト
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 * --:-- * comments(-)* trackbacks(-)
最近観た映画
2008.04.09 Wed
・「魔法にかけられて」
・「ダージリン急行」
・「マイ・ブルーベリー・ナイツ」

※以下、ネタばれはしてないつもりですが念のため。


・「魔法にかけられて」

王子様とお姫様が出逢って一目で恋に落ちすぐに結婚。ふたりはいつまでも幸せに暮らしましたとさ!ってそんな夢物語ないない!とディズニー社内でもツッコミが絶えなかったのか。自社の名作お姫様映画をとことん茶化したセルフ・パロディとしては面白かった。現実世界に叩き落とされNY中を右往左往するジゼルが、たまたま出会った小さいおっちゃんに「おこりんぼさん!」と言っちゃうところとか好きだわー(笑)。

328581_01_01_02.jpg

たまにプリンセス・ジゼル(エイミー・アダムス)がおばちゃんに見えてしまうのも、現実と虚構の世界のギャップを表現するためのあえてのキャスティングだと好意的に解釈。普通に可愛いとは思うんですよ<ジゼル。ただその可愛さがどうにもはしのえみ的なの。要するにちょっとイラっとくるの。

プリンス・チャーミングことジェームズ・マースデンはあいかわらず歌がお上手。それ以外なんの取り柄もなさそうだけど、バカがつくほど誠実だとは思うので、最後はあれでよかったんでしょうな。結局のとこ王道中の王道ラブコメでありました。

※今調べたら実際に若くはなかった(33歳)<エイミー・アダムス。王子も35歳だし、今まで考えたこともなかったけど、意外とみんないい歳なのか、ディズニー・プリンセス。

ここで元ネタとの比較画像が見られます。

・「ダージリン急行」

変な映画でした。

328945_01_01_02.jpg

父親の死をきっかけに疎遠になっていた三兄弟が、再び結束を取り戻すために1年ぶりに集まりインドへ旅行。言い出しっぺの長男フランシス(オーウェン・ウィルソン)はいい加減なくせに仕切り屋、次男ピーター(エイドリアン・ブロディ)は父親の遺品を独り占め、三男ジャック(ジェイソン・シュワルツマン)は女にぐだぐだ。それぞれに問題も抱えてるし、旅行なんかしてる場合じゃないだろと思ったら案の定ケンカばっかり。ほんま何がしたいねん!てな話なんですが、なんか楽しそうでちょっと羨ましかったり。

長男はミイラ男みたいだし、次男は毒蛇を列車に持ち込んで怒られるし、三男はなぜか裸足だしでいい歳してひとりくらいまともな奴おらんのか!なホイットマン兄弟ですが、川で溺れかけている子供を見つけ、「走れ!」(次男か三男だったと思う)の一言で兄弟がいっせいに荷物をかなぐり捨てて救出に向かう場面はなかなかカッコよかった。まさに阿吽の呼吸でね。うっかり惚れそうになるんだけど、すぐに「いやいやどいつもこいつもおかしいって!」と冷静になる自分がいました。世界中に男がこの3人しかいないなんてことになったら、ホント絶望的な気持になると思います(言いすぎ)。

・「マイ・ブルーベリー・ナイツ」

ウォン・カーウァイの中の乙女が大暴走。以前からカーウァイ監督の2/3は乙女要素でできてんじゃないかと疑ってたけど、今回は100%乙女。疑いの余地なし。

失恋したてのエリザベス(ノラ・ジョーンズ)が元彼の行きつけのカフェで、イケメンのオーナー・ジェレミー(ジュード・ロウ)と売れ残りのブルーベリー・パイをつつきながらおしゃべり。泣き疲れて眠ってしまったエリザベスの口の周りにあざとい感じで付いているアイスクリームを、ジェレミーがそっと唇でぬぐってあ・げ・る。なんて今どき中学生でも妄想すらせんわ!

その後エリザベスはふいっとジェレミーの前から姿を消し、自分探しの旅へ出かけるんですが、旅の途中で出会うスー・リン(レイチェル・ワイズ)とレスリー(ナタリー・ポートマン)がめちゃくちゃキレイです。ノラ・ジョーンズも可愛い。女優にとって素晴らしい監督であることは間違いないな。今回、音楽はまあまあでした(悪くはないけど特に印象に残る曲がなかった)。内容のなさは過去最高かも。

ところで、これって確かティム・ロス(ケヴィン・スペイシーも)が出てるハズではなかったですか?

06090211.jpg

もしや全シーンカット?ありえへーーーん!!
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

映画 * 22:46 * comments(5) * trackbacks(0)
COMENNTS
カーウァイの映画って、映像と音楽は最高に好きなのに、内容の無さにいつも撃沈されるので、この「マイ・ブルーベリー・ナイツ」も、映画館行って観ようか、それともDVDまで待とうか未だ迷ってたんですが、そうですか、内容の無さは過去最高ですか…(笑)
(やっぱりDVD出るまで待つか…)
最近、金城熱が再燃中(笑)なので、この間久しぶりに「恋する惑星」を借りて観たんですが、観た後ちあきさんのレビューをまた読んで笑っていたところでした。
カーウァイ監督にとって、『失恋』が永遠のテーマなんでしょうか(笑)。
失恋した後、自分の誕生日が賞味期限のパイン缶買い集めて願掛けしたり、石鹸やタオルに話しかけたり、励ましたり(笑)、で今度は自分探しの旅ですか…
美女やイケメンが演じてるからまだ見られるけど、実際こんな人がいたら恐いよ(笑)ってな行動ばかりで、いちいちこんな変な事を思い付く、カーウァイの頭の中をのぞいてみたいです。
アメディオ * URL * 2008.04.10 Thu * [ 編集]
アメディオさん、今晩和~。

マイブル、昨日の午前中に観に行ったんですが、客は私を入れて5人でした・・・。平日の昼間っからウロウロしてる人間に言われたかないでしょうが、それにしても少な!内容も薄っ!よって、DVDで充分だと思われます(笑)。

カーウァイ監督の作品ってホントに音楽と映像はいいですよね。マイブルもオシャレーな感じに仕上がってました。ただサントラ欲しい!ってほどではなかったです。(代わりにノラのCDは欲しいと思ったけど)。

「恋する惑星」と言えばパイン缶!パイン缶と言えば、ドSの監督に金城くんが死ぬほど食わされたんでしたっけ?今回もジュードがアホほどブルーベリー・パイを食べさせられたんじゃないかと疑ってます。1ピースでさえ胸焼けしそうなくらいの量でしたけど、あの監督ならやりかねない。美青年好きだから(笑)。

>美女やイケメンが演じてるからまだ見られるけど。

そうそう。今回もあれジュードじゃなかったら犯罪。いやジュードであっても犯罪やろ!というようなキスシーンでした(笑)。ドSで乙女でイケメン好きなカーウァイ監督って奥が深いですなあ。映画監督じゃなかったらただの変人ですよ(言いすぎ)。
ちあき * URL * 2008.04.10 Thu * [ 編集]
ちあきさんこんばんは。
私も見ました!
カーウェイ監督、ハリウッド進出といっても肩に力が入っていないのか、それとも難解じゃなくそうとしたのかはわかりませんが、確かに内容のなさでは過去最高でした。連れてった友人からは「お洒落映画だけど気を抜くと寝そうだった」とのコメントが(笑)

ストーリーはもうファンタジーかと。
カーウェイ監督、ほんとにどこまで乙女でイケメン好きなんだと思いながらもヘラヘラ見てしまいました。
ブルーベリーパイはいかにもアメリカンで甘そう…あの自分用のデザートにもすごい量の砂糖が入ってそう!(しかも大きさもハンパじゃない)
ノラもジュードも嫌というほど食べさせられたんじゃないかと、見ながら余計な心配をしてしまいました。
ジュードの出番が少なかったですが、特にレイチェル・ワイズはこんなに綺麗だったっけ?
と思うほど素敵でした。

スルースも見ました。
こちらは違う意味でツッコミ所がいろいろありますが、ジュード鑑賞にはもってこいでした。
宵桜 * URL * 2008.04.11 Fri * [ 編集]
「恋する惑星」のパイン缶30缶一気食いのシーンですが、金城君は実はパイナップルが大嫌いなので、代わりにモモ缶を食ったらしいですよ(笑)。本人はパイナップルの匂いすらダメらしいのに、「ねぇ、パイナップル好き?」って4ヶ国語で口説いてたのが何か笑えます。
ジュードもブルーベリー・パイをいっぱい食わされてたんですか?(笑)イケメンががっつりモノ食うのを見るのが好きなんでしょうか…?(どんな趣味や!)
ジュードであっても犯罪なキスシーンとは、映画の宣伝ポスターとかに使われてる、あの太極図のようなヤツですね(笑)。初めてあの写真を見た時は「なんて器用な!!」と思いましたよ。

カーウァイのドSといえば、一番の被害者はやっぱりトニーではないかと…(笑)
「ブエノスアイレス」で、現地入りするまでゲイの役だと全く知らされず、いきなりベッドシーンの撮影だったと聞いた時は、どんだけSやねん!!と思いましたよ。
さすがの温厚なトニーも怒ったらしいけど、それでも立て続けにカーウァイ作品に出てるあたり、ドSとドMでちょうどバランスが取れてるんでしょうね(笑)。

アメディオ * URL * 2008.04.12 Sat * [ 編集]
>宵桜さん

今晩和~♪マイブル、内容がないというより、カーウァイ監督作にしては分かりやすいんですな。読み間違いようがない(笑)。なるほどハリウッド進出で監督なりに気を使ったのか!そして私もうっかり寝そうになったクチです。

ブルーベリーパイ、さらにアイスクリーム追加には思わずのけぞりましたが、アイスでくるんで飲み込みでもしない限り、完食できそうにも見えませんでした(笑)。ノラなんか見るからに胃袋小さそうだし。

ジュードみたいな店主がいるカフェ、私なら毎日通い詰めますよ!もうめっちゃ可愛かったデス♪カフェの雰囲気もいい感じに古くてオシャレ過ぎないところがステキでした。カーウァイ監督ってホント、センスいいんですよねー。ストーリーは適当だけど(しつこい)。

レイチェルは狸顔なのにセクシーというよりエロいところが素晴らしいと思います。私もあんな女に生まれたかった(無理)。”スルース”は来週にでも観に行くつもりです~。

>アメディオさん

モモ缶でしたか。それでも30缶も食ったら二度と食べたくない気が(笑)。ジュードの場合は、ブルーベリーパイがあんまり人気なくて、1ホール丸々売れ残ってたのを食べるんですよ(さすがに完食ではありませんが)。それがなんかパッサパサした感じでね。のど詰まりそうで。そんなに人気ないんだったらメニューから外したらどうかと思いました。

>太極キスシーン

ジュードとノラなので絵的にはキレイなんですが、それ以前にそれは合意の上であるのか?という疑惑が。ラブ・ファンタジーなんだからアリだとは思うんですけどね・・・。枯れてますね、私(笑)。

トニーはもうカーウァイ監督のミューズですから(笑)。というか、変人同士気が合うのかも知れんですな!
ちあき * URL * 2008.04.13 Sun * [ 編集]
SEND COMENNTS

TRACKBACKS
この記事のトラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。