スポンサーサイト
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 * --:-- * comments(-)* trackbacks(-)
コニーとフランクの3分間クッキング!
2008.08.30 Sat
ゲ★イカップルが緊縛プレイを楽しんでいるわけではありません。
コニーとフランクが料理しているだけです。



ごついフランクが包丁を持つとカッターにしか見えん。

以下#4~#5のネタバレ感想です。
#4「大統領夫人を救出せよ」

【ベラルーシに外遊中のドイツ大統領夫人の護衛にあたるコニーとデミア。しかしドイツ大使館に着いた途端、身体に爆弾を巻きつけた女(ヤニナ)に監禁されてしまい・・・・】

ヤニナの夫はベラルーシ政府の武器密売を密告しようとして秘密警察に殺害されており、記者である彼女自身も命を狙われる身。そこでドイツにいる母と息子の元へ亡命するために、、やむなく大統領夫人を人質にとることにしました!って話なんだけど、それにしてもあんたやることが過激すぎない?実際ヤニナに撃たれて死にそうになってる人間もいるし、頼み事する相手に銃を突き付けるとは何事かと、大統領夫人はお怒りに。

そうは言ってもこっちも必死だし、だいたい普通に出国できるくらいならこんなことしないつーの!ベラルーシとドイツは違うんですよ!!簡単にひとが殺されちゃうんデスよ!!と叫ぶヤニナの言葉を裏付けるように、ドイツの管轄内である大使館に勝手になだれこむベラルーシの特殊部隊が怖ろしかったですね。都合の悪いことをベラベラしゃべりまくる前に殺しとけ!って殺意がありありで。しかもGSGより人数も多いし装備も上ときました。

最後は空港まで追っかけてこられて、殺るか殺られるか!って感じになるんですが、ベラルーシの特殊部隊も全員が腐っているわけでなく、「さすがにこれ以上はマズイんじゃね?」的な空気になったところを素早く脱出。上手い具合にヤニナの命を狙ってたスジュチェンコ大佐はどさくさ紛れに誰かに撃たれて死んだみたいだし、めでたしめでたし。ヤニナもベラルーシに残しといたら殺されるのが目に見えているからという人道的配慮に基づきドイツへ行けたしよかったんじゃないですか。無罪放免てわけにはいかないけど。

と、私がヤニナに対してそっけないのは、彼女を守るためにコニーが撃たれたからだ!なんであんたのためにコニーが身体張らなきゃならないんだよ!(それが仕事デスよ)。でもコニーは根っから女性に優しいんですよね~。笑顔で大丈夫!みたいな。ほんと 必 要 以 上 に 優 し い な (この件はまた後ほど)。

今回驚いたのはGSG-9の守備範囲の広さ。海外で要人の警護までやらなきゃいけないとは、忙しいったらないな(NATOの仕事じゃないのか)。さておき、コニーとデミアが腐れ縁という設定、今後生きてくるんでしょうか。ゲープとデミア以外は仕事以外の付き合いがないような気がするんだけどなあ。そこがつまらんのよこのドラマ。

#5「裏切り者は…」

【極右組織・新銃撃隊(NSS)に潜入することになったゲープとフランク。先に潜入済みの憲法擁護庁のロルフとともに偽物の爆薬をつかませ、爆弾を仕掛けた時点で一網打尽といくはずが、いつの間にか爆薬は本物にすり替わっており、おまけにゲープとフランクが潜入だとバレていて・・・】

今回も出ましたフランクのチキン・ハート!偽爆薬の運送までが任務のハズだったのに、突然爆弾を仕掛ける仕事までやらされることになって涙目になってんの。それをまたゲープが「命令だぞ!逃げんなよ!」なんて叱るもんだから可哀想になってしまった(笑)。しかも爆薬本物だし!なんで?ってことでゲープとフランクが一番先に疑ったのがロルフ。お前ホントはスパイだろう!!と締め上げるんだけど、ロルフは全否定。

とりあえず本部と連絡をつけようと焦る間にも、正体がバレていた2人はあっさり捕まり、爆弾と一緒にモスクに放置。まさに絶体絶命!!が、爆破まで数分!というところで爆弾の設置場所を割り出した仲間が到着。ここでようやくカスパーの出番ですよ!!

これまでさんざん影が薄いだなんだと言いましたが、実はカスパーは爆弾処理のエキスパート。さっそく爆破装置の解除にとりかかるわけですが、一緒に残ったコニーがなんにもできないくせに横から「あと1分だぞ!大丈夫か!!」とやいやいやいやいうるさい。でまたカスパーがわざと間違えて黒のコードを切ったりしちゃうんだ(笑)。カスパーはさすがに爆弾処理なんかやるだけあって落ち着いてるんだけど、コニーの意外なまでのテンパリ具合が可愛かったなあ(なんでもいい)。

爆弾も無事に処理し犯人も逮捕!かと思いきや、もうひとつの爆弾が車に積まれていることがわかり、慌てて駆けつけてみれば中には縛られたロルフが!やはりロルフはスパイなんかじゃなかった!!疑ってごめーーん!さっそく爆弾解除するから!とカスパーが乗り出すも、「あれコレなんかむずかしいデスよ・・・」。

こりゃマズイ!と突然車を走らせるロルフ。まさか自分が犠牲になる気なのかロルフ!!あんたスゲーよ!!つうか、その前にカスパーを降ろしてくれ!!!

本部からの指示により地下駐車場を目指し、ひた走るロルフ!後部座席で必死に解除しようとするカスパー!それを追うチーム50!なんとか目的地にたどり着き、あとは任せた・・・と遠くから見守るチーム50!!(え?)。とりあえず外から「あと3分しかないよ。いける?大丈夫?あれなんか聞こえないなあ」と様子をうかがっている間に、突然無線が途絶え、次の瞬間大爆発!!!

カスパーーーー!!!(絶叫)

すると意外な角度からぼろぼろのロルフを抱えたカスパー登場。「あれ?どしたん」「もう時間ない!と思って逃げたん。でもロルフが付いてきてなかったん・・・・」

というわけで、ゲープとフランクにスパイ容疑をかけられたロルフは国家に命を捧げ殉職。最後に誤解は解けてたからいいようなものの、やっぱりロルフの死は悲しかった。彼は最期まで自分の職務に忠実な信念の人でした。裏切り者は別にいてそいつも捕まったんだけど、私は最初からあいつが怪しいと思ってましたよ!
スポンサーサイト

テーマ:海外ドラマ(欧米) - ジャンル:テレビ・ラジオ

テレビ * 22:47 * comments(1) * trackbacks(0)
COMENNTS
>kamoさん

Guten Abend!
こちらこそかまっていただけて嬉しいです。
コニー出演映画、さっそくググってきましたが、元はフィンランド映画なんですね。彼の役柄もストーリーも面白そうだし、確かにこれは観るしかないです(笑)。コニー、サッカーできるのかなー。イメージ的には守備をしないピッポです。
ちあき * URL * 2008.09.04 Thu * [ 編集]
SEND COMENNTS

TRACKBACKS
この記事のトラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。