スポンサーサイト
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 * --:-- * comments(-)* trackbacks(-)
初蜷川を堪能。
2008.11.17 Mon
「から騒ぎ Much Ado About Nothing」を観てきました。

座席の方は案の定、後ろから数えた方が早いくらいの席でしたが、シアター・ドラマシティは小さい箱なので案外観やすかった。舞台装置はシンプルだったけど照明効果でずいぶんゴージャスに見えました(笑)。衣装は見るからにいい生地使ってるなー!って感じでものすごくステキ。特にレオナート、アントーニオのオヤヂ兄弟の衣裳の仕立ての良さにうっとり♪。私もあんな真っ白で柔らかそうなコートが欲しいよ。

以下、ネタバレ三昧。
logo_photo.jpg

【シチリア・メッシーナ知事のレオナート(瑳川哲朗)の娘・ヒアロー(月川悠貴)に求婚し、なんだかんだあったものの無事に承諾を得て有頂天のクローディオ(長谷川博乙)。嬉しくて完全にテンション上がっちゃったクローディオと娘の結婚に浮かれるレオナート、クローディオの主で賑やか好きでお節介なドン・ペドロ(吉田鋼太郎)は、この勢いでベネディック(小出恵介)とヒアローの従姉妹のビアトリス(高橋一生)をくっつけちゃえ!と画策。お人形のようにおとなしげなヒアローまでがこの計画に加わり、顔を合わせればウイットに富んだ皮肉の応酬でケンカばかりのふたりに、それぞれ好意を持たせようとするが・・・】

シェイクスピアって一度も読んだことないんですが、おそろしくクドイ修飾語の多彩なセリフに圧倒されました。みんなよく覚えるよなあ(感心)。ただ、セリフを言うのにいっぱいいっぱいだなって気もちょっとした(笑)。クソ真面目そうなクローディオはともかく、ベネディックは前半もっとウザいくらいいい加減でもよかったような。その方が後半、ドン・ジョン(大川浩樹)の陰謀にうかうかとハマり、みんながみんな泣いたりキレたり死んだりしてる中、ひとり冷静に事態を見つめていたベネディックのカッコよさが引き立つと思うんだけどー。なんて偉そうに世界の蜷川の演出にケチつけてみました。

やでも、小出ベネディック、カッコよかったでありますよ!皮肉屋で結婚なんか頭から大否定で、そのくせちょっとビアトリスに惚れられているらしい・・・と思いこんだが最後、彼女への愛を貫くために親友であるクローディオに決闘を申し込むことも辞さない!とはなんて可愛い男なんだ。大好き(笑)。そんなベネディックと常に互角(以上かも)に遣り合うビアトリスは、誰に対しても上から目線で、こちらが1言言うたびに1000倍にして返してくるような才気走ったところのある、下手したらすごく嫌な女なんだけど、洒落の判るベネディック相手だからこそ安心して辛辣なこと言ってるとこもあって、そこがとても可愛いと思いました。先に惚れてたのは多分ビアトリスですよね(笑)。

口から先に生まれたようなビアトリスと違い、いかにも深窓の令嬢然としたヒアローが自身の貞節を疑われ悲しみのあまり気絶、思いだしたように意識を取り戻し一言二言、怒りと情けなさと悔しさと悲しみの入り混じったセリフを吐く姿はほとんど恐怖でした。あれホントに死んでたら怨霊となってクローディオに執り憑いてたに違いない(笑)。

今回オールメールってことで、女性役もすべて男性の俳優が演じてて、「大丈夫?竹の塚@スマスマみたいなことになってない?」と、期待半分怖いもの見たさ半分(失礼な!)だったんですが、想像してたよりずーーっとみんな可愛かったデス。一生ビアトリスが気を失ったヒアローを抱きかかえながら、「死んじゃったの?ねえ!」とオロオロする場面は「ヒアローってそれくらいで死んだりしない。そんなタマじゃないと思う・・・」と心中秘かにツッコみつつ、かいらしいなあとおっさんのようにガン見してしまいました(パンフレットに載ってる衣装にヅラだけ着けてすっぴんの一生がまた可愛いんだ!休憩中(?)のドレスなのに足広げて座ってる一生は妙に色っぽいしー♪)。

ヒアロー役の月川さんは声の出し方から所作まで、そんじょそこらの女よりよっぽど女っぽい。最後のカーテンコールのお辞儀の仕方なんて、どっから観ても大御所女優でしたぜ。長谷川さんはとにかく足が細かった(そこか)。一番印象的だったのはドン・ペドロかな。お調子者のエロオヤヂだけど、自分の非をきちんと認める潔さもあって大人の男だなーって感じでステキでした。

初めて生で観た蜷川さんの舞台は思ってたより自由な雰囲気を感じました。もっと全体に蜷川色に染め上げられているのかと思ってたけど。つうか蜷川色がどんな色か全然知らんけどさ。なんとなくイメージ的に。ただ、せっかく男性俳優が女性役をやるんだから、もうちょっと妖しいくらいでよかったんじゃないかと。女性的な愛らしさ美しさの中に男性的な色気があった方が面白いんじゃないかなあ。私が拾いきれてないだけかも知れんですが。
スポンサーサイト

テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

舞台 * 22:03 * comments(0) * trackbacks(0)
COMENNTS
SEND COMENNTS

TRACKBACKS
この記事のトラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。