スポンサーサイト
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 * --:-- * comments(-)* trackbacks(-)
鷲津だけどハゲタカなのですね。
2009.05.09 Sat
なぜハゲワシではいかんかったのでしょうか(どうでもいい)。

友人から、「”ハゲタカ”の映画観に行こう!」とのメールをいただき、「ええよ。ドラマの方観てないけど(笑)」と返信したところ、「5/4から再放送あるから!始まる直前にメール入れるから!!絶対、好きなタイプのドラマやから観てな!!」と熱すぎるメッセージが。そのわりに初日にいきなりメールくれるの忘れてたけどな。

ハゲタカ DVD-BOXハゲタカ DVD-BOX
(2007/07/18)
不明

商品詳細を見る


そんなわけで初回の30分過ぎからと、3話以降しか観られていない(2話は録画失敗・・・)要するに出発点がいまひとつわかってない奴のネタばれ感想デス。
ハゲタカこと鷲津政彦(大森南朋)は三葉銀行時代、貸し渋りにより小さな工場の経営者を自殺に追い込んでしまいます。茫然としながら葬儀にやってきた鷲津に、経営者の娘・三島由香(栗山千明)は数珠を投げつけ(投げてない?)「人殺し!!」と絶叫。土下座して謝罪する鷲津を痛ましい目でみつめるのが彼の上司である芝野健夫(柴田恭兵)。その後、鷲津は銀行を辞め渡米。数年後、外資ファンド”ホライズン・インベストメントワークス”の日本支社代表として帰国した鷲津は、徹底した合理主義と非情さで日本を買い叩いていく・・・。という話。

予告かなにかで鷲津がプールに浮かんでいる場面だけは観たことあって、てっきり「マネーゲームで莫大な利益を上げていた腐れ男が、最後は金に翻弄された挙句すべてを失い自殺する話」だと思っていたんですが、さすがは日本ホ★協会。略してN☆K!そんな安いドラマを作るわけもなく、燃えも萌えもたっぷり用意されておりました!

次々と企業買収を続ける鷲津には当然非難も多いわけですが、彼が手をつけた企業は結局のところどこも黒字に転換。鷲津憎しの一念で彼を追いかけていた三島由香(東洋テレビのキャスターになってる)でさえ、彼がただの買収屋ではないのでは?と思い始めます。そんな折、大手電機メーカー大空電機の買収話が持ち上がり、鷲津はかつての上司であり現在は企業再生家として大空電機の役員を務める芝野と対立。そこへ昔、鷲津に父親が経営する老舗旅館を買い叩かれた上、失意の中で父親が事故死してしまったことで彼に恨みを持つIT企業”ハイパークリエーション”の社長の西野治(松田龍平)が現れ、大空電機との業務提携を前提にTOBをかけることを約束。

TV番組にも度々出演し、一方的に鷲津を悪者に仕立てることで優位に立とうとする西野。しかし胡散臭いことでは鷲津よりよっぽどな西野と組むことに危惧を覚える芝野は、社長の塚本(大杉漣)に再三「ホントにあいつを信用していいの?」と提言。真面目でそこそこ有能ではあるのだろうけど、それ以上に「この会社を再建して男を上げることができれば!」的な想いがチラチラする塚本はこれを却下(死亡フラグ)。

白熱するTOB合戦の中、「レンズ部門だけでええねん」な本社の意向を無視し、内密に大空電機を丸々引き受けてくれそうな中国の会社との接触を図る鷲津。大空電機の創業者である大木昇三郎(菅原文太)を師と仰ぐ中国人社長の感触もよく、さあこれから!という矢先、彼の行動を快く思わない本社により鷲津はあっさりと解雇されてしまいます。これでTOBはハイパークリエーションに軍配が上がるのですが、そのハイパーもまたインサイダー取引が発覚(案の上感たっぷり)。

ヤケになったのかなんなのか、鷲津の元に現れた西野は彼の目の前で拳銃自殺を図ろうとし、止めに入った鷲津を誤って撃ってしまう(私が観たプールのシーンはここですね)。半身不随になった上、部下であったアランに解雇通知書に署名を求められる鷲津(「おまえが事務的なのがせめてもの慰めだよ」とあながち嫌味でもない感じで言う鷲津がオモロす)はもうふんだりけったりなんだけど、同じく立場のないのが芝野。

再びホライズンが乗り込んだ大空電機では大規模なリストラが行われ、コストカッターとして会社に残った芝野はその嫌な役をひとりで背負う羽目になり憔悴しきり。社員もね、わかっちゃいるとは思うんだ。芝野さんだけが悪いんじゃないって。ただ芝野さんって生え抜きじゃないからね。役員とはいえ大空電機にとっちゃヨソ者同然。お前にだけは言われたかない!みたいな。つうか、芝野さんって銀行でもどこでも、とにかく誰かの板挟みになる運命なんですよね。気の毒としかいいようがない。

当初の予定よりリストラされる社員が多いことについにキレた芝野は、リハビリ中の鷲津を訪ね「アメリカの軍需産業に売り渡されそうなレンズ事業部を救ってくれ!」と要請。身体も不自由になり心が折れかけていた鷲津も「俺にはやっぱファンドしかないっす!」と新たに鷲津ファンドを立ち上げ、レンズ事業部の従業員が自ら会社を買収するEBOを展開。他の部門はどうなるの?はさておき、レンズ部門の特殊技能士・加藤幸夫(田中泯)を説得し理解を得た上、レンズ部門の下請け業者にも出資を依頼。おまけに金の匂いのするところならどこにでも顔を出すMGS銀行の副頭取・飯島(中尾彬/銀行員時代の芝野と鷲津の上司でもある)まで抱き込み、ついにEBOに成功。独立した会社の社長に就任したのは苦労人・芝野でありました。めでたしめでたし。

と、最後はまさかのハッピー・エンド(笑)。や、鷲津があんなツンデレキャラだとは思いもよりませんでした。なんせ大空電機の買収に本社の意向を無視してまで必死だったのは、大空電機の下請け会社の三島製作所を守りたかったから・・・ってんですから!公の場でさんざん自分を殺人者呼ばわりした西野に、うっかり死ぬような目に合わされながら彼を告訴しなかったのも、「父親をあんな形で亡くした彼の気持ちが理解るから・・・」ですって!これはもう 萌 え る し か な い。

よっぽどね、堪えてたんだね、由香ちゃんに葬式で罵倒されたのが。彼女も冷静に考えるとわかるハズなんだけどね。貸し渋りしたのが鷲津の一存じゃないってことくらい。でも信頼してた分、余計に憎らしかったんだよね。わかります。ってこの辺り完璧に見逃してる自分が言うのもアレですが。

観てる方には鷲津がなんとかして大空電機(つうか三島製作所)を救おうとしてるのが判るのだけど、最後まで由香ちゃんにはそんなことおくびにも出さない鷲津がカッコよくてもう!うまいこと中延さん(志賀廣太郎)がリークしてくれてよかったですよ(笑)。三島社長の仏前に手を合わせ、「やっとご報告することができました」とかさ。一瞬、鷲津がプロポーズに来たのかと思った(笑)。あのふたり、くっつくといいのになー。少なくとも由香は鷲津に惚れてると思うのだが。どう?違う?(聞かれても)。

一番印象に残ったのは加藤さんの「(鷲津に向って)あんたたちは何も物を作らないし、なんの価値も生み出さない。あるのは紙切れだけ」という言葉。鷲津のような人たちに感じる胡散臭さってここにあるんだと思う。なぜ儲かるのかもわからないし、わかりたくもないしーみたいな(笑)。だから経営不振にあえぐ会社にいながらも、今すぐ経営陣に大ナタを振るって企業再生を目指します!な投資家より、「とりあえず3年待ってくれ」な浪花節カリスマ創業者に社員はついて行きたがるんじゃないか。

「潰れようが生き残ろうが、どちらにせよ、うちらはあんたの下で働く気はありません!」て言える会社で働いてる人たちっていいよなあ。私が前に働いてた会社なんか、「今すぐ経営者代えてくれ!もしくは一回潰すしかないんじゃね?」って感じだったもん(主に私がですが)。まあ100%外資が欲しがる会社ではなかったけどさ。

ところでこれ、脚本が「医龍」の林宏司さんなんですね。どうりで「EBO。エンプロイー・バイアウトですか」とか、いちいち説明セリフが入るわけだ。解説担当は蔵さんだけじゃなかったか。

というわけで、映画が楽しみになってきたよ(私信)。
スポンサーサイト

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

テレビ * 20:52 * comments(3) * trackbacks(0)
COMENNTS
あんなに大騒ぎしておいて、メール送るの忘れてすんまそん(´∀`;)

見てくれてありがとう(人´∀`)ちあきちゃんなら気に入ってくれると思ったわ♪でも、2話も見逃したんか!では、アテクシ秘蔵のDVD(自分で録ったやつ)をお貸ししましょう。最初からじっくり見たらもっと萌えるわよ(*´∀`)

セクシー大下萌えだった私は芝野さん萌えでございました(笑)大森さんはオダギリ主演の「蟲師」に出てて、映画館で「鷲津キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!」と心の中で祭りだった事を思い出しました。

映画は玉鉄が出るみたいで今から楽しみです♪
狸山 * URL * 2009.05.10 Sun * [ 編集]
こんにちは!
「ハゲタカ」、先日映画館で予告見て気になっておりました。
私も「でもドラマまったく見てないからなー」と諦めていたのですが・・・レビューありがとうございます!なんだか面白そう!
ニュースを見ていても、何がなにやらさっぱりわからない企業買収の世界。ハナから「胡散くせえなあ」という色眼鏡でシャットアウトしてきたジャンルですが、ドラマならなんだか面白いかも!ですね。
自分の行動の「良い意思」を照れ隠しにするヒトっていいですよね。ちあきさんのレビューだけですでに萌えです。

ところで、話は変わるのですがオダギリさんのドラマは見てらっしゃいますか?
千原ジュニアの怪演と、オダギリさんの巻き込まれっぷりから目が離せない・・・のですが、肝心の「妹」にイラっとさせられまくりの心が狭い私です(笑)。
波子 * URL * 2009.05.11 Mon * [ 編集]
>たぬきさん

てっきり2時間連続放送かと思ったら、1時間毎にニュースなんか挟みやがって!おかげで2話は完全に見逃しました。DVD、お待ちしてます。

さておき、面白かったよ。さすがに付き合いが長いだけあって私のツボをよくご存じだ(笑)。大森さんに関しては正直、メガネマジックが働いてるとしか思えない。むしろメガネ萌え!玉鉄もメガネだよね!楽しみ!!

>波子さん

今晩和!
「ハゲタカ」、たぶん波子さんもお好きだと思います(笑)。というか、ネタバレしすぎですみません!懲りずにどうぞご覧になってくださいませー。メガネ+スーツ男子が札びらで殴り合う姿は、ホリ★もんと違い(胡散臭さでは同じでも)、かなり観やすくなっております!

>自分の行動の「良い意思」を照れ隠しにするヒトっていいですよね。

それがまたものすごく判り難いところに萌えました(笑)。

>オダギリドラマ

観てますよ♪私の職場では「ジャックナイフ(Jr)のドラマ」と呼ばれております。自分の面倒も見られないのに、妹のこと心配してる場合でしょうか、あの兄。こんなに終着点がみえにくいドラマも珍しいですよね。3人がどうなるのか見当もつきません(笑)。
ちあき * URL * 2009.05.13 Wed * [ 編集]
SEND COMENNTS

TRACKBACKS
この記事のトラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。