スポンサーサイト
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 * --:-- * comments(-)* trackbacks(-)
最近観た映画
2009.08.02 Sun
・「MW」
・「ウォレスとグルミット ベーカリー街の悪夢」
・「アイス・エイジ3 ティラノのおとしもの」

以下、ネタばれ含みます。
・「MW」

332667_01_01_02.jpg

16年前、一夜にして島民全員が姿を消した沖之真船島。実はこの島には日本と某国(アメリカだけど)が隠し持っていた”MW"と呼ばれる神経ガスがあり、それが漏れ出したことで島民は全滅。辛うじて生き残った人間もすべて口封じのために殺されていたのであります。しかしこの時、少年2人(結城美智雄、賀来裕太郎)だけが島から逃げ出すことに成功。成長し、エリート銀行員となった結城は神父の賀来を巻き込み、事件の関係者(無関係なひともお構いなく)を次々と殺害していくが、それは復讐というものではなく、MWを吸い込んだせいで心身ともに蝕まれ、余命幾許もない身となった自分との大道連れ作戦であった!

というわけで、どっちみち俺、長くないんだもんねー!な結城さんには1ミリも迷いがないのですが、神父となり神に仕える身となった賀来さんはそうもいかず、発作を起こして倒れた結城を、ネチっこい手でなでくり回していたかと思うと、次の瞬間には警察に通報したりと揺れまくりのブレまくり。暴走する結城に、これ以上罪は犯させたくない!としまいには「一緒に死のう!」とまで言い出すんだけど、この神父の結城に対する思いの深さが原作では同性愛絡みなのに対し、映画では「自分を助けるためにガスを吸ってしまった結城への負い目」にすり替わっちゃってるんですね。

で、このあたりが原作ファンからは≪逃げた≫と思われてるんでしょうが、原作のゴルゴ13と見紛うようなゴツイ神父と違い、映画の湿度高めの山田神父の場合、正直、もうどっちゃでもええかなという気がします(笑)。どっちにしろ「俺がこうなったの全部お前のせい」と結城に言われたら、神父は泣いて黙るしかない。というか、どう考えても押し倒されるの神父の方やろ。そんな神父に結城を止められるなんて、最初から誰も期待してなかったと思うよ。いやウソ。実はちょっぴり期待してた。だって神父、崖から落ちても海に落とされても骨一つ折らず甦ってたしさー。頑丈なのは間違いない。だから最後は因縁のMWを片手に二人して心中か!と思いきや・・・・。

まあ結城さんが、やたら余命が余命が言うわりに命根性汚かったのが最大の要因ですが。いったいキミの余命はあと何年あるのですか。なんだかんだいって誰よりも長生きするんじゃなかろうか。

・「ウォレスとグルミット ベーカリー街の悪夢」

333771_01_01_02.jpg

観る度に転職してる気がするウォレスとグルミット。今回はパン屋さんです。

ウォレスたちがパン屋を営む街で、パン屋ばかりを狙った連続殺人事件が発生。犯人がなかなか捕まらないのは怖いけど、ライバルが減るのは嬉しいなあと例の如くのんき極まりないウォレスの前に、パイエラという女性が現われます。昔CM女優だったパイエラの大ファンだったウォレスは有頂天で仕事にも力が入らず・・・って話で、一応ミステリー仕立てになってますが犯人はすぐに判ります。ウォレスがぼんくらなのも、グルミットがそんなウォレスを守るために一生懸命なのもいつも通りの鉄板デス。ああそれにしてもグルミットは素晴らしいですね!ウォレスはもっとグルミットの偉大さに敬意を払うべきです(真顔)。

今回やむなく吹替版を観たのですが、ウォレスの声が津川雅彦氏で。それも津川氏が津川氏の物まねをしているような妙な感じで・・・・。字幕版が観たかったー。

・「アイス・エイジ3 ティラノのおとしもの」

332764_01_01_02.jpg

これこそ字幕で観たかった!だって新キャラのバックの声がサイモン・ペグだったんですよー!めちゃくちゃ楽しいキャラでペグにぴったりだったのに!

このシリーズ大好きで、1と2も映画館で字幕で観たのに、3は字幕上映そのものがないとはなんちゅうこっちゃ。小さな子供には吹替の方がいいというのもわかるけど、中学生くらいになると英語も授業で習うし、このセリフ、英語ではこういう風に表現するのかとか、字幕版ならではのよさもあると思うんですよね。オリジナルの俳優の声が好きなひともいるだろうし。せめて好きな方を観られるように配慮して欲しいもんです。因みにこの映画に関しては、シド役の太田光さんがキャラに合っててよかった。ディエゴの竹中直人さんはいまいちかな。

ストーリーは前作でパートナーも見つかり、今度は子供まで生まれるってんですっかり家庭マンモスとして収まってしまったマニーと、最近めっきり衰えが目立つようになってきたディエゴの仲がぎくしゃくしだしたところへ、同じく孤独をかみしめ中のシドが、うっかり恐竜の卵を拾ってしまったことから始まる新たなる冒険のお話。その冒険の導き役となるいたちのバックが、ちょっぴりジャック・スパロウを彷彿とさせるキャラで(良いように言いすぎか)いいのですよ!大好き!前作から仲間に加わったフクロネズミのクラッシュとエディの兄弟も元気いっぱいだし、どんぐり大好きのスクラットも健在。たくさんの笑いと少しのホロリが今回もいい塩梅でした。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

映画 * 19:27 * comments(2) * trackbacks(0)
COMENNTS
MWは劇場に4回も行ったんですが(ばかもん)、今週の最終日にもう一回見たいと思っている(大ばかもん)チチカカです。
ちあきさんの感想が、よそで読んだどの感想より的を射てて笑かしてもらいました。私、この映画の後で初めてドラマ版ののだめを最初から見ましたが、玉さんって意外に職人さんなんやなぁと感心しました。
アイス・エイジ3、見たいです~!子ティラノかわいい~~~~!!!
チチカカ * URL * 2009.08.03 Mon * [ 編集]
チチカカさん、今晩和♪

MW、劇場鑑賞5回達成されたんですね。凄い。でも好きな映画は何度観ても飽きないですよね~。

映画を観てから原作を読んだのですが、「これ原作に忠実にやられても、それはそれでコントやろ」なんて思ってしまいました。というか、とても公開できません。ツッコミどころが多すぎて(笑)。玉木くんは、のだめにしてもMWにしても、漫画原作のキャラに意外となんでもハマる人のような気がします。そういや鹿にもなってましたね。あれもイケてた。

アイス・エイジ3、面白かったですよ~。「私、子ティラノのママになるわ!」となぜかオカマちゃんになるシドがキモいじらしいのデス。
ちあき * URL * 2009.08.04 Tue * [ 編集]
SEND COMENNTS

TRACKBACKS
この記事のトラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。