スポンサーサイト
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 * --:-- * comments(-)* trackbacks(-)
ノスタルジック・カンパニー
2006.12.23 Sat
神戸県立美術館で開催中のピクサー展に行ってきました。

最新作のカーズは残念ながら観られていないけど、それ以外の映画は全て大好き。ピクサー映画にハズレなし!が信条のピクサー信者なもので、同じく信者の友人と3人でウキウキと乗り込んできました。素晴らしかった!!!

まず当たり前ですが、みなさん絵が上手い。キャラクターを決める前のラフなスケッチ(落書きみたいのもあった)でさえもがすでにひとつの作品になってて、「これサリーちゃうん!かわいいー!」といちいちテンション上りまくりですよ。

そんでもって色彩感覚が豊か!どれだけ自由に描いていいよと言われても、私には思いもつかない色の組み合わせばかりだったなあ。こういの描けるひとってやっぱりすごく柔軟なんでしょうね。その点、私はダメだ。なんてつまらない人間なんだ・・・・と悲しくなること0.2秒ですよ。すぐ立ち直ってますよ。だって自分で描けなくても他の人がこれだけ楽しませてくれるんだもんねー。生きててよかった(おおげさ)。

ピクサー映画って内容は友情とか家族愛とか身近なものが多くて、子供にもわかりやすいストーリーになってるけど、ホントはすごく大人向けのような気がします。新旧のおもちゃの悲喜こもごもな心情なんて、リアルに子供の頃は思いもしないし、新しい物を買ってもらってそっちに夢中になるのは当たり前だし。

今も私の部屋にはエエ歳のおばはんの部屋とは思えないほど、たくさんのおもちゃが溢れかえっていますが、いまだに子供の頃に買ってもらったぬいぐるみは捨てられずに、納戸のダンボール箱に入れて置いてあります。あの中にいる子たちは、私にとってのウッディなんですよね。

トイ・ストーリーを観ながらなんだか無性に悲しくなるのは、我が家のウッディたちに対する罪悪感があるのかも知れません。暗いとこに放置しっぱなしでゴメン。正直、もう怖くて箱が開けられないけど、中で楽しく過ごしててもらいたいデス。

帰りにパンフを買いました。P16の落書きみたいなサリーとマイク、P17のじゅんさいみたいなバズの絵が特に好きです。

pixer

サリーは最初4本くらい足があったみたいですよ。あとメガネにネクタイのリーマンバージョンもありました(笑)。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

日記 * 20:42 * comments(0) * trackbacks(0)
COMENNTS
SEND COMENNTS

TRACKBACKS
この記事のトラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。