スポンサーサイト
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 * --:-- * comments(-)* trackbacks(-)
7月に読んだ本
2009.08.15 Sat
・「赤めだか」/立川談春
・「COPPERS 2」/オノ・ナツメ
・「Gad sfortunato」/basso

・「PLUTO 8」/浦沢直樹

PLUTO 8 (ビッグコミックス)PLUTO 8 (ビッグコミックス)
(2009/06/30)
浦沢 直樹・手塚 治虫

商品詳細を見る


・「BILLY BAT 1」/浦沢直樹

BILLY BAT 1 (モーニングKC)BILLY BAT 1 (モーニングKC)
(2009/06/23)
浦沢 直樹長崎 尚志

商品詳細を見る


先日、友人に「浦沢直樹ってストーリーが描かれへん漫画家なんやろー。TVでなんとかって漫画家が言うてたでー」と言われ思わず言葉に詰まりました(笑)。「いやでも、”MASTERキートン”とか”パイナップルARMY”はストーリーもすごく面白いねんから!」と必死になってみたんですが、「あれは確か原作者がいたな・・・」と思い調べたところ、なんかややこしいことになってるんですな。どうあれ、私のキートン先生好きに変わりはないけど。「PLUTO」は最初の1~2巻がすごくよくって、新刊が出る度にワクワクしてたんですが、最後はちょっとバタバタしすぎな割にあっさり終わって物足りなさも。でも嫌いじゃないです。ロボットがみんな愛しい。「BILLY BAT」もあいかわらず掴みは上手い。白洲次郎のカッコイイこと!(これだけで満足)。

・「摩天楼の殺人」/島田荘司

摩天楼の怪人 (創元推理文庫)摩天楼の怪人 (創元推理文庫)
(2009/05/30)
島田 荘司

商品詳細を見る


半ば義務で読んでいるようになってしまった御手洗シリーズ。これは御手洗がまだ20代でアメリカにいた頃の話で、アメリカ人青年を相棒に半世紀前の事件の真相に迫る御手洗が若くて可愛い。でも私はやっぱり加齢と共にエキセントリックさも加わった、おっさん御手洗が好きだなあ。昔あれだけ嫌いだった石岡くん(バカだから)とのコンビが懐かしいデスよ・・・。仕掛けはいつも通り華麗にして壮大。壮大過ぎていまひとつイメージが湧かないのもいつも通り。

・「宵山万華鏡」/森見登美彦

宵山万華鏡宵山万華鏡
(2009/07/03)
森見登美彦

商品詳細を見る


モリミーの本っていつも装丁がいい。今回のも派手なんだけど、どこか懐かしい感じがタイトルによく合ってる。お話も森見節が炸裂で楽しかった。お祭りの賑やかさと迷子になった時の不安な気持ち。「私、子供のころよく迷子になったなあ」とかそんなことを思い出しました。来年こそ祇園祭に行ってみなくては!

・「終末のフール」/伊坂幸太郎

終末のフール (集英社文庫)終末のフール (集英社文庫)
(2009/06/26)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


「8年後に小惑星が落ちてきて地球が滅亡する」と発表されてから5年後の世界が舞台。「もし自分があと8年で確実に死ぬとなったらー、まず仕事辞めてー海外行ってー」なんて呑気に妄想する前に、とりあえず残りの8年、自分で自分の身を守ることから始めんといかんのね・・・。ダメだ。すごくムリっぽい(泣)。とりあえず、あと8年しかないやん!と自棄にならず、まだ8年ある!とムダに前向きに仲良く生きていこうね?と誰彼かまわず言いたくなるような話でした。レンタルビデオもちゃんと返そう。うぬ。

・「MW 1、2」/手塚治虫

MW(ムウ) (1) (小学館文庫)MW(ムウ) (1) (小学館文庫)
(1995/02)
手塚 治虫

商品詳細を見る


映画を先に観ました。ネタばれしてますので伏せます。
・原作の賀来神父と映画の山田くんの共通点がガッチリ(体型)以外まるでない。
・逆に結城はけっこう似てる。
・結城がおかしくなったのってMWのせいではなく、子供の頃、賀来にレ★プされたのが原因では。
・MWが一切効かない神父の頑丈さに感服。彼から解毒剤を作ればいいよ!
・結城が神父を好きすぎる。
・犬が怖すぎる。
・これ原作通りにやってたら正真正銘コント。
・つうか目黒検事は実写化不可能。
・映画化の際、めんどくさい女性キャラを一切排除したのは英断。
・「お前だけが先に死んでどうするねん!」なオチだけは原作に忠実。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

* 18:33 * comments(2) * trackbacks(0)
COMENNTS
こんばんは~。
MW、同じく「映画が先」派なんですが、原作読もうかどうしようか迷ってます。評判がいいのはよく知ってるんですが、なんと言っても山田好きの私にあの賀来のビジュアルがキツくて(笑)。
しかし、ちあきさんの
>これ原作通りにやってたら正真正銘コント
このコメントを読んでかなり興味が湧いてきました。コント、読みたいデス!

今まで読んだなかで、伊坂幸太郎の作品でハズレを感じたことがないのですが、作品が多すぎて次どこに行ったらいいのかわからないのが現状です。ちあきさんのレビュー、助かってます!

波子 * URL * 2009.08.17 Mon * [ 編集]
今晩和!

原作の賀来のビジュアルはゴツいおっさんですからね。山田好きには確かにキツイと思われます(笑)。しかもなんか頭悪そうだという・・・。結城は映画より原作の方が子供っぽく、それがさらに悪魔度を高めてる感じデス。あと、原作の方がお互いに好き好き♪言いすぎです(笑)。バカップル!

>コント

さすがにコントは言いすぎかも知れませんが、なんせ結城さんが自由過ぎて、しまいに笑けてしょうがなかったです(笑)。間違っても玉木くんみたいなスタイリッシュさはないんですよね~。もはや完全に別モノとして観た方がいいような映画でしたが、山田神父が原作通りに演じてたら鬱陶しいだけだったので、あれはあれでいいと思います。

>伊坂作品

私も今のところハズレはないと思ってます!ところで「チルドレン」は読まれましたか?これまで読んだ伊坂作品の中で、私はあれが一番好きです。ただしドラマはしょーもないにもほどがありました。あれこそ原作殺しってやつデスよ・・・。
ちあき * URL * 2009.08.19 Wed * [ 編集]
SEND COMENNTS

TRACKBACKS
この記事のトラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。