スポンサーサイト
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 * --:-- * comments(-)* trackbacks(-)
原点に戻れ!
2009.10.07 Wed
・「トランスポーター3 アンリミテッド」を観ました。

333402_01_01_02.jpg

世界一セクシーなハゲ、勇の出世作シリーズ第3弾!ってことですごく楽しみにしていたんですが、やはり1作目には到底及ばず・・・。というか、フランクが自分と依頼人に課していた3つのルール、「契約厳守」、「依頼者の名前は聞かない」、「依頼品を開けない」が、ことごとく覆されているというまさかの展開。そんなの全然フランクらしくないよ!

以下、ネタばれ&悪口まみれの感想デス。
今回の依頼品はこのヴァレンティーナとかいう名前の女↓

333402_01_06_02.jpg

実は彼女はウクライナの環境大臣の娘で、彼女を誘拐した犯人グループは娘の解放と引き換えに、ウクライナの国土の半分が100年にわたって汚染されてしまうという、大量の産業廃棄物を押し付けようとする。当然、大臣である父親はそんな要求を呑めるわけもないが、やはり娘が可愛いということもあり、苦しい板ばさみに。が、当の娘にまったく危機感というか緊張感がないのがムカつくんだよ!

犯人グループはこの娘とフランクの腕に、車から20m離れればすぐにドカン!という、怖ろしい爆弾を着けちゃってるわけですが、そのことを百も承知の上でわざと車のキーを奪い、ヘラヘラ笑いながら、「キーが欲しければストリップしてみせてー♪」と呑気にフランクを誘惑し、20mルールで気が気じゃないフランクを原っぱで裸にさせるという羞恥プレイを強要した揚句、「あんたゲイなの?ゲイじゃないんならキスしてよ!」と調子こいて上に乗っかったりと、まさにやりたい放題のビッチぶり!!

テロリストより先に私が殺してやろうかと思いましたよ!!!!

百歩譲って、「この女も身体に爆弾くっつけられて気の毒に。そらヒステリー起こしてもしゃあないか」と思えんこともないのだけど、とにかく最初から最後まで、フランクに協力してことを上手く運ぼうという気がまったく感じられない!そもそも最初は名前さえ教えようとしないんですよー!何様やねん!!フランクかて本気でお前の名前なんか知りたないちゅうねん!ただ、若い娘がこんな目に合って可哀想にと思えばこそ、話でもして気分を引き立たせてやろうと気を遣ってるんやろが!!

もうねー、こんな女のせいでシェヴァの愛する祖国が汚染されるようなことがあれば、しばくどころの騒ぎじゃないですよ。ホント、映画観ながら100回くらいいっそ死ねばいいのにと思いました。マジで。

ひたすら悪口ばかり書き連ねましたが、それなりに見どころもあります。車を奪われたフランクがチャリで猛然と追いかけるシーンは特に素晴らしい。あとフランクの友人のトランスポーター、マルコム(David Kammenos)がチョイ役ながらカッコよかったであります。瀕死の身体でひたすらフランクの元を目指し走ったマルコムのことを想うと泣ける。フランクにとってはいい迷惑だったかも知れないけど、マルコムから引き継いだ仕事だからこそ、フランクも最後までやり抜いたのだと、勝手にありもしない行間を読んで自分を慰めよう。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

映画 * 21:10 * comments(0) * trackbacks(0)
COMENNTS
SEND COMENNTS

TRACKBACKS
この記事のトラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。