スポンサーサイト
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 * --:-- * comments(-)* trackbacks(-)
2009・秋ドラ
2009.12.21 Mon
先週末からの寒波にやられ気分はすっかり真冬ですが、今やってるドラマは今年の秋のドラマってことでいいんですよね?

てことで秋ドラですが、結局完走したのは「外事警察」と「JIN-仁-」の2本だけでした。本日最終回の東京犬はながらみ見なので、ストーリーがいまひとつ頭に入ってないんすよね~。仲村トオルはなんだ。ロリコンやくざか?なんか若手とベテランの噛み合わせが悪いというか、東ミッキーも志賀さんももっと面白いハズなのに、それが上手く生かされてなくて歯がゆいであります。でも毎週1回はふっと笑っちゃう場面もあるのだ。先週のマルオの春日のマネとか。スベってるのを本人も判ってるハズなのに、あえて2回やり切ったところに変に感心しました(笑)。今日は”流星~”以来、なにを観ても真犯人に見える三浦さんに注目したいと思います。

・「外事警察」

なんの気なしに観た初回が面白かったので毎週楽しみにしてたんですが、最終回で欲張りすぎ。あの年で警察を辞めて次の就職先の宛てはあるの?と心配だったので、すぐに再就職できたのはよかったんだけど、それが今までよりさらにヤバイ仕事とは。家族の前で流した涙も全部ウソだったのもアレだけど、更に怖ろしいのが「お前の嘘泣きなんか全部お見通しやっちゅうねん!」な嫁の悪い顔!!あの嫁はきっとただ者ではないですな。もしやCIAの送り込んだスパイか。もしくは住本さん、ストレスが過ぎて夜中に寝言で機密事項をぺらぺらしゃべっちゃってんじゃないかな。あと最後まで、早くにあんな形で亡くした父親と同じ公安で働く住本の拠って立つところが判らんかったのが残念。外事を愛してるの?それとも憎んでるの?どっちだ教えろ!さておき、住本さんが女がモテモテなのはよかったデス。なんかほっとけないタイプなんですよねー(笑)。悪い男だ。

そういやクラリス@ハゲタカがスペード社の偉いさんの役で出てましたな。またしても日本人をみくびって最後に泣かされる役。懲りない男だわー。国へ帰ったら会社が鷲津ファンドに買い叩かれてたりして!ところでfishはfish story(ほら話)から来てるんですか?やっぱりfishなんて最初からいなかったの?クレメンテ死に損??

・「JIN-仁-」

あんなに堂々と伏線を回収しないで終わったドラマは初めて観ました。原作がまだ続いてて、勝手にホルマリンくんはこうだ!と言えないのなら最初から出さなきゃよかったのに。またあの子が時々パカっ!と目を開くのが怖いのでありんす。キモイ!なんて最初に文句ばっかり並べましたが、最近のドラマの中では断トツに面白かった!なにより配役がよかったです。脇まですべてハズレなし。私が特に好きなのは咲様と龍馬なんですが、咲様には毎週泣かされたわー。武家の娘らしく凛としつつも引くべきところは引く奥ゆかしさ。可愛いよ!たまらん!なのにあの朴念仁ったら、咲様の結納の日に初めて彼女の存在の意味に気付くなんてどこまでぼんくらか。もう幻聴でもなんでもいい、「咲さん、メス」があの時聞こえてホントによかった。兄上が察しのいい男でホントにホントによかった。「あとは私に任せて」って初めて兄上が男前に見えましたよ!あのあと妹の代わりに切腹でもしてんじゃねーかと気が気じゃなかったけど、そうでもなかったみたいだし(笑)。相手のひと、きっとすごくイイ人だったんだね。

あと龍馬が最後まで男前で大好きデス♪野風さんとくっついて欲しかったなー(今さら史実がどうとかって話じゃないだろ)。まあでも惚れた女をあっさり自由にしてやるのが龍馬のカッコいいところでありますが。あんなイイ男、暗殺してはいかんです。
スポンサーサイト

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

テレビ * 19:47 * comments(0) * trackbacks(0)
COMENNTS
SEND COMENNTS

TRACKBACKS
この記事のトラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。