スポンサーサイト
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 * --:-- * comments(-)* trackbacks(-)
最近観た映画
2007.01.04 Thu
・「プラダを着た悪魔」

オシャレに全く興味のなかったジャーナリスト志望のアンディ(アン・ハサウェイ)が、超一流ファッション雑誌ランウェイの編集部の面接を受けてなぜか合格。ファッション雑誌から抜け出してきたようなスタッフにバカにされながらも、「ここで1年働くことができれば、どこへ行っても通用する!」という先輩アシスタント・エミリーの一言を支えに悪魔のような編集長・ミランダ(メリル・ストリープ。ハマリ役)の下で奮闘。最初は努力が認められずめげそうになりつつもついに・・・。

※以下微妙にネタばれしてます。
prada

って話でだいたいその後の展開は読めるかと思うんですが、わかっていても面白かった。ミランダの半端ない要求に次々と応えてみせるアンディの頑張りは爽快さ満点!美に目覚めたアンディの日替わりファッションも可愛くてうっとり~♪

「こんなに頑張ってるのにどうして認めてくれないの!」と泣きの入ったアンディに、「キミは全然努力なんかしていない。イヤなら辞めろ!」と厳しいことを言いつつ、アンディがキレイになるのを手伝ってくれる、ミランダの右腕のナイジェル(スタンリー・トゥッチ)が大好きです(プリティ・ウーマンにおけるホテルの支配人みたいな存在)。

ナイジェルってひとの容姿をとやかく言うだけあって、立ち居振る舞いがすごくキレイなんですよね。アンディと乾杯しようとシャンパンを開けるシーンの一連の動きの美しいこと!しかも泣けるほど我慢強い(笑)。ミランダのことを一番理解して信じているのはナイジェルなんだと思います。どうか彼にも幸せが訪れますように!

アンディのことを信じられないダサ子ちゃんだと思いながらも、仕事はしっかり教えてくれるエミリーも好き。なにより彼女が誰よりもガッツがありますよ。正直、アンディよりもエミリーの方を応援したいなあ(私は炭水化物を好んで食べる人間ですけども)。

オシャレなんかしなくても仕事はできる。でも自分を磨いてキレイになって、周りに認められればもっと仕事は楽しくなる!そんな夢をうっかり見てしまうステキな映画でした。現実はもっと味気ないけどね。

・こまねこ
komaneko

コマ撮りで映画を作るのが趣味のこねこのこまちゃんが主人公のお話で、なんでもチクチクと自分で切ったり縫ったり貼ったりして作る姿がなんともいえず愛らしかったです。かなりの妄想家でもあるこまちゃんが、なにやら妄想する時に必ず目をぎゅっとつむって口をとんがらかすのがまた可愛い。

あんまり気に入ったので、DVDを買いました。メイキングに出てきた人形作家さんが(名前失念)、こまちゃんにそっくり!

こまねこ はじめのいっぽ こまねこ はじめのいっぽ
合田経郎 (2006/04/14)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

映画 * 20:43 * comments(0) * trackbacks(0)
COMENNTS
SEND COMENNTS

TRACKBACKS
この記事のトラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。