スポンサーサイト
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 * --:-- * comments(-)* trackbacks(-)
約5000年ぶりの神の本気
2010.05.27 Thu
昨日、会社を休んで「レギオン」と「処刑人Ⅱ」を観てきました~♪
まずは平日のお昼だというのに意外と客の入りがよかった「レギオン」の感想から。

legion04.jpg

一言でいうと、ベタニファンなら必見!それ以外の方にはまったくオススメできない。
そんな映画でした。

※以下、ネタばれしまくってます!
人間のあまりのダメっぷりに愛想を尽かした神様はついに人類抹殺を決意。全人類を滅ぼすために天使軍団を派遣します。しかし、天使軍団の将軍である大天使ミカエル(ポール・ベタニー)だけは神の命令に背き、人類最後の希望である救世主を守るため、ターミネーターばりに地上に降臨。自ら翼をむしりとった後、かなり苦しい姿勢でこれまた自ら縫合。

legion03.jpg
手ぇ届かへん・・・。

街でしこたま武器を仕入れた後は、呑気そうな親子が経営している砂漠のダイナーにまっしぐら!なぜならそのダイナーでウエイトレスとして働くチャーリーのお腹の中の子供こそ、ミカエルが守るべき救世主なのデス。しかしその頃、ダイナーには悪夢のような婆さんが現れ、たまたま居合わせた客に食らいついたり、天井を這いまわったりと大暴れ!

336520_01_09_02.jpg

必死の応戦でなんとか婆さんを仕留めたものの、前代未聞の出来事に大パニックに陥るダイナー。そこへ颯爽と現れたミカエルにもいきなり「歯を見せろ!」と警戒しまくりびびりまくりの迷える子羊たちに、さらに追い打ちをかけるように「神がお前たちを滅ぼすことに決めた。だが俺はまだ人間を信じたい。だから一緒に戦え!」とかっぱらってきた武器を配る大天使。あまりの超展開に半信半疑のままだった子羊たちも、

336520_01_10_02.jpg

こんな顔したアイスクリーム屋が、

legion01.jpg

こんな姿で襲いかかってくるに至り、ようやく現実のこととして受け止めるも、現れる敵がいちいち怖すぎるため、「神は悪魔を遣わされたのか?」とミカエルに質問。それに対し「いやあれ中身天使だから」。

まさかの答えに呆然としつつ、嫌でも団結しなければならなくなったダイナーにたまたま居合わせた8人(内ひとりは婆さんんに噛まれ重症)は少しずつお互いのことを話し始めたりするのですが、それなりになんか事情がありそうな雰囲気を漂わせただけで、あとはどんどん死んでいく。しかもいい人そう、役に立ちそうな人から先に死んでいくのデス。だからあれほど勇敢になるなと!@ミカエル。

そして予定より2ヶ月も早く救世主誕生。これでひとまず安心か?と安堵感が広がるダイナーでありましたが、まるで妻の出産に立ち会う夫のようであった大天使が一息つくヒマもなく現れる天使ガブリエル。

005.jpg

神の命令に背いたミカエルに代わり、救世主暗殺のために現れたガブリエル。やる気満々デス。しかしミカエルに「もう争うのはやめよう・・・・」と優しく頬をなでられ諭された途端、涙目(笑)。なぜ将軍であるミカエルが父の命に背き人間如きの味方をするのか、なぜ彼と自分が戦う羽目になったのか。この辺のガブちゃんの心の葛藤をもう少し掘り下げてくれていれば、もうちょっとこの映画も面白かったかもなあ。

半べそかきながらも任務を果たすべく、無闇に凶器を振り回すガブリエルを後ろから押さえつけ、「な、もうやめようって」とエロボイス囁き攻撃で一気に勝負に出たミカエル。誰もが「ガブちゃん、落ちたな・・・」と思った瞬間、後ろ向きに槍でぶっ刺すという反則技を繰り出され、あえなく倒れる大天使さま(泣!)。ガチガチの装備と翼に守られたお前と違い、ミカエルはほぼ丸腰やぞー!やりすぎなんじゃボケー!

大天使同士が死闘を繰り広げている間に、ダイナーを逃げ出した救世主+その母+その他2名でしたが、怖ろしい勢いで追いかけてきたガブリエルに捕まる寸前。ここで根性を見せるのがその他2名のその1、オードリー。彼女はたまたまダイナーに居合わせた客のひとりで、半ケツ見えるくらいの超ミニスカで、母親にさえ「理解できない・・・」と嘆かれるくらいなんだけど、実はなかなかの熱血漢で情の厚いところのある女の子。目の前で仲間が襲われているとなれば、ゾンビ軍団の中に猛然と飛び出して行くくらいですからね。ガブリエルにも負けちゃいません。ちゃんと映ってなかったけど、あれおそらく猛烈なパンチを食らわしているハズ。

しかし役に立ちそうなひとほどあっさり死んでいくのがこの映画のお約束。オードリーもついに無念の死。というか、多分死んだと思う。「オードリーは?」と聞かれ、無言で首を振るだけなんて、ちょっとオードリーの扱い酷すぎないか。ダイナー仲間の中で一番頑張ったの彼女だと思うんだけど!

死んだ死んだ詐欺のガブリエルに再び襲われ、ついに絶体絶命か!と思われた救世主+その母+その他1名の前に天から地響きと共に舞い降りたのが、我らがミカエル!なんと翼がまた生えております!そしてめちゃくちゃカッコイイ!!!あんまりカッコよすぎてあやうく変な声が出るかと思ったくらいカッコイイ!(何回言うねん)。ベタニがステキすぎてほとんど字幕読んでなかったのでアレですが、茫然とするガブリエルに、「神の命令にただ従ったお前と違い、俺は神の御心に従ったんだもんね!」みたいなことを言ってたような気がします。だからまた翼が生えてきたのかな?ようわからん。

legion02.jpg

そんなこんなで最後はミカエルの勝利(ガブリエルはどうなったんだっけ?記憶がない)に終わり、無事に救世主+その母+その他1名は生き延びたわけですが、神の怒りが収まったわけじゃないんですよね。車の後ろに山ほど武器積んでたし。正直、あの後どうなろうと知ったこっちゃないんですが(笑)。だってこれベタニ以外、観るべきところない映画だもん(きっぱり!)。救世主(父親がいなくてクリスマス生まれってことはあの男の子はキリストってことですよね?)をガブリエル@受胎告知が殺しに来るってのが面白いっちゃ面白いかな。あと、ベタニには自分のことをマイケルじゃなくってミカエルと名乗って欲しかった。英語圏の映画だからしゃあないけど、マイケルじゃなんか雰囲気出んわ。
スポンサーサイト

テーマ:最近見た映画 - ジャンル:映画

映画 * 21:13 * comments(0) * trackbacks(0)
COMENNTS
SEND COMENNTS

TRACKBACKS
この記事のトラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。