スポンサーサイト
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 * --:-- * comments(-)* trackbacks(-)
心の襟を立てろ!
2011.01.28 Fri
「エリックを探して」を観ました。

主人公エリックの部屋に飾られている”European Cup Manchester United×AC Milan ”のペナントが目に入った瞬間、2006-07シーズンのあの素晴らしい準決勝の試合を思い出し、ひとり涙に暮れたことはここだけの秘密デス。

looking for eric

※以下、盛大なるネタバレ注意!
バツ2の郵便配達人エリック。2番目の妻の連れ子であるティーンエイジャーの息子ふたりを養っているが、二人とも反抗期で特に兄のライアンは最近、悪い仲間と連んでいる様子。学校にも行かず家でだらだらするだけの息子たちを持て余し、イライラし通しで元気のないエリックを励まそうと、くだらないジョークをしかけてくる職場の仲間たちの友情をありがたく思いながらも、気分が晴れないエリックは思わずライアンが隠し持っていたマリファナに手を出してしまう。自室のカントナのポスターを相手に愚痴をこぼすエリック。すると彼が崇拝してやまないカントナが突然目の前に現れ・・・。

というツカミがまず最高!とにかくカントナがカッコイイったらありゃしない(笑)。私は彼の現役時代をほとんど知らない人間ですが、回想シーンで流れるカントナの数々のスーパープレーを観ると、彼をキングと崇める男たちの熱狂ぶりもよくわかる。男が惚れる男って感じなんですよね、佇まいというか存在感が。彼と比べたらベッカムやロナウドなんてほんの小僧です(笑)。

エリックはいい年して部屋にカントナの等身大のポスターを貼るほどの筋金入りの大ファンだし、友人たちもみなこぞってカントナファンのマンUサポ。中にはマンUを愛するがあまり、最近の拝金主義のクラブのやり方に嫌気が差してサポーターを辞める!と宣言するひねくれ者もいるけど、結局嫌いにはなりきれず・・・といったフットボールからみのエピがホントに楽しくて、観ててニヤニヤしてしまうのだけど、笑っていられないのがライアンの陥ったトラブル。

337641_01_01_02.jpg

悪い先輩に拳銃を押しつけられ、どうにも逃げ場がなくなったライアンに代わり、父親らしく話をつけようとしたエリックは逆にギャングどもに脅しあげられ、必死で許しを請う姿をyoutubeにupされてしまう。自分のふがいなさに打ちのめされるエリックにカントナは言う。「友達を信頼しろ」。ピッチではキングと呼ばれたカントナだけど、人生で最高の瞬間だったと回想するのは、大事な試合で自らが決めたゴールではなく、仲間を信じて出したパスがゴールに結びついた瞬間であり、すべては美しいパスから始まるのだと。そしてエリックにもまた素晴らしい友人が大勢いることを思い出させてくれるのです。な ん ぼ な ん で も カ ッ コ よ す ぎ !でも、そういう台詞が説教くさくならないのがカントナの粋なところでありますな。

ついにすべてを打ち明けたエリックのため、仲間たちが練りに練った作戦が、名付けて「エリック・カントナ作戦」。大勢でカントナのマスクを被り、適地に奇襲をかけ、面子をなにより重んじるギャングどもに赤っ恥をかかせてやろう!といういたって単純な作戦なんだけど、アウェーの試合を応援するノリでバスを連ね、意気揚々と歌いながら乗り込んでいくおっさんどもの楽しそうなことといったら!あんたら完全にお遊び気分だろう。

337641_01_02_02.jpg

これがタランティーノ映画なら、派手な銃声とともにカントナの死体が累々と積み上げられるところでしょうが、この街のギャングたちは(といっても実質2名)大量のカントナ軍団の暴挙になすすべもなく、逆に「もしこれ以上彼らに迷惑を掛けてみろ。お前たちがどこに隠れても必ず見つけだしてやる!なぜなら俺たちは郵便配達人だからな!」とびびらされるていたらく。おまけにパンイチの情けない姿を録画され、それをまた脅しの材料にされるなんてあんまりだ(笑)。

アウェーでの完全試合に気をよくし、次々とマスクを外し再びバスに乗り込む仲間たちの最後のひとりが本物のカントナで、もしや?と想像はしていたけど、マスクの下から本人の顔が現れた瞬間はぐっときてしまった。その姿を見てエリックがポロシャツの襟を立てるのもよかった。エリックにとってカントナは永遠のアイドルであり続けるんでしょうねー。なんかこう書くとカントナがすでに亡くなったみたいだけど。生きながらにしてすでに伝説。カントナのあのキャラあってこその作品ですな。カントナファンなら観て損はないのではないかと。

それとエリックはじめ、郵便配達員仲間のおっさんたちが愛しすぎました。みんなそれぞれ心にカリスマを持っているんだけど、それがフィデル・カストロであったり、ネルソン・マンデラ、マハトマ・ガンジー、サミー・デイヴィス・Jrだったりして、ちょっとなんかいいなと思いました。たとえそのカリスマを思い描くために参考にした自己啓発本が万引きされたものであっても。
スポンサーサイト

テーマ:最近見た映画 - ジャンル:映画

映画 * 22:51 * comments(2) * trackbacks(0)
COMENNTS
これ観たいんですけど やっぱりわが町では上映しないんです。
ぅぅ 
現役時代のカントナはぜんぜん知らないんですけど これはぜったい面白いって想像してますのでDVDでも観ようかな。そしてケン・ローチ監督が撮ってるってところが気になります。
azu * URL * 2011.01.29 Sat * [ 編集]
azuさん、今晩和~♪

この映画、カントナが企画制作だそうですよ。自分を聖人にするつもりか(笑)!ケン・ローチもノリノリで撮ってるのですごく楽しいデス。DVDが出たらぜひ!
ちあき * URL * 2011.01.31 Mon * [ 編集]
SEND COMENNTS

TRACKBACKS
この記事のトラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。