スポンサーサイト
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 * --:-- * comments(-)* trackbacks(-)
2011年・1月に読んだ本
2011.03.08 Tue
2011年1月に読んだ本

・「ゴールデンスランバー
12日に地上波で放映されますね。観たいけど、どうせカットされまくりでしょうな。DVD借りるか。

・「ホルモー六景」/万城目学

ホルモー六景 (角川文庫)ホルモー六景 (角川文庫)
(2010/11/25)
万城目 学

商品詳細を見る


「鴨川ホルモー」の続編というか番外編。短編集です。どの話も面白いけど一番好きなのは第六景の「長持の恋」。朱川湊人さんの「栞の恋」と似た設定の話ですが、こちらの方が後味がよろしい。ちょいネタばれ→「あの高村くんがねえ。そうきましたか。で、ラストがプロローグの冒頭の食堂での会話に繋がるわけですね。まさかあのちょんまげの裏にそんなドラマが隠されていたなんて。第三景の「もっちゃん」も好きです。途中から「もっちゃんてもしかして?」と思いながら読んだんですが、正解だったのでうひひと思いました。」←ここまで。丸善のレモンのエピソードは当時、新聞記事で読みました。私も置きに行きたかったなーと思ったのを思い出しましたよ。肝心の「檸檬」は読んだことないくせに。

・「もぎりよ今夜も有難う」/片桐はいり

もぎりよ今夜も有難うもぎりよ今夜も有難う
(2010/07/30)
片桐はいり

商品詳細を見る


俳優の片桐はいりさんが18歳の頃から約7年間、映画館のもぎり嬢(チケットの半券を切り離すあれ)として働いていた時のエピソードを中心に、映画に関するあれこれについて書かれたエッセイ集。本のタイトルだけでなく各章の小タイトルもすべて映画作品のもじりとなっているのも楽しい。映画が好きなひとはたくさんいるけど、はいりさんの場合、もはやただの好きを超えていて(なんせいまだに映画館でもぎりをやることがあるらしい・笑)、旅先でも時間があれば映画館に通い映画を観ている。その情熱には感動すら覚えるほどで、最近ではミニシアター閉館のニュースを聞く度に、「これでまた、はいりさんの大切な場所がひとつ無くなってしまった・・・」と心配になるくらいデス。大阪のミニシアターはまだ頑張ってる方だけど、もしシネ・リーブル梅田やガーデンシネマ、テアトル梅田が閉館になったらと思うとぞっとします。今や観たい映画の6割はミニシアター系なのに!

確かにシネコンの方がネットでチケットを買えたり、設備もよかったりするけど、どこも同じような作りで映画館の箱としての面白味はあんまりない。かといって昔の味はあるけど設備が酷い映画館(なぜか貴賓席みたいなバルコニーがあった松竹座。椅子のスプリングがダイレクトにお尻に響き、2時間以上の映画を観るのは苦行以外のなにものでもなかった。他に床をねずみがはい回っていたり、トイレの水洗がタンク横の紐を引っ張る式の劇場もあったなあ。いつの時代だ)で今さら映画を観たいかと言われたらあれだけどさー。

できるだけいい席で映画を観ようと、朝早くから劇場の前に並んだり、1つの映画を2回続けて観ていた若かりし頃を懐かしく思い出しながら読みました。やはりはいりさんの書く文章はいいなあ。

・「鏡の偽乙女 薄紅雪華紋様」/朱川湊人

鏡の偽乙女 ─薄紅雪華紋様─鏡の偽乙女 ─薄紅雪華紋様─
(2010/08/26)
朱川 湊人

商品詳細を見る


大正時代の東京が舞台の怪奇小説。といってもそんなに怖くはありません。むしろ、物語の主人公のひとりである天才画家・穂村江雪華こそが「お前だれやねん!」的な不思議な存在で気になるっちゃなるし、ならないっちゃならない(なんだこの感想)。映像で観てみたい気はするけど、20代でこの作品の雰囲気に合う俳優がなかなか思いつかない。強いて言えば50年前の美輪明宏(笑)。

・「虐殺器官」/伊藤計劃

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)
(2010/02/10)
伊藤 計劃

商品詳細を見る


根がSF者でないので読むのにえらく時間がかかってしまった。こういうのこそ映画で観たい。クラヴィス・シェパード大尉はジェイク・ジレンホール(ギレンホール?)がいいかも。←ジャーヘッドのイメージの影響と思われ。ところでケビン・ベーコン・ゲームなんてあるんですね(ずいぶん前に流行ったみたいだけど全然知りませんでした)。思いつく限りの日本のハリウッド俳優の名前(渡辺謙さん、真田広之さん、菊池凛子ちゃん、浅野忠信さん)を入れてみたところ、みなさんちゃんとケビン・ベーコンに繋がった。ちょっと感動しました(笑)。

追記:これって別にハリウッド俳優でなくても繋がるんですな。試しにスマの名前を入れてみたけど全員繋がった。おそるべしケビン・ベーコン。
スポンサーサイト

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

* 22:46 * comments(0) * trackbacks(0)
COMENNTS
SEND COMENNTS

TRACKBACKS
この記事のトラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。