スポンサーサイト
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 * --:-- * comments(-)* trackbacks(-)
謎解きはパーティーのあとで。
2011.10.23 Sun
「ゴーストライター」を観ました。

338140_01_01_02.jpg

一度出版されたものの、内容があまりにつまらなくて在庫の山を抱えるハメになった、英国の元首相アダム・ラング(ピアース・ブロスナン)の自叙伝のリライトのために雇われたゴーストライター(ユアン・マクレガー)。早速、アメリカの孤島にあるラングの別荘まで仕事のため出かけるが、肝心の元首相はその頃、個人的に軍を動かし、捕えたイスラム系のテロリストを拷問、一人を死なせた上、勝手にアメリカに引き渡した件で元外相から国際裁判所に訴えられており、なかなか仕事が捗らない。陰鬱な雨と風に閉ざされた島で暇を持て余す間、自叙伝を書いた前任者が不審な事故死を遂げていたことを知ったライターは、独自に調査に乗り出すが・・・・。

※以下、ネタばれしています!
ネタを明かされればなーんだって感じのよくある物語なんだけど、ミステリ好きなら「今めっちゃヒント出たやん!そこを早く調べろ!!」と叫ばずにいられない部分を微妙に引っ張られるおかげで、イライラしながらも最後まで飽きずに見られました。ただ、事件の重要人物の秘密が、ちょっとググっただけですぐ見つかったのには笑った。あのサイト、誰が管理人なのかは知らんが親切すぎる。それにしても、ひとが何人か死んでる(殺されてる)事件の真相に迫ったわりには、ライターの行動はちと迂闊でしたな。それとも前任者が遺したヒントと、ネットで簡単に見つかる情報からすぐにピン!と来るような内容でまさか命まで狙われるとは思ってなかったのか(あり得る)。好奇心は猫をも殺すを地で行くような男だったわー。

338140_01_05_02.jpg

しかしなんでまたあの元首相はあんな辛気臭い島に別荘を建てたんだろう・・・・。天気は悪いは娯楽はないわ、おまけに本人は年増の秘書と(サマンサ@SATC!)浮気してるわで、退屈極まりない元首相夫人に夜這いをかけられるユアンが可哀想(笑)。というか、ユアンもまったく拒まんけどね!どんな作品に出てもお尻を出さずにいられない俳優。ユアン・マクレガー健在。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

映画 * 23:22 * comments(0) * trackbacks(0)
COMENNTS
SEND COMENNTS

TRACKBACKS
この記事のトラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。