スポンサーサイト
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 * --:-- * comments(-)* trackbacks(-)
みんなの憧れ、イーサン・ハント。
2012.01.23 Mon
「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」を観ました。

340335_01_01_02.jpg

前回、嫁とのラブラブハッピーエンドで終わったはずのイーサン(トム・クルーズ)が、なぜかモスクワの刑務所で絶賛服役中。そんなイーサンを脱獄させるために現れたのが、現場任務を希望し、見事試験にパスしたベンジー(サイモン・ペグ)とジェーン(ポーラ・パットン)の二人組。なんにも悪いことしてないモスクワの刑務所にさんざんな迷惑を掛けてまでイーサンを脱獄させたのは、極秘ファイル(核ミサイルの発射コードだったりする)を盗んだコードネーム:コバルトことカート・ヘンドリクスというキ☆ガイ博士を追うためで、そもそものファイルを奪い返すミッション自体は簡単なものだったはずが、現場に突然現れた女殺し屋のサビーヌ・モロー(レア・セドゥー)に仲間のハナウェイ(ジョシュ・ホロウェイ@男前!)は殺されるわ、ファイルは掻っ攫われるわで、そのミッションの計画立案者であり、ハナウェイの恋人でもあったジェーンははらわたが煮えくりかえっとるわけです。

それはそれとして、なんとしてもファイルを奪い返さないといけない!てんで、白羽の矢が当ったのがこれまで数々の不可能を可能に替えてきた、エージェントの中のエージェント、50歳にして未だ衰え知らずの大御所イーサン・ハントなのでありました。

※以下、盛大にネタバレ注意!
そこでさっそくベンジー、ジェーンと共にクレムリンに潜入したイーサンですが、今回の敵が相当ハンパない切れ者で、あのイーサンがまんまと計画の裏をかかれた上に、クレムリン爆破テロの容疑者にまで仕立て上げられ絶対絶命。おまけにアメリカ政府には「今回の件は一切うちら関係ないもんね」とあっさり見限られまさに孤立無援。頼れるのはわずかに残された装備とベンジー、ジェーン、そしてなし崩し的に仲間に加わった分析官のブラント(ジェレミー・レナー)の3人だけ。果たして4人はキューバ危機以来とまで言われるこのピンチを乗り越え世界の平和を守ることができるのか!

mission-impossible-ghost-protocol.jpg
出張中のリーマン4人組にしか見えない。

という話なんですが、今回もイーサンはやりきりました。見事に世界の秩序を守り通した。正直、かなりギリギリだったけど。というか、ほぼ全ての計画が敵の後手後手だった。むしろあんだけ手間ひまかけて、得たものの方が少なくね?という疑惑でいっぱい。しかも敵はたったの2人組だったよね・・・・みたいな。

まあこの映画の肝はミッションが成功するか否かにあるわけじゃなくて(失敗するわけないんだから)、それまでの過程、身体を張りまくったアクションとワクワクするような最新技術を駆使したスパイグッズを堪能するところにあるわけで、そういう点では大変面白い映画だったと思います。地味なところだとクレムリンに潜入した際、相手の注意を逸らすために使った水漏れの音がするおもちゃみたいなのにぐっときました。あれを真剣な顔で開発する技術班とかも本部にはいるんでしょうな。和むわー。

あと今回はなんといってもベンジーですよ!あのお気楽ベンジーがまさか現場希望だったなんて!!「イーサンと一緒に現場任務につけるなんて夢みたいだ」とかいちいち可愛くてたまらん!こっちはもういつベンジーがヘタこくか気が気じゃなかったけどな!クレムリンの中でも余計なことペラペラ喋っちゃうしさー、カメラにUPで映っちゃった時はもうどうしようかと(笑)。ホントにイーサンがすぐそばにいてくれてよかった。でもあんなベンジーでも知力体力胆力の3つを捏ねて練り上げたようなエージェントの試験にパスしたってことは、ああ見えて以外とデキる子なのか。頭は前からよかったけど、ちゃんとロシア語も話してたし、合流地点まで一人で逃げ切ることもできるし、最後は射撃の腕もそこそこあることも証明してくれたし、こりゃベンジーを主役にスピンオフで1本撮ることもできそうですな。どう考えてもジョニー・イングリッシュになりそうだけど。

20111215133556_00_400.jpg

それとブラントも可愛かった!イーサンと共に過ごしたこの数日、彼が抱えていた葛藤を想像すると気の毒で泣けてくる(笑)。長官もたいがいひとが悪いですよねー。一言いってやればいいのに!イーサンも知らなかったとはいえ、あれではまるでブラントの弱味につけこんで、無理やり仲間に引き入れたようなもんです。そりゃ飛べ!と言われたら飛ぶしかないよね。

340335_01_06_02.jpg

チーム・イーサンの紅一点はいつもキレイでセクシーでカッコイイのですが、今回のジェーンも強かったわー。逃げたモローを追え!と言われ、「任せて!」とヒールを脱ぎ捨てる姐さんの漢前なこと!完全に私情で動いちゃってるけど、そりゃあんなイイ男を殺されたら誰でもキレます。報酬はダイヤモンドのみ!のモローも敵ながらカッコよかったであります。

Tom_Cruise-Mission_Impossible_Ghost_Protocol-26.jpg

それにしてもイーサンってホントに全ての面でずば抜けて優秀なエージェントなんですな。まだ現場歴の浅いベンジーはともかく、ジェーンやブラントもメンタル面でちょいとあれなわけだし、その点何があっても折れないブレないイーサンの強靭さたるや。しみじみとイケメン・・・。次回作があれば、またこのチームでやってもらいたいものデス。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

映画 * 21:58 * comments(0) * trackbacks(0)
COMENNTS
SEND COMENNTS

TRACKBACKS
この記事のトラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。