スポンサーサイト
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 * --:-- * comments(-)* trackbacks(-)
「クラウドアトラス」の時評が読みたかった。
2013.03.24 Sun
「伊藤計劃 映画時評集1」を読みました。

Running Pictures: 伊藤計劃映画時評集 1 (ハヤカワ文庫JA)Running Pictures: 伊藤計劃映画時評集 1 (ハヤカワ文庫JA)
(2013/01/25)
伊藤 計劃

商品詳細を見る


伊藤さんが生前運営されていたHPは時々拝見していたんですが、久々にまとめて読めて嬉しかったであります。そしてやっぱり面白い。自分と好きな作品(好きな場面)がちょいちょいかぶってるのがまた嬉しかったり。「ゲーム」の飛び降り、いいですよね(笑)。「リーサル・ウエポン」シリーズも好き!やればやるほど面白くなる稀なシリーズだと思う。逆に「踊る〜」シリーズは≪映画として観に行くと困ってしまうシロモノ≫であった1作目がまだしも一番マシな出来だったなんて、さすがに伊藤さんも想像せんかったでしょうなあ。

≪世の男の大半には、軍隊に対する後ろめたいフェティシュが少なからずあるもので、戦争は嫌いだけれども軍隊や兵器は好き、という倒錯した、多くの女性には理解しがたいであろう性癖を持っている男は多いはずです≫(スターシップ・トゥルーパーズ)

これはそうとも言えないんじゃないかなあ。私もナチスの制服を不謹慎にもカッコいいなあと思ってしまった後、イヤーな気持ちになったこと何度もあるし。同じく戦争は嫌だけど軍隊や兵器は好きっていう女性も結構いるんじゃないかな。

この本の中で伊藤さんが≪オールタイム・ベスト≫に入る作品として挙げているのが「ファイト・クラブ」。私も好きでDVDも持ってるけど、オールタイムってほどじゃないなあ。では自分にとってオールタイム・ベストって何?と、手持ちのDVDを確認しながら考えた結果が以下となります。オールタイム・ベスト15。

・「ロック・ユー」
・「マスター・アンド・コマンダー」
・「リトル・ダンサー」
・「レザボア・ドッグス」
・「ショーン・オブ・ザ・デッド」
・「ズーランダー」
・「ガタカ」
・「処刑人」
・「インファナル・アフェア」
・「スティング」
・「ビッグ」
・「X-MEN: ファースト・ジェネレーション」
・「トイ・ストーリー シリーズ」
・「モンスターズ・インク」
・「スタンド・バイ・ミー」

ただのバディスキー、チーム男子スキーなだけでした。

もう一冊、映画関連で可愛いイラスト集をご紹介します。

The Great ShowdownsThe Great Showdowns
(2012/10/30)
Scott Campbell

商品詳細を見る


絵の構図がほぼ全部同じなのがちょっと面白味に欠けるんですが、なかなか味のある作品集デス。「セブン」の例のシーンでも3人がなぜかニコニコしているので、作品の内容を知らないひとが観たらコメディ映画かと誤解するかも(笑)。
スポンサーサイト

テーマ:読書感想 - ジャンル:本・雑誌

* 21:35 * comments(0) * trackbacks(0)
COMENNTS
SEND COMENNTS

TRACKBACKS
この記事のトラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。