スポンサーサイト
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 * --:-- * comments(-)* trackbacks(-)
カキにあたってもまだ食べる。
2014.03.18 Tue
第二弾:「カキフライが無いなら来なかった」/せきしろ×又吉直樹

カキフライが無いなら来なかった (幻冬舎文庫)カキフライが無いなら来なかった (幻冬舎文庫)
(2013/10/10)
せきしろ、又吉 直樹 他

商品詳細を見る

一番好きな俳句は、せきしろさんの

「ほうとうの底からカボチャが張り切って出てくる」

ほうとうってたぶん食べたことないけど、なんか絵が浮かんでくる。
張り切って出てくるカボチャ。ゴロゴロ出てくるのかな。かわいい。

自由律俳句って簡単そうに思うけど、いざ作ってみようとするとこれがなかなか難しい。
あるあるじゃダメなんすよね…。

「室外機の音、うるさいなと思ったら耳鳴り」

・・・・・ただの自律神経失調症である。

「スマスマのふなっしーに声出して笑う」

昨夜のビストロ、ふなっしーに興味深々の木村くんが可愛かった。笑。
最初はふなっしーのキレのありすぎる動きが怖くて苦手だったけど、慣れると面白いことに気づく。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

* 20:45 * comments(0) * trackbacks(0)
COMENNTS
SEND COMENNTS

TRACKBACKS
この記事のトラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。