スポンサーサイト
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 * --:-- * comments(-)* trackbacks(-)
心に音楽を。
2007.03.28 Wed
・「ハッピー・フィート」

予告から想像していた「ペンギンが歌って踊って恋をして!」なミュージカル映画ではありませんでした。それにしても意外な展開だったなあ。もっと単純なストーリーでよかったように思うのだけど。

※以下感想(ネタばれはしてないつもり)。

子供時代のマンブル(成長してからはイライジャ・ウッド)が可愛かったー!大きな足をバタバタさせてステップ踏むのがなんともいえず愛らしい!声も可愛い~♪なのにパパ(メンフィス/ヒュー・ジャックマン)は「皇帝ペンギンは歌ってなんぼ!そんなにバタバタするんじゃない!」と怒るんだよね・・・。

パパがわからず屋なのにはちゃんと理由があるんだけど、いやそれあんたの考えすぎだから(笑)。たとえよその子と違ってもそれはその子の個性なんだと、ちゃんと理解してあげられるのはやはり母親の方が多いのかな(よそはよそ!うちはうち!)

どいつもこいつもがアゴを震わせて歌い上げる皇帝ペンギン(ちょっと怖い)よりも、音痴だけどダンスがすごく上手なマンブル(なんか矛盾してる気がするんだけど。中居くん@スマみたいなもんか?)を、「クールだぜ!」と温かく迎えてくれるいわとびペンギンズが最高でした。

口をひらけばバカトーク炸裂な奴らだけど、あの友情には泣かされたわ。マンブルの中のひとがイライジャだけに、一緒に冒険の旅に出る姿が旅の仲間@指輪に見えてしょうがなかった(妄想)。彼らはきっと、ペンギンの皮を被ったサムやピピン、メリー、レゴラスなのよね(嘘。ギムリはいてもレゴラスはいない)。

・「おまけつき新婚生活」

ベン・スティラー、ドリュー・バリモア主演のブラック・コメディ。スカパでやってたので観ました。

新婚の小説家・アレックス(ベン・スティラー)と出版社勤務のナンシー(ドリュー・バリモア)は、将来子供が生まれた時のことを踏まえて家の購入を検討中。しかしなかなか思ったような物件が見つからず、いい加減あきらめかけていたところへ広くてアンティークな雰囲気のアパートを紹介されます。

一目で気に入ったアパートだけどそこには先住者がいて、これがかなり高齢の1人暮らしのおばあさん。正直邪魔です。が、そんなに先も長くないだろうしってことで思い切って買ってみたところ、この婆さんがまあ世話が焼けること!特に仕事柄ずっと家にいるアレックスはいいように振り回されて執筆も思うようにいかず、ついにふたりは婆さん殺害計画を練ることに・・・・(オチは伏せます)。

これは身の丈に合わない買い物をしてひいひい言ってるふたりを笑う映画だと思うのですが、アレックスとナンシーがあまりに気の毒で逆に泣けました。殺したくなるのもムリはない。あの婆さんは悪魔だ。

NYに暮すひとにとって、マンハッタンを離れブルックリンに移り住むことは都落ちってことなんですな。確かナイト・ミュージアムにも同じようなセリフがあったような(両方ベン・スティラーだ)。

おまけつき新婚生活 おまけつき新婚生活
ドリュー・バリモア (2005/12/23)
東宝

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

テーマ:ハッピーフィート - ジャンル:映画

映画 * 21:40 * comments(0) * trackbacks(0)
COMENNTS
SEND COMENNTS

TRACKBACKS
この記事のトラックバックURL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。